柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

LANケーブルなどの規格に250Mhzとか周波数が出てくるのですが、
これは何の周波数なのでしょうか?
またLANケーブルの中では何が実際に流れて、情報が伝達されているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1秒間に何ビットのデータを送る事が出来るかという数字です。


正しい単位は b/s(ビット/秒)です。
Mhz(正しい表記は MHz)は周波数の単位なので b/s とは別です。


電線の中を流れる電子の速度は驚くほど遅い(1秒間で数ミリ以下)ので、電子が情報を運ぶわけでは有りません。
情報を運ぶのは電磁場のエネルギーです。
電線が有ると電磁場のエネルギーは電線の近くに集中するので少ないロスで伝送する事が出来ます。
http://djweb.jp/power/physics/physics_01.html
    • good
    • 0

電流(電圧)のon/offで情報を伝えます


そのon/offの立ち上がり立下りの時間が周波数に関係します

100Mbpsならば その周波数は少なく見ても数百MHzになります

ケーブルを流れる 電圧/電流の周波数です
    • good
    • 0

そのケーブルで扱える周波数帯域の最大を意味しています。



lanケーブルの中には電流が流れています。
データのビット列を電圧の振幅やパルス幅に変えて伝送します。

一般的に通信速度が速くなるほど、振幅の周期やパルスの周期も速くなりキャリア周波数も高くなるため、伝送しなければならない信号の周波数があがります。

速度の速いデータ通信に対応するために、ケーブルにも最大250MHzまでOKよという保証枠が決められているのです。

通信の仕組みについては以下を参照ください。無線通信とありますが、LANケーブルを使っても原理的には同じものです。
http://mcm-www.jwu.ac.jp/~physm/buturi11/hikarih …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伝送速度と伝送周波数帯域の違いは?

ツイストペアケーブルにおいて、カテゴリで伝送速度[Mbps]と伝送周波数帯域[MHz]の規格項目がありますが、伝送速度の意味は何となくわかるのですが、伝送周波数帯域の意味が全くわかりません。
例)1000Base-T(カテゴリ5e)の場合
  伝送速度:1000Mbps  伝送周波数帯域:100MHz以下
となっています。
回答の程よろしくお願いします。

Aベストアンサー

伝送速度は信号を伝送する速度でbps、つまりbit/秒(bit per seconds)です。

伝送周波数帯域とは信号を送るために用いる電気(交流)の周波数のことで、これが100MHz以下ならこの線を使っていいですよ、ということです。

QイーサネットケーブルとLANケーブルの違いは?

LANケーブルとイーサネットケーブルって、何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問にある両方の名称ともに俗称(?)である為、正確な解答は難しいですが、細い所を出来るだけ簡単に説明します。長文になりますがお許しを・・・
まず、No.4の方の回答にあるIEEEは米国電気電子技術者協会の略でその中でも802グループはLAN規格の制定を行っています。中でも802.3はイーサネット規格グループで100Baseや1000Baseもこのグループに入ります。例えば100Base-TXは802.3uや1000Base-SXは802.3zと言った物です。又当然802.3グループにはイーサネット以外もあり、(今では見る事の出来ない)トークンリングは802.5グループになります。
上記はLANの規格でしたが、これとは別にケーブルの規格があります。EIA(米国電子工業会)と言う規格が一般的です。中でもLAN用機材はTR41.8と言うグループが制定しており、イーサネットで一般的なツイストペアケーブルはEIA-568-B.2であり光ケーブルはEIA-568-B.3と言う規格です。

と、細かい事を書きましたが結論としては、イーサネットケーブルは複数あるLANケーブルの一種であり、イーサネットケーブルの中にも複数の種類があると言う理解で宜しいのではないかと思います。

歴史的な背景を考えるとNo.4さんの回答が概ね的を得ていると思いますが、現在ではイーサネットとIEEE802.3は同様のものとして考えるのが一般的です。又、シールド付のツイストペアは現在でも流通しています(家電小売店で販売はしていないでしょうが)し、IEEE802.3に入るはずです。両者の違いはインピーダンスだけの違いであって変換用のモジュラーを使う事で通常のHUB等でも利用できます。但しEIAでは違う規格かもしれません。

質問にある両方の名称ともに俗称(?)である為、正確な解答は難しいですが、細い所を出来るだけ簡単に説明します。長文になりますがお許しを・・・
まず、No.4の方の回答にあるIEEEは米国電気電子技術者協会の略でその中でも802グループはLAN規格の制定を行っています。中でも802.3はイーサネット規格グループで100Baseや1000Baseもこのグループに入ります。例えば100Base-TXは802.3uや1000Base-SXは802.3zと言った物です。又当然802.3グループにはイーサネット以外もあり、(今では見る事の出来ない)トークンリン...続きを読む

QLANケーブルのカテゴリ5Eとカテゴリ6の違い

新築時に壁の中に自分でLANケーブルを通すことにしました。(経費節約のため)

それで、GW明けくらいから大工さんの昼休みを利用して作業に入ろうとしているんですが、どのLANケーブルを埋設しようかと思っています。

地元の電気店ですとコネクタなしのLANケーブルは100mのものでカテゴリ5Eのものしか売られていませんでした。

それで先ほど値段比較のためにネット検索したらカテゴリ6というのが売られていて、将来の高速化に対応できるようにかかれていました。

それで質問なんですが、カテゴリ5Eとカテゴリ6はコードの中は同じ8本なのでしょうか?
それとも規格そのものが異なるのでしょうか?

実際の配線は中央に松下のマルチメディアポート(WTJ5143K)にじかに剥き出しのまま配線します。

Aベストアンサー

 コードの数はどちらも8本で、ギガビット・イーサーネット対応であることも同じです。
 ただし、対応している通信規格が違います。
 Cat.5eは1000BASE-T、Cat.6は1000BASE-TXへの対応となっています。
http://www2.elecom.co.jp/cable/lan/ld-gp/bu/index.asp

 上記のサイトにある図を見れば判るとおり、1000BASE-Tは8本のケーブルをすべて往復で使うのに対し、1000BASE-TXは往復それぞれ分けて使用します。そのため、同じギガビット・イーサーでも1000BASE-TXの方が効率が良いと云われています。

 ただし、1000BASE-TXで使用するには線用のネットワーク機器が必要で、PCのコネクタはもちろん、ハブも対応が求められます。
 また、従来の100BASE規格との混在は出来ないため、1000BASE-TXのみのネットワークを構築する必要があります。

 しかしながら、今のところ1000BASE-TXに対応した製品はまだケーブルのみという状況で、しかも前述のように互換性の問題があるため、今後普及するかどうかはっきりしません。
 ただ、ケーブル自体はCat.6はどのような通信規格にも対応しています(1000BASE-Tも100BASEも可)。ですから、いまの時点ではどちらを選ばれても問題はないでしょう。
 予算に余裕があれば、Cat.6にしても良いかと思います。少なくとも、配線距離が長くなった場合の外部ノイズにはCat.6の方が強い構造になっています。

 コードの数はどちらも8本で、ギガビット・イーサーネット対応であることも同じです。
 ただし、対応している通信規格が違います。
 Cat.5eは1000BASE-T、Cat.6は1000BASE-TXへの対応となっています。
http://www2.elecom.co.jp/cable/lan/ld-gp/bu/index.asp

 上記のサイトにある図を見れば判るとおり、1000BASE-Tは8本のケーブルをすべて往復で使うのに対し、1000BASE-TXは往復それぞれ分けて使用します。そのため、同じギガビット・イーサーでも1000BASE-TXの方が効率が良いと云われています。

...続きを読む

QLANケーブルが長すぎると伝送の損失が大きいのでしょうか?

一般家庭(田舎の木造住宅)ですが、
障害物等により無線による接続が難しく、
LANケーブルで接続しようと思っています。
計算すると50mぐらいになりそうなのですが、
やはり50mぐらいの長さになると、
短い距離に比べてスピードも遅くなってしまうのでしょうか?
でも例えば、大きなビルや工場などの建物では
もっと長いケーブルが使われているところがあると思うのですが
そういうところはどうなっているのでしょうか?
伝送損失の少ないケーブルなどがあるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず長さですが、皆さんがお答えしているように100mまでは大丈夫です。
大きなビルなどでは軽く100mを超えますのですべて光ケーブルです
光ケーブルでうけて100BASE-Tで分配します
それよりもケーブルを設置する環境を考慮することが大事ですも所謂施工方法ですね
まず一般家庭とかいてありますが、これではまったくわかりません
(1)ケーブルをはるのは屋内なのか屋外なのか
屋外に配管なしではるのであれば屋外用のケーブルが必要です
(2)ケーブルの配線はどうしてとめるのか?例えば配管の中をとおすのか、それともなにかにのせるのか、それとも空中にピーんとはるのか、
配管の中をとおすのであれば問題はありませんがピーンとはるのでしたらスタルペスケーブルか吊り線(鋼線)にケーブルハンガーが必要です
(3)それとノイズが多い場所を通るのか、もしそれであればシールド付ケーブルが必要です

QLANケーブル、より線が不利なのは何メートル以上?

2階の子供部屋にLANケーブルを
増設しようと思っています。

10メートルでは明らかに足りないので、
より線の20メートルの既製品を買うか、
単線で自作するか迷っています。

より線は長尺には不向きとのことですが、
具体的に何メートル以上はおすすめ
できないとか、わかる方教えてください。

Aベストアンサー

>より線は長尺には不向きとのことですが、
導体抵抗値が高くなるのと、ケーブルへのテンションが掛かりやすくなるので15m以上は勧められないようです。


しかし、撚り線ケーブルでもメーカーの違いでバラツキがあるようですので
一概には言えません。 

余談です。撚り線よりも単線の方がLANコネクタへの接触ロスも少ないですね。
壁に沿って単線は配線の時、Rを付けて配線すれば使えます。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

QLANケーブル選びで、割高なCAT6eとCAT7はどうなんでしょうか?

LANケーブル選びで、割高なCAT6eとCAT7にこだわる必要はありますか?
ネット上のLANケーブルの選び方みたいな情報を読むと、
だいたいは、カテゴリ(CAT)の上位のものを選ぶと良い、とあります。
ですが、6e、さらに7はかなり割高になります。出回っている主流は、5e・6かと思うのですが、
6e・7にこだわるのはどうなんでしょうか?

光ファイバーです。
↓ルータはRT-200NEです。
http://flets.com/hikaridenwa/subscription/router.html

Aベストアンサー

10GBASE-T用にCAT6eが作られた様だけど55mしか持たなかったのでしょう。
でCAT6aが出来たのでしょう。

CAT7は各4対のペアと外周をそれぞれシールドする「二重シールド」構造だから、
電磁ノイズに有利です。
そうLANケーブルを束ねて使ってもね。
http://www.sanwa.co.jp/seihin_joho/cat7/index.html

で、100BASE-TXと1000BASE-Tでは
LANケーブルの電線の信号が通る場所が違うのでしょう。
http://www.sanwa.co.jp/lan/cable6.html
通る電気の周波数が高ければ高いほど外周に近い部分しか利用できませんとの事ですからね。

で、結局100BASE-TXで使う分には
CAT5やCAT5eのLANケーブルで100mの距離が得られる訳でしょうね。

1000BASE-Tで使う場合は『表皮効果』によりCAT7を使っても良いでしょう。
当然、10GBASE-TではCAT7が有利ですね。

で、RT-200NEは100BASE-TXだからCAT5かCAT5eですね。

1000BASE-T対応ルータや1000BASE-T対応スイッチングHUBを
導入する時にCAT7かCAT5eか考慮されると良いですね。
当然、パソコンのLANポートの1000BASE-T対応の場合ですがね。

10GBASE-T用にCAT6eが作られた様だけど55mしか持たなかったのでしょう。
でCAT6aが出来たのでしょう。

CAT7は各4対のペアと外周をそれぞれシールドする「二重シールド」構造だから、
電磁ノイズに有利です。
そうLANケーブルを束ねて使ってもね。
http://www.sanwa.co.jp/seihin_joho/cat7/index.html

で、100BASE-TXと1000BASE-Tでは
LANケーブルの電線の信号が通る場所が違うのでしょう。
http://www.sanwa.co.jp/lan/cable6.html
通る電気の...続きを読む

QLANケーブルでの通信の仕組みについて

10-BASE Tの、LANケーブルでの通信の際の仕組みについてですが、送信2本、受信2本で通信しているのはわかっています。あるサイトでは3V、-3Vの交流のパルスの交流で0と1を判断していると書いていました、-3Vを0、3Vを1という風に、これは正しいのでしょうか?単純にGND=0V、VCC(3V)=1ではないのでしょうか?回答お願いします。できれば詳しい説明をお願いしします。

Aベストアンサー

> あるサイトでは3V、-3Vの交流のパルスの交流で0と1を判断していると書いていました、
> -3Vを0、3Vを1という風に、これは正しいのでしょうか?
半分正しくて半分間違っています。
3値通信といって-3V、0V、3Vを使っています。
交流と言うわけではありません。

> 単純にGND=0V、VCC(3V)=1ではないのでしょうか?
実は高速通信をするには直流のオンオフだけでは都合が悪いのです。
平均すると直流分が残ってまずいのです。
そこで正と負のパルスを使うことによって擬似的に交流にして平均値をゼロに近付けています。
これ以上はかなり勉強が必要です。

Q有線から無線LANにするには

こんにちは。
PC・ネットに関する知識がほとんど無いので、文章が説明不足になってしまうかもしれませんが
よろしくお願いします。

現在、デスクトップPCを使用するにあたって有線のルーター(モデム?)を使用しています。
(光回線・OSはXP)
しかし、XBOX360・PSP・Wiiなどのゲームでネットに繋ぐためには無線にした方が良さそうなので
無線LANにしたいと思っています。

そこで質問なのですが

・有線から無線にするためには、無線のモデムを購入するだけで済むことなのでしょうか?
(必要なものはなんですか?)
・契約している会社に連絡し、無線用(?)にしなければならないのでしょうか?
・また、無線になった場合、いくつものゲーム機・PCでそれぞれネットを繋ぐことができるのでしょうか?
(例えば、PSPでネットを使用の際に、別の人がWiiでネットを使用することは出来かどうか)

以上です。
専門用語などはあまり理解していないのですが、出来たらお答えよろしくお願いします。
また、おすすめの無線モデムなどありましたらお伺いしたいです。

Aベストアンサー

No.1さんもおっしゃっていますが、モデムと無線LANルーターは役割が違うのでお間違いなきよう。

http://home.att.ne.jp/red/sr20dett/school/network/mandr.html

モデムはネットとパソコンを繋ぐために必要な機器、信号変換機ですね。これがないとネットに接続できません。

ルーターは複数のコンピュータをネットに繋ぐための機器、経路選択機ですね。これは無くてもいいですがセキュリティとかの役割も果すのであると便利&安全です。


本題。質問文はモデム→ルーターに変えてます。


>有線から無線にするためには、無線のルーターを購入するだけで済むことなのでしょうか?

はい、そうです。無線LANルーターを購入し設置すれば大丈夫です。ただし、お使いのデスクトップパソコンに無線LAN機能が内蔵されていない場合は「無線LAN子機」を同時に購入する必要があります(このとき、ルーターを「親機」といいます)。この場合、変な不具合を避ける為、親機と子機の製造メーカーは同じにするといいでしょう。

PSPやPS3などは無線LAN機能が標準でついているのでこっちは問題ないでしょう。


>契約している会社に連絡し、無線用(?)にしなければならないのでしょうか?

いいえ、必要ありません。家庭内LANの構築は個人で好きなように構築しても問題ありません。


>また、無線になった場合、いくつものゲーム機・PCでそれぞれネットを繋ぐことができるのでしょうか?

はい、可能です。先ほどルーターについて話しましたが、ルーターの役割は複数のコンピュータを繋ぐことにあります。無線LANルーターによってどれだけの機器を安定して接続できるのかは異なりますが、どのルーターでも4つ、5つくらいは余裕で繋げるでしょう。


>有線から無線へ変更するにあたり、ルーターを購入してから使用できるようになるまでの設定などは複雑なものでしょうか?

説明書があるのでその通りにやれば基本問題は起きません。無線LANは一般家庭に普及しつつある機械です。そう複雑にしては中々広まることはなかったでしょう。
ただし、トラブルが全く起きないかというとそうでもなくて無線関連のトラブルはよく耳にします。

パソコントラブル出張修理・サポート日記
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/cat5575412/index.html

耳にする、とはいってもそこまで頻発するものでもないので気にする必要はないでしょう。上のサイトをみると多そうに見えますが、サポート屋さんなのでそう見えるだけです。私も5回ほど接続の経験をしましたが問題なく接続できました。



あとはただのお節介ですが、無線LANにするときはセキュリティに十分注意しましょう。以下、無線LAN機器も製造しているバッファローのページです。

無線LANセキュリティに関するガイドライン
http://buffalo.jp/products/catalog/network/security.html

無線(電波)は壁なども通り抜け、四方八方3次元的に発せられているのでセキュリティに注意しないと危険です。バッファローでは簡単に通信の暗号化設定もやってくれる「AOSS」で非常に簡単にセキュリティの保たれた接続を行ってくれるのでそこまで神経質になる必要はないですが、知識としては知っておくことをお勧めします。

無線LANで利用されている暗号化方式 - バッファロー
http://buffalo.jp/products/catalog/network/wireless_secure/code.html


さっきからバッファローのページばかり紹介しているということは私がお勧めする機器もバッファローになりますね(笑
以下の商品なんかどうでしょう。

http://kakaku.com/item/K0000170188/spec/

セキュリティ規格は現状で最高となる「WPA2」に対応、AOSS、通信速度が速いIEEE802.11n対応ですのでバランスの取れた商品かと思います。有線LANポート数は4つあるのでハブとしても使えます。(有線LANも使用可能ということ、しかも複数同時に無線と混同してできます)


長くなりましたがどうでしょうか。まだ何か不明な点があったらどうぞ。

No.1さんもおっしゃっていますが、モデムと無線LANルーターは役割が違うのでお間違いなきよう。

http://home.att.ne.jp/red/sr20dett/school/network/mandr.html

モデムはネットとパソコンを繋ぐために必要な機器、信号変換機ですね。これがないとネットに接続できません。

ルーターは複数のコンピュータをネットに繋ぐための機器、経路選択機ですね。これは無くてもいいですがセキュリティとかの役割も果すのであると便利&安全です。


本題。質問文はモデム→ルーターに変えてます。


>有線から無線にする...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報