お酒好きのおしりトラブル対策とは

二次創作で小説を書いています。取り扱っているのは今かなり人気のジャンルです。
サイトを始めたのは、もちろんそのキャラクターや作品が好きだから…です。
ですが、感想が全然こなくて、日記を書くたびにコメント返信をしているようなサイトを見かけると、ものすごくもやもやして嫉妬してしまいます。
相互リンクしてくださるサイト様もいらっしゃるのですが、そう言った方もコメントをくださったことはありません。
Web拍手を設置しており、拍手だけは結構押して頂けてるみたいなのですが、コメントは一度だけしかきたことがないです。
別にコメント数を競っているわけではないですし、他人を気にする必要はないと自分に言い聞かせているんですが、どうしても気になって、色々と汚い感情が沸いてきてしまいます。
感想が来ないのは、きっと私の作品が感想を書くほどのものじゃないからだろうな、と頭では分かっているのですが、誰も読んでいる人のいないだろう作品を書いているのが時々むなしくなります。

この醜い感情を静めるには一体どうしたら良いでしょうか…?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そもそも、この質問文に矛盾があると思いませんか?


>拍手だけは結構押して頂けてるみたい
つまり、読んでいる人がいる。
少なくともあなたのサイトに来る人はいるということですよ。
だから、
>誰も読んでいる人のいないだろう作品を書いているのが時々むなしくなります。
これはおかしいですよね(笑)
本当に誰も読んでいなければ、拍手すら来ないですよ。

それから、ご自分のサイトのことなのに「拍手だけは結構押して頂けてるみたい」。
「頂けるみたい」とは言わないですよ。
拍手回数は目に見て分かりますよね。
想像なのですか?

醜い感情を落ち着かせる方法は、他人を見つめず自己を見つめること。
文の書き方・文法に間違いがないか、誤字脱字といった間違いや主流から外れていないか。
具体的に言うと、「…(三点リーダー)」や「―(ダッシュ)」などを二つ一組で使っているか。
セリフ最後に「だよ。」と句点を打っていないか。
三点リーダーやダッシュを二つ一組で使うこと、セリフのかぎかっこの後に句点を打たないのが、小説の書き方としての一般的な流れです。
改行やダッシュなどを多用していると読みにくく、物語は厚みを持ちません。
また、妄想のままに書くのではなく、どうしたらより物語が濃くなるのか、面白くなるのか。
浮かび上がるまま書くのではなく、一旦練ってみる。
といった具合に、他人の日記など見ずに、ご自分のことだけに集中することです。
他人に嫉妬し羨ましく思うのは、小説に限らず人間誰しも同じです。
だったら、それを他人に向けず自分を見つめ直すことに向けてみては?
醜くなっている暇があったら、どうしたらより物語を面白くできるか、考えてみてはどうですか?
そうしたら、他人への嫉妬も小さいものへと変化していくことと思いますよ。

それと、二次なら本を作ってみては?
そして、イベントに参加してみる。
今人気のあるジャンルの中にイベント参加できないジャンルがありますが、本を作り通販などはできるはずです。
買ってくれるだけで、手応えを感じることができます。
それは拍手をもらうのとは、また違った手応えを感じることでしょう。

絵も描く人も小説を書く人も皆、嫉妬していますよ。
それが人間ですから。
でも、他人への嫉妬をしていても、前へ進みません。
自分磨きをしましょう。
そして、もっと作品を読み込んで、妄想をたくさん大きくふくらませる。
それがオリジナルにはない二次同人の楽しさです。
趣味ですから、つらいならやめればいい。
またやりたくなったらやればいい。
筆を一度置くと、冷静になれます。
そういう時間も必要ですよ。

今、あなたご自身の醜い感情で悩んでいますよね。
実はそれもまた小説のネタなんですよ。
それをそのまま反映しては面白くないので、それをキャラの中へ取り入れて物語にならないか。
二次とはいえ、人のキャラクターならキャラも「人間」。
そういう感情だってあるでしょう。

そんな風に考えていったら、悩む時間は少なくなりますよ。
ただ、なくなることはありません。
あなたは人間ですからね。
大いに悩み、そして、前進する。
それでいいと、割り切りましょう。
    • good
    • 0

自分のサイトに書くだけだとしたら、認知度があまりあがらないんじゃないんですか?


相互リンクも大事ですが、そのジャンルに関係のある検索サイトに登録したり、オフセットかコピー誌で作ってイベントに参加して実際に売ってみたり…というのはしてますか?

私はたまにサイトで書下ろしを載せる程度で、ほとんどはイベント販売でした。
書下ろしを載せても特別に感想がくるわけではありませんでしたが、イベントでの販売時には声をかけてもらったり、出した本の感想をメールでもらったりとしました。

まあ、そういうの(声をかけてもらったり、メールもらったり、オンラインの小説にコメントもらったり)は他の方から比べれば少なかったですが(おおよそ1本に付き1つか2つだったかな…)1回のイベントでの販売数は平均100冊、多くて200冊は販売したのでそういう嫉妬は抱かなかったです。

だって…毎日のようにコメントとかメールの返信載せてる作家さんより本を売ってたので…(笑)
(同じ日のイベントで同じように新刊出してて…です)

質問者様も何回かイベントで本を出して実力を試してみたらどうですか?
何回も参加してそれでも結果が伴わなければ、それだけの実力がないってだけです。それを実現するだけの努力とリサーチをすればいいだけです。

そういう努力も勇気もださず、自分が楽しければいいのだと割り切ることもできず、むなしいと嘆くだけならやめてしまえばいいんじゃないんです?
趣味は義務じゃないんですから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同人活動の悩み。目立つ人に嫉妬してしまう。

二次創作で小説を書いています。
今まではずっとオンラインのみでやっていたのですが、つい最近オフラインでも活動を始めました。
同人活動をするのは、もちろん、好きなジャンルがあって好きなキャラクターがいて書きたい話があるからです。
ですがその一方で、常にそのジャンルに関わっていたいというか、大した実力もないくせにこんなことを言うのはおこがましいのですが、そのジャンルの中心人物?でありたいという願望があるんです。
私は自己顕示欲が強いです。
なので、例えば、知名度の高い大手のサークルさんや、ピクシブなどでブクマ数の多い書き手さんにものすごく嫉妬してしまうんです。
作品の質がどう、というわけではなく(自分より上手い人はたくさんいるのはわかっているので)、とにかく多くの人の注目を集めている人が羨ましいんです。
極端に言えば、言い方は悪いですが大した書き手じゃなくても、ツイッターでフォロワーが多い方にも嫉妬します。要するに、ジャンル内で名の通ってる人が羨ましいんでしょうね。自分でもおかしな嫉妬の仕方だと思いますが…。
もう長いことこの性格と付き合ってきていますが、ジャンルへの愛が高まるほど悪化していってます。オフをやり出してから余計に酷くなった気も…(大手サークルさんがいろんな人に声をかけられている姿を直接会場で見るからだと思います)
小説を書くことは本当に好きなので、同人活動をやめるつもりはありません。
なので、このよくわからない嫉妬心を解消…というか、嫉妬の原因となっている?自己顕示欲を抑えるというか、とにかく何か改善策があればアドバイスを頂ければと思います。

二次創作で小説を書いています。
今まではずっとオンラインのみでやっていたのですが、つい最近オフラインでも活動を始めました。
同人活動をするのは、もちろん、好きなジャンルがあって好きなキャラクターがいて書きたい話があるからです。
ですがその一方で、常にそのジャンルに関わっていたいというか、大した実力もないくせにこんなことを言うのはおこがましいのですが、そのジャンルの中心人物?でありたいという願望があるんです。
私は自己顕示欲が強いです。
なので、例えば、知名度の高い大手のサークル...続きを読む

Aベストアンサー

私も同人活動していて出す同人誌には人気がありませんから、その気持ちは痛いほど分かります。

もう十数年活動してますが、ちっとも人気が出ません。
コミックマーケット準備会のアンケート調査結果では、サークルの32%が0~50冊の頒布だそうですが、私のサークルもそこに入っています。
50冊以上頒布しているサークルの方が全体の多数で68%ある事を考えれば、私の十数年活動続けてこの結果というのは、もう絶望的と言うか笑っちゃうというか、嫌になる事もあります。1000部以上頒布している大手サークルは全体のうち6%あるそうですが、もう私に比べ遥かな高みにあるというか何というか・・・十数年活動続け人気の出ない私にはきっと一生追いつかない世界でしょう。
しかし、それでも私は書き続けます。
「水を飲みて楽しむ者あり。錦を着て憂うる者あり」(江戸時代の儒学者・中根東里の言葉)
の心境で、人気が無いながらもスペースに来てくれる、声をかけてくれる読者さんの声を励みに、小さな虚栄心を自己満足させるため書き続けています。
ただこの、小さな喜びで満足する心境、悪く言えば諦めの境地に至るにはかなりの年月が必要でした。

昔は嫉妬心もありました。
大手はともかく同じ作品の同人誌を出してる作家さんで、似たような方向性の作家さんが、自分より人気のあるところを何度も何年も見せ続けられました。そういうサークルさんがお隣のスペースだった事もあります。お客さんがその隣のサークルさんの同人誌を手に取り、購入していくのに、私のとこは素通りされる・・・あれはきつかった。特にサークル活動始めた頃は、自分の作品にそれなりに自信を持っていたので、余計にきつかったです。かなりの時間と労力を費やし努力しても、人気が出ない事がどれほど精神的にきつい事か・・・次は負けないと意気込んでみても結果が出ない事が何度あった事か・・・どれほど他の作家さんに嫉妬した事か・・・
ですが、そうした思いも年月の経過とともに段々と薄まっていきました。
諦めの境地に辿り着いたという事なのでしょう。
それに活動してるジャンルの作品の人気が廃れ、サークル数が減り、ジャンルに来てくれるお客様の数自体が明らかに激減してきた事も影響していると思います。
自分より人気のあった嫉妬すらした同人作家さんが他ジャンルに行ってしまった時は、逆に帰ってきて欲しい、まだこのジャンルを見捨てないで欲しい、一緒に盛り上げてほしいと思ったぐらいです。
結局、私の嫉妬心というか虚栄心は時の流れが解決したという事なのでしょう。

私の経験談を長々と書きましたが、この「時の流れによる解決」というのを質問者さんにおすすはしません。
というか、人というのは充たされるか充たされないか分からない欲望のために一生を捧げてしまう生き物ではありますが、私と違って質問者さんにはまだ未来があるでしょう。
そこで今言えるのは「耐えて下さい」というありきたりな言葉です。
英国の小説家オースティンは次のように言っています。
「あなたの心の庭に忍耐を植えよ。その根は苦くとも、その実は甘い」
忍耐は苦しいかもしれませんが、良い結果が得られればその喜びは大きいです。
アメリカの詩人ロングフェローも「万事は辛抱強く待っている者のところへやってくる」と言ってます。
そしてインドの政治家ネールは言っています。
「自己に打ち勝つ者こそ、最も偉大なる勝利者である」と・・・

今は嫉妬心で苦しいでしょうが、その心に忍耐を植え、きっと自分も成功すると信じて今は耐え忍んで下さい。

私も同人活動していて出す同人誌には人気がありませんから、その気持ちは痛いほど分かります。

もう十数年活動してますが、ちっとも人気が出ません。
コミックマーケット準備会のアンケート調査結果では、サークルの32%が0~50冊の頒布だそうですが、私のサークルもそこに入っています。
50冊以上頒布しているサークルの方が全体の多数で68%ある事を考えれば、私の十数年活動続けてこの結果というのは、もう絶望的と言うか笑っちゃうというか、嫌になる事もあります。1000部以上頒布している大手サークルは全体の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報