ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

契約書の書き方についてご教示ください。

あるサービスの契約書内で使用料について下記のように記載されていました。

年額使用料 \90,000円(消費税別)
(うち取引にかかる消費税及び地方消費税の額 \4,500円)

実際の契約金額は94,500円(税込み)なのですが、上記のような書き方は正しいのでしょうか。

通常でしたら、
年額使用料 \94,500円
(うち取引にかかる消費税及び地方消費税の額 \4,500円)
となると思うのですが。

以上、よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

>実際の契約金額は94,500円(税込み)なのですが、上記のような書き方は正しいのでしょうか。


  
「\90,000円」にしろ「\94,500円」にしろ、¥と円が重複して表記されるのは奇妙なので、どちらも不適切です。
 「90,000円(税別)」「94,500円」「94,500円(税込)」「税込金額¥94,500」
などとなります。
それはともかく、「うち」の示す部分が違うのですね。

1)年額使用料 90,000円(消費税別)
(うち取引にかかる消費税及び地方消費税の額94,500円)

  この場合、「うち」は消費税を別にした「合計金額94,500円」にかかるのですが、「94,500円」という表記がないためにわかりづらくなっている。

2)年額使用料 94,500円
(うち取引にかかる消費税及び地方消費税の額 4,500円)

  この場合、「うち」は「年額使用料94,500円」にかかる

1)は間違いというほどでなくともわかりづらく、貴方が示された2)のほうがスマートです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「うち」のかかる部分が異なるということですね。
おそらくそうだろうという認識だったのですが、分かりづらい表現でしたので相手方に修正して頂きました。
丁寧にご指導いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/12 11:41

おっしゃるとおりです。



括弧書きで税別と書かれているにもかかわらず、「うち」と記載されているので、おかしいのですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速に対応して頂きありがとうございました。
相手方には税込み価格を記載して頂くようお願いしました。
ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/12 11:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税を記載しないで契約書を作成

契約書を作る際に、消費税を記載せず
税抜金額が請書等を作るのはアリなのでしょうか?

5%なのか8%なのかわからない時に取り交わす予定です。

Aベストアンサー

税抜き金額のみ記載して契約書を作成しても良いですが、「5%なのか8%なのかわからない」というのはまずいです。解らない契約書ならトラブルの元です。

Q消費税増税を見越した見積書

小さい会社ですが、現在、自社製品の一部をあるネットショップに卸しています。

毎回新らたな商品を卸す際は見積書を作成しています。
見積書は商品の定価を決まった掛け率で乗じ、税込み金額をお見積もり金額にしています。

特に問題はないのですが、来年度以降、消費税が増税するものと思いますが、
消費税増税が実施された場合は、金額が変えなければならないため、これから出す見積書には、
見積もり金額の有効期限を記載した方がいいのでしょうか?

また、すでに過去から取引している商品については、消費税増税を想定した記載をしていません。
この場合は、消費税増税の前に、再度こちらから見積書を出しても問題ないでしょうか?
(それで取引先が文句を言うことはないと思いますが。。。)

Aベストアンサー

>見積書は商品の定価を決まった掛け率で乗じ、税込み金額をお見積もり金額…

業者間取引は総額表示の対象ではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6902.htm

>消費税増税が実施された場合は、金額が変えなければならないため…

税抜き本体価格のみ記載し、
「消費税は別途申し受けます」
の一言を添えておけば済む話です。

>これから出す見積書には、見積もり金額の有効期限を記載した方…

あの~
消費税の改訂がなかったとしても、あなたの会社では 2年も 3年も先の値段を約束できるのですか。
どんな商品を扱っているのか存じませんが、為替や原油価格の変動があっても値段は変わらないのですか。

一般に、見積書の有効期間は 30日程度しか設けていませんけど。

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q「消費税は別途」の解釈

フリーSEをしております。
契約先に契約金額+消費税の請求をしたところ、契約金額には消費税を含んでいると言われました。

契約前の面談で希望金額n万円以上で消費税は別途いただきたいと伝えておりました。
契約書の締結時に、契約書には「金n万円 消費税は別途とする」と記載されていながら、「請求は内税で」と言われました。
確認のため、「n万+消費税を内税にした請求書を出して良いのですね」と確認を取ったのです。それなのに、上記のように言われたのです。

契約書の記載事項と口頭での確認を基に反論したのですが、「別途とは支払うということではない。内税と言ったでしょ」と認めてもらえませんでした。

3ヶ月毎の契約なので、今回は諦めようと思いますが、「消費税は別途とする」とは、別途支払うってことじゃないの?別途取り決めるってこと?そんな・・・
自分が甘かったと反省はしていますが、どう思われます?

Aベストアンサー

「消費税は別途とする」は「消費税は別途申し受けます。」の意です。つまり外税の解釈で良いと思います。

とは言え、支払いの段階で相手がゴネるのは企業間取引ではよくある事で、会社間の力関係によりますね。請負側がフリーだと立場は弱いですね。

但し、法律的には「下請法」というのがありまして、下請事業者の責に帰すべき理由がないのに,下請代金の額を減ずることを禁止しています。つまり消費税分と言えども値引きを強要するのは法律違反です。

「下請法に違反してますよ」とちくっとオドしてみてもいいかもしれませんね。

Q物品の購入請書に収入印紙は必要ですか?

初歩的な質問ですがよろしくお願いします。
40万円の物品(既製の備品、加工、設置費等発生しない)を購入(納入)する契約を締結するときに、契約書に収入印紙の貼付は必要でしょうか?
税務署に聞いてみたのですが、「契約書を見ないと判断できない」と言われてしまいました。参考になる事で構いませんのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

書類の票題が請書であっても、その内容が単なる売買である場合、「物品の売買契約書」となり、印紙の税額表の「課税文書」に記載がない為、「不課税となる」と税務署の調査官の指摘でした。(物品の売買契約書は、平成元年4月1日より不課税。それ以前は200円の印紙が必要でした)

Q請書と契約書について

請書と契約書について

契約内容や金額によって、契約書にするか請書にするか違ってくるのですが、そもそも契約書と請書の内容はどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

「契約書と請書の内容はどう違うか」という質問とあながち無関係でもないので,3番さんの指摘について答えておきます。

3番さんのお話が実務的に正しいとするなら,請書の実務上の納税義務は請書を受け取る発注者にあるということになります。そんな話は聞いたこともありませんし,実例を見たこともありません。もしそうならば,たとえば,領収書の納税義務者は領収書をもらった方(つまり金銭を支払った方)になりますけど,国税の印紙税調査では寡聞にして知りません。

請書は契約書と異なり請書を作成する者だけが作成者であり,ゆえに印紙税法上の納税者です。仮に実務上税務署が作成者ではなくて単なる保管者から過怠税を徴収しているとすれば,法律に基づかない課税行為として重大な憲法違反です。ありえません。

これに対し,契約書では一見すると契約書の保管者が徴税されるかのように見えることがあります。たとえば,契約書を2通作成しAは1通に印紙を貼って相手に送り返したところ,相手方は印紙を貼らないで記名押印だけして送り返してきたので仕方なくこれを保管していた。そうしたところ,税務調査で印紙の貼り忘れを指摘され,過怠税をかけられてしまったというケースです。実はこのケース結構あります。3番さんが想定されているのもこのケースではありませんか。

契約書のように2人以上の者が共同名義の文書を作成した場合における印紙税の納税義務は,印紙税額全額について共同作成者全員が連帯して負うものとされます(基本通達第47条)。なので,上のようなケースの場合,Aは印紙を貼っていない契約書の共同作成者として,印紙税額全額について納税義務があるのです。決して保管者なのに課税されているのではありません。作成者の一人として課税されているのです。この場合,税務署としては,連帯納税義務を負っているAから不足の税額または過怠税を徴収できれば良いので,そうします。たしかに勘違いされやすいケースではありますね。

まあ,このように契約書と請書とでは印紙税においても違いがありますので,ご注意ください。

「契約書と請書の内容はどう違うか」という質問とあながち無関係でもないので,3番さんの指摘について答えておきます。

3番さんのお話が実務的に正しいとするなら,請書の実務上の納税義務は請書を受け取る発注者にあるということになります。そんな話は聞いたこともありませんし,実例を見たこともありません。もしそうならば,たとえば,領収書の納税義務者は領収書をもらった方(つまり金銭を支払った方)になりますけど,国税の印紙税調査では寡聞にして知りません。

請書は契約書と異なり請書を作成する...続きを読む

Q契約書などの書類を作る際、西暦と元号とどちらがいい

契約書などの書類を作る際、西暦と元号とどちらがいいのでしょう?
日本人なら元号を使うべきですか?
私としては西暦のほうがわかりやすいですが。

Aベストアンサー

法務局や裁判所では、元号が使用されていますので、
それに習った方がいいと思います。
実務でも、賃料や管理費等の一覧表で、
西暦で記載されている証拠書類を提出されることがありますが、
裁判所としても、変換に戸惑っています。
争いを前提としなくても、元号を使用した方がいいと思います。
裁判所法74条でも「裁判所では日本語を使用する。」
となっていますので。

Q代表取締役変更後の契約書の取扱について

前代表取締役が締結した取引基本契約書(何でもいいのですが)は、代表取締役が交代した場合、新たに契約を締結しなおさなければなりませんか?

契約には、締結しなおす旨の条項は設けていません。
単純に、代表取締役がした行為の効果が既に会社に帰属している以上、
特段に再締結の条項を設けていない限り、代表者がかわったとしても再契約は必要無いと思うのですが、どうなんでしょうか?

必要の有無とその根拠を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

法人の取引基本契約などの契約は、法人が行なうもので、代表取締役が、会社を代表して契約書に署名しているだけですから、代表取締役が交代しても、その効力は引き継がれますから、新規に契約の更新は必要有りません。

Qお見積書、増税の注意書きの書き方

会社でお客様に出す見積もり書に書く注意書きの文面についてアドバイスを
頂けたら助かります。

今後の消費税率の引き上げによって、今のお見積もり金額と異なる可能性があることを
知らせる注意書きです。

以下のような文章はどうでしょうか?
シンプルに伝えたいなと思っています。ほかに良い言い方があれば教えていただけると
助かります。


・消費税率の改正に伴い、上記お見積もり金額が変わってくる可能性が
 ございます。悪しからずご了承の程よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

いいや・・・有効期日を入れる方が良いと思う。

2014年4月1日より消費税率の改正に伴い、お見積もり金額が変わります。
上記のお見積の有効期限は2014年3月31日迄となりますのでご了承下さい。

Q委託費の消費税について。。。

どなたかわかる方教えてください。
ある自治体の職員です。年度毎に関係団体に事業を委託して概算で支払しており、現在、精算報告を受けて支出実績の内容をチェックしているところです。
団体によって二通りの報告があり、どちらが正しいのか判断できなくて困っています。
一つは、人件費などの課税されないものを除いて消費税を計算し報告されているパターンと、もう一つは、人件費等も含めて(事業全体としてという意味?)消費税を計算し報告されているパターンです。
これらの契約書や要綱には消費税について特に設けられていないもので。。
私自身がまったく税金等について無知なもので(←言い訳)、質問の仕方もうまくなくて恐縮ですが、どなたか詳しい方のお力をお貸しいただきたいと思っています。

Aベストアンサー

>一つは、人件費などの課税されないものを除いて…

人件費が非課税となるのは、雇用関係にあり、「給与」を支払っている場合です。
たとえば、10万円のパソコンを買ったとしましょう。そのパソコンの原価は、材料費や運送費、工場の電気料その他経費、さらに卸問屋や小売店のマージンなどいろいろありますが、工場従業員の人件費も含まれているはずです。
10万円の売値のうち、製造に携わる人の人件費分は消費税がかからないなどということはありません。

>一つは、人件費等も含めて(事業全体としてという意味?)消費税を…

こちらが正解です。
あなたが、いや自治体の長が、業務を委託する関係団体の職員を、一時的にでも雇用しているわけではありませんね。
一方、関係団体でなく、自治体の職員にその業務をさせる場合は、人件費は通常の給与のうちですから、消費税はついて回りません。

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング