こんにちは。

最近、サルトルの実存主義が再評価されているとネット上でみたのですが、
このような指摘をしている本をご存知ですか?

あまりに難解なのはわからないのですが、
何かおすすめの本があれば、教えてください。

A 回答 (2件)

こんばんは。



ボーボワールに傾倒していたついでにサルトルも齧った程度なので、あまり(と言うか全然(汗))詳しくは無いのですが・・・そうですねぇ、一時は全く振り向きもされませんでしたが、今はまた書棚にもサルトルに関する書籍が多く並べられているのを目にしますね。

再評価を指摘していると言う訳ではありませんが、私が読んだものでおすすめと言えば(と言っても、近刊のものは1冊しか読んでいませんが(苦笑))講談社学術文庫から出ている『同時代人サルトル』でしょうか。
サルトルや実存主義への認識を深めれば、自ずと再評価に関する理解を促すきっかけになるのではないかと思いますし、この本でしたら割と平易な文章で書かれているので、理解しやすいのではないかと思います。それにサルトルの思想は机上の理論としてではない、生き方としての思想であるからこそ、若者の心を捉え、今の不安定な時代を生きるうえで再認識されるのかなぁ・・・などと専門家ぶって言っておりますが、全くの個人的意見ですので鵜呑みにはされないで下さいね(笑)

ご参考の一部に加えていただけたら幸いです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061594 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
深夜のご回答ありがとうございます。

>サルトルに関する書籍が多く並べられている

そうですね、書店に行ったらよく目にします。
いままでは、ふっと通り過ぎていたのですが、
最近、ある言葉がきっかけで、
サルトルに目覚めてしまいました。 ^-^

行動哲学者というか、行動する知識人としてのサルトルの
考えにとても興味を持っています。

回答者様の意見、そのままのかたちで共感します。 ^-^

『同時代人サルトル』も幸運なことに、近くの図書館にありました。
さっそくみてみることにします。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/03/08 00:37

こちらのサイトはごらんになりましたか?



おすすめの書籍がいくつか載っています。

参考URL:http://www.healing.co.jp/sar/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。

ご紹介してもらったサイトをみました。
何冊かは、近くの図書館にあったので、
さっそく借りに行きます。

ヒーリング・ネット・ウェブの方もみました。
紹介されている徳山喜雄さんの行動的な報道姿勢から出てくるわかりやすいメッセージに興味を持ちました。
チェックしていこうとおもいます。

とても参考になるサイトを紹介していただいて、
ありがとうございました!

お礼日時:2004/03/07 23:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこんな内容の本、ご存知ありませんか?

タイトル、著者名ともにわからないのですが……。

昔、親戚のお兄さんの家で読み聞かせてもらった本を探しています。
小さい字で読みづらいだろうから読んであげる、と言われたので、絵本ではなく小説なのだと思います。途中の一章分くらいだけ読んでもらったと記憶しています。

たぶん、舞台はスコットランドです。少なくともスコットランドという国が出てきていました。

女の子(15歳くらい?)が、先生(お医者さんの方の「先生」だと思うのですが)に向かって、「先生、耳にたんぽぽの綿毛が入ってしまったのです。早く取り出してください。お願いします」と訴えるシーンがありました。

情報量も少なく、記憶が曖昧なので、これだけではわからないかもしれませんが……。
その親戚のお兄さんとは遠く離れてしまい、もう連絡を取ることもできず、訊けないのです。
もしおわかりのかたがいらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

僕は読んだことないのですが、探してみたらそれっぽいのがひとつありました。

ジョーン・リンガード作
「エディンバラの光と影」

15歳の女の子が主人公で、スコットランドが舞台です。
自信無しでゴメンナサイ…。

参考URL:http://www002.upp.so-net.ne.jp/newhouse_letter/Newhouse_Letter/books1.html

Qあなたなら小説や本などをどのような項目で評価しますか?

私は最近になって読書をすることが楽しいと思えるようになってきて、
最近毎日読んでおり3週間ほどで5冊ほど読みました。

本や小説にはいろいろなジャンルがあり、
文学、ミステリー、推理、ファンタジー、歴史などありますが、
これらのジャンルすべてひっくるめて評価をする場合、
どのような項目で分けることができるのかご意見が聞きたいです。

私がかんがえたのは、

【読みやすさ】文章の難易度
【知識量】知識の入っている量、例えば歴史や経済の本など
【感動度】感動した量

などです。

他にご意見がありましたらぜひお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

私も本の虫です^^図書館の方と仲良しです笑

まず、自分の好みかどうか。
文章表現、面白さ、どれだけ感動したか。読み終わった時の感情。
など・・かな?

ジャンルが違っても、これが好き!と思う本って、何故これが好きと思うのか?やっぱり、面白いから。引き込まれるから。つまりはそういうことだと思います。
でも、やっぱり人それぞれですよね~

Q一時期よく読んだけど、その後自分の中で評価が下がってしまった小説家の本

一時期はよく読んで買って揃えたけれど、そのあといろいろな原因で自分の中で評価が下がってしまった小説家の本を
みなさんはどうしてますか?
やっぱり処分してますか?それともよく読んだのだから手元に置いておきますか?

私の例ですが、むかし池澤夏樹をよく読んだんですが、イラク人質事件から、
どうも評価が下がってイマイチと感じるようになりました。
みなさん、こんな場合どうしてますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私は小説に限らず、よほど気に入ってる本やもう手に入らない本は
とっておいて、もう読まない本や、読みたいけど図書館に行けばどこ
にでもあるようなメジャーな本は処分(売ったり)します。
うちは狭いので読まない本ほど邪魔な物はないと思っているので、
どんどん処分します。

Q何かオススメの本はありますか?

物語や小説などではない、ちょっと固めの本が読みたいのですが、何かいい本はありませんか?
色んなジャンルを読みたいと思っているので幅広い本を教えてください!!

Aベストアンサー

内村鑑三の『代表的日本人』岩波文庫。英語版は故ジョン・F・ケネディ大統領も読んだようで尊敬する政治家の一人に本書が取り上げている米沢藩城主上杉鷹山を挙げています。

『高橋是清自伝』中公文庫。日本人による自叙伝では、福沢諭吉の『福翁自伝』、河上肇の『貧乏物語』と並んで聳え立つ名品。

中島義道の『私の嫌いな10の言葉』『私の嫌いな10の人』『うるさい日本の私』新潮文庫。

堺屋太一の『日本を創った七人』PHP新書/PHP文庫。

山本七平の『日本における空気の研究』。

講談社現代新書から、高橋昌一郎の『理性の限界』、保阪正康と半藤一利の対談『「戦後」を点検する』、山岸俊男とメアリー・C・ブリントンの討論『リスクに背を向ける日本人』、畑村洋太郎の『失敗学』『回復力』、高橋克徳・河合大介・永田稔・渡部幹の『不機嫌な職場』、阿部謹一の『世間とは何か』。

『失敗の本質』中公文庫。ノモンハン事件を筆頭にうまくいかなかった日本軍の戦いを分析。

戸坂潤の『日本イデオロギー論』岩波文庫。

Q何かおすすめの本、小説を教えてください。

先日ハウルの動く城の原作本である「魔法使いハウルと火の悪魔」を読んだのですか、とっても面白く一日で読み終わりました。

他に何かおすすめの本がありましたら教えてください。
できたら ファンタジー系でできれば恋愛要素が含まれている物が読みたいです。


ちなみに、恋愛要素がなくても「ダレンシャン」は凄くはまりました。

Aベストアンサー

荻原規子さんの『空色勾玉』など「勾玉」シリーズ
恋愛要素も含まれています。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4198931666.html

キャロル・マタス「マインド・スパイラル」シリーズ
表紙の絵から受けるイメージとは違って、面白いです。
恋愛要素も含まれています。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4251062752.html

茅田砂胡『デルフィニア戦記』シリーズ
恋愛要素も一応含まれています。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122041473.html

香月日輪『ファンム・アレース』全6冊
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062693534.html

菅野雪虫『天山の巫女ソニン』全6冊
画像はノベルズ版ですが、ハードカバー版は完結しています。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4061827960.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報