痛みには色々な種類があると思います。臨床で痛みを感じる場合、そこにはプロスタグランジンとブラジキニンが関与していると思いますが、プロスタグランジンについては多くの報告があります。しかし、ブラジキニンがどのような疾患の痛みに関与しているのかは調べてもよくわかりません。例えば強烈な痛みである帯状疱疹や癌性疼痛にどの程度ブラジキニンは関与しているのでしょうか。ご存知の方がいましたらお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ブラジキニン」
さらに
http://homepage2.nifty.com/uoh/kiso/pain.htm
(疼痛)

ご参考まで。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/uoh/kiso/bradykinin.h …
    • good
    • 0

ご質問にお書きの「帯状疱疹や癌性疼痛」に関していえば,まだ痛みの伝達機構はよくわかっていなかったと思います。



これらについて研究されている先生のペ-ジを参考 URL にあげておきます。このペ-ジの「研究課題・業績」を選択し,「疼痛の生理・病理と鎮痛薬の薬理」の項を見て下さい。

ここにのっている参考文献も参考になると思います。

参考URL:http://www.toyama-mpu.ac.jp/ph/phapha2/Japanese/ …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報