出産前後の痔にはご注意!

人間が交際相手に求める「ギャップ」とは,どのようなものでしょうか?

このことについて,わたしが考えるようになったきっかけは,ある女性から,「親切にしてくれるから,お兄ちゃんみたい」,「先輩みたい」と言われたことでした。また,ほかの女性からは,「優しい人だね」と言われたことがあれば,勤めていた企業の上司からは,「お前はいい人なのだから」と言われたことがあります。

「お兄ちゃんみたいな人」
「先輩みたいな人」
「優しい人」
「いい人」

これらの<言葉>は,「恋愛対象にあらず」,「恋愛能力を持たず」という意味を含むものであり,いくら社会人としての能力,スキルがあったとしても,恋愛「だけ」は実らず,まるで「八重の山吹」状態になってしまいます。

そして,最近になって注目していることですが,恋愛においては「ギャップ」が「命」であることが強調されています。いわゆる,「チョイワルオヤジ」が,良い例でしょう。

しかしながら,わたし自身には,そういった「ギャップ」は持っていません。ウソであっても,<ギャップ>をつくる必要があるのでしょうか? たとえば,表向きには「普通の人」なのだけど,女性の前で,「実は俺,〇〇という“組織”の上層幹部なんだぜ,あんなことやこんなことができるぜ! 俺の鶴の一声で,なんでもできちゃうんだぜ!」というくらいの「ギャップ」をつくるべきなのでしょうか? さすがにこれでは,「許容のレベル」を大きく逸脱したものになってしまうかもしれませんが,そういった「ギャップ」に人々が「惚れてしまう」わけですから,そういった「ハッタリ」なり「演出」をしない限り,「モテる」ことはないのでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ギャップは、わざわざ作るものではないと思います。


あなたはいい人なのです。優しくて親近感さえ持たせることができるのです。
その魅力は他の人には真似出来ないものですよ!
作ろうったって作れません。ギャップと同じです。

私の好きになった人は、みんなギャップなんてなかったように思います。
優しい人なら、私にはそれ以上に優しいというのはありましたが、ギャップは意識して感じたことはありません。
例えば、車のブレーキ踏んだときに私の方に手を添えてくれるとか。何もないときに花を贈ってくれるとか。

と、ここまで書いて思いましたが、女性はギャップというよりサプライズが好きなのでは?
ギャップもある意味、性格的なサプライズですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

面白いことに,実は,アメリカに住んでいたときのことでしたが,フリーウェイを走行していたときに,目の前で交通事故が発生したので,急ブレーキをかけた瞬間,右側に座っていた女性の手をつないで,「急ブレーキをかけるから気をつけて」と言って,路肩に車線変更をして止まったことがありました。そのときの女性の反応は,「触らないで!」でした。

回答者さんのおっしゃる「サプライズ」は,よく理解のできるものですが,「サプライズ」が逆効果になってしまうという<経験>がいくつもあったせいか(この女性は,あまり他者から親切にされることを嫌っていました),「サプライズ」をやって,喜んでくださる女性に出あったことがありません。いわゆる,「運が悪かった」だけなのでしょうか? それとも,わたし自身が,「女性理解」が足りないのでしょうか? フェミニズム,女性史など,女性のことは色々と勉強したのですが,「勉強した女性像」と,実際の「恋愛における女性像」とは,似て非なるものであるときがあれば,まったく違うものであったりもします。 どこかに,親切にもそういったことを「教えてくださる」女性はいるのでしょうか?

お礼日時:2013/03/18 00:20

いくらギャップが必要っていったって、「いい人」がギャップを作ったら


「悪い人」のギャップを作るしかないでしょ?質問もそうなっちゃってるしね。

ギャップってさ、相手に強い印象を与えるから、それって「悪い人」のイメージで固まっちゃうぜ?
「チョイ悪オヤジ」ってさ、普段悪いイメージだけど「実はいい人」のギャップがあって
相手には「いい人」として強く印象に残るから有効なんだぜ?

昔からそうでしょ?不良がボランティアすれば、「すばらしい」といわれるけど
毎日地道にボランティアをしている人は何も言われないし、目立つこともない。
そんな人がちょっとでも不良みたいな悪さしてみな?「やっぱりそういう人だったんだ」っていわれる。

まあ、「いい人」の扱いなんてそんなものだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/03/19 01:18

ギャップって・・・多分、「天然」と同じで、


狙ってやるのは微妙ですよね(笑)

うーん。
ギャップが生きるのって、
本人が当たり前にやっていることが、
相手にとってびっくりする(?)からであって、
現代はもう使い古したような
パターンが多い気がします。

私の知ってる男性で、
すごい大人しくて草食系っぽいんだけど、
いつも彼女が途切れないなぁ~と思っていたら、
内面はすごい肉食だった!とかありました。

でもだからと言って、
長いつきあいをしていたわけでもないですね。
フラれることが多かったですし。

ちなみに私も人のギャップを発見することは好きです。

最近発見したのは、
いつもぼーっとしてニコニコしてる人が、
何か起こった瞬間に、テキパキ指導した光景とか。
相手のことよく見てるなぁ、とびっくりしました。

後、嫌なギャップで多いのは、
見た目おおらかそうなのに、すごく細かい人ですね。
お金とか、ちょっとミスった時に、グダグダ言われたり。

要するにギャップが生きるシーンって、
「普通、またはちょっといいな~と思ってた人が、
自分の好みの方向にギャップした場合」ですよね。

自分の好み=人それぞれ

なので、もうどうしようもない気がします(笑)

私、20年伴侶と一緒にいて、
ギャップあったかなぁ?と今考えたんですが、
大きなギャップはない気がします。

別に至って普通の人ですね。
たまに抜けてますが。

でもずっと一緒にいて感じるのは、
大事なのは「誠実さ」ですね。

ギャップをわざと作って見せるって、
何か誠実じゃないですよね。
そのまんまを見せてないわけですから。

最初に作ったギャップを見せても、
一緒にいるうちに、いずれバレると思います。

だからモテたいのであれば、
ギャップを作るよりも、肉食になることをおすすめします。

どんどん押せるんだけど、
相手が嫌がったらちゃんと引ける・・・。
そういう肉食のが、ギャップよりモテる気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「誠実さ」が「鍵」となるのは,誰もが賛同することだと,わたしは考えます。

ところが,そういうはずなのにもかかわらず,<ギャップ>に惹かれてしまう人が,とても多いと,わたしは考えます。表紙だけで見とれてしまう,表紙にだまされてしまう,そういう「ケース」が多いのだと,わたしは考えます。

わたし自身,「カッコイイ表紙」をもっているわけではないので,「不利な立場」に立たされているのではと,そのように思うときがあります。

お礼日時:2013/03/18 02:12

No.1です。


お返事(お礼)ありがとうございます。

なるほど…世の中にはそんな女性もいるのですね。
私の周りには、サプライズで喜ぶ女性が多いものですから、そこまで考えてもみませんでした。すみません。

そんな私からしたら、achievecharityさんの出会いとその女性の反応は「運が悪かった」または「相性が合わなかった」となってしまいます。
いくら勉強したところで、女性の考えてることなんて「女心と秋の空」と言われるように、移り変わりやすいものです。
そのときの気分で、反応も様々でしょう。

全く回答になっていませんが、achievecharityさんの素敵な優しさに見合った素敵な女性が現れることを願うばかりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「相性」ということについては,わたし自身は,その当時は,女性に「合わせよう」として,色々と「努力」したことがありました。一緒に同じドラマを観たり,一緒に同じ映画を観たり,しかしながら,そういった<行為>とは,まるで「帳尻あわせ」のようなものであることに,わたしは気がつきました。わたしのもつ「価値観」,相手の方の「価値観」,それらが違っていても,わたしはとくに問題はないと,そのように考えました。そして,お互いが,「ありのままでいられること」,つねに「対話」できることが,大切だと,そのように考えたのですが,「相性」が合わないだけで,「避けられてしまう」,あるいは,「お兄ちゃん的」であるとされ,「距離」がつくられてしまうことが,理解できなかった時期がありました。

「相性」の合う相手ができること,それが,まるで「奇跡」のようなものであり,まるで,宝くじに当たる確立よりも,さらに高い確率になってしまうのだと,そのようにも考えました。

お礼日時:2013/03/18 02:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング