柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

いつも楽しく拝見させていただいています。

アメリカの常任委員会の委員は、
どのように決められるのでしょう。

できるだけ詳しい説明、
もしくは分かりやすいウェブサイトがありましたら、
教えて頂けると幸いです。

よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

 レンタルビデオ店で、邦名「ザ・ホワイトハウス」というのを借りてくるのが一番かと思いますね。



 基本はフィクションなので絶対この通りということではないですが、単なるフィクションと侮るなかれ。現実をたっぷりと調査をして作ったものです。

 そこに描かれたものを頭に、テレビのニュースを見ていて、「ああ間違っている」とか思ったことはありませんから。

 大統領補佐官たちが、自分たちの法案を通すために、じゃまな委員Aを異動させようとして、Aを運輸委員会から外交委員会へ、そのために外交委員会のBを法務委員会に、法務委員会のCを、、、とかいう具合に知恵を絞り議論している時、それを見た大統領があきれて「やれやれ、まるで一国の政治をパズルかなにかと勘違いしているようだ」とかなんとか、感想をつぶやくシーンがあります。

 それによると、誰がどの委員会に所属するかは基本、本人の意思ですね。

 選挙区の納税者に受けがいいとか、選挙資金がたくさん入るとか、そういうことを基準にして本人が希望するようです。

 しかし、そこが満席だと入れないようです。そこの委員が落選した時などをきっかけに交代するようです。選挙とかしてはしていない台詞がありました。

 それとは関係ないですが、党の職務ですが、院内総務なんて人は20年とか30年とかやっていた人もいたみたいですよ。よほどのことがないと、変わらないみたいです。

 で、大統領(実際はその補佐官たちが)権力(大統領が握る選挙資金とかライバル候補の擁立など)をちらつかせたり、次期選挙での応援とかをちらつかせたりして席をあけさせて、その上でじゃまな委員を異動させたり、自派議員をねじ込むようです。
 
    • good
    • 0

アメリカの常任委員会の委員って何?



まず、それを説明してね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング