【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

純正のモノと社外品を換えると、どんな効果があるのでしょうか?

だいたいが社外品は、レース専用とか車検不適合とか書いています。
ということは、清浄化作用が満足に無いってことですね。
車検適合なものは作るのが難しいのか、適合ものなら取り付ける意味があまりないのか。

レース専用を購入してつけてる人は、レースの度にサーキットで交換してるんですか?
素人的には、すごくめんどくさいように思います。
プロは10分くらいで交換できるのかな。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

最初に言っとくけど、やっちゃダメな奴だからね?



ただ効果を書いとくと。。。そもそも触媒っつーのはNOxを中和する効果がある石を詰めてるんっすよ。パッと見軽石みたいな石ね。穴だらけのブッツブツな石の穴を排気ガスが通るとNOxやCO2が中和されて排気できるんっすよ。もちろんこの魔法の石にも寿命があるんっすけど、ユーロ圏では中和を復活させる薬品を通すことで触媒を復活させるって素敵なアイテムもあるんっすよ。日本じゃ。。。見かけねえなぁ。。。
コレはオフレコっすけど、20年ほど前に勤めてたトヨタのディーラーでそこのフロントがジムカーナやるっつって触媒取り出して中の石をバールのような物でゴリッゴリ削ぎ落としてたっすよ。その削ぎ落とした触媒を取り付けて、通勤してたけどね!そういうのがクラウン整備してんだからね?キチ○イです。

で、排気管に石があるんっすよ。空気通すっつっても石があるんっすよ。コレが抵抗になってエンジンの回転数に悪影響を及ぼすからってレースでは取っ払って管で継いどくんっすよ。いわゆる「直管」って奴っすね。何しろレースでは300km/h位での僅差の勝負でしょ?そういうのが影響してくるんっすよ。
もうひとつの効果は、当然NOxやCO2がダダ漏れになるから空気は汚れるね。ハンパなく汚れる。それこそ今の北京みたいになっちゃう。PM2.5とかそういう問題になっちゃう。中国の場合日本車や欧州車が売れてるっつーけどそれは富裕層での話、我々レベルの庶民とそれ以下の人たちは中国の国産車、つまり中国車に乗ってるからこんなんなっちゃう。触媒とかもケチって付いてないと同然の奴なんだろうねぇ。。。だって日本で見かけないでしょ?メイドインチャイナのクルマ。あんのは知ってるよ?でも走ってない、ってのは。。。引っかかってんだろうねぇ。

でね、トヨタのフロントみたいなキチ○イがいるから、ちょっと目を離すとすぐこういう頭クラッシュした奴が出て来るから、車検が厳しくなるんっすよ。車検で見られんのは「族車じゃねえだろうなぁ」と「こういうバカじゃねえだろうなぁ」なんっすよ。クルマのマフラーん所にセンサー差し込んでNOxとCO2の検査機に掛けて適正値が出ないと不合格、ってココだけやけに厳しいんっすよ。音量とか見るのは族車対策だけどね?


っつー事で健全なレース参加者はね、レース専用のクルマを買って管理してるんっすよ。ナンバーすら取らない代わりに積載車でクルマ運ぶ、っつって。税金とかは掛かんないけど別ん所で金掛かってるんっすよね。
で、よっぽどお金がないけどレースだけはしたい!っつージャンキーレベルの方がいちいち取り替えてるっすよね。でも少数っすよ?そりゃあんだけ金のかかる遊びするんだったら別の趣味に金掛けるよね。俺だってクルマは好きだけどレースに金掛けるならポールスミスのスーツ買いたいしフェンダーのビンテージギター買いたいしローライの戦前カメラとか買いたいし東北美人といちゃいちゃしたいからね。

交換自体はね、リフトアップすれば1時間掛かんないっすよ?その代わり排気管が冷えるまで待たないとダメだけど。そもそもそういうを苦と感じない、楽しいとすら思うからレースやれるんだろうけどね。
    • good
    • 2

そりゃ~~・・・・、やっちゃいかんが ”車検前に自分で純正戻し” でしょう。

    • good
    • 0

Q・純正のモノと社外品を換えると、どんな効果があるのでしょうか?



@・社外品のメタルキャタライザーに交換すると純正品のキャタライザーの排気ガスが通るメッシュより大きさが大きくなり簡単に言うと排気抵抗が減ってエンジン出力が上がる効果がありますがこれはあくまでマフラーとセンターパイプとタコ足を一式交換して効果が発生しますし特にターボ車で効果は大ですがNAエンジンではは排圧が抜けすぎて下手すると低速でトルクがスカスカで・・・・・というデメリットも考えておかないと逆効果になる可能性がありますしもちろんECUで燃調再セッッテイングが必要です。

 Q・だいたいが社外品は、レース専用とか車検不適合とか車検不適合とか・・・・・・・

@もちろん中には怪しいものもあるようですがおおむね車検対応品として排ガス浄化データの試験証明書を製品ごとに添付しており一応車検はパスすると思います。

Q・レース専用を購入してつけてる人は、レースの度にサーキットで交換してるんですか?

@・レース専用キャタライザーは車検不適合ですから一般道路での走行は不可能ですしレーシングカーはあくまでもサーキットでの限定仕様ですからOKです、また一般車両で純正キャタライザーから社外品(メタルキャタライザー)に交換する場合さすがに10分程度では無理でしょう、とにかく純正キャタライザーを取り外す手間が結構時間がかかりますので純正キャタライザーが取り外せれば社外品のメタルキャタライザーの取り付け自体は条件にもよりますが確かに20~30分もあれば取り付けは可能でしょう。
    • good
    • 0

>レース専用とか車検不適合とか書いています。


>ということは、清浄化作用が満足に無いってことですね。

実はそうではありません。

触媒は、型毎に認定を受けなければなりません。
これはマイナーチェンジは愚か、小変更があっても受けなければなりませんが
費用が馬鹿高なんです。

ですからそう言う表記になるんです。

例えば前期物には車検適合となっている触媒があるとします。
それは大概において後期は(結果として)車検不適合です。

なぜか?前期用でさえほとんど売れなかったからです。
ましてや、車検不適合の後期用は
販売実績が皆無なんです。

なお、それでも付けている方は
違法状態で車を運行しているのではないかと想像します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスポーツ触媒に交換された方、

ノーマル時と比べてどうでしょうか。
交換して良かったと感じましたか。
高いのでちょっと検討中です。
特にエンジンはいじっていませんが、それでも変化は感じ取れるのか。。

お勧めとか、意味ないとか、人それぞれ、、、
などなど、ご意見いただけましたら幸いです。

ゆくゆくはブーストアップ予定の、R31です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

触媒だけでの交換では、体感できるほどの変化はないと思います。排気音が少し変わる程度の変化でしょう。
今後のチューニングでエンジン出力があがってくれば、スポーツ触媒に変更して排気圧を逃がす事も考えなければいけませんが、ブーストアップ程度の出力ならノーマルでも大丈夫です。
ブーストアップを考えている事ですし、触媒を変えるよりエンジンからマフラー終端までのパイプ径をトータルで考えて、太くする事を考えた方が良いです。
私はBNR32(ブーストアップ・マフラー交換の仕様)でマフラーより径の細い、触媒の形をしたサイレンサー(直管)を純正触媒とHKSの触媒に変更してみましたが、直管より触媒の方が音が良いし、純正触媒もスポーツ触媒もたいした変化はありませんでした。
触媒自体高い物ですし、触媒交換より先にブーストアップを先にした方が、楽しめて良いと思いますよ。
スポーツ触媒=抜けが良い=パワーアップと考えがちですが、それはパワーを搾り出しているカリカリのチューニングカーには言えますが、ノーマルエンジンならスポーツ触媒も純正触媒も同等です。

Qフロントパイプと触媒の交換で、、

こんにちは。どうなのかなと思って質問させていただきます。

純正のフロントパイプと触媒では排気抵抗が大きいので、思ったほどパワーが出ないそうです。
そこでこれらを交換しようかと思っていますが、変えることにより体感できるほどのトルクの違いが分かるものでしょうか。
(もちろん触媒後ろのマフラーはそれなりのものにしてある上でです)

それとも、ブーストアップなどしなければあまり意味がないことでしょうか。

ある人はフロントパイプ変えるだけでもかなり違うって言ってましたけど本当でしょうか。。

実際に変えられた方や、経験のある方お分かりでしたらお教えください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者さんの車がターボ車と言う前提で話しを進めます。排気系をすべて交換することで排気の抵抗値がかかなり違ってきます。人間で言えば空気を吐き出すときマスクをしているときと無いときとの差と言えば分かると思います。
フロントパイプの交換で体感するのは、高回転域時にその差がわかります。また、触媒は中間域から違いがはっきりとわかりますよ。
排気抵抗が少なくなった分、タービンが通常以上に早く回ろうとするため当然エンジン出力やトルク値に変化がでるためです。ですが、これにともなって燃調、点火時期も変えないと車種によっては、すぐにエンジンが壊れることを注意します。
ブーストアップは、必然と上昇してしまいますから逆に制御しなければいけなくなります。
また、多少の差がありますがマフラー交換だけで危険ゾーンになる車もありますので注意してください。
もし、排気系統を見直しされるならば吸気系と燃調現車あわせとブースト制御装置の3点setをしてください。あと、できればアクチュエーターを強化して欲しいものです。
私の経験的には、4点setがおすすめです。ですがすぐに物足りなくなりますけどね。

質問者さんの車がターボ車と言う前提で話しを進めます。排気系をすべて交換することで排気の抵抗値がかかなり違ってきます。人間で言えば空気を吐き出すときマスクをしているときと無いときとの差と言えば分かると思います。
フロントパイプの交換で体感するのは、高回転域時にその差がわかります。また、触媒は中間域から違いがはっきりとわかりますよ。
排気抵抗が少なくなった分、タービンが通常以上に早く回ろうとするため当然エンジン出力やトルク値に変化がでるためです。ですが、これにともなって燃調、...続きを読む

Q★ターボ車で低速トルクアップする方法?

一般的にターボ車で手軽に少し低速トルクアップする方法について教えてください(´・ω・`)

Aベストアンサー

こんばんは、いわゆるハイパワーターボ車で、サーキット走行を楽しんでいる者です。
質問者さんの言う「低速」が、どの程度かイメージしづらいですが、、
2000回転前後と仮定して回答してみます。

>ターボ車で手軽に少し低速トルクアップする方法

やはり皆さん回答されている通り、ないに等しいですね。
トルクって結局「エンジン内での爆発力」ですから、たくさんガソリンを燃やすしかないです。
究極的には、排気量アップしか正論はないと言って間違いない訳で。

ただソコまでできない人が大部分ですから、低速からタービンが仕事する方向に改造するのが現実的かと思います。
いわゆる立ち上がりを鋭くして、ブーストのMAXにコンマ1秒でも早く到達するように。

ただそれは、速いターボ車を作ろうとする人のほぼ全員が思っている事であり・・
逆を言えばそれだけ難しく、未だに試行錯誤が続いている作業な訳です。
著しくクルマの寿命を縮める事にもなりやすく、手軽な実現は難しいですね。

ちなみに私は、
 ・タービンのアクチュエーター交換(ブーストコントローラーで上がりすぎを抑制)と
 ・ブローオフバルブの交換
 ・吸気側のパイピング見直し(整流効果が向上できるレイアウトへ)
 ・排気側を全て見直し(タービン後からマフラーまで)
という作業を行い、それなりに結果は出ていますが・・
排気量アップの足元にも及びません(苦笑

それでも、できる範囲で楽しむのが正解ですよ。

良いカーライフを。

こんばんは、いわゆるハイパワーターボ車で、サーキット走行を楽しんでいる者です。
質問者さんの言う「低速」が、どの程度かイメージしづらいですが、、
2000回転前後と仮定して回答してみます。

>ターボ車で手軽に少し低速トルクアップする方法

やはり皆さん回答されている通り、ないに等しいですね。
トルクって結局「エンジン内での爆発力」ですから、たくさんガソリンを燃やすしかないです。
究極的には、排気量アップしか正論はないと言って間違いない訳で。

ただソコまでできない人が大部分ですか...続きを読む

Q触媒ストレート

こんにちは。
今、触媒ストレートにしようと少し考えています。
で、質問なんですが、今はHKSのハイパワーマフラーをつけています。このマフラーで触媒ストレートにしても問題ないのでしょうか?もっと言えば純正のマフラーで触媒ストレートにした場合何か問題はでてくるのですか?競技用のマフラーじゃないと触媒ストレートにできないのですか?
あと、触媒ストレートにすることによってでてくるメリット、デメリットなどを教えて下さい。
質問が多くてすいません。
お願いします。

Aベストアンサー

***当然のことかもしれないですけど、競技用のまふらーと、純正のマフラーとでは、触媒ストレートにしたときの音量は、競技用のほうが大きいですよね?***

そりゃそうです。純正は触媒で消音、タイコで消音です。

***ハイパワーマフラーで触媒ストレートだとどれくらいの音量になりそうですか?***

ハイパーマフラーで触媒レスですと巷のショップオリジナルスッポンポン爆音マフラーくらいじゃないでしょうか?

***あと、触媒ストレートだと音質はどんな感じになりますか?***

いっぺんに下品になります。

***触媒ストレートにするとブーストが止めどなくあがるって聞いたことがあるのですが本当ですか?***

そんなことは初耳です。逆に下のトルクがスカスカになり気味です。ですのでクリヌキ具合を加減するのです。

Qパンパンパン!という破裂音のような排気音の車。

最近家の前の通りを、「パンッ、パンパン」というような、何かが破裂しているような
排気音を出して走る車が通るようになりました。
夜間などはびっくりしますし、なによりその音自体が低く乾いて響く「パァン」という音で
とっても不快なのです!!
あの音は車の排気系統のどこかが壊れていてする音なのでしょうか?
それとも改造等をして故意に鳴らせているものなのでしょうか?
車に詳しい方で分かる方いらっしゃいましたら、教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

単に、直管なだけだと思われ。。(か、それに準ずる状態)

詳しい説明は省きますが、これだけで十分にパンパン言う可能性はあります
とりあえず直管(orもどき)にするとアクセルオフのたびにパンパカ言う車になりやすいです
また、鳴らすのは確率は低いもののある程度までは故意に行なう事も可能ですが通常は何もしなくても勝手に鳴ります(むしろ止めろって言う方が難しい)
ちなみにこう言う車がエンブレ状態で坂を下ったりするとボコボコボコッ…とこれまた独特な音が出たりします
つーか、ひょっとしたらRE系(ロータリー)かなぁ?
四六時中パンパン言わせながら走っているRE車って何故かたまーにいるから(笑

もし仮にミスファイアリングやレブリミッターが付いていたとしても99.9%作動していないでしょう
なぜならこれらの部品は基本的に全開走行時しか作動しないシステムだからです
ちなみにミスファイヤが作動するとパン…パパッ。。程度じゃ済みません。ブオーン(←エンジン音)…ババババッ!!!!!(←アクセルオフでミスファイヤ作動)…ブオーン(←再びアクセルオン)な感じになります
もっと解り易く言えばマシンガンをぶっ放したのと同じくらい連続で爆発音がでます(笑

単に、直管なだけだと思われ。。(か、それに準ずる状態)

詳しい説明は省きますが、これだけで十分にパンパン言う可能性はあります
とりあえず直管(orもどき)にするとアクセルオフのたびにパンパカ言う車になりやすいです
また、鳴らすのは確率は低いもののある程度までは故意に行なう事も可能ですが通常は何もしなくても勝手に鳴ります(むしろ止めろって言う方が難しい)
ちなみにこう言う車がエンブレ状態で坂を下ったりするとボコボコボコッ…とこれまた独特な音が出たりします
つーか、ひょっとしたらRE系...続きを読む

Q前後のトレッド幅について。

普通、車のトレッド幅は前輪が後輪に比べて広くなっていますよねぇ。
それで前項輪とも面位置にしたくて同じ幅のスペーサーを使うとどうしても後輪が内に入り気味で格好悪いのですが、前項輪のトレッド幅を同じにすると何か影響はありますか?
特に4駆は前後トレッド幅に差がありますが、いったいトレッド幅とは何に影響するのでしょう。結構攻めた走りもするので、走りについての影響がどんなものか気になります。

Aベストアンサー

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なくなり、空気入りタイヤの特性上、左右輪の摩擦力の総和が大きくなります。
 これがナニを意味するか、と申しますと、カンタンに解釈するとトレッドを広げた方がカーブを曲がる時の遠心力に耐えるチカラの大きさが大きくなるという事です。
 特にフロントサスをワイド化した場合、車両の動きがよりクイックになる、直進安定性が悪くなる、などの変化が起こります。勿論、トレッドを狭めるとこの逆、よりダルになる、直進安定性が向上する、などです。
 ちなみに、フロントトレッドをホイールオフセットだけで変えると必ずハンドル手応え感が変わりますが、ノーマルの値からトレッドを広くしても狭くしてもだいたい悪化するので注意が必要です。

 で、リヤのトレッドがナゼ狭いか?の点ですが、通常の市販車では、例え静的に50:50の重量配分でも、旋回時の荷重移動量は、操舵による走行抵抗の増加やフロントまわりとリヤまわりのロールの硬さ(ロール剛性と言います)の違いなどにより、フロントの方が大きくなりがちです。これでは勿論アンダ・ステア(US)が強くなってしまいますが、そこで、このUSを弱める為に、リヤサスの限界を少し落としてやる必要があるワケです。

 よって、リヤトレッドだけを広げる行為は、力学的にはUSを強める方向となりますが(一方直進性は向上しますが)、但し、これが全て悪いかとゆぅとそぅでもありません。
 御質問の方はそれなりにハードに走られる方の様ですので、運転しやすいかどぅかは置いといて、とりあえず速いか遅いかで判断しますと、USが強い事が必ずしも遅いとは限りません。多くの方が思い違いをされていますが、クルマが速い/遅いは旋回しやすさだけでは決まらず、速く走る為にはまず1mでも前に出る性能が必要になります。実際、流体力学的に幼稚でタイヤもプアな'75~'76年頃までのF1では、コーナからの脱出加速でタイムを縮めなければならない為、リヤトレッドが極端に広く異常にテールヘビーな強USレイアウトとなっています(タミヤのプラモで観察出来ます。リヤウイングステイにオイルタンクとオイルクーラーを内臓したロータス72や、リヤトレッドに対して極端にフロントトレッドが狭いブラバムBT44Bなど、今日のF1ではまず考えられません)。
 この点、旋回しやすくチューニングされたマシンでは、前に出る性能(トラクション)が犠牲になっている場合が見受けられます。すばらしく曲がりやすいが、踏んでも踏んでも加速せずにイライラしているハチロクオーナーの方は、結構多いのでは無いでしょうか?

 御質問の様子では、恐らくリヤトレッドを拡大する、と言ってもせいぜい10~20mm程度ではないでしょうか?これがどの程度ハンドリングに影響するかは、駆動方式にもよりますし、実際にやってみなければ判りません(フロントに比べ、リヤトレッドの拡大は判りにくい、と言う事もあります)。自分の経験ではさすがに15mmも拡大すると差が判りますが、これはテストドライバレベルの話ですし(上級のテストドライバでは10mm以下の差でも感知します)、ご本人が気になさるかどぅか?も重要な要素です。
 尚、サスペンションは、実はエンジンのチューニングよりずっと危険な状態になりやすい要素を内包しており、運動力学的な検討を加えずにヤミクモにイジるのはお勧め出来ません(この点、ホイールベースとの兼ね合いやLSDへの負担等、トータルバランスを訴えられている他の方の御回答は、さすがgoo回答者となるほどの方、と申せましょう)が、この程度のトレッド拡大なら、クルマの限界特性をある程度以上把握されている方であればそれほど危険な事にはならないでしょう。

 長くなりましたが、左右荷重移動量の話が出たところでついでに。
 左右荷重移動量を増やすと旋回の限界が下がる事はご説明いたしましたが、シャシばねを固めてロール剛性を上げると、過渡的には左右荷重移動量が増加し、見かけ上、旋回限界が下がります。これは多くの方が思い違いをされており、意外な話かもしれませんが、物理的な法則ですのでサスのチューニングやタイヤの選択では越えられません。レーシングカーのばねがヤミクモに硬いのは空力的付加物(ウイングなど)によるダウンフォースが大きいからで、ダウンフォースがほとんど期待出来ないロードカーには当てはまりません。
 日本車では考えられない様な超高速を日常的に出さなければならない欧州車(ドイツ車に限らず、欧州車は旅行等でアウトバーンを走る可能性を考慮しなければなりません)のサスは、VWやオペルなどは勿論ポルシェやロータスでさえ意外なほどタップリとロールしますが、このシャシばねのヤワさはこんな事情からも来ています。

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なく...続きを読む

Q錆びたナットとボルトの外し方

マフラー交換をしたいと思い作業を進めています。
別の質問でゴムブッシュという名称・外し方を教えていただき、
そのゴムブッシュという物を外す事に成功しました。

しかし最後にボルトとナットを2ヶ所外して終わりなのですが、
そのボルトとナットが外れませんでした。

見た感じでは他の部分に比べ錆びも進行しているようで、
ドライバーなどで突つくとボロボロと錆びが取れるといった感じです。

潤滑剤と工具(14mm)を使い何度か頑張ってみたのですが
ナットとボルトの頭の部分が少し丸くなってきてしまいました。

結局工具で力いっぱい回してみたのですが
上記の様に状況が悪くなってきたので一時中断しました。

そこで皆さんにお聞きしたいのですが、
錆びて固くなってしまったナットとボルトを上手に取るには
どの様にしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

このような部分の作業をするときは必ず、ボルトの掛かる部分が6角形のボックスレンチを使用します。メガネレンチやボックスレンチでも内部の形がメガネレンチのような形状の物を使用するのは避けるべきです。もしすでに滑らせてしまったのであれば、下に示すいくつかの方法をとります。また、いずれの場合も浸透潤滑材(CRCなど)をたっぷり吹き付け10分~30分程度放置してから作業にあたります。

ボルト&ナットで締め付けられていて、ボルト&ナットの交換が可能な物の場合は、一番手っ取り早いのがディスクグラインダーやカナ鋸などを使ってボルトの付け根から切ってしまう方法です。ねじの頭を削り取ってしまうということです。

スタッドボルト&ナット(片方の部品から直接ボルトが生えている場合)の場合でボルトの生えている側の部品の再使用が必要な場合はボルトを切ってしまうわけにはいかないので、ナットの表面の1つの面だけをボルトすれすれまで削り、削った面にタガネか貫通型のマイナスドライバーを当てて、ボルトのねじ山を傷つけないように強く叩き、ナットを割ってしまいます。その上でナットの削った面にモンキースパナを掛けるか、バイスグリップ等ではさんでまわします。また、ナットブレーカーと言う工具(大きなホームセンターや工具店に行けばあります)を利用してナットを割ってしまう方法もあります。ボルトの生えた側の部品を再使用しない場合はボルト&ナットの場合と同じ方法でかまいません。

一番厄介なのは部品の片方にねじが切ってあり、そこにボルトがねじ込まれている場合です。この場合はあまり無理をするとボルトが折れて、抜き取りに非常に苦労する場合があります。もっとも折れこんだ相手の部品を使用しないのであればかまいませんので、ボルトの頭を削り飛ばしてしまいましょう。部品の再使用が必要な場合はそうもいきませんので、浸透潤滑材をかけて十分に放置あとボルトの頭をねじの方向につぶしてしまわない程度のハンマーで叩き、ボルトの入っている相手の方もねじの入っているあたりを、部品を壊さない範囲で出来るだけ強く叩きます。こうすることでねじの溝で固着した錆をはがすことが出来ます。ボルトの頭がまだ無事であれば、工具をかけて回しますが、無理に緩めず少し緩めては締めるを繰り返して少しずつ抜きます。無理に回して食いついてしまい、ボルトを捩じ切ってしまうと、抜き取りが難しく(手間とテクニックが必要、初めての人にはまず無理)なります工具がまともに掛からない場合は、ボルトの頭をディスクグラインダーなどで削り工具が掛かる(たとえばボルトの向かい合った2つの面を削り、ワンサイズ小さなスパナが少しきつく入るようにする)ようにし、これで少しずつ緩めます。くれぐれも無理をせず、緩めては締めるを繰り返します。それでもきつくなったら、無理に回さずハンマーで叩いて遊びを作ることを繰り返します。

このような部分の作業をするときは必ず、ボルトの掛かる部分が6角形のボックスレンチを使用します。メガネレンチやボックスレンチでも内部の形がメガネレンチのような形状の物を使用するのは避けるべきです。もしすでに滑らせてしまったのであれば、下に示すいくつかの方法をとります。また、いずれの場合も浸透潤滑材(CRCなど)をたっぷり吹き付け10分~30分程度放置してから作業にあたります。

ボルト&ナットで締め付けられていて、ボルト&ナットの交換が可能な物の場合は、一番手っ取り早いのが...続きを読む

Q触媒ストレートを付けたら高回転が回らなくなった。

 こんにちは。R32GT-Rに乗ってます。
 この度サーキットに参加することになり、触媒ストレートをつけることになりました。
 私の車にはなぜか購入時にトランクの中に触媒ストレートが入っており、当然GT-R用だと思ってつけたのですが、GT-R純正の触媒に付いているセンサーのようなものを取り付ける穴がありませんでした。
 そのままセンサーを取り付けいざ走行開始したらなんと高回転(5000回転以上)がまったく吹け上がらなくなりました。5000回転を超えたあたりから一気に加速感がなくなり回転は頭打ちしているみたいに上がらなくなります。
 
 ここで質問なのですが、高回転が吹け上がらなくなったのはセンサーをつけてないからなのでしょうか?それとも触媒ストレートを付けたらこのようになるものなのでしょうか?そもそもあのセンサーは一体何者なのでしょうか?
 
 また、もともと付いていた触媒を外すと触媒本体に「HNR32」とかかれてました。これはR32GTS4ですよね。GT-R用と同じものなのでしょうか?ひょっとして低級グレードの触媒をつけてパワーダウンしたまま乗り続けていたのでしょうか?
 
 わかる方がいましたらお願いします。

 こんにちは。R32GT-Rに乗ってます。
 この度サーキットに参加することになり、触媒ストレートをつけることになりました。
 私の車にはなぜか購入時にトランクの中に触媒ストレートが入っており、当然GT-R用だと思ってつけたのですが、GT-R純正の触媒に付いているセンサーのようなものを取り付ける穴がありませんでした。
 そのままセンサーを取り付けいざ走行開始したらなんと高回転(5000回転以上)がまったく吹け上がらなくなりました。5000回転を超えたあたりから一気に加速感がなくなり...続きを読む

Aベストアンサー

触媒の部分に付いているセンサは排気温計(ただの温度計)なのであってもなくてもエンジンの制御には関係ありませんよ
しいて不具合を言えばメーターパネル内にある"排気温"のチェックランプが機能しなくなるくらいです
例えばプラグが1本死んで五発エンジンになってしまった時などに排気温ランプが付きます
ちなみに触媒加熱の状態で走り続けると触媒が壊れてしまいます

よってエンジンが正常ならば排気温計はあっても無くても大丈夫です

また触媒の種類ですがRB26DETTを含めR32用は基本的にセラミックですがRB20DET用だけは違ってメタルの上等なものが装着されています
なので悪いって事はないですよ

Qフロントパイプは車検に通りますか

藤壺のフロントパイプですが、メーカーのホームページには保安基準適合と書かれておりました。しかし、製品には遮熱板の類は何もついてなく、ただの筒です。
あるホームページにはフロントパイプはそのままでは車検に通らず、遮熱板を取り付ける必要があるとかかれておりましたが、藤壺フロントパイプはそのままで車検に通るのでしょうか?
メーカーに直接聞けばいいのかもしれませんが、どなたかお知りでしたら教えてください。

Aベストアンサー

確かに「フロントパイプ」「エキマニ」の類は、遮熱板がついてないとダメという説が昔からあります。
私も以前、「実際のところどうなのか??」と思い、いろいろ調べたことがありますが、結論は出ませんでした。

実際には♯3の方の回答のように検査官によって変わるんでしょうね。
自分のクルマはユーザー車検でやってますが、社外品のフロントパイプ(純正には遮熱板付いてますが、その社外品には付いてません)でNGになった経験はありません。
ですが、やはり「落ちる可能性がある」ので検査のときは少々ビクビクしてしまいます。

100パーセント完全な答えは難しいです。
ですのでやはり一度、管轄の陸運支局に問い合わせてみるといいと思います。

Qキノコ型エアークリーナーの良し悪し

車好きの皆さんこんにちは。
キノコ型エアークリーナーの装着を考えています。エンジンはhttp://www.chrysler.com/sebring_coupe/features/performance/img/photo_engines.jpgです。

皆さんよろしければ、キノコ型エアクリを装着したときの良し悪しを、
燃費、低速トルク、高速トルク、音などを基準に教えてくれませんか?

Aベストアンサー

基本的に空気の流入抵抗が少なければエンジンの効率は良くなります
エアクリーナーは人間がマスクをするのと同じと思って良いでしょう
レーシングカーでは極力吸気・排気の抵抗を減らして作られています(一応一定の騒音の基準は設定されています)
エアクリーナーに限ってはこれが一般車になるとどうなるか?
運転中に吸気音がうるさくなる程度でしょうか
効率と言う面では多少上がるでしょう
しかしこの多少と言うのが重要です
レーシングカーやチューニングカーの世界では少しずつの積み重ねで馬力を上げています
吸気効率を上げる→排気効率も上げる→それならば点火系も効率を上げる→更に燃料関係も・・・
これ一つを変えて飛躍的に馬力が上がる物は少ないと言う事です

「無駄」と考えるより「少しでも」と考えるのならば装着をしてもかまわないとは思います

しかしやはりリスクは伴います
メーカーが数年かけて設計した部品を交換するのですから絶対に良いとは言えません
一気に壊れる事はないとしてもノーマルで乗るより痛みが早いかもしれません
それは「いじる」と言う行為をするには仕方が無い事です

意外と知られていないのがエアクリーナーなどエンジンに関する部品を交換した際ECU(コンピューター)をクリアーしないとならない事です
最近の車は自己学習をして運転者の癖やその他のデーターを蓄積して制御しています
違う会社のガソリンをいれても自動で制御するので安心して乗れるんです
そこにデータの変わってしまう部品を組み込めば性能や調子が調子が悪くなるのは当然です
エンジンに関係する部品を交換する際はバッテリー端子を数十分外してECUをクリアーする必要があります
初期状態に戻して新たに学習させる必要があるのです
調子が悪くなったと言う意見のほとんどがこれをしていないのが原因です
狂ったままの制御で走る続ければ壊れて当然です

実際ディーラ系のチューニングパーツメーカでも低抵抗型のエアクリーナーは販売されているので全ての物が悪い訳ではないと思います

基本的に空気の流入抵抗が少なければエンジンの効率は良くなります
エアクリーナーは人間がマスクをするのと同じと思って良いでしょう
レーシングカーでは極力吸気・排気の抵抗を減らして作られています(一応一定の騒音の基準は設定されています)
エアクリーナーに限ってはこれが一般車になるとどうなるか?
運転中に吸気音がうるさくなる程度でしょうか
効率と言う面では多少上がるでしょう
しかしこの多少と言うのが重要です
レーシングカーやチューニングカーの世界では少しずつの積み重ねで馬力を上...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング