細菌がどんなものなのかわかりません、簡単にわかりやすく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

単一の細胞からなり、大きさが1mmの千分の一(1μm)くらいで肉眼では見えません。


倍率が千倍以上の顕微鏡を使えば観察することは出来ます。

人間は約60兆個の細胞で出来ています。
細菌は人の体内にもたくさん存在しており(腸内細菌ビフィズス菌など)、
一人の人間の体内には100兆個の細菌が存在していると言われています。
と、まあとにかく小さいんですね「細菌」と言うくらいですから。

空気中や水中など我々の生活環境の中にも多種多様な細菌が存在し、
悪さ(食中毒や風邪の原因)もすれば、
人間のためにも働いてくれています(ヨーグルト、納豆、薬剤、酵素などの生産)。
少し余談になりますが、シロアリなんかは木を食べますが、シロアリ自体は木を消化出来ません。
けれどもシロアリの腸内に生存する細菌が木を糖等に分解してくれるお陰でエネルギーを得ているんですね。

目に見えないけれど、人間も上手く共存していく必要がありますね。
    • good
    • 1

皆さん大変苦心して答えられてますので、私も一言ない知恵を絞って。



細菌とは植物細胞と同じ構造を持ち、細胞単独で生活する生物です。

植物細胞と同じなので、細胞壁という部分を持っていて、ここに作用する「細胞壁合成阻害剤」というタイプの抗生物質(ペニシリン系、セフェム系など)の薬が効きます。細胞壁は動物細胞にはない部分なので、この種の薬は、動物には作用を及ぼしません。
    • good
    • 0

手前の辞書では


非常に小さい単細胞生物郡。他物に寄生して発酵や腐敗を起こし、また病原となるものもある。分裂菌。バクテリア。     と説明しています。

手前の参考書では
まとまった集団として統一できる共通の性質をもっていない、多様性に富んだ微生物集団であるといえる。     と説明しています。

できれば個別(例えば大腸菌とは?)に質問していただければ説明しやすいと思いますが・・・(細菌は種類が多くそれぞれ性質等が異なるので)。
    • good
    • 0

小さな生き物を微生物と言いますが、幾つかのグループに分けられます。


その性質は全く異なり、原虫・細菌・リケッチア・クラミジア・ウイルス・プラスミド・ブリオン等に分類されて、微生物学では原虫を除くその他の小さな生き物全てを微生物と言います。

つまり、細菌とは微生物の中の一種です。

(参考URLより抜粋、詳細はこのページをご覧ください)

参考URL:http://tag.ahs.kitasato-u.ac.jp/tag-wada/noframe …
    • good
    • 0

ネットで検索されては如何でしょうか?


あるいは近くの図書館で成書を探されては如何でしょうか?

質問が漠然としてますので、どのようなことが知りたいのか補足お願いします。
    • good
    • 0

さいきん 【細菌】



単細胞の微生物で、核膜のない原核生物の一群。球状・桿状・螺旋(らせん)状などを呈し、葉緑体・ミトコンドリアなどをもたない。原則として二個に分裂してふえる。動植物に対して病原性をもつものもあるが、広く生態系の中にあって物質循環に重要な役割を果たしている。分裂菌類。バクテリア。

辞書によるとこんな感じです。

要するに「微生物」って事です。
もっと分かりやすく言うと、
「目に見えないくらい小さな生物」ってとこですかね。
具体的には「菌」って付くやつはみんな細菌です。
納豆菌、大腸菌、ビフィズス菌、etc
「O-157」は病原性大腸菌なのでこれも「細菌」ですね。
別に体に害があるか無いかは関係ないです。
体に良い細菌のほうが多いんじゃないですかね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 病原性大腸菌食中毒<食中毒>の症状や原因・診断と治療方法

    病原性大腸菌食中毒とはどんな食中毒か  下痢の原因となる大腸菌は、その病原性の特徴から、いわゆる狭義の腸管病原性(ちょうかんびょうげんせい)大腸菌、腸管侵入性(しんにゅうせい)大腸菌、腸管出血性大腸菌、毒素原性(どくそげんせい)大腸菌、腸管凝集接着性(ぎょうしゅうせっちゃくせい)大腸菌などに分類されています。主にこれらに汚染された食品を摂取することで、食中毒を発症します。 症状の現れ方 腸管出血性大腸菌 ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q細菌名の読み方について(bacteroides thetaiotaomicronなど)

腸内細菌の読み方(発音の仕方)が分からず困ることがよくあります。
たとえば、bacteroides thetaiotaomicronはどう読むのでしょうか?
テタイオタオミクロンでしょうか?

bacteroides thetaiotaomicronに限らず、読み方で困ることがよくありますので、細菌名の読み方が分かるサイト、本等があれば教えていただけると嬉しいです。

何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

細菌ではないですが,参考URLが全体的な読み方の参考になりましたなら…

アメリカ帰りの私の教授が,Xenopusをゼノパスと呼び,私はクセノプスと呼び続けました。研究室外の人からゼノパスとクセノプスは近縁のカエルなのかと聴かれましたので,学名まで一緒ですが学名の呼び方が違うカエルですとお答えしました。笑ってましたが,神経質にならずにそんなものでよろしいのではないかと思います。

参考URL:http://www.kanpira.com/iriomote_museum/scientific_name.htm#How_to_Read_Scientific_Names

Q細菌 Streptococcus sp.

細菌の検査結果でStreptococcus sp.(Group B)菌量(2+)との結果ですが、どのような細菌で身体への影響等ご存知の方がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
日本語で書くと「B群連鎖球菌という細菌が沢山出た」となります。

連鎖球菌とは、顕微鏡で見ると、丸っこい細菌が鎖の如く、数珠つなぎになってるのが特徴な細菌で、さらにその種類の中に分類があります。
その中のB群といわれる物は、普通、喉や腸内などにいる細菌で、本来、特にわるさはしないのですが、何かの拍子に血液中や頭蓋骨や背骨の中の髄液に入り込んだ場合、敗血症や髄膜炎を起こします。
特に赤ちゃんが感染する新生児髄膜炎は注意が必要という事です。

あとは、どの部分を調べて出た菌なのかによって評価が違います。
例えばおしっこから出たなら腎炎や膀胱炎、尿道炎等を考えないといけません。

参考URL:http://www.eiken.city.yokohama.jp/infection_inf/gbs1.htm

Q動物と植物の定義

過去に質問されていそうな質問だと思ったのですが、見つからなかったので、質問します。

動物と植物の定義を教えてください。

素人なりにいろいろ考えました。
1)植物は光合成をする生物
2)動物は自らの意志で移動ができる生物
3)動物は他の生物から栄養を得る生物
ですが、自分の中では全て否定されました。

1)まず、菌類、細菌は光合成をしない。菌類、細菌類が植物に分類されているのかは知りません。しかし、動物ではないと思うので。(動物でも、植物でもないのですか?)菌類、細菌が植物ではないとしたら、これは、反論にはなりません。
でも、1)の定義なら、ミドリムシは植物だと言い切れます。しかし、言い切ってはいなかったと思います。

2)サンゴは動かない(と思う)。サンゴはなぜ、動物なんですか?
ミドリムシが動物だと言い切れる。(これは1)と同様)

3)食虫植物は他の生物からも栄養をとる。
確か、木に寄生して栄養を奪う植物がいた。(ラフ何とかだったような)

Aベストアンサー

そもそも、全ての生物を動物と植物の2界に分けるというのは、生物の系統に関する一つの説であって、この説に無理があるんですよ。二界説(生物を植物界と動物界にわける)での植物と動物の定義は、細胞壁の有無できめます。
しかし、細胞構造や、栄養の取り方、生態系における役割の違いを考えると、二界説に無理があることは、一目瞭然です。
そのため、現在では生物を5つの界、すなわち、原核生物界(モネラ界)、原生生物界、植物界、菌界、植物界に分ける5界説が主流です。
分類というものは、そもそも、人間が扱いやすいように作ったものですから、完全な分類というものに無理があるのかもしれませんね。
FROM 16KI

Q細菌性ショック死

刑務所で消防用ホースを受刑者の肛門めがけて放水し
受刑者が細菌性ショック死したという事件を耳にしました。

死亡した受刑者は直腸と肛門に裂傷ということで
細菌性ショック死したということですが
どのような過程で細菌性ショック死という結果に
なったのでしょうか?

ショック死というのは、ショックを受けて死ぬという
漠然なことしか理解していませんし、正確にはそうでなく私が誤って理解しているかもしれません。

細菌性ショック死というものと、それによって死亡してしまった過程を知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

#1,2 の方が説明されているとおり、ショックとは急激に体中の血の巡りが悪くなることですね。

もう少し詳しく説明いたしますと・・・血の巡りを保つには実は次の3つの条件が必要になります。
1)血が充分あること
2)血を流すポンプ(心臓)がちゃんと働いていること
3)血が流れる血管がしっかりしていること

これらのうちどれか一つでも急激に障害されると「ショック」という状況になるわけです。

例えば大けがや胃潰瘍といった病気で血管が破れ、大量に出血をすると1) が駄目になります。このような状態を「出血性ショック」と呼んでいます。

2)の条件が駄目になる場合には、心臓を栄養する血管が詰まり急に心臓が働かなくなってしまう心筋梗塞や脈が不規則になってしまう不整脈といった病気があります。これを「心原性ショック」といいます。

3)について、血管は常に広がったり、狭くなったりして血圧を一定に保つ働きがありますが、この調節は実は「神経」が司っています。その神経による調節が急激にできなくなったときにショックが起こります。これは非常に強い精神的衝撃(ガビーン!!でも OK です(笑)) や強い痛みなどで起こされることもあります(一般にショックと言われているものに近いイメーもありますね)。これを「神経原性ショック」と言っています。

上の3種類の他に、ご質問の細菌性ショック(あるいは敗血症性ショック)というものが知られています。
これが起こる仕組みは上の3種に比べるととても複雑なのですが、いずれにしろばい菌による重い感染症のときに引き起こされるものす。そして上の1)2)3)のどれもがいろいろな割合で障害されることが多いのです。

勿論、便中に存在する大腸菌も、比較的容易に細菌性ショックを起こし得る菌の一種です。幸い普通の人間では大腸内面を多う粘膜という構造がバリアとなり、細菌や細菌毒をブロックしているので問題はありません。しかしひとたびそのバリアが破れると大変なことになります。例えば、大腸が破れますと、お腹の中に便が漏れ、細菌性腹膜炎という重得な状態になります。これを適切に処置せず放置すると急速にショック状態に陥ります。

恐らく今回もこのような状況だったのではないでしょうか。

それにしてもいやな事件ですね・・・。

こんにちは。

#1,2 の方が説明されているとおり、ショックとは急激に体中の血の巡りが悪くなることですね。

もう少し詳しく説明いたしますと・・・血の巡りを保つには実は次の3つの条件が必要になります。
1)血が充分あること
2)血を流すポンプ(心臓)がちゃんと働いていること
3)血が流れる血管がしっかりしていること

これらのうちどれか一つでも急激に障害されると「ショック」という状況になるわけです。

例えば大けがや胃潰瘍といった病気で血管が破れ、大量に出血をすると1) が駄目...続きを読む

Q【薬学】抗ウイルス薬みたいに細菌薬ってあるんですか? 細菌薬=抗生物質ってことですか? なんで膿を出

【薬学】抗ウイルス薬みたいに細菌薬ってあるんですか?


細菌薬=抗生物質ってことですか?

なんで膿を出来なくするだけのことで抗生物質を投与しないといけないんでしょう?

ニキビの化膿を抑えるのに抗生物質投与って大袈裟では?

抗生物質薬も抗ウイルス薬と同じで細菌を殺す薬ではなく細菌の発生を抑える薬ですか?

ニキビの化膿止めの抗生物質薬ってありますか?

Aベストアンサー

ウイルスには抗ウイルス薬
細菌には抗生物質
真菌には抗真菌薬

ニキビに抗生剤を使用するのは他の正常な皮膚に菌がうつらないようにするため

抗生物質は静菌剤と殺菌剤があります。
よって抑える作用の物見あるし、殺す作用のものもあります

Q食品の細菌数について

最近はノロウィルスの蔓延で、食品の細菌に関する報道をよく
見聞きします。
一般的な報道では、細菌の数に触れられることはありませんが
専門的に細菌の数を ×10^n と表現するはなぜでしょうか?

検査関係の人には常識なのでしょうが、素人にはすごくアバウトな
感じがするし、ネットで調べてもよく分かりません。

どなたか素人にも分かるようにご説明願えないでしょうか?

Aベストアンサー

#1 です。

>3.5×10^5 
>ではなくて
>35×10^4
>350×10^3
>と言うようなこともあるのでしょうか?

ありません。10の何乗か、と言う事が最も意味がある事なので、35×10^4では数字が分からなくなってしまいます。

ちなみにシャーレに撒いてカウント(計数)する時は30個から300個になるような希釈倍率を選択します(法律で定められている方法でも)。#2さんの言う通り、これ以上でもこれ以下でも不正確になるからです。
理論上、30個を10倍希釈する前の段階では3個計数されますが、10倍希釈すると25個なのか34個なのか分からなくなってしまうということからも想定出来ます。また、300個以上となると数え間違いもありますし、重なってくるので不正確です。

このような方法(平板希釈法)では少ない菌数は測定出来ないので、大腸菌群等では個数ではなく、陰性、陽性とだけ記載する事や、別の方法(最確法)で測定する場合もあります。

参考まで。

Qアトピーと細菌感染を併発した犬の餌について悩んでいます。

我が家には、3匹のダックス(オス2匹、メス1匹)がいますが、内の1匹がブラックソリッドで、その子の食事について悩んでいます。
元々、お父さんが弱かったようで、家にきてから
「お曲がりや、過去に骨折していた事が分かる」、「アトピーらしき症状がある」という、体が弱い子でしたが、成犬になると もう1匹とのオス同士の争いが ひどくなった為、虚勢しました。
それ機に、よりアトピーがひどくなり 現在、動物の皮膚専門医に遠隔治療でアトピーの治療を受けています。かなり悪性の細菌感染も併発しているそうで、微量のステロイド・抗生剤等を日に3度飲ませています。 (獣医曰く、インターフェロンは、効果が期待できないとの事で、ステロイドを調合して送ってもらっています。ステロイドは 微量なのでかなり長期間飲まないと体への負担は、心配ないとの事です。
近所の獣医からは、インターフエロンを薦められましたが、近所の獣医も知っているほどの、有名な皮膚専門の獣医ですので、とりあえず、この治療を続けています。)

フードは、この病院にかかる前からスキンサポートという皮膚疾患用のドライフードを食べさせていますが、ここの所、爪が割れたり、欠けたりと弱くなったので、また、他の子と比べ痩せている為、栄養が不足しているのかと思い、他の犬が食べているユーカヌバというドライフードに戻した所、数日でまた痒がるようになりました。

爪が弱いことを相談したところ、皮膚科の獣医から、『ドックフードは何でもいいけど、残り半分は人と同じもの(魚や肉)をあげること。』と言われました。リンをしっかり摂取しないと、カルシウムは摂取できないとの返事がありました。
それから、『ミネラルとビタミンの不足も考えられるので、お味噌汁を 適量ご飯にかけてあげてください。 ドックフードだけで育てていると病気になります。』とのも言われました。
我が家には、他の犬で、肝臓が弱い子もいますが、近所の獣医に『ドックフードで栄養は十分なので、それ以外(人間の食べ物や、犬のおやつ等の、特にたんぱく質類)をやってはいけません。』と言われていたため、全く正反対のアドバイスに困惑しています。

近所の獣医さんで検査した所、このアトピーの子は、食物からのアレルギーではないとの結果でしたが、虚勢以前は、スキンサポートのフードで、アトピーがよくなっていましたので、『スキンサポート+栄養の補給』をどうすればいいかという事で 今、悩んでいます。
獣医さんが言われるように、肉等を与えるか、または製品としてサプリメント的なものを飲ませるかです。家に、市販のカルシウムの顆粒はありますが、勝手に与えるのがこわく飲ませていません。

肉や魚、味噌汁やご飯を与えるにしても、与えるなら全ての子に与えたい所ですが、アトピーの子と、肝臓の悪い子への影響が心配です。
あと、塩分の取りすぎや肥満も心配です。
長文で申し訳ありませんが、詳しい方がいらっしゃいましたら、お教えいただけませんでしょうか。

我が家には、3匹のダックス(オス2匹、メス1匹)がいますが、内の1匹がブラックソリッドで、その子の食事について悩んでいます。
元々、お父さんが弱かったようで、家にきてから
「お曲がりや、過去に骨折していた事が分かる」、「アトピーらしき症状がある」という、体が弱い子でしたが、成犬になると もう1匹とのオス同士の争いが ひどくなった為、虚勢しました。
それ機に、よりアトピーがひどくなり 現在、動物の皮膚専門医に遠隔治療でアトピーの治療を受けています。かなり悪性の細菌感染も併発している...続きを読む

Aベストアンサー

獣医師です。
大変失礼な言い方になりますが、現在の獣医皮膚科分野で
・犬のアトピー性皮膚炎での食事療法で「何でも食べて良い」という指導をする事。
・味噌汁をかけて与えるという指導をすること。
・爪の異常を「代謝異常」と捉えず単なるカルシウム不足としてしまう事
・通常以上にリンを摂取するよう指導する事
これらの指導をする皮膚科専門医は私の知る限りにおいていません。

むしろ、「近所の獣医さん」からの指導の方が適切であると感じます。
皮膚科、特にアトピー性皮膚炎は細かな問診と皮膚検査によって診断、治療されるべき病気ですので、
皮膚科専門医は決して「遠隔治療」を行いません。
(法的にも自ら診療せずに薬剤を処方する事は獣医師法で禁じられているため)

細菌感染がある場合に、シャンプー療法を禁じる理由も全く理解できません。

正直申し上げて、その獣医師の考え方があるとは思いますが、今指導されている内容は
全て現在の獣医皮膚科のスタンダードな治療方針ではありません。

先ほども申し上げたように皮膚科、特に犬のアトピー性皮膚炎の治療に関しては
きめ細やかなケアを必要としますので、質問文からどんなサプリがふさわしいか、またどんな食事が良いかを判断する事など到底不可能です。
「私の犬に効果があったサプリ」が「質問者様の犬にとっては痒みの原因」にもなりえるのです。

ですので、獣医師としてのコメントとしましては
「質問者様自ら、きちんと犬のアトピー性皮膚炎に関する知識を身に付けること」
「きちんと皮膚をきめ細やかに診断、ケアして下さる近隣の皮膚科に詳しい獣医師を探すこと(大学病院の皮膚科専門医も含めて)」
現在、薬剤を処方してもらっている獣医師からの説明に納得がいくのであればそれで構わないと思います。
疑問点があるのであればその点を納得いくまでその獣医師に説明を求めて下さい。
皮膚科専門医であればじっくりと時間を取って答えて頂ける事と思います。

獣医師です。
大変失礼な言い方になりますが、現在の獣医皮膚科分野で
・犬のアトピー性皮膚炎での食事療法で「何でも食べて良い」という指導をする事。
・味噌汁をかけて与えるという指導をすること。
・爪の異常を「代謝異常」と捉えず単なるカルシウム不足としてしまう事
・通常以上にリンを摂取するよう指導する事
これらの指導をする皮膚科専門医は私の知る限りにおいていません。

むしろ、「近所の獣医さん」からの指導の方が適切であると感じます。
皮膚科、特にアトピー性皮膚炎は細かな問診と...続きを読む

Q体の中の細菌

人間の口、胃、腸などにいる良い細菌、悪い細菌は
炭酸飲料や熱い飲み物・スープ、氷などを食べたとき死滅、繁殖したりしないのですか?

Aベストアンサー

細菌によって、繁殖しやすい条件や死滅しやすい条件が異なります。炭酸飲料の炭酸に弱い菌もあり、熱に弱い菌もあり、また炭酸飲料の糖分で繁殖が助けられたり、糖分の種類によって繁殖しやすかったり、など様々です。熱い飲み物に関しては、「我慢して飲める」程度の温度であれば、口の中で殺菌されることを期待するのは難しいかもしれません。また、氷で死滅することはまず無いと思われます。

口の唾液で分解されない細菌も多く、多くの細菌が口の中で生存しています。口の中に砂糖分などがあれば、虫歯菌が繁殖する好条件となりえます。

胃の中は強い酸(胃酸)がありますから、口の中で死なない細菌でも胃で多くが死滅しますが、大量に水分を摂るなどして胃酸が薄まれば、その分だけ細菌が死滅しにくくなる事もあり得ます。

腸の中にも、それらの関門をくぐりぬけた細菌類がおり、一部は安定して繁殖しています(大腸菌や乳酸菌など)。そこまで行くと、すでに食物の温度などはあまり関係がなくなっていますが、乳酸菌はオリゴ糖で繁殖しやすくなったりといった性質はあります。

Q細菌性胃腸炎?虫垂炎?

1週間ほど、下腹部の痛みに苦しんでいるものです。
最初、それなりに大きな病院を紹介され、そこでは外科に案内されました。しかし、CTやレントゲンでも特に悪いとこは見られないということで、細菌性胃腸炎を疑われ、内科に回されました。内科では、4日間ほど抗生物質の点滴を受けたのち、検便の結果、最近は陰性ということで、もう一度外科に回されました。戻ってきた外科では、虫垂炎の可能性があるといわれ、翌日、様子を見て、手術で入院と言われました。ここまで、同じ病院内の話です。一週間ほど、痛いのが治らず、確かに虫垂炎なのかもと思うようになりましたが、同じ病院内で、とにかくたらいまわしにあってる感があり、どうも納得がいかず、仕事の上司が勧めてくれた内科医(開業医)の先生に診てもらいました。そこでは、血液検査と触診で、虫垂炎ではなく、細菌性胃腸炎と診断されました。CRPという数値がさがっているということと、お腹を押したときの痛み方が違うが、虫垂炎ではないと思うという判断でした。

よくわかりませんが、細菌性胃腸炎と虫垂炎って似ているんですか?とりあえず、一週間通った病院はあまり評判も良くないので、後に行った内科医の先生の言うとおりに、投薬で治していこうと考えてますが、他のお医者さんにも意見を伺ったほうがいいのでしょうか?

1週間ほど、下腹部の痛みに苦しんでいるものです。
最初、それなりに大きな病院を紹介され、そこでは外科に案内されました。しかし、CTやレントゲンでも特に悪いとこは見られないということで、細菌性胃腸炎を疑われ、内科に回されました。内科では、4日間ほど抗生物質の点滴を受けたのち、検便の結果、最近は陰性ということで、もう一度外科に回されました。戻ってきた外科では、虫垂炎の可能性があるといわれ、翌日、様子を見て、手術で入院と言われました。ここまで、同じ病院内の話です。一週間ほど、痛い...続きを読む

Aベストアンサー

普通は、CTで診断できます。CTと理学所見を加味すると虫垂炎に対する感度98%、特異度95%という報告があり、ほぼ絶対的な診断法です。細菌性腸炎においても、CTならば診断は容易です。
一方で理学所見だけなら、虫垂炎に対して感度92%、特異度85%という報告でした。

感度・特異度において劣る検査法を選択するのは、?です。

ただ、細菌性腸炎としても虫垂炎としても明確な所見がCTででていないなら、他疾患も考える必要があるかもしれません。

Q人工心臓弁の細菌症

結婚前提に付き合ってる彼氏が細菌症により入院しました。
彼は3年前に心臓弁置換手術をうけており
求職中でしたが通常の生活は出来ておりました
ある日高熱と下痢がありましたが 風邪と診断され病院に行き点滴を受ました
40度の発熱してから3日して
総合病院に入院。
検査の結果
歯科治療による黄色ブドウ球菌による細菌症とのこと。
現在も解熱剤なしでは39度前後あり
肝臓 腎臓の機能も低下し人工透析も2度うけました。
入院時9割の確立で生命の危険があり
現在は7割の危険が残ってるとのこと
睡眠状態にしてあり 人工呼吸器をしています。  
一度CCUに顔を一瞬見に行ってきました。
声を聞くと興奮状態になるので 声はかけないようにと医師から指示があります
質問します。
★睡眠状態にあるのに体を動かしたり目が半開きになってるのですが別に普通の行動ですか?
興奮状態になるという事は意識があるのでしょうか?
★白血球 血小板の数値が低下してますが 細菌が入ってるのに低下してると言うのはどういう事でしょうか? 
★黄色ブドウ球菌など細菌は人工透析によって取り除く事ができるのでしょうか?
★39.5度の熱が上がったり下がったりしている様子なんですが それは悪化しているのか 改善する過程なんでしょうか?
★CCUを出れるまで通常どのくらいの時間がかかるものなのでしょうか? 
★併発する病気はありますか?
★予後はどうのような結果になりますか?私生活に問題がでるでしょうか?
★感染症と診断されてますが 敗血症とは違うのですか?
★この病気は一度なるとまた なりやすくなるんでしょうか?
★意識がもうろうとし 返答がおかしかったのですがそうなるものですか?
★興奮させるのが一番いまはいけないと担当医がいうのですが
母親の声などでも興奮します それはなぜそうなるのでしょうか?
お忙しいでしょうが返信お待ちしています。

結婚前提に付き合ってる彼氏が細菌症により入院しました。
彼は3年前に心臓弁置換手術をうけており
求職中でしたが通常の生活は出来ておりました
ある日高熱と下痢がありましたが 風邪と診断され病院に行き点滴を受ました
40度の発熱してから3日して
総合病院に入院。
検査の結果
歯科治療による黄色ブドウ球菌による細菌症とのこと。
現在も解熱剤なしでは39度前後あり
肝臓 腎臓の機能も低下し人工透析も2度うけました。
入院時9割の確立で生命の危険があり
現在は7割の危険が残ってるとのこと
睡...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちお察しします。
私は小児科医です。もちろん担当医でもないし、実際の彼を見たわけでもないので責任を持って全てをお答えできません。でも少しでも、気持ちが楽になればと今キーボードを打っています。なので同じ質問を担当医の先生にもされることをお勧めします。

★睡眠状態にあるのに体を動かしたり目が半開きになってるのですが別に普通の行動ですか?
興奮状態になるという事は意識があるのでしょうか?
→興奮状態(不穏)と意識とは別です。どうして興奮状態なのかはこの文章だけでは不明ですが、人工呼吸器につなぐ場合などは自分で気管の管を抜いたりしないように少し鎮静剤を使ったりしますが、どうでしょうか?それにより完全には落としていないが少し静かにさせるくらいの量ではありえると思います。

★白血球 血小板の数値が低下してますが 細菌が入ってるのに低下してると言うのはどういう事でしょうか?
→一般的には細菌感染症ではご存知の通り、白血球は上がりますが、重症細菌感染症(敗血症)では下がることがあります。
 
★黄色ブドウ球菌など細菌は人工透析によって取り除く事ができるのでしょうか?
→人工透析では細菌は取り除けません。透析の膜は小さい分子の物質の交換するためのものなので血球は通りませんし、それより大きい細菌は通りません。
グラム陰性菌からでるエンドトキシンを吸着させる膜があるのでグラム陰性菌のときは使うことがありますが、黄色ブ菌はグラム陽性菌なので適応ではありません。

★39.5度の熱が上がったり下がったりしている様子なんですが それは悪化しているのか 改善する過程なんでしょうか?
→熱の出具合も解熱剤を使っているかどうかでわかりません。しかし、スパイク(ポーンとあがってまた下がる)というのはまだ感染が活動的なことを想像させます。

★CCUを出れるまで通常どのくらいの時間がかかるものなのでしょうか?
すいません。これは担当医の先生でないとわかりません。
 
★併発する病気はありますか?
→人工弁に菌がつくとなかなかとれません。菌の塊がなんかの拍子に取れて飛んでいくとその先の臓器に詰まります。三尖弁、肺動脈弁だと肺に、僧帽弁、大動脈弁では脳や全身に行く可能性があります。

★予後はどうのような結果になりますか?私生活に問題がでるでしょうか?
→これもなかなか答えづらい点です。担当医でないと答えは難しいと思います。

★感染症と診断されてますが 敗血症とは違うのですか?
→現在の文章を読まさせていただいての印象は敗血症といってもいいと思います。

★この病気は一度なるとまた なりやすくなるんでしょうか?
→弁についた菌がどの程度消せるか、(場合によっては手術で弁置換の必要もあるかもしれません)また、心臓のもともとの原疾患にもよります。つまり先天性のもので心臓に穴が開いていたりする病気の場合、全身の血液が肺を通らずに全身に回っていたりすると、再発することも考えられます。(肺はガス交換の場とともに細菌除去のフィルターでもあります)

★意識がもうろうとし 返答がおかしかったのですがそうなるものですか?
→1番目の質問の回答に同じです。鎮静剤とかはつかっていませんか?
★興奮させるのが一番いまはいけないと担当医がいうのですが
母親の声などでも興奮します それはなぜそうなるのでしょうか?
→これも同じです。あとはそれこそ菌の塊が脳とかに飛んだりしていないことを確認する必要があると思います。

逃げるわけではありませんが、これはあくまで文章から推測してかいているだけです。ぜひ担当医の先生に率直に確認してください。聞いたら答える義務が医者にはあります。
それまでに少しでも気休めになればと書きました。
ぜひ担当医の先生を信じてください。
早い回復をお祈りしております。

お気持ちお察しします。
私は小児科医です。もちろん担当医でもないし、実際の彼を見たわけでもないので責任を持って全てをお答えできません。でも少しでも、気持ちが楽になればと今キーボードを打っています。なので同じ質問を担当医の先生にもされることをお勧めします。

★睡眠状態にあるのに体を動かしたり目が半開きになってるのですが別に普通の行動ですか?
興奮状態になるという事は意識があるのでしょうか?
→興奮状態(不穏)と意識とは別です。どうして興奮状態なのかはこの文章だけでは不明です...続きを読む


人気Q&Aランキング