色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

相談ですが、木酢液が危険っていう公的な資料があるのでしょうか?
近所で炭窯の木酢液を購入して41年。その炭職人が足腰が弱くなって山仕事が危険だからやめるというので、一度、ネットで木酢液を検索しました。

みて、ちょっと疑問でした? 危険だとか、発ガン性だとか!
で、読んでみると全く公的な根拠が示されてなく、ただ単に文言を書いているだけでしょ。

危険かどうかは、長い歴史が証明していますよ。もし、危険なら社会問題になっているでしょうし!
おじいちゃん、97歳で元気で、毎日、お風呂や畑、水虫、や犬小屋周辺の臭い消し、夏なんかは臭いからといって溝にもまいています。

お風呂や畑は、ご近所のほとんどの方が使っています。ここまで話すと私のところが可也田舎だと分かってしまいますが(笑)
特に、畑の消毒には、通常の農薬だと隣接する果樹に影響を与えるかも知れないので木酢液を皆、使っています。

木酢液だと希釈すると枯らすほどの強さがなくなるらしいですよ・・
一番、好評なのが水虫です。てきめんに、いいみたいですよ。

以上のことから、危険って掲載する公的な資料ってありますか?
元気で生活されているご近所さんは、どうなんですかね~?皆、そうとう高齢者ですよ・・

言葉だけなら何とでも言えますよ!
炭職人さん、曰く、農薬に認定されたら都合の悪に者が誹謗中傷しているらしいですが・・

けど、私は中立な立場であります。だから、何か人体に悪影響をあたえた事例でもあればお聞きしたくてご相談しました。

よろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (10件)

子ぞもの、アトピーによく使っています。

処方の塗り薬だとチョット強すぎるみたいで木酢液にかえました。友達にもすすめて喜んでいましたよ・・この木酢液のことは亡くなったおばあちゃんから聞いていたので使っています。
木酢液って、それこそ、いしゃいらず(アロエ)の植物と同じじゃないですか。昔から継承されているもので根拠は分からないが
とにかくきくって物でしょうね。
こんな検査証つけているショップさんもいますよ。

参考URL:http://sumi-umabe.com/kensasyo.shtml
    • good
    • 13
この回答へのお礼

そうですね!「いしゃいらづ」アロエの存在に一番近いかも知れませんね。

お礼日時:2013/03/25 12:31

我家でも木酢液は大活躍です。



さて身近に研究職のものがいますが、
彼が言うには#7の回答者さんが書かれていますが、
タールが問題だそうです。
飲用しなければ大丈夫と聞いていますよ。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

有り難うございます。
研究職っていわれましても確認はできませんからね・・?

ただ、タバコでもタールはいいこと無いですよね。
ですから、タバコは健康被害を注意書きしているのに木酢液に関しては、国、行政とも警鐘がないですよね。

お礼日時:2013/03/24 12:31

木酢液の主な有効成分は酢酸、メタノール、フェノールです。

酢酸は無害ですが微生物には強力な殺菌作用を持ちます。作物の有害菌殺菌剤としてある一定の効果はありそうです。メタノールは多く飲めば失明したり死亡します。フェノールも殺菌作用があり、ツンと臭いのがフェノールです。酢酸やフェノールは皮膚に対し高濃度では水ぶくれや火傷症状がでますが木酢液では濃度が低いので足に塗るくらいでは健康障害が現れることはないでしょうが人によって感受性が異なるのは申すまでもありません。
木酢液を薬として使う人は稀なので社会的問題になったことはありません。フェノール、メタノールを含むので飲み薬としての使用(食品扱い)は自己責任です。安全性を確認したという報告はありません。

>炭職人さん、曰く、農薬に認定されたら都合の悪に者が誹謗中傷しているらしいですが・・
以前農薬に認定されていましたが現在認められていません。今後も農薬認定されることはないでしょう。
法律で定める農薬ではないが伝統農薬と言うべきでしょうか。農薬に指定されていないので製造や販売に規制がありません。

木酢液は木材を乾溜して得られた液体であって、食品?、民間薬?、伝統農薬?、臭い水?のままです。使用は自由です自己責任です。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

「木酢液を薬として使う人は稀」
ですがアトピーや、あせも、水虫は身体に使っている訳で、それでも社会問題にはなっていなく、国が警鐘を鳴らしているわけでもないですよね。

「農薬認定されることはないでしょう」
これを初めて出会う回答者さんに言われても根拠の無いことなので・・???

ですから、殆どの方は何ら根拠も無しに言っている、ただの感想なんですよね。

確かに木酢液を良しとする私にも、根拠となる資料はありませんが、身体に悪影響を及ぼした事例が、この長い歴史の中で、無いってことが理由と言えるでしょう。

少なくとも、限りなく良に近い溶液であることは間違いないと主張できると思います。

お礼日時:2013/03/24 11:51

木炭(原料は木)を作るときに発生する煙を冷やして液化したものを木酢液と言います。


また、竹炭(原料は竹)を作るときに発生する煙を冷やして液化したものを竹酢液と言います。
私は竹炭を焼いており竹酢液も作っています。
木酢液/竹酢液はほぼ同等の成分と言われています。
有害と思われる成分は黒色のタール分です。
竹酢液(木酢液)を採集する際の管理事項として
1.液を採集する際、焼成釜から出る煙の温度が85~150℃の範囲で行うこと。
2.採集した竹酢液(木酢液)を3ヶ月以上自然放置し、上澄み液と沈殿液を使用しないこと。
等です。
特に沈殿した黒色のタール成分には発がん成分があると言われています。
一般に土壌改良材/小動物の忌避剤(焦げ臭いのでこの臭いを嫌う:火事と思う?)として使用されるようです。
竹酢液(木酢液)を蒸留すれば飲める様ですが、素人が作ったものは飲まない方がよいでしょう。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

発がん成分があると言われています
このような文言を私は疑問に思うんですよ・・

根拠となる公的な資料がなければ、ただの独り言です。

お礼日時:2013/03/24 11:33

私も、長年、木酢液を使っています。

犬がソファーにいるのでスプレーとして使っています。
そりゃ確かに、プラスチックやゴミを燃やして木酢液を採取されたら不安ですが・・
私は炭窯のものを使っていますがね・・
発ガン性なんて言い出したら、防腐剤のほうがずっと危険だとおもいますよ。

今、毎年、がん患者が増えていて、厚労省もサイトで公表しています。多分、原因は防腐剤じゃないかなって私は思っているんですがね。
木酢液の資料なんて無いから、危険なら危険、安全なら安全って言えないのでしょう。私は、相談者さんの長い歴史が証明している意見に
賛成です。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

確かに今、防腐剤は問題になっていますね

お礼日時:2013/03/24 11:11

www.maff.go.jp/j/council/sizai/tokutei_noyaku/10/pdf/data4-4a.pdf


 農林水産省ではマウスに木酢液を与えたところ脊髄細胞に異変を生じたと言っています。メチルアルコールとフェノールを主成分とする汁ですから農薬としてどうかという議論はあるでしょうがまさか健康にはならないと思いますよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

そりゃ直接与えれば、多少なりとも変化があるでしょうね。人間だって直接原液を飲んだら強い酸ですから胃の粘膜を荒らすでしょうし。

厚労省が公表している食品添加物でも容量以上を添加すると健康被害がある旨の警鐘は掲載していますからねぇ。

お礼日時:2013/03/24 11:09

書籍の紹介になりますが、農文協(農村漁村文化協会)と言う所から木酢液に


関しての書籍が販売されています。「減農薬の宝庫 木酢・竹酢・モミ酢とこ
とん活用読本」で2008年12月15日に第1版が発行されています。

この本の中に危険性や発がん性について詳しく書かれています。この本を読め
ば疑問は解消されるかも知れません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

どちらの方向に疑問が解消されるのでしょうか・・

お礼日時:2013/03/24 10:51

以前、木酢液には発がん性があると風評がたちました。

だけど、科学的根拠があるものではなく学者も検証するに値しないものとして取り上げませんでした。これは、私個人の見解ですが、木酢液を作る工程が影響しているのでは?と考えられます。焼き魚などのコゲに発がん性があることは証明されています。木酢液は炭を作っている段階で発生する煙を煙を冷まして液にしますので、いわば煙の超濃縮した物質である→コゲ→発がん性・・・・では、ないでしょうか?今では、ホームセンターでも見かけなくなりました。人の噂は怖いものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですか、ホームセンターでみますが・・?

お礼日時:2013/03/24 10:49

>木酢液は危険って?けど97歳のおじいちゃん使用中!



     ↓
◇私も使用しますが危険物とは全く思いません!「 64歳 男性 使用歴10年くらい」

◇もともと、木炭を作る時の燃焼ガスや排煙を水溶性の物質が溶融した液体であって(竹炭の場合は竹酢液)、自然素材であり、主成分は炭化水素とメトノールやエタノールの微量に入った溶液で個々には危険性の低い物質です。

◇しかも希釈して、通常はダニやアブラムシの防虫に畑や庭で噴霧や撒いて使いますので、作業中に風向きや直接触れないように注意すれば危険性リスクはほとんどありません。
「安全な事と引き換えに、結果的に効果効能が少ないことが特徴であり、ニンニクや唐辛子を加えたりしてアレンジする人も多く、余り使われていない理由です」

◇有毒・有害性は直接に飲んだり密室状態で長時間吸引(ex、ビニールハウス・倉庫)でもしなければ、人体や周囲の樹木・野菜等には無害だと思います。
そして、水虫(白癬菌)に酢酸が利くとの情報が有り、そこから連想しての噂だと思いますが、様々な民間療法や暮らしの知恵の中に混じって木酢液の効能に伝聞されたものだと思いますが、私自身は経験も実感もありませんので有効有用性については分かりません。

◇尚、成分表示や作成者のハッキリしない物や、効果を高める為に、別途の化学薬品添加や濃度を高めたりすればリスクは強まり、安易な使用や誤った使い方への警告する意味の情報があるのかもしれません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ですよね
アトピーとか水虫では原液を使用するみたいですよ

お礼日時:2013/03/24 10:48

ネットなんか信用してはいけません 全く根拠がありません


木酢液は危険ではないです
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ですよね
裁判判例でもネットは信憑性がないってでてますからね

お礼日時:2013/03/24 10:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング