『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

サラリーマンの夫(給与収入2000万以下)の妻で、扶養控除の
範囲内で収入を得たいと思っている場合、
 
妻の一年間の損益が↓のようなケースでは、妻は夫の扶養控
除の範囲になりますか?

パートなどの給与収入   65万円
FX による収入       80万円
株売却による損失    -50万円


FXに関しては、給与以外の所得の控除38万円を超えているので、
38万を超える42万円に対して妻が税金の申告をしなければなら
ないのは理解しています。

もし株の損失がなければ、このケースでは妻の年間収入が145万円
となり、夫の扶養控除からもはずれてしまうと思うのですが、株の
損失をいれると収入は95万円です。

このような場合、妻は夫の扶養控除の範囲になりますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

長いですがよろしければご覧ください。



>このような場合、妻は夫の扶養控除の範囲になりますでしょうか?

残念ながらなりません。

「扶養親族【等】」の要件は、【合計所得金額】というものが「38万円以下」となっているためです。

『扶養親族等の数の求め方』
http://www.gszei.biz/kyuuyo/huyou.html
『No.1190 配偶者の所得がいくらまでなら配偶者控除が受けられるか』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1190.htm
『No.1170 寡婦控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1170.htm# …
>>2 「合計所得金額」とは、…総所得金額、…分離課税の…株式等に係る譲渡所得等の金額、先物取引に係る雑所得等の金額、…の合計額をいいます。
『総所得金額とは』
http://shotokuzei.k-solution.info/2006/04/post_4 …

「税法上の所得」は「儲け」のことで、「収入」から「必要経費」を差し引いた「残額」のことです。

また、「所得の求め方」は、「所得の種類」によって違っています。

『所得の種類と課税のしくみ』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto319. …
『No.1521 外国為替証拠金取引(FX)の課税関係』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm
『株式投資等と税金』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto312. …

---
以上を踏まえまして、

・パートなどの給与収入 65万円
 ↓
給与支払金額-給与所得控除
=65万円-最低65万円
=0円…【給与所得】

『[PDF] 年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

・FX による収入 80万円
 ↓
(国内の)FX決済益-必要経費
=80万円-必要経費…【先物取引に係る雑所得等】

・株売却による損失 -50万円
 ↓
株式譲渡価額-必要経費
=-50万円-必要経費
=-50万円-必要経費
…【株式等に係る譲渡所得】=0円
…【株式等に係る譲渡損失】=-50万円-必要経費

『No.1463 株式等を譲渡したときの課税(申告分離課税) 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1463.htm

となりますので、

【給与所得の金額】+【先物取引に係る雑所得等】+【株式等の譲渡に係る所得】
=0円+(80万円-必要経費)+0円
=80万円-必要経費…【合計所得金額】

ということになります。

※「必要経費」が42万円以上とは考えにくいので、「合計所得金額>38万円」になるはずです。

『【確定申告特集(4)】FXの必要経費はどこまで認められるのか?|ザイFX!』(FX税制改正前の古い記事です。)
http://zai.diamond.jp/articles/-/38370

---
(備考1.)

「所得の種類」によっては、「損失」を「他の所得と損益通算(相殺)」が可能ですが、「(国内の)FXの決済による損失」「株式等の譲渡による損失」は、以下のように「同じ所得同士」でのみ損益通算が可能です。

・「(国内の)FXによる損失」→「先物取引に係る雑所得等」
・「株式等の譲渡による損失」→「株式等の譲渡に係る所得」及び「上場株式等に係る配当所得」

『確定申告で、赤字を相殺できる損益通算とは』
http://allabout.co.jp/gm/gc/297378/
『No.2250 損益通算』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

『No.1521 外国為替証拠金取引(FX)の課税関係』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm
>>(2) 差金決済による差損が生じた場合
『No.1474 上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1474.htm

---
(備考2.)

「(前年以前に生じた)損失の繰り越し」がある場合

「FX」や「株式等」の「繰り越された損失」は「(その年の)合計所得金額」の計算には含めません。
「繰り越された損失」を含めたものは、「総所得金額【等】」と呼んで区別されます。

『総所得金額【等】』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
『合計所得金額』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

---
(備考3.)

ご存知かとは思いますが、「源泉徴収あり」の「特定口座」の場合は、「確定申告しない」という選択が可能ですから、「申告しない」場合は、「合計所得金額」にも「総所得金額【等】」にも含まれません。

『No.1476 特定口座制度』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1476.htm
『特定口座に関するQ&A|日本証券業協会(平成21年11月)』
http://www.jsda.or.jp/sonaeru/oshirase/files/091 …

---
(参考情報)

『No.1191 配偶者控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
『No.1195 配偶者特別控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_souda …

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

この回答への補足

Q_A_333さん、
詳しく説明してくださりありがとうございます。

そうしますと、控除対象配偶者かどうかを判断する合計所得金額には、株やFXの「損失」は含まれないということですね。
同じ年にどんなに株で損が出ても、FXの利益は38万円以内におさえないと扶養控除の対象にはならないんですね・・・

補足日時:2013/03/26 16:54
    • good
    • 2
この回答へのお礼

このたびはありがとうございました。大変助かりました。

お礼日時:2013/03/27 08:04

Q_A_…です。


少々言葉足らずな点があったことと、ご紹介したリンクの中にも誤解を生むものがありましたので、国税庁の「損益通算」の解説を補足しておきます。

『No.2250 損益通算』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
>> 5 申告分離課税の「株式等に係る譲渡所得等の金額」の計算上生じた損失がある場合は、「株式等に係る譲渡所得等」以外の所得の金額と損益通算できません。
>>また逆に、「株式等に係る譲渡所得等」【以外の】所得の損失も、「株式等に係る譲渡所得等の金額」と損益通算できません。
>>ただし、平成21年分以後の所得税の確定申告において、「上場株式等に係る譲渡所得等の金額」の計算上生じた損失の金額がある場合には、申告分離課税を選択した「上場株式等に係る配当所得の金額」から控除することができます(当該「上場株式等に係る配当所得の金額」を限度とします。)。

>>6 申告分離課税の「先物取引に係る雑所得等の金額」の計算上生じた損失がある場合は、「先物取引に係る雑所得等」【以外の】所得の金額と損益通算できません。
>>また逆に、「先物取引に係る雑所得等」【以外の】所得の損失も、「先物取引に係る雑所得等の金額」と損益通算できません。
(以上、引用者による抜粋、及び編集)

とにかく、金融・証券税制は「複雑怪奇」な状況なので、一本化とともに簡素化も望まれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ねてありがとうございます。
そうですね、いろいろな収支が入り組んだ場合、もう少しわかりやすい申告制度になってくれるといいですね。

お礼日時:2013/03/27 08:07

Q_A_…です。


お礼いただきありがとうございます

>…合計所得金額には、株やFXの「損失」は含まれないということですね。

はい、「事業所得」のように「他の所得との損益通算」ができないため、いわゆる「株式の損失」「FXの損失」は、「所得金額」としては「0円」ということになります。

---
「株・FXの3年間の繰越控除」についても、本来はできないが、【特例により可能】という扱いになっています。

ですから、「繰り越された損失」が考慮されるのは、あくまでも「税額計算」のときだけで、【その年の儲け】である「合計所得金額」には影響しません。

>同じ年にどんなに株で損が出ても、FXの利益は38万円以内におさえないと扶養控除の対象にはならないんですね・・・

はい、現在の税制ではそういうことになります。
金融税制の一本化はまだ検討段階です。

『損益通算制度の対象が順次拡大へ、先物も採用の可能性』
http://www.excite.co.jp/News/market/20130201/Fis …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足のご説明ありがとうございます。

お礼日時:2013/03/27 08:04

>夫(給与収入2000万以下)の妻で、扶養控除の範囲内で…



税務署の前で逆立ちでもして見せない限り、税法上、夫婦間に「扶養控除」は適用されません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額」が 38万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同万円未満なら「配偶者特別控除」です。
ただし、配偶者特別控除は、夫の「合計所得金額」が 1,000万円以下という条件付きです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>このケースでは妻の年間収入が145万円となり…
>損失をいれると収入は95万円です…

所得の区分
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
が違うものの収入同士を足したり引いたりしても意味ありません。

>パートなどの給与収入   65万円…

税や社保などを引かれる前の数字が 65万なら、給与による「所得」は 0円。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>FX による収入       80万円…
>株売却による損失    -50万円…

特定口座であったも確定申告をするなら、譲渡による「所得」は 30万。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1474.htm

よって、「合計所得金額」は 30万。

>このような場合、妻は夫の扶養控除の範囲になりますで…

税務署の前で逆立ちしてきてください。

まあ、逆立ちしなくても「配偶者控除」なら受けられますけど。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

この回答への補足

mukaiyamaさん、

早速のご回答ありがとうございます。
言葉の使い方を間違えてしまい、申し訳ありません。
妻ですから、配偶者控除ですね。

結局のところ、この例の場合妻は、年間の合計所得金額が38万円を超えないとみなされ、夫の配偶者控除の対象になるということでしょうか?

補足日時:2013/03/26 14:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にお答えいただきありがとうございました。

お礼日時:2013/03/27 08:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXの利益と年末調整

夫から年末調整の関係で今年パートとかしてないよねと聞かれたのでしてないと答えたのですが、FXで利益が出ている場合はそう伝えたほうがいいのでしょうか。
FXの利益は確定申告が必要な額なので来年確定申告する予定です。

Aベストアンサー

>夫から年末調整の関係で今年パートとかしてないよねと聞かれたのでしてないと答えたのですが、FXで利益が出ている場合はそう伝えたほうがいいのでしょうか。

はい、伝えたほうがよいです。

---
(詳しい理由)

「税務申告」は、たとえ「夫婦」でも「完全に分けて」行います。

しかし、その申告の際に「配偶者控除」や「配偶者特別控除」「扶養控除」などの【税法上の優遇措置(所得控除)】を受けたい場合は、その対象となる家族(親族の)【税法上の所得金額】に上限があるため、それを超えると優遇は受けられなくなります。

なお、「年末調整」というのは、勤務先の会社が、「給料から源泉徴収した所得税」の精算を行う手続きです。

ですから、精算を行う前に、「配偶者控除などの所得控除は申告するのか?」ということをご主人に確認しているわけです。

---
「夫婦」の場合は、「配偶者」の「年間の合計所得金額」が「38万円以下」の場合に、「配偶者控除」を受けることができます。

「38万円超~76万円未満」の場合は、納税者本人の「年間の合計所得金額」が「1千万円以下」の場合に、「配偶者特別控除」が受けられます。

『配偶者控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
『配偶者特別控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

---
以上のことから、(夫婦でも申告は別に行うが)「FXで利益が出ている場合はそう伝えたほうがいい」ということになります。

*****
(備考)

FXの利益は、「先物取引に係る雑所得等」に区分されます。(ただし、「金融庁未登録業者」の場合は、「雑所得」に区分されるようです。)

『所得の区分のあらまし』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
『所得金額とは|一宮市』
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shiminzei/guide/shiminzei/syotoku.html

『外国為替証拠金取引(FX)の課税関係』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm
『ソニー銀行>FXと税金のしくみ 所得の計算方法と必要経費』
http://moneykit.net/from/tips/tips120620_03.html

*****
(参考)

『所得税の「基礎控除」とは』(更新日:2010年09月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/252921/
『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
『[手続名]給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm

『確定申告と年末調整はどう違うの?』(更新日:2013年01月21日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/376430/

>夫から年末調整の関係で今年パートとかしてないよねと聞かれたのでしてないと答えたのですが、FXで利益が出ている場合はそう伝えたほうがいいのでしょうか。

はい、伝えたほうがよいです。

---
(詳しい理由)

「税務申告」は、たとえ「夫婦」でも「完全に分けて」行います。

しかし、その申告の際に「配偶者控除」や「配偶者特別控除」「扶養控除」などの【税法上の優遇措置(所得控除)】を受けたい場合は、その対象となる家族(親族の)【税法上の所得金額】に上限があるため、それを超えると優遇は受け...続きを読む

QFXの利益20万プラスパート年収について

 私は年収120万のパート主婦です  今年FXの利益が22万ありましたが 120万と22万を合算すると142万になり、配偶者特別控除の社会保険の扶養からはずれてしまうと思い、わざと利益を減らしました  
そこで質問ですが FXの利益の税金は申告分離課税なので 合算しなくてよいということを後で知ったのですが  ということはFX利益22万にたいしての決められた税金を払い、パート収入はそのまま120万での税金を払う、 合算しないので130万以内の収入のままということですか?
私はわざと利益を減らさなくても 配偶者特別控除からはずれないということでしょうか?

もう一つの場合の質問ですが20万より利益がすくなければ 申告しなくてよいということは
年収120万、FX利益15万、という具合の場合はどうなりますか? 合算しなくてよい、プラス申告しなくてよい ということなので配偶者特別控除をうけられますか? そのまま何も税金は変わりませんか?    


前にも同じような質問をしたのですが、国税庁のページのような中身の説明だったり、
文章中の言葉の揚げ足取りなど 難しい説明をされましたので  私にはあまり理解できませんでした
もう一度質問させていただきました  できれば簡潔に説明してくださる方 よろしくお願いします

 私は年収120万のパート主婦です  今年FXの利益が22万ありましたが 120万と22万を合算すると142万になり、配偶者特別控除の社会保険の扶養からはずれてしまうと思い、わざと利益を減らしました  
そこで質問ですが FXの利益の税金は申告分離課税なので 合算しなくてよいということを後で知ったのですが  ということはFX利益22万にたいしての決められた税金を払い、パート収入はそのまま120万での税金を払う、 合算しないので130万以内の収入のままということですか?
私はわざと...続きを読む

Aベストアンサー

ひどく長いです。なるべく平易に述べます。
3部構成です。休憩しながらお読みください。
説明を省くためにリンクを張ることはしてませんので、ご安心を。



「FXの利益の税金は申告分離課税なので 合算しなくてよい」は、ガセネタです。誤りですので、忘れてください。

給与が120万円だと給与所得は55万円です(※)。
FX利益が22万円ということは雑所得が22万円です。
合計して、年間所得は77万円です。
妻の年間所得が77万円あると、夫は配偶者控除及び配偶者特別控除は受けられません。


「20万円より利益が少ない場合は申告しなくて良い」について

そのとおりです。給与所得者(パートタイマーも給与所得者です)で、年末調整を受ける方は、それ以外の所得が20万円以下の場合は、あえて確定申告書の提出をしなくても良いです(所得税法第121条)。

ここで、確定申告書を提出しないので、FX収入は税務署では「知らない」ことになり、給与収入120万円、FX所得15万円の場合には、夫が配偶者特別控除が受けられそうですが「ちょっと待った」があります。
所得税法第121条と同じ「申告せんでええよ」規定が、実は地方税法にはありません。

地方税法のほうが「ケチ」なのです。

税務署に確定申告書を提出する必要はないが、住民税の申告書を提出しなくてはなりません。
そこで、給与収入120万円、FX所得15万円という住民税申告書を市役所に提出します。

ここからが「ちょっと待った」の話の続きになります。

市役所では、妻の所得を把握します。
その内容は、給与所得55万円と雑所得(FX利益のこと)15万円で合計所得が70万円です。

税務署では妻の所得が70万円であることは申告書が出てないので「知りません」。
また申告書が出てないことを「こら!」と叱ることもしません。

が、市役所では「夫は、妻の所得が55万円として配偶者特別控除をうけてるが、妻の所得は(住民税の申告書から)70万円なので、控除額が違うことを発見します。
市役所は税務署と連携プレーをしてますので、税務署に「この男(あなたの夫)が受けてる配偶者控除は違ってるよ」と通知します。
通知を受けた税務署は、夫の勤務先に「配偶者特別控除を受けてるが、違ってるよ」という通知をします(※2)。

夫は「妻のFX所得がないとしての配偶者特別控除額」ではなく「妻のFX所得がある場合の配偶者特別控除額」を受けるわけです。つまり控除額が減るわけです。
控除額が減るので、追徴がでます。
追徴額は勤務先を通じて税務署に納付することになります。


「130万円」の話
これは、上記「1」「2」の税金の話とまったく別物、人間ならば別人と考えると良いです。
全くの別人なのですが、よく似た従兄弟だと思うといいでしょう。
税金の話でも「扶養」、社会保険の話でも「扶養」というので、同一人物と勘違いしてしまってもやむをえません。

この二人は、たちの悪いことに「収入に応じて変化する」という同じ特徴を持ってるので、見分けがつかずに、こんがらがってしまいます。

かたっぽ(103万円だ特別控除だという方)は国税庁が生んだ子です。
もうかたっぽ(130万円が、どうたらこうたらという方)は社会保険庁が生んだ子です。
つまり別人です。



夫が加入してる健康保険組合があり、その保険証を使って医者にかかれる状態を被扶養者といいます(扶養になってると表現する人が多いです。)
これは夫の加入してる健康保険組合が「奥さんとか子供を一緒にめんどうみてやるわ」という意味です。
しかし、妻がどえらい収入があるとしますと「そこまで金を稼いでる奥さんが医者にかかった費用まで、うちの組合で面倒みさせられたら、かなわんで」ということで、被扶養者(妻、子)になる人の収入制限をしてるわけです。

この収入制限が「年間130万円」です。
12月で割ると108、333円あまり4円。
これは「毎月108、334円以上の給与をコンスタントにもらえる奥さんは、組合では医療費を負担しないよ(被扶養者にしないよ)」という意味です。

この年間130万円は「見込み」です。
妻が今の仕事を続けていたとしたら、12ヶ月で130万円以上の給与を貰うという「見込み」です。
ですから、勤務先を退職して無職無収入になったら、その時点で被扶養者になれます。

さて、FX所得はこの130万円にいれるかどうか?ですが、これは入れなくても良い、です。
既述のように「見込み収入」で判定をしてますので、一年間の結果として130万円を超えてしまった場合には「被扶養者として、夫の保険証を使っててよいかや?」と疑問に感じます。
しかしFX所得は「儲かる時もあるけど、大損するときもある」という不安定なものです。
これを経常的に収入があるので、被扶養者にはできませんと言われてはたまりません。

ただし、妻が「FXは買ったり負けたりすることがあるが、私は必ず勝つ法則を持ってるので、年間に30万円勝てと言われたら調整して勝つ。だから、年間見込み収入は150万円であるので、夫の保険証を利用しなくても、自分で健康保険料を払う」としても、構いません。

夫の勤務先を通じて「奥さんの見込み年収はいくらでっか?」と確認してくるので、「我が妻はFXとパートで年間130万円以上稼ぐ予定だ」と申告すれば良いのです。




給与総額120万円
給与所得控除額65万円
120万円ー65万円=55万円←これが給与所得額です。

※2
勤務先にて年末調整を受けてる夫が、配偶者特別控除を誤って受けてる場合には、税務署が勤務先に通知をします。
夫が確定申告書を提出してる場合には、夫に直接「違ってるよ」と通知されます。

ひどく長いです。なるべく平易に述べます。
3部構成です。休憩しながらお読みください。
説明を省くためにリンクを張ることはしてませんので、ご安心を。



「FXの利益の税金は申告分離課税なので 合算しなくてよい」は、ガセネタです。誤りですので、忘れてください。

給与が120万円だと給与所得は55万円です(※)。
FX利益が22万円ということは雑所得が22万円です。
合計して、年間所得は77万円です。
妻の年間所得が77万円あると、夫は配偶者控除及び配偶者特別控除は受けられません。


「20万円...続きを読む

Q扶養の範囲内で働く主婦の収入とFXの税金について

扶養の範囲内で働く主婦でパート収入が65万以下です。FXの利益が20万以上38万以下だった場合について教えて下さい。
この場合の税額は、 (パート収入65万-所得控除65万)+(FX収入38万-基礎控除38万) = 0
という計算で合っているのでしょうか?
下記サイトでは、
https://www.fxciao.com/fx-structure/zei/2010/
「年収103万円以内、FX収入20万円以内に抑える必要があります。」
と書いてありますが、65万以下の場合はどうなのか?

また、下記のサイトでは、
https://upset-review.com/tax/fx-and-commodities/fx-housewife-part-time.html
この中ほどの表のなかのパターン③ 給与収入103万以下、FX収入20万超が課税と書いてあります。
私の場合、給与収入65万以下なのですが、こちらのサイトも103万以下としか書いてないので、
この計算になるのかどうかわかりません。

収入が65万以下で、FX利益が38万の場合の税金の計算はどう考えればいいのでしょうか?

扶養の範囲内で働く主婦でパート収入が65万以下です。FXの利益が20万以上38万以下だった場合について教えて下さい。
この場合の税額は、 (パート収入65万-所得控除65万)+(FX収入38万-基礎控除38万) = 0
という計算で合っているのでしょうか?
下記サイトでは、
https://www.fxciao.com/fx-structure/zei/2010/
「年収103万円以内、FX収入20万円以内に抑える必要があります。」
と書いてありますが、65万以下の場合はどうなのか?

また、下記のサイトでは、
https://upset-review.com/tax/fx-and-comm...続きを読む

Aベストアンサー

計算式としては、
(給与収入65万-給与所得控除65万)
+FXの利益38万
=合計所得38万・・・⑪
ここまでは同じです。
ここから基礎控除33万
が引けるので、
総所得38万-基礎控除33万
=課税所得5万・・・⑬
となります。

【訂正】
住民税率は通常は10%ですが、
国内FXは申告分離課税で
住民税率は5%となっています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm
    ↓5%に訂正
⑬5万×5%=2,500円が所得割額
ここから調整控除が2,500円
引かれて、0になりますが、
均等割額が5,000~6,000前後
加算されます。従って
★約5000~6000円程度の住民税が
課されることになります。
均等割もお住まいの地域によって
金額が変わります。

ですから、住民税の申告はしなくては
いけません。

となります。

申し訳ありませんでした。m(_ _)m

QFXで1万円の利益がでても住民税の申告は必要ですか

FX(外国為替証拠金取引)をはじめました。

20万までの利益なら、確定申告不要ですが、住民税の申告が必要ということと理解しています。

ささやかですが、現在1万円くらい含み益がでています。利益を確定してしまおうかとも思うのですが、1万円の利益のために住民税の申告というのも面倒なのでどうしようかと思っています。
現実に1万円の利益が出て、住民税の申告にいかないとどんな不利益があるのでしょうか?普通のサラリーマンで普通程度と思ってください。

また、現実的に1万円儲かって申告する人がどれだけいるのかという気がします。極端なことをいえば、1円の利益でも申告すべきなのでしょうか(1万円と1円では随分違いますが)。
建前論と現実論の両方のお答えいただくと助かるのですが。。。

Aベストアンサー

建前論は、もちろん申告必要です。

FXは申告漏れが以前は多かったようです。
これを防止するため下記サイトによると、今は業者から「支払調書」の税務署への提出義務が課せられていると思われます。
ということは、給与は「給与支払報告書(源泉徴収票と内容は同じ)」が役所に提出されますし、役所へも「支払調書」が提出されると思われます。

http://www.all-senmonka.jp/zeikin/shotokuzei/post_93.html

役所はこれにより、仮に貴方が住民税の申告しなくても、給与とFXの所得を合算し住民税の課税をするでしょうね。
そう考えると、申告しなくてもいい、ということになってしまいますが、通常FXは経費を引けますが、この場合役所は「経費の申告」がないのですから経費を引かず調書の額をそのまま課税、ということになることも考えられます。
なので申告したほうがいいでしょう。

参考
http://tax.mo-ney.net/guide/expenses.html

>1円の利益でも申告すべきなのでしょうか
原則1円でも利益(所得)は所得です。
でも所得が100円以下なら合算されても、税額には影響でない場合がほとんどでしょうね。

建前論は、もちろん申告必要です。

FXは申告漏れが以前は多かったようです。
これを防止するため下記サイトによると、今は業者から「支払調書」の税務署への提出義務が課せられていると思われます。
ということは、給与は「給与支払報告書(源泉徴収票と内容は同じ)」が役所に提出されますし、役所へも「支払調書」が提出されると思われます。

http://www.all-senmonka.jp/zeikin/shotokuzei/post_93.html

役所はこれにより、仮に貴方が住民税の申告しなくても、給与とFXの所得を合算し住民税の課税を...続きを読む

Q配偶者特別控除申告書の書き方(FX&株での雑所得について)

現在、夫の扶養に入っている主婦のものです。
主人の会社から、年末調整の資料として、
「給与所得者の配偶者特別控除申告書」を書くように言われています。

現在、私はFXと株の取引をしており、50万円程度の利益が出ています。
が、含み損も、30万円ほどあります。

年内に含み損を確定させれば、利益は20万円になり、扶養控除の対象となると思うのですが、確定させなければ、特別控除の対象になると認識しています。

まだ、損を確定させるか判断しかねているのですが、この資料を出した後から、年末までの間で、扶養控除か、特別控除かで状況が変わった場合、どういった対応になるのでしょうか?
確定申告が必要でしょうか?
それとも、税務署から何かお知らせが来るのでしょうか?
所得証明みたいなものを、どこかに提出する必要があるのでしょうか?
(主人には、詳細な利益・損失を伝えておらず、できれば具体的な金額を知られずに処理したいのですが…)

扶養に入るようにするべきか、迷っているのですが、どういった方法がいいか、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

#3です。

回答が遅れて済みませんでした。

夫が配偶者控除または配偶者特別控除を受けるためには妻の合計所得金額が一定額以下でなければならないのはご存知の通りです。しかしながら、特定口座で株の取引をして「源泉徴収あり」を選択した場合は、その口座で得られる利益(=譲渡所得)は合計所得金額に算入しなくて良いことになっています。1億円もうかっても合計所得金額に入らないのです。

ですから質問者の場合は、株の確定利益が70万円で、FXの損失20万円ですから、合計所得金額はFXの損失20万円のみ、すなわちゼロ円です。つまり、質問者は今のままでご主人の控除対象配偶者になれます。株の含み損失を確定させる必要はありません。

ですから、ご主人が配偶者控除を受けるために「平成21年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の控除対象配偶者Aの欄に質問者の名前を書いて下さい(既に書いてあるかも知れませんが)。「平成21年分 給与所得者の配偶者特別控除申告書」には何も書かなくて良いです(←配偶者特別控除は受けられないので)。これで解決ですね。 ^^;

#3です。

回答が遅れて済みませんでした。

夫が配偶者控除または配偶者特別控除を受けるためには妻の合計所得金額が一定額以下でなければならないのはご存知の通りです。しかしながら、特定口座で株の取引をして「源泉徴収あり」を選択した場合は、その口座で得られる利益(=譲渡所得)は合計所得金額に算入しなくて良いことになっています。1億円もうかっても合計所得金額に入らないのです。

ですから質問者の場合は、株の確定利益が70万円で、FXの損失20万円ですから、合計所得金額はFXの...続きを読む

QFX収入で扶養から外れますか?またその方法とは

現在、配偶者扶養になっています。パート、FX収入があったので今年確定申告をしました。

税金を支払うことで終わったと思い込んでいましたが、合計で年収200万円を超えているために扶養では無いことに気がつきました。
現在、通院中で配偶者の社会保険を使用しています。
なるべく、配偶者に収入は内緒にしたいのですが扶養から外れる手続きはやはり配偶者を通さないといけませんか?
また、私だけで行える方法はありませんか?
扶養から抜けるのは問題ありません。

Aベストアンサー

おどかすわけではないのですが、一気に支出が増える可能性がありますので注意事項を中心に回答してみます。
長いですがよろしければご覧ください。

>現在、通院中で配偶者の社会保険を使用しています。

「扶養から外れる手続き」=「扶養削除の手続き」を行うと、削除の条件に当てはまる時点までさかのぼって削除となる場合があります。
そうなると以下のような支払いが発生することになります。

・健康保険が支払った医療費(7割負担分)の返還
・削除月からの【国民】健康保険料
・削除月からの「国民年金」保険料
(・会社の○○手当などへの影響の可能性もあり)

※ちなみに「被扶養者の月々の保険料」はもともと負担の必要はありませんので、さかのぼって削除となっても(被保険者=ご主人)への返還はありません。(国民年金保険料も同様です。)

もちろん、申請受理日=削除日となれば何も問題ありませんので、あくまで【参考情報】です。

-------------
(詳しい理由)

○健康保険

通常、扶養削除は被保険者(ご主人)の申告(申請)があって初めて行われますので、申告が遅れると、さかのぼって医療費の返還を求められる場合があるということです。

以下のリンクはあくまで参考です。

『被扶養者の認定基準』(三菱電機健保組合の場合)
http://www.mitsubishielectric.co.jp/kenpo/shiori/fuyousha_hani/nintei.html
≫「●扶養削除日」の項参照
『被扶養者からはずすとき』(リクルート健康保険組合の場合)
http://kempo.recruit.co.jp/life/20501.html

被扶養者の認定(削除)基準は「協会けんぽ」という健康保険の基準に準じてはいますが、各健康保険ごとに基準の厳格化(あるいは緩和)が可能なので、どのタイミングで扶養削除となるのかはその健康保険に直接確認しないとわかりません。

また、削除の申告(申請)が遅れた時にどの程度厳しく対処するのかもその健康保険の運営元(や担当者)の裁量次第です。

※「健康保険の被扶養者基準」の「年収」は税制で規定する年収とも違いますので注意が必要です。1月~12月とは限りませんし、交通費(など)を含む場合もあります。
※さらに、「恒常的な収入」という裁量の余地の大きい規定もありますので、もし、FXの利益が「一時的な収入」と判断されればパート収入が基準内なら扶養のままでいられる可能性もあるということです。

『従業員の被扶養者に異動があったときの手続き(事業主向けの情報)』(協会けんぽの場合)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2041

「【国民】健康保険」について

会社の健康保険の被扶養者でなくなると、(法律上は)市区町村運営の「【国民】健康保険」に加入しているとみなされ、その月から国民健康保険の保険料支払の義務が生じます。

しかし、市区町村は住民の申請があるまではその事実を把握できませんので、14日以内に自分自身で加入手続きを行わず放置していると無保険状態(全額自己負担)になってしまいます。

保険料は時効にならない限りさかのぼって支払い義務がありますが、医療費の7割負担(さかのぼっての支給)は加入手続きが行われる以前の分は行わない市区町村が多いので注意が必要です。

※「国保加入手続き」に必要な書類は事前に【お住まいの自治体へ】確認されておくことをお勧めします。加入していた健康保険の資格喪失確認の書類がなくても(電話確認などで)加入できる場合もあります。

『目黒区|会社を退職、または社会保険の扶養からはずれて、国民健康保険に加入するときに必要なものは何ですか』
http://www.city.meguro.tokyo.jp/shitsumon/kokuho/shikakufuka/index.html#Q02

○国民年金

superdry-eyeさんは現在「国民年金の3号被保険者」ですが、3号の資格を失うと「1号」となり保険料の納付義務が生じます。

3号でなくなるタイミングは「協会けんぽ」の場合は「被扶養者削除」と同じです。(削除月からの保険料が未納とみなされることになります。)

「協会けんぽ」以外の健康保険の場合は厳密には同じタイミングにならないこともありますが、どちらもセットで手続きを行う場合がほとんどだと思います。(国保の手続きのために役所に行けば「1号への切り替えも必要」と言われる可能性が高いです。)

『~被保険者の種別、1号、2号、3号被保険者とは?~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso02.html
※3号の保険料は「厚生(共済)年金制度」から拠出されています。
『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『国民年金保険料|日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3763

>なるべく、配偶者に収入は内緒にしたいのですが扶養から外れる手続きはやはり配偶者を通さないといけませんか?
>また、私だけで行える方法はありませんか?

お気持ちは分かりますが、被扶養者削除は会社を通して行う必要があります。

なお、削除の基準・タイミングの確認だけならば直接健康保険の運営元に確認可能な場合もあります。
「協会けんぽ」なら年金事務所で聞けるはずですが、どの健康保険も「会社を通してください」という対応になる可能性はあります。

『日本年金機構>全国の相談・手続窓口』
http://www.nenkin.go.jp/office/index.html

○会社の「○○手当」について

配偶者の収入条件などがあるのかどうか?あるなら返還が必要なのか?などは会社に確認しないとわかりません。

------------
(補足)

税金は健康保険とは無関係ですが、ご主人が(昨年分の納税で)「配偶者控除」を使っていた場合は、税務署にその旨を伝えるよう助言しておくべきではあります。しかし、superdry-eyeさんが確定申告しているならばそのままにしていてもいずれご主人に「おたずね」があるはずです。

なお、superdry-eyeさんが今後「国保保険料」「国民年金保険料」を支払うことになった場合は保険料は全額「社会保険料控除」の対象となります。

『No.1130 社会保険料控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://tsundere-server.net/tax.php
※0円は「0」と入力されていないと正しい税額になりません。
『税についての相談窓口 』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm
※住民税は【お住まいの】市区町村役場(役所)です。

(参考)

『(国民年金)保険料の免除等について』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3868
『国民健康保険―保険料が安くなる制度』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/_1_29.html

おどかすわけではないのですが、一気に支出が増える可能性がありますので注意事項を中心に回答してみます。
長いですがよろしければご覧ください。

>現在、通院中で配偶者の社会保険を使用しています。

「扶養から外れる手続き」=「扶養削除の手続き」を行うと、削除の条件に当てはまる時点までさかのぼって削除となる場合があります。
そうなると以下のような支払いが発生することになります。

・健康保険が支払った医療費(7割負担分)の返還
・削除月からの【国民】健康保険料
・削除月からの「国民年金」...続きを読む

Q主婦のFXでの税金・健康保険について

FXの利益に関することについて教えてください。

現在  主婦(パート勤務) パート収入は年間100万円
     住民税 所得税等はゼロ。
     社会保険は夫(民間サラリーマン)に扶養されています。

FXを今年から始めたのですが、今の時点で300万円の利益が確定しています。(決済済み)

この場合、社会保険は自分で国民年金に加入しなおさないといけないと思うのですが、
もしかすると12月31日までに損失を出して、利益がゼロ、もしくはマイナスになる可能性もあります。
こういった可能性もあるのに保険を加入しなおさないといけないのでしょうか…?

また、税金に関しては、利益が300万円のままとして、
来年確定申告をして住民税等支払えばよいですよね?
この場合、夫の会社に私の収入のことはわかってしまうのでしょうか?

FXはこれからも続けていくつもりですが、毎年利益が出るか不確実なのに
扶養から外れないといけないでしょうか?

文章がおかしいかもしれませんが、ご存じの部分だけでも構いませんので教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの「所得(収入から経費を引いた額)」が38万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の「収入」(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、38万円を超えても76万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。
なお、貴方の給与所得は、パートが100万円の年収なら、35万円です。

>こういった可能性もあるのに保険を加入しなおさないといけないのでしょうか…?
健康保険の扶養条件の収入は、通常、「恒常的な収入」です。
なので、たとえば株や土地の譲渡所得は関係ありません。
FXは雑所得なので、おそらく扶養にはなれないでしょう。
ただ、健康保険によって考え方が違うことがあります。
FXの収入がどうなのかは、ご主人の健康保険に確認されることをおすすめします。

>税金に関しては、利益が300万円のままとして、来年確定申告をして住民税等支払えばよいですよね?
そのとおりです。
なお、その場合、パートの収入も申告します。
税金は、すべての所得を合算し計算します。

>この場合、夫の会社に私の収入のことはわかってしまうのでしょうか?
いいえ、わかりません。
ただし、貴方の所得が38万円を超えご主人の税金上の扶養になっていた場合、税務署から会社を通し扶養控除が間違っていることが通知されます。

>FXはこれからも続けていくつもりですが、毎年利益が出るか不確実なのに扶養から外れないといけないでしょうか?
税金上の扶養は、ご主人が年末調整で扶養を外す申告を会社にすればいいでしょう。
それか、最初にはずしておいて、扶養の範囲内だったなら年末調整で扶養に入れるということでもいいでしょうしそのほうがいいでしょう。
最初からはずしておけば、毎月の給料から少しずつ所得税を引かれるし、扶養内の所得だった場合あとから扶養に入れれば年末調整で所得税ががっぽり返還されます。

前に書いたように、健康保険の扶養について詳しくは、ご主人の会社もしくは加入している健康保険に確認されることをおすすめします。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの「所得(収入から経費を引いた額)」が38万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の「収入」(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、38万円を超えても76万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、...続きを読む

Q主婦です。FXの収入が7万円ありました。確定申告。

今年FXで収入が75422円ありました。
一応確定申告してみようと、e-taxから入力したのですが、
基礎控除38万円となっていて、所得税額0円と計算されました。
75422円の20パーセントが、税金としてなるのかなと思っていましたが、
こんなもんなんでしょうか?

ちなみに、夫の扶養に入っています。

Aベストアンサー

http://mituwasou.com/fx-tax/fx-tax-return.html

ご指摘のとおりでした。
無職・専業主婦など給与所得がない場合で、かつその雑所得が38万円以下であれば、
確定申告は不要になります。


人気Q&Aランキング