金属の高温酸化を最近学びはじめました。
酸化物の欠陥濃度を求める際の、電気的中性条件式について
どうしても理解できなくて困っています。
例として、金属イオン不足型のNiOを考えるとします。
Niイオン空孔が-1価に解離したときの電気的中性条件が
[V'Ni]=[p](V'Ni=Niサイト上にある負に帯電した空孔 p=正孔)
であることはわかるのですが、-2価に解離した時の電気的中性条件
2[V''Ni]=[p]
が理解できません。
pは+1価なのだから、[V''Ni]=2[p]でなければ納得いかないのですが、
どの本を見ても、2[V''Ni]=[p]と書かれています。
どうしてこうなるのでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

素人で間違っているかも知れませんが,マイナス電荷とプラス電荷が等しいという事ですよね。



それだと,-2価に帯電した空孔全体は -2[V''Ni] 価の電荷を持っているはずで,これに対応する電荷を1価の正孔 [p] で賄うなら,お書きの式(2[V''Ni]=[p])になると思いますが。

いかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あっ!なるほど!!
ようやく式の意味がわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/23 20:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学院別のTOEICの合格点を教えてください。

大学院入試でTOEICの点数を英語の点数として換算している大学院が多くあると知ったのですが大学院別にどのぐらいが合格点なのでしょうか?
東大の院生の平均点が730というデータはネットでみたのですが他のいろいろな大学院について教授からや友達からの情報でもいいので参考にさせてください。

Aベストアンサー

このサイトに、大学院入試でTOEIC(R)Testを活用する52の大学院が、
国公立、私立別で掲載されており、
ある一定のスコアで、英語の独自試験免除など、詳しい情報が見れます!

参考URL:http://www.toeicclub.net/graduateschool.html


人気Q&Aランキング