はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

 1票の格差問題で、ついに、違憲・無効の判決が出て、無効の効果は「今年11月26日の経過後に発生する」となっています。
 衆議院議員選挙区画定審議会設置法が人口を基準にしてその均衡を図ることを規定しているようです。
 民主主義の原則は1人1票で、1票の重さは同等であるべきであるとか。

 千葉県第4区 497,350人、高知県第3区 205,461人で、人口比は 2.42倍ではある。
 各選挙区の面積を探したが、見つけることが出来なかったので、次の比較をしてみました。

 http://bit.ly/11BFIwb      千葉県の面積:5,156 km²
 千葉県第4区は同県第11・12と比較すると、面積は10数分の1ぐらいではないかと推定される。

 http://bit.ly/11BH1vc      高知県の面積:7,105 km²
 高知県第3区は地図上でははっきりしないが、高知県の半分以上を占めているのかと思われる。。

 議員一人あたりの担当面積を比較すると、明らかに雲泥の差となっています。
 根拠になっているであろう上記の「設置法」自体が変に思われるがいかがなものでしょうか。
 狭い範囲をちょこちょこと回ればすむものと、もしかして何日もかけて回らなければいけない選挙区とを、同列に比較すること事態が変なのではないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 田中角栄の時代に4倍以上の格差があったのに違憲とは言われながらも無効とはならなかった判例がありながら、2倍そこそこの格差で無効などと、司法の暴走です。


 「司法が立法にいい加減にしろと言っている」なんて論評がありましたが、そもそも司法がそういう作為的なことをしていいんでしょうか?
 司法とは判例であり、新しく勝手に法解釈を作っていいんでしょうか?

 現実問題として、「都市部に集まった人間が偉いのだ」、という判決です。

 田舎はライフラインも脆弱で道路も1本しかないのに、都市部では地下鉄が新設され乗換えが複雑になったなどと文句を言っている。
 地下鉄も何も線路が来てないよ!
 光ファイバーも下水道も来てないよ!
 国道からちょっと入れば携帯も繋がらないよ!

 ライフラインの格差はいくらでもOKなのに、一票の格差だけがダメな理由を、分かりやすく説明して欲しいです。
 田舎者は死ねということですかね。

 道路網の十分すぎるほど発達した千葉では1日に全域を回れるのでしょうが、高知では1日で全域をただ車で移動することすら不可能です。
 谷筋を変え山を越え、全域を広報して回るには3日はかかります。
 当然、車で移動するための費用は増大し、選挙にかかる費用が公平ではなくなります。
 高度経済成長時代の高速道路の夢は計画段階で終わり、代わりの高規格道路もまだ建設中です。 

 同条件で選挙をするというのなら、田舎にも都市部と同じライフラインを整備してからにしてほしいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 大変有難うございました。
 一票の重みだけでなく、真の平等に近づけてもらいたいものです。

お礼日時:2013/03/26 09:03

選挙権は面積に与えられるものではありません。


国民、一人一人に与えられるものです。
だから、面積比は意味がありません。
無人島の選挙権は問題にならないのです。

それに、選挙権は被選挙権とは異なります。
議員の担当面積とか、苦労は関係ありません。
それは被選挙権の問題であって、選挙権の
問題ではないからです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。
 一人一人の選挙権を云々しているのではありません。
 「設置法」とかが問題なのではないでしょうか。

お礼日時:2013/03/26 10:18

日本人は、まだあまりわかっていないようですが、「投票権」とは「基本的人権」にかかわる大きな問題なのです。



日本では「政治家(国会議員)」と言えば、「安易に馬鹿にされやすい対象」としか"利用"されていませんが、実は「判断をその人に託す」という、とても大切な意味があるのです。

日本人は何かあると「馬鹿の一つ覚え」のように「民意を問え、民意を問え」と叫びますが、それを代表して決めてくれるのが政治家なのです。
イチイチ、事あるごとに「民意を問うための選挙」をやっていたら、それこそ鹿馬でしょう。

また、質問者さんが言われている事も、多少問題かも知れませんが、「基本的人権」にかかわるものではありません。
なぜならば、その地区地区で「条件は一緒」だからです。
つまり、それは「選挙活動の方法」でしかなく、その地域に立候補した人は「同じ土俵」で戦えることさえ、保証されていればそれでいいのです。
(まぁ、地盤・看板やお金の問題はありますが)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
 現行是認とも受け取れますが、現行法の不備こそ改善されるべきと思います。
 もちろん、今回の選挙のやり直しは絶対に必要ないと思います。

お礼日時:2013/03/26 10:08

日本国憲法 第14条1項で「すべて国民は、法の下に平等・・・・」ってことはもちろん知ってますよね。


住む場所によって,A氏は1票 B氏は0.4票の価値しかないのはおかしくないでしょうか? 
法の下の平等ではないです。
どこに住んでいても、国の方針を決める議員を選ぶ訳ですから1票、1票は平等であるべきと思います。


”議員一人あたりの担当面積を比較すると、明らかに雲泥の差となっています。”
それは小選挙区制など選挙制度の問題です。
ますば1票に格差を無くすべく、選挙制度も変えて行くべきと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 有難うございました。
 とりあえずは、11月26日対策をして、
 衆議院議員選挙区画定審議会設置法が元になっているのかどうか知らないけど、根本から見直してほしいものです。

お礼日時:2013/03/26 09:02

そうですね。

面積が広いほうが、いろいろな整備事業が増えるとおもいますので、人口だけでなく、面積費もある程度考慮したほうがいいようにも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有難うございました。
 衆議院議員選挙区画定審議会設置法が元になっているのかどうか知らないけど、根本から見直してほしいものです。

お礼日時:2013/03/26 09:01

1票の格差は杓子定規に考えるべきではないと思っています。

格差をなくすと、今の利益誘導型の政治形態では、人口が過度に集中した首都圏、大都市近郊が有利になり、インフラ整備や公共事業などの密度が高くなり、地方の過疎地域が疎かにされます。税の場合、大都市に集中した税収を交付金の形で地方、過疎地に配分、還元し、バランスを取りますが、投票権についても同じような配慮で格差を設けた方が合理的でしょう。1票の重さが平等であるべきと言うのは、現実を見ない理想論です。裁判所は杓子定規に過ぎます。
しかしそれを良いことに、不合理な選挙制度や選挙区割りや議員数の多さなどををいつまでたっても是正しない国会議員どもは不届き至極。議員定数の削減、選挙制度改革は、国会ではなく、裁判員制度のように民間の第三者機関を作って、そこにやらせるべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有難うございました。
 1票の重さが人口密度だけを対象にしているのは残念です。

お礼日時:2013/03/26 09:00

一票の格差って、人口数だけでのことのように


なっていると思います。おっしゃる通り、
立候補する側の格差は、考慮せず、
しかも、各選挙区の投票率は、関係無いのでしょうか。
人口数で区割りしても、投票率のバラツキ、つまり、
投票率の低い選挙区と、高い選挙区の格差はどうするのでしょう。

そもそも、この格差によって、
実害、例えば命の危機とか、財産を失ったとか
実際に、何かあったのでしょうか。

今回、裁判を起こした弁護士さん達は
一体何が目的なのか・・・?。と、思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有難うございました。
 根本から平等に近づく方向に進んでもらいたいと思います。

お礼日時:2013/03/26 08:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング