質問の動機はひとまず置いておいて、本題です。

 磁界計測の分野で使われるらしい、プローブというものがなんなのか分かりません。見た目は自動車のプラグに途切れた導線が付いているようなもので、20万円とか非常に高価なものらしいのですが・・・。

 プローブの正確な綴り、意味、そしてそれが何に使われるもので何を検知するものなのかを教えて下さい。

 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず綴りですが、「probe」です。

これは英語で「さぐり針」や「試験」、
動詞として「調査する」とか「さぐる」などという意味があります。

プローブの役割は、測定機にとっての感覚器官にあたります。
プローブには種類がたくさんあり、用途も磁界計測に限らず様々です。
特に宇宙開発分野では電界強度や機外温度(粒子エネルギー)の計測
などに活用されています。

磁界計測は、磁界中にコイルを置いたときの誘導電流を測定し、そこか
ら算出することで実現しています。
この場合ですと、プローブの先端にはおそらくコイルがあり、導線が
測定機まで引かれているというものになるでしょう。

測定機に使われるプローブには当然、精度が要求されますので、構造が
単純なものであっても高価なものが多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 通りでproveで検索に引っかからないわけですね・・・(汗)。第一これはプルーブだし・・・。

>測定機器の感覚器官

 なるほど。抽象的ですが機能的なことを考えるとよく分かりますね。とすると、人間の触覚なんかも一種のプローブなわけですねぇ。

 ありがとう御座いました。能く理解できました。

お礼日時:2001/05/23 13:11

プローブは probe です.


元々は「探針」の意味です.
具体的な測定素子を意味することもありますし,
概念的抽象的に使われることもあります.
別に磁界計測だけでなく,いろいろな分野で使われます.

狭いところだとか,物質内部だとか,簡単に様子が分からないものを
探るものというようなニュアンスがあります.

外科で,傷の深さなどを知るための先のとがっていない棒みたいな器具が
ありますが,あれも probe です.

精密なものであれば,見た目は大したことなくても高価なプローブは
いっぱいあります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 結構、一言では言い表せないものだったんですね。概念的に漠然と捉えておこうと思います。
 測定機器だから(器?)高精度を要求され、そのために高価だったんですね。取り扱いには注意しようと思います(笑)。

 答えにくい回答をわかりやすくまとめてくださって助かりました。
 どうもありがとう御座いました。

お礼日時:2001/05/23 13:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアナログテスターとデジタルマルチメーター

ファンクションジェネレーターで、正弦波を発生させ、50Ωの抵抗をつなぎ(ACマルチメーター出力1V、DC0V)、周波数を10Hzから上げていき、抵抗にかかる交流電圧をデジタルマルチメーターとアナログテスターで測定すると、マルチメーターは5kHzくらいからどんどん電圧が下がりしまいには約0Vになってしまい、テスターは10Hzで針が振るえてしまい、500kHzから上はどんどん電圧が下がってしまいました。何故なのでしょうか?わかるかたがいたらお願いします。。。

Aベストアンサー

質問者の知識のレベルが判りませんが、ファンクションジェネレータを操作できるだけの知識はあるようですので

アナログテスタ、ディジタルテスタの回路からおよび回路定数からお考えください

一言で言えば、測定回路の周波数特性です

Q寝れないほど悩んでます。 コイルの磁界についてです。 電流量とコイル巻き数で大体磁界の強さは決まるよ

寝れないほど悩んでます。
コイルの磁界についてです。
電流量とコイル巻き数で大体磁界の強さは決まるようなのですが。
線の質量が決まっていた場合、

巻く数が多ければ線が細くなる
線が太ければ巻く数が少なくなる

この場合は、比例なのでしょうか?
ヘッドホンに例えると、どちらにした方が、効率が上がりますか?

Aベストアンサー

先ずは、磁界は電流と巻き数の積に比例します。
この意味で、過去には、単位は[AT/m]でした。アンペアターンです。

> 線の質量が決まっている場合、
線の質量は、断面積×長さに比例し、断面積は半径の2乗に比例します。
なので、線径を1/2にすれば断面積は1/4になるので単位長質量も1/4にでき、
よって長さは4倍にできるので、磁界も4倍得られます。
但し、外側ほどに一周長が伸びる場合の補償が必要ですが。

別な問題として、線が細いほど導体抵抗が増えます。これは断面積に反比例です。
つまり、線径を1/2にすれば断面積は1/4になるので、単位長線抵抗は4倍になります。
駆動電圧が同じならば、これは電流が減ることにもなり、結果磁界が減少します。

これらの関係は相反していますが、線径に関する影響は簡単です。
整理してみてください。

Qなぜ、プローブを「10×」に設定するのか?

あるオシロスコープを使っての実験で、疑問が沸いた点があったので、質問します。

実験の流れ

・発振器に対して直列に抵抗(100kΩ)つなぎ、正弦波を入力。
・オシロスコープのCH1入力コネクタにつながれたプローブをその抵抗に接続。
・次に、CH2にもプローブをつなぎ、CH1につながれたプローブと同じく、抵抗の両端につなぐ。
・コンデンサ(300pF)を回路に直列に挿入し、CH2のプローブは抵抗とコンデンサの両方にかかる電圧を測定する。
・CH2の出力電圧を8Vppにした場合のCH1の出力電圧とCH1の出力波形からのCH2の出力波形の位相の遅れ、の二つの値の周波数特性を測定する。

この実験において、プローブを「10×」に設定しろと言われたのですが、なぜプローブを「10×」に設定するのかが分かりません。
どうか、分かる人がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

オシロスコープのインピーダンスは50Ωです
プローブを使用しないで測定するこの低い50Ωが回路に影響を与え測定する値が違う値になります

 R1 に50Ωで今1A流れているとすると
     R1には50Vですね

 ここにプローブを使用しないで測定すると

 R1と50Ω(オシロの抵抗)が並列になります
 この時は
 R1に0.5A流れ
 オシロに0.5A流れます

 となると測定した結果は25Vとなりますね

 プローブ(×10とか)を使うのと
 抵抗成分は10MΩ・容量成分は15pF程度であります

 測定にほぼ影響を与えずに測定することができます

 (本当の理由)
オシロは特性インピーダンスが50Ωにて整合させないとオシロスコープ駄目なんです
それは、周波数帯域や波形ひずみなどの機器の性能は、50Ωで整合した場合に正しく測定できるでようになってます

 したがってプローブを使用することによりオシロに対して50Ωで整合した場合と同様な環境で測定することができます
 
 自動的に整合してくれるのがプローブの役割なんですね

 他にはINPUTから測定点まで接続する浮遊容量(容量成分は15pF程度)を少なくすることができます

 したがって、測定箇所に直接プローブで触れるように成るのです

オシロスコープのインピーダンスは50Ωです
プローブを使用しないで測定するこの低い50Ωが回路に影響を与え測定する値が違う値になります

 R1 に50Ωで今1A流れているとすると
     R1には50Vですね

 ここにプローブを使用しないで測定すると

 R1と50Ω(オシロの抵抗)が並列になります
 この時は
 R1に0.5A流れ
 オシロに0.5A流れます

 となると測定した結果は25Vとなりますね

 プローブ(×10とか)を使うのと
 抵抗成分は10MΩ・容量成分は...続きを読む

QADHDらしきものが不登校の原因の一つであるようなのですが・・

こどもが不登校です。通常のお子さんに比べて学校に行きにくい状況を持っている子供ですが、小学校のころから先生から叱られることが多い原因のひとつにはどうもADHDらしきものが関係しているように思えます。集団生活の経験や授業を受けた時間数も確かに少ないですが、それにしても、えじそんクラブの高山恵子さんの本や、ADHD、アスペルガー症候群のある子と親のためのポジティブライフガイドという本に書かれていることと似ています。
違うのは人に暴言や暴力をすることがないことぐらいかなと言うぐらいです。
中学入学を迎える年に一度検査に行ったのですが、話をするときに目が合うし挨拶も出来るから違うし、あなたは(本人の前でした)普通の学校でやっていけますから違います、というお話でした。
でも検査でも出来ることと出来ないことの差が大きく、作業領域の結果が低かったり、算数の結果が飛びぬけて悪くてこれはやはり本にのっているそのものの結果のように見えました。
もしなにかの診断が下りたとしてもそれが子供にとっていいことなのかわからないのも確かですし、小さいころからそういった傾向があるように見える子でも学校に通ううちに、多少かわっていても普通の子としてやっていっている場合も多いという考えもずっと持っていたのですが、
しかし決心して学校へ行っても先生ともうまくいかずに居場所を見つけられないのでは、教育を受けることが難しいため、その時は診断が下りたほうがいいような気持ちで受診していました。
その後本人の決意や周りのかたがたのご協力もあり、暫く学校に通うことが出来ましたが、要領が悪くてまわりのきちんとしたお子さんに迷惑をかけているとか、調べ学習や球技への参加の仕方がおかしかったり、規律的なことで先生の目に留まることも多く、さりとて本人は精一杯やっていたのでそれ以上は環境に合わせることも無理で、一年はもたずに家にいることになりました。
このような場合、義務教育への復帰は難しいのでしょうか?
今、規律といっているものの中には、感覚的には必ずしも世間一般の常識に照らして当たり前というものばかりではないところもあるようなので、高校を選べる状況にあるなら規律の面ではあまり問題がなくなる可能性もあるかもしれません。
本人はあまり人と関わるところに出なくなっています。
どのようにするのがよいか、アイデアをいただけると助かります。
よろしくお願い申しあげます。

こどもが不登校です。通常のお子さんに比べて学校に行きにくい状況を持っている子供ですが、小学校のころから先生から叱られることが多い原因のひとつにはどうもADHDらしきものが関係しているように思えます。集団生活の経験や授業を受けた時間数も確かに少ないですが、それにしても、えじそんクラブの高山恵子さんの本や、ADHD、アスペルガー症候群のある子と親のためのポジティブライフガイドという本に書かれていることと似ています。
違うのは人に暴言や暴力をすることがないことぐらいかなと言うぐ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
養護学校の教員をしています。

ADHD等の発達障害が疑われるお子さんが不登校状態とのことですね。不登校になると、本人も含め、ご家族も苦しまれることが多いです。大変な時期ですね。

それで、
>でも検査でも出来ることと出来ないことの
>差が大きく、作業領域の結果が低かったり、
>算数の結果が飛びぬけて悪くてこれはやは
>り本にのっているそのものの結果のように
>見えました。
とのことですが、検査内容は分からないものの(WISC-IIIなどですかね)、能力にばらつきがあることが分かります。これは、教育の立場で言うところの学習障害といってもよい状態ではないかと思いました。ADHDのお子さんにも、同様の結果が出るパターンはあります。
(診断は医師にしかできませんので、あくまで推測ということで)

例えばADHDや学習障害だったとしても、はじめの段階では、できる/できないとか、分かる/分からないといった違いしかなく、理解できていないことから、多少変な行動はとりますが、とりたてて異常があるわけではないのです。

なので、
>違うのは人に暴言や暴力をすることがない
>ことぐらいかなと言うぐらいです。
というのは、変な二次障害が生じていない状態、と見ることもできますね。ADHDのお子さんは、周囲の理解不足や不適切な指導・養育環境などの影響で、二次障害を生じるリスクが高いので、本にもそのような特徴が書かれていることが、少なからずあります。

ただ、素直に育ったお子さんも、環境の荒波に耐え切れず不登校状態になっているわけですから、それも(能力のばらつきという状況に加わった)一種の二次障害と言えなくもないのです。


対策として考えられるのは、「今の本人の能力や適性を見極める」ことと、「今の本人に合った環境」を整えることです。

前者については、発達検査の結果などを専門家に見ていただいて、どのような認知の特性があるのか、どういった指導の方策が効果的なのかを、具体的にアドバイスしていただくことです。本人の特性からいえば○○ということは分からないとか、○○という環境では学習が進められない、というようなことを理解するために行います。

そして、不登校状態にいることで生じている心理的な不安や挫折感などを解消するために、カウンセリングや精神科医の受診といった、必要な支援を行うことです(学校の教員や親御さんが行えるのなら、それでも構いませんが…)。

後者についてですが、お書きになった状況から察すると、個別の配慮は学校において充分になされていないように思います。であれば、教室に戻ったとしても、お子さんは力を発揮できないでしょう。ただ、個別配慮を「他の子にも明らかに分かるような形で」行われてしまうと、本人だけを特別扱いすることにもなり、他の子との距離感が増すことになります。本人のプライドを傷つけたり、いじめに発展することにもなりかねません。
なので、保健室登校といった、場所を変えての学習により、個別支援を行うことが、当面はベストではないかとも思うのですが…。

進学先については、不登校対応ができる高校もありますから、よく担任の先生方とも話をして、情報を集めておかれると良いでしょう


なお、IQや学力、学習震度、理解力などの話が出ていませんし、お子さんの今の学年も分かりません。そのあたりの状況によっては、特殊学級などへの在籍が必要になるケースかも分かりませんので、その点についても考え、適切にご判断いただければ、と思います。
(中学生ということで、時期的にもあまり時間があるわけではありませんから…お早めに何らかのアクションを起こされた方が良いかもしれません)

何かの参考になれば幸いです。
よい方向に進まれますよう、願っています。
それでは。

はじめまして。
養護学校の教員をしています。

ADHD等の発達障害が疑われるお子さんが不登校状態とのことですね。不登校になると、本人も含め、ご家族も苦しまれることが多いです。大変な時期ですね。

それで、
>でも検査でも出来ることと出来ないことの
>差が大きく、作業領域の結果が低かったり、
>算数の結果が飛びぬけて悪くてこれはやは
>り本にのっているそのものの結果のように
>見えました。
とのことですが、検査内容は分からないものの(WISC-IIIなどですかね)、能力にばらつきがあることが...続きを読む

Qプローブについて

教えてほしいのですが、
1:10プローブのときは
プローブに9MΩ と オシロスコープの1MΩ で
10MΩ なのは分かりましたが、
1:1プローブの時の抵抗値はいくらになるのでしょうか?

Aベストアンサー

#2のお礼みました。
計算値と実測値が違うことは実際によくありますね。
特にアナログ回路での測定など。。。

これは、プローブの容量(8pFなど)が原因で被測定物のインピーダンスを変えてしまうことがあり、実際に波形を見ると計算値と違うということがあります。

厳密に測定するということは難しいのですが、FETプローブを用いたり、非接触のプローブを使用するなど測定方法によってはかなり近い値を出すことも可能です。
被測定物の特性を把握した上で、いろいろとプローブの種類なども考えるといいかと思いますよ。

Q「人間らしい」とは「動物らしくない」という意味?

そもそも人間って動物ですよね。

しかし
「人間らしい」「人間っぽい」というのは
「動物らしくない」という意味ですか?

それとも「動物っぽい」ことを人間らしいと表現しますか?
場合によりますか?
回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

場合によると思います。

「人間らしい」を「理性的」あるいは「道徳的」と解釈する場合、相反するが「動物」となるでしょう。

「人間らしい」を「温かみのある」あるいは「血の通った」と解釈する場合、相反するのが「機械」となるでしょう。

Qノーザンブロッティングのプローブ

ノーザンブロッティングの際のプローブについて教えて下さい。
当然、プローブにはRNAかDNAを使う事になりますが、両者の違いが分かりません。
単純に、ハイブリダイズ効率の違いかなと考えています。
出来れば、DNAプローブを使いたいので、皆さんの経験をお聞かせください。
標識にはDIGを使おうと考えています。

Aベストアンサー

ノザンプローブはDNAでもRNAでも、どちらでもいいです。プラスミドの状態ですでに手もとにあるのなら、制限酵素で消化してゲルから切り出し、RandomPrimed法で標識したDNAプローブでいいでしょう。

RNAプローブのほうが厳密にいうと高級かもしれません。なぜなら、上記のランダムプライム法でつくったプローブは、センス鎖のほうは無駄になりますね。ハイブリできるのは、RNAと相補的な配列だけですから。おなじく、RNAプローブをつくるということは、アンチセンス鎖という、本当に自分が必要なものだけをプローブとしてつくっているという意味で、いいストラテジーといえます。無駄なプローブが混入した状態で実験を行うということは、ノイズを上げる可能性があると言えます。また、RNAプローブは、RNAですから分解されやすく、扱いや実験操作に多少の熟練を要求します。DNAプローブの法が簡単です。こういう点からも、RNAプローブのほうが、高級と言えると思います。

まあ、普通にDNAプローブでいいと思いますよ。自分もノザンするときは、よほどそうしたい事情がないかぎり、DNAプローブを使います。

あと、DIGの件ですが、非常に注意したほうがいいと思います。うまくいかないのです。前のかたも回答してくださっている通り、なぜかDIGでノザンはうまくいかないんです。自分も経験があります。このことは、野村慎太郎先生の書いたプロトコル本、「脱アイソトープ実験マニュアル」に載っています。もし、大学のかたであれば生協ででも立ち読みしてみてください。かならず置いてあるぐらいの有名な本です。

ノザンプローブはDNAでもRNAでも、どちらでもいいです。プラスミドの状態ですでに手もとにあるのなら、制限酵素で消化してゲルから切り出し、RandomPrimed法で標識したDNAプローブでいいでしょう。

RNAプローブのほうが厳密にいうと高級かもしれません。なぜなら、上記のランダムプライム法でつくったプローブは、センス鎖のほうは無駄になりますね。ハイブリできるのは、RNAと相補的な配列だけですから。おなじく、RNAプローブをつくるということは、アンチセンス鎖という、本...続きを読む

Q磁界の強さ

就職活動している者です。
課題を出され、現在がんばっていますが、
次の問題が全くわかりません。
図書館などで、調べましたが、
結局理解できずしらべれませんでした。
どうか答えだけでも良いので、
教えていただけないでしょうか?

「1辺の長さがaの正六角形の回路に電流Iが流れているとき、正六角形の中心における磁界の強さを求めよ。」

です。

Aベストアンサー

【訂正】
×―――これが6つ分あるから3I/(4√5)πb=3I/(2√15)πa
○―――これが6つ分あるから3I/(2√5)πb=3I/(√15)πa

×―――長さ微小区間[x、x+Δx]
○―――微小区間[x、x+Δx]

Q水晶発振器の測定に使うプローブは?

水晶の発振を測定するために使用するプローブは通常?(50Ω?)のプローブで問題ないでしょうか?それとも何か特殊なものが必要でしょうか?

Aベストアンサー

発振回路は、通常ハイインピーダンスですので、50Ωというようなローインピーダンスの機器を接続するなど、とんでもないことです。
せっかく発振していても、プローブを当てた途端に、発振強度は弱まり、悪くすれば発振停止するかもしれません。
発振停止しないまでも、周波数は大幅に変わります。

では、ハイインピーダンスプローブならどうか、ということになりますが、ハイインピーダンスプローブだと、今度はプローブ自体が抱えている並列Cが影響してきます。
(回路に影響ない程度のCなら問題ない。プローブ自体の並列Cは本体に明記してあるはず。→Z=1/(2πfC)でチェックする)

一般には、バッファー段の後にプローブを当てるのが望ましいですが、どうしても発振段で観測したければ、発振器の出力側に入れます。
(入力側より影響が小さい)
この場合でも、わかるのは発振しているかどうかくらいであり、正確な発振周波数や強度の測定ではない、と考える方が無難です。

Q磁界計測方法について

磁界発生コイルを使い、中心点の磁束密度を測りたいのですが,

どのようにすればよいのでしょうか?

方法でなく、ヒントでいいのでアドバイス下さい。

磁気学の『ここを勉強しろ』みたいなところを

教えてください。

Aベストアンサー

ガウスメータで測定しては?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報