こんにちわ。
私はSE・プログラマーとして連結決算のシステム開発をしているものです。
とは言っても、公認会計士の先生に支援していただき作った為
連結決算に関する知識が不足しております。
社内においてこのシステムの講習会を行う事になりました。
ほとんどの事は参考書などに載っているのですが、開始仕訳についてのみ
載っていません。(まだまだ見足りないのかもしれませんが)
開始仕訳が連結決算においてどのような役割を果たすのか、ご存知でしたら教えて下さい。(システム的レベルの為、P/L、S/Sに係わる仕訳を期首剰余金に置換えて作成するという事しか、解りません。何のためにこの作業が必要なのでしょうか?)
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

続き


(1)当期の期末剰余金に影響を及ぼさず、次期以降の連結B/Sに影響を及ぼす
(2)当期の期末剰余金に影響を及ぼした仕訳が、次期以降の連結剰余金には影響を及ぼさない
(3)当期の期末剰余金に影響を及ぼした仕訳が、次期以降の連結剰余金にも影響を及ぼす
(4)当期仕訳がどのようなものでも、次期以降の開始仕訳を作成しない

(2)は、システム的には、当期の仕訳のうち、P/L(またはS/S)勘定を連結剰余金期首残高に振り替え、相手勘定を元のP/L(またはS/S)勘定にして、開始仕訳を作成するタイプです。
(B/S同士、P/L同士、S/S同士の仕訳の場合、開始仕訳は作成しません)
具体的には、債権債務消去/損益取引消去/配当金の相殺/貸倒引当金の調整/たな卸未実現損益の消去などです。
例として、たな卸資産未実現利益の消去仕訳で、
当期仕訳 売上原価200/たな卸資産200 の場合、
次期の開始仕訳 連結剰余金200/売上原価200 になります。

(3)は、システム的には当期の仕訳のうち、P/L(またはS/S)勘定を連結剰余金期首残高に振り替え、相手勘定を元のB/S勘定にして、開始仕訳を作成するタイプです。
(B/S同士、P/L同士、S/S同士の仕訳の場合、開始仕訳は作成しません)
具体的には、当期利益(少数株主持分の調整)/連結調整勘定償却/投資差額償却/固定資産未実現損益の消去/未実現損益の消去(持分法適用会社)などです。
例として、固定資産未実現利益の消去仕訳で、
当期仕訳 固定資産売却益300/土地300 の場合、
次期の開始仕訳 連結剰余金期首300/土地300 になります。

どう説明していいかよくわからなくて、システムの処理を考えながら書いていたら長くなってしまいました。
連結のシステム開発は大変だと思いますが、頑張ってください。
良いシステムができることを期待しています。

この回答への補足

補足です。
先ほど、お礼の欄に(2)は作成していないと書いたのですが
良く考えてみたら、戻入れの仕訳として作成していました。
失礼しました。

補足日時:2001/06/01 15:51
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。
投稿して本当によかったなって思ってます。
(回答が来るのか半信半疑だったもので...)

今開発してるシステムでは、(1)、(3)の仕訳に関しては自動作成しています。
ただ、(2)の場合、(3)と同様の開始仕訳を作成する仕様となってしまっているので、「連結剰余金期首残高200/たな卸資産200」これに関しては、再度公認会計士の先生に相談してみる事にしたいとおもいます。
また、P/L同士、S/S同士の仕訳において、連結グループ内別会社間取引の場合は、(3)同様開始仕訳を作成しております。
理由については、当期において連結対象外となった会社が発生した場合に関係していたと思います(うる覚えでごめんなさい。)

とても勉強になりました。
本当にありがとうございました。
がんばります。

お礼日時:2001/05/31 23:59

先ほどのコメントを「自信あり」にチェックしてしまいましたが、「自信なし」のチェックが正しいです。


通常何気なく行っている開始仕訳も、実際に説明しようとすると、この理解でいいのかな?と自分で不安になってしまいます。
また、(1)の連結調整勘定償却は間違いです。連結調整勘定償却は(3)になります。申し訳ありません。
他の方、私の説明が間違っていたら、気にせず指摘してください。
この質問を先日から興味深く拝見していたのですが、あまり回答がつかないので、でしゃばってしまって、実は今ちょっと後悔しています。
ですが、書き始めてしまったので、この後引き続き、(2)(3)についても説明させていただきます。
    • good
    • 1

経理部にて連結を担当している者です。


開始仕訳については、tomoko-tさんのご説明の通りです。

開始仕訳の役割ということですが、役割というよりも、開始仕訳がなく当期の仕訳だけでは、正しい連結財務諸表は作成できないとお考えください。
また、考え方として、「どういうものが開始仕訳か」という観点ではなく、「当期の仕訳の中で、次期の開始仕訳に反映させなければいけない仕訳はどれか」と考えていただいた方が、開始仕訳の意味が明確になると思います。

簡単な例をあげてみます。
A社は1999年に、子会社B社を設立しました。
その際、A社は5千万円出資して、B社は5千万円の資本金で事業を開始します。
1999年度の当期仕訳(資本と投資の消去)、
(1)B社資本金5千万円/A社関係会社株式5千万円

2000年度に上記の取引は発生しないので、当期仕訳として資本と投資の消去仕訳は発生しません。
2000年度になって「ない」と気付くのではなく、システム上は1999年度の(1)の仕訳時に、「これは次期以降の開始仕訳が必要な仕訳である」との認識が必要になるわけです。
それによって、1999年度の仕訳(1)を反映した2000年度の開始仕訳として、
(1-2)B社資本金5千万円/A社関係会社株式5千万円 がシステム上で自動生成されます。

(1)の仕訳は、当期の期末剰余金に影響を及ぼさず、次期以降の連結B/Sに影響を及ぼす(=次期以降の開始仕訳に反映させなければいけない)タイプで、資本と投資の消去以外に、連結調整勘定償却などがあります。
(1)をシステム内部の処理で考えると、P/L(またはS/S)勘定がある仕訳は、P/L(またはS/S)勘定を連結剰余金期首残高に振り替え、相手勘定を元のB/S勘定にして、開始仕訳を作成するという処理方法が取られます。(P/L同士、S/S同士の仕訳の場合、開始仕訳は作成しませんが、B/S同士の仕訳は開始仕訳を作成します)

次期以降の開始仕訳に反映させなければいけない仕訳の中で、(1)以外の仕訳タイプとしては、
(2)当期の期末剰余金に影響を及ぼした仕訳が、次期以降の連結剰余金に影響を及ぼさない
(3)当期の期末剰余金に影響を及ぼした仕訳が、次期以降の連結剰余金にも影響を及ぼす
タイプがあります。
(2)(3)は、開始仕訳の作成時のシステム処理方法が(1)と少し異なります。

長くなってしまったので、(2)(3)については、また後で書きます。
今、会社なので、帰宅してから・・・。
    • good
    • 0

連結における仕訳は、(1)開始仕訳、(2)実現仕訳、(3)未実現利益の消去仕訳に分けることが出来ます。

このうち(2)と(3)は当年度に関わる仕訳です。ご質問の(1)の開始仕訳は前年度の連結消去・振替仕訳を累積したものです。連結財務諸表は、まず個別財務諸表を合算し、次に必要な連結消去・振替仕訳を行うことによって作成されます。このように連結手続きは各会計年度末の個別財務諸表を合算して行われるのですが、前年度の連結消去・振替仕訳は当年度の個別財務諸表には反映されていません。したがって、連結手続きは親会社が子会社株式を取得してから前年度末までに行った連結消去・振替仕訳の累積からスタートする必要があります。これが開始仕訳です。したがって、開始仕訳は各会計年度における当年度中の連結消去・振替仕訳の分だけ増加していく事になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

たしか、回答を頂いた直後にお礼を投稿したつもりだったのですが、
今見たところ投稿できていなかったのでもう一度。
おかげさまで、開始仕訳が連結決算にとってどのような
役割をはたすのか理解できました。
これをもとに、勉強しなおしたいとおもいます。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/01 00:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q連結決算・開始仕訳とその後

連結決算について教えてください。

前提条件としては
・100%子会社を有している(当社は親会社)
・決算期が異なっており(親会社3月/子会社12月)、それぞれの決算書を元に連結を行っている
→3ヶ月のズレが生じている

とします。

この場合において、子会社が当社から仕入を3月に行っていた場合、
親会社の決算書には
売掛金 10,000/売上 10,000 が計上されているとします。
※入金は翌期に行われ、仕入原価については8,000とします。
子会社は12月決算なので、当然この分の仕入は加味されていないことから連結精算上で
仕入 10,000/買掛金 10,000 及び 材料 8,000/期末材料 8,000 を計上します。
相殺消去として
売上 10,000/仕入 10,000 及び 買掛金 10,000/売掛金 10,000 を計上します。

翌期になり、開始仕訳として
利益剰余金期首残高 10,000/買掛金 10,000 及び 材料 8,000/利益剰余金期首残高 8,000 を行うとして、
その後、実際に子会社が仕入を立てた月及び決済を行った月の相殺仕訳がよくわかりません。

子会社が仕入を立てた月は当然、子会社において
仕入 10,000/買掛金 10,000 が立っているわけですが、
これは既に前期の連結上取り込んでいることから相殺消去が必要なのはわかります。
ただ、具体的な仕訳がわからないというか、考えてもすっきりしないというか・・・。

質問の内容に不明な点等あれば、書いて頂ければ幸いです。

お分かりになられる方がいらっしゃいましたら、お教えください。
よろしくお願いします。

連結決算について教えてください。

前提条件としては
・100%子会社を有している(当社は親会社)
・決算期が異なっており(親会社3月/子会社12月)、それぞれの決算書を元に連結を行っている
→3ヶ月のズレが生じている

とします。

この場合において、子会社が当社から仕入を3月に行っていた場合、
親会社の決算書には
売掛金 10,000/売上 10,000 が計上されているとします。
※入金は翌期に行われ、仕入原価については8,000とします。
子会社は12月決算なので、当然この分の仕入は加味されて...続きを読む

Aベストアンサー

★まず子会社の仕訳ですが、
仕入10000/買掛金10000
さらに、3月中に仕入れてその商品が3月末時点で
在庫としてあるのなら、
繰越商品10000/仕入10000という仕訳をします。
あくまで子会社の個別財務諸表の修正仕訳です。
この商品はあくまで子会社にとって10000の商品
になるので、8000という金額は個別ベースの修正
仕訳では使用できません。

次に10000という商品の金額を連結ベースの8000という
金額に修正する未実現利益の控除仕訳が必要になります。
未実現利益の控除仕訳は、利益部分を消去するので
10000-8000=2000で
売上原価(仕入)2000→PLの期末商品棚卸高 / 商品(材料)2000→BSの商品金額
という仕訳になります。



>翌期になり、開始仕訳として
>利益剰余金期首残高 10,000/買掛金 10,000 
>及び 材料 8,000/利益剰余金期首残高 8,000 を行うとして、
>その後、実際に子会社が仕入を立てた月及び決済を行った月の
>相殺仕訳がよくわかりません。

翌期の連結財務諸表作成時の事ですが、そもそも
利益剰余金期首残高10000/買掛金10000、という仕訳はしません。
子会社の個別FS上、前期の連結ですでに計上された仕入10000/買掛金10000
が含まれていますが、この仕入は、翌期の連結会計期間の仕入ではなく、
3月時点で仕入れているため連結会計期間の4月1日時点では、期首の商品に
含まれることになります。そのため
売上原価(期首商品棚卸高)10000/売上原価(当期仕入)10000となります。
この仕訳は、連結期間の当期仕入高から10000を抜いて、
期首商品棚卸高に振り替えているものです。
実質的に、連結上、売上原価10000/売上原価10000なので
あまり意味の無いようなものになりますが。

買掛金については開始仕訳として引き継ぐ必要はありません。
子会社の翌期1月1日~12月31日の間の3月時点(連結上は前年度ですが)
で買掛金が計上されますので、翌期の子会社の12月31日時点のBSに
この買掛金は含まれてるはずです(通常は決済されて無いですが)。
すでに決済されて存在しないなら、存在してないものに対して、
連結上仕訳をする必要はありません。
あとは、前期の未実現利益の仕訳の引継ぎと実現仕訳が必要です。
利益剰余金期首残高2000/商品2000
商品2000/売上原価2000

以上、参考にしてください。
未実現利益の控除仕訳と実現仕訳の意味がわからないのでしたら
ネットや書籍等で調べてみてください。

★まず子会社の仕訳ですが、
仕入10000/買掛金10000
さらに、3月中に仕入れてその商品が3月末時点で
在庫としてあるのなら、
繰越商品10000/仕入10000という仕訳をします。
あくまで子会社の個別財務諸表の修正仕訳です。
この商品はあくまで子会社にとって10000の商品
になるので、8000という金額は個別ベースの修正
仕訳では使用できません。

次に10000という商品の金額を連結ベースの8000という
金額に修正する未実現利益の控除仕訳が必要になります。
未実現利益の控除仕訳は、利益部分を消去する...続きを読む

Q非上場会社、未上場会社の連結決算管理連結制度連結

お世話になっております。
当社は非上場会社でございます。
売上は500億程度です。
連結決算書類作成を義務づけられているわけではございませんが、
連結ベースで、事業部ごとの損益を出す目的で、連結決算をしたいと
考えております。
連結パッケージシステムにより、自動消去仕訳を起こす仕組みも構築
したいと考えております。
この場合、持分法適用会社も子会社同様、資産負債を合算したいと
考えているのですが、問題ないでしょうか?
非上場会社で開示義務がなくても、制度会計ベースで連結財務諸表
を作成し、管理連結に訂正すべきでしょうか?
ご指導のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これは経営者の考え方ですね。
子会社が多い場合は当然全体の損益は連結で無いと判断できません。
経営者がそれを重視すれば非上場でも当然それを要求するでしょう。
これは経営判断のやり方の話です。

「持分法適用会社も子会社同様、資産負債を合算したいと
考えているのですが」
これもあなたの会社の目的次第です。
持分法が適用されるのは、重要性が低く正確に計算してもあまり結果は変わらないというよな場合です。

でも理屈では正式の連結をするほうが正しいことは間違いありません、。
実務では短期に連結をする場合の工数などを考慮してあまり小さな相手まではこれに含めないのですが、非上場の場合は締め切りはあまり重要ではありませんから、可能ならばそうしても何の問題もありません。
でも非上場であっても持分法適用方とそうでない会社の区分の基準はある程度はっきりしておいたほうがよいと思います。恣意性は排除したほうが良いですよ。

Q決算仕訳 社会保険の預かり金が期首で残る

どう処理したらいいのか困っております。

期末に社会保険を(数字は適当です)

「会社負担の社会保険 5000/未払い金 5000」

と、しましたが未払いを多く計上してしまいました。(実際は4000でした)

期首になり最初の社会保険が7000引かれ、社員の預り金が3000(保険料額表より計算)とします。

未払い    5000 / 銀行 7000
社員預り金 3000

未払いを消すと1000合わないです。

どう処理したらよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

〔借方〕法定福利費5000/〔貸方〕未払金5000

このように前期末に計上した法定福利費(会社負担の社会保険料)5000円が1000円だけ多過ぎたのですから、



(1)前期の決算の訂正に間に合うのであれば、

上記の仕訳を訂正して、
〔借方〕法定福利費4000/〔貸方〕未払金4000
とします。


(2)前期の決算の訂正ができないのであれば、

今期、次の仕訳を起して利益を修正します。

〔借方〕未払金1000/〔貸方〕前期損益修正益1000

つまり、前期に計上した費用(法定福利費)が多過ぎて前期の利益がその分だけ少なかったので、これを今期において修正するために利益を余分に1000円、計上するのです。

なお、
〔借方〕未払金1000/〔貸方〕雑収入1000
と修正してもOKです。

Q連結会計、連結決算につきまして。

連結会計、連結決算につきまして。

お世話になります。
私どもの会社は非上場株式会社です。
連結決算書の作成を義務付られてはおりません。
ただ、グループ全体では営業赤字のため、早急に部門別の連結PLを
作成できるシステムを構築したいと考えております。
グループでは下記のような部門に分けられます。

化学部門
機械部門
医療部門
管理部門
国際部門

関係会社は国内10社、海外5社となっております。
売上高は単体ベースで1500億、連結ベースで2000億です。
営業赤字を脱却すべく、早急に月次単位で、連結PL、連結BSが作成できる仕組を作り上げたいと思っております。
今までは年に1度、決算期に全社単位での連結財務諸表を作成しているだけでした。
ただ、非上場会社ですし、上場会社のような、細かい部分まで正確なものは求めておりません。
あくまで、管理会計目的です。
連結処理にあたっては、資本取引、持分変動取引、連結グループ間取引、未実現損益の連結、持分方の処理、税効果会計、等があると思います。
連結グループ間取引は部門別に自動消去仕訳を作成するシステムを採用すれば良いと考えております。
資本取引では、
資本金500/子会社株式500
等という前期以前の連結消去仕訳が開始仕訳で自動におきてくれるシステムを採用すればいいのでしょうか?
また、前期の

のれん償却500/のれん500

という仕訳は今期の開始仕訳で

資本剰余金機首残高500/のれん500

というものが自動で起こってくれるシステムにすれば良いのでしょうか?
正直連結を担当して、間がないので、質問自体が検討外れかもしれませんが、会社の赤字の原因を連結ベースで月次単位で見るにはどこまでのどういった連結決算システムを採用するべきかわかりません。
資本取引、持分変動取引、連結グループ間取引、未実現損益の連結、持分方の処理、税効果会計、で必要と考えられるもの、そして、どういった仕訳が自動で起きるシステムを採用すべきかをアドバイスいただきたく。

連結会計、連結決算につきまして。

お世話になります。
私どもの会社は非上場株式会社です。
連結決算書の作成を義務付られてはおりません。
ただ、グループ全体では営業赤字のため、早急に部門別の連結PLを
作成できるシステムを構築したいと考えております。
グループでは下記のような部門に分けられます。

化学部門
機械部門
医療部門
管理部門
国際部門

関係会社は国内10社、海外5社となっております。
売上高は単体ベースで1500億、連結ベースで2000億です。
営業赤字を脱却すべく、早急に月次単位で、連...続きを読む

Aベストアンサー

この企業規模では、ここで一言で説明するのは困難な大きさです。
この規模で仰るような利益管理ができていないというのは、やはりかなりな問題と思います。
システムを検討する前に、企業グループ全体の組織や管理体制からかかるべきではないでしょうか。

前提となる管理組織がいい加減であると、どのような連結制度を作っても連結システムを導入しても信頼できるデータは得られません。

これは一経理や会計担当者の努力ではなくて、経営者が率先して引っ張る全社的プロジェクトです。

大前提として、経営トップは何をもって管理の指標としているのかがはっきりしないと、役に立つ仕組みにはなりません。
私は今まで主として経理部門とシステム部門で数社を経験しました。その体験ではシステムというものはトップの必要に会わせて作るものある、トップの管理ポイントが違うとそれに合わせたシステムが必要となるということです。
一担当者が有用なデータを作っても経営者が関心を持たないとそのシステムは早急に忘れられます。

「早急に部門別の連結PLを作成できるシステムを構築したいと考えております。」

これを社内のどなたが要求されているのかが問題ですが、一部門の努力では難しいということをまず考えるのが先だと思います。

この企業規模では、ここで一言で説明するのは困難な大きさです。
この規模で仰るような利益管理ができていないというのは、やはりかなりな問題と思います。
システムを検討する前に、企業グループ全体の組織や管理体制からかかるべきではないでしょうか。

前提となる管理組織がいい加減であると、どのような連結制度を作っても連結システムを導入しても信頼できるデータは得られません。

これは一経理や会計担当者の努力ではなくて、経営者が率先して引っ張る全社的プロジェクトです。

大前提として、経営トッ...続きを読む

Qのれんについてお教え願います。連結決算連結会計。

お世話になります。

下記例題についての連結消去仕訳の回答を見ても理解できません。

資本金3000円のS社の発行株式100%を、P社が3500円で取得した。

もともとある仕訳は
S社で
子会社株式3500/当預3500

P社で
当預3500/資本金3500

であると私は考えており、

上記を消去仕訳して
資本金3500/子会社株式3500

にどうしてならないのでしょうか?

解答を見てみると
資本金3000/子会社株式3500
のれん500

となっております。
私の悪い頭でも理解できるように、消去仕訳以前の元の仕訳からご説明いただきたく。
どうぞよろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

資本金3000円のS社の発行株式100%を、P社が3500円で取得した。

→この場合、P社が3500円を支払った先はS社ではありません。S社の株式を保有していた株主に対して支払ったのです。

牛を売り買いするときに、そのお金は元の飼主に対して支払うもので、牛自身には支払いません。これと同じことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報