人気雑誌が読み放題♪

政治経済の知識って社会人になってわざわざ勉強する必要があるのですか?
国会議員、官僚、企業の経営陣、経済アナリストなど業務と密接に関わる人間なら、そういうことを生業にしている・必要情報であるためわかりますが、それ以外の人は何の意味有るのですか?
私自身は、政治経済の知識はほとんどありませんの。

以下政治経済知識の薄い社会人の視点のお話をしています。

社会人3年目ですが、業務の勉強のことで手いっぱいです。私の非営業事務系社会人です。
正直お国の政治経済の話なんて個人的には興味ないしどうでもいいのですが、
日本社会ではサラリーマンで日経を読まないと社会人として疑われてしまう世の中ですので、
一応日経を読んで勉強しています。

ただ凡人社会人が政治経済の話、つまりは国全体に関わるマクロ的な話題を知っても何の意味があるのだろうと前々から思っていて、今日質問しました。
直接的にも間接的に(もしかしたら遠い遠い所で間接的に影響しているかもしれません)業務と全く関係ありませんし、私が経済に影響も与えられません。ただ知っているだけで終わります。

凡人が真剣に政治・経済のことを考えた所で、誰かに直接影響を与えられないのでただの自己の見解や理想を語るくらいしか出来ません。
凡人が「~とはこうあるべき」と主張しても、主張しても通じるものはいません。
「日銀の総裁が黒田なった」というニュースにしても、結局お国に関係のある話しですし終わるレベルですし、「日本のGDPは3位」というニュースにしても、「GDPなんて話はお国が考えるべき課題であり、お国がGDPを上げるための施策」であるので、私たちにとってはその数値が高かろう低かろう直接関係ないです。

「私の1票がその人を選ぶことになるじゃないか」というレベルの話をされたらそれまでですが、
総理や国会議員が誰になろうと結局の所直接には影響は来ません。
無理やり結びつければ、非常に非常に遠いどこかで間接的に影響があるかもしれませんが。


以上のように、政治経済の話はマクロ的な話なので、サラリーマンにとってわざわざ腰を据えて「池上明の経済本」「これでわかる経済の本」的な経済本を金出して読む必要があるのかと思います。日経新聞も同様です。
凡人サラリーマンにとって政治経済の勉強など優先度の低いことを必死に勉強する暇があるなら、他の自分に必要な勉強・専門の勉強をした方がいいのではと思ってしまいます。ただ、これといった専門の勉強が無い営業や広報、人事など対外的な職は必要なのかもしれませんのでわかりません。

私独自の論理を展開しましたが、政治経済の知識とかってわざわざ腰を据えて勉強するほどのことでなくないですか? 
政治経済の勉強と言うのは凡人にとっては、ただの周りとの話のネタとしてとらえて、特に深く知る必要はないのでしょうか?
用語の意味と理解を簡単に捕えて、表面的でも会話できればそれで政治経済知識は十分ですか?

私の考え方は相当偏っていると思いますので、誰か納得できそうな回答をよろしくお願いします。


また、雑誌や本などで「経済を勉強することは国の不当な搾取を守るためだ、自己防衛だ」「情報を鵜呑みにするな」「マスコミの報道は疑ってかかれ」とよく見受けますが、凡人には何が不当な搾取なのか、騙されているのか、真実ではないのかなどの判断が不可能です。どこからか流れてくる情報を鵜呑みにするなというならば、どこの情報を鵜呑みにするんだという話です。
資産運用する際に銀行や証券会社に出向いて受付の言っていることも鵜呑みにするな・信用するな
ニュース・新聞で報じていることは信用するな(⇒じゃあどこを信用するんだ?、どういう点で不審なのですか?、鵜呑みにしてしまうと何か個人レベルでも影響受けますか?という話です)

という話にもなります。


「情報を鵜呑みにするな」とは、政治経済の知識が業務に密接に関わる非常に潤沢な人の経験からの意見ではありませんか?
その経験をしていない凡人には「鵜呑みにするなという意味不明なことを真に受けるには無理がありますし、その判断は我々はわからないので、従って、鵜呑みにするなだの自己防衛だの不当な搾取から守るだの意味不明なことを言われてまで勉強する気が余計に置きません。
「子供に、学校の授業で教えてもらったことを真に受けるな、疑ってかかれ」と言っているようなもんです。

時間割いてまで真偽の判断が難しい勉強をする必要あるのか余計に思ってしまいます。ましてや本業の勉強を割いてまで勉強する必要があるのかです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

勉強する必要はあると思います。



1,雑談するときに必要になります。
 一応の話が出来ないと、バカにされます。
 上に行けば行くほど、必要になります。
 雑談の内容でレベルが測定されてしまいます。

2,私は昔、フリーターやっていたのですが
 経済の動向を注視していたお陰で助かった
 ことがあります。
 これは近々不況になるな。
 だったらフリーターなどやっていると危ない。
 そういうことで、資格を取り、さっさと転職して
 正社員になりました。
 あのとき、何もしなかった仲間は、少し経って
 全員解雇になりました。

3,細かい経済の知識は不要ですが、おおざっぱな
 知識は必要です。
 私は、株をやっていますが、経済的、政治的知識は
 役に立ちますよ。

4,将来のことなど、誰にも解りません。
 どこでどんな勉強が役に立つかなんてのも
 全く判りません。
 仕事に関する専門的知識は必要ですが、
 政治、経済のこともある程度判らないと
 ひどい目にあうことがありますよ。
 今、努めている会社の将来はどうなるのか
 その業界はどうなのか、なんてことは知っておかないと
 偉い目にあいますぞ。
 気がついたら、債務超過になっていた?
 新聞だけ読んでもわかりません。
 ある程度基礎が無いと、自分で判断することが
 出来なくなります。
 飲む時間やトイレに入る時間だって利用できるのです。
 時間がない、というのは言い訳にもなりません。

 ナニワ金融道から。
「ここに来る奴らは遅かれ早かれ倒産する連中だ。
 こいつらは、大きな経済の流れなど、考えたことも
 ない連中だ」

この回答への補足

回答ありがとうございます。
政治経済について確かにトイレに入っている時間にやれば言いとなればそこまでですが、当方は理解力が高くないので、経済用語の意味・仕組みが良く分からないことが普通にかなり有ります。
用語や構造すらわからない人間が新聞を読んでもモノになるものでしょうか?

疑問点ですが、

>>今、努めている会社の将来はどうなるのか
>>その業界はどうなのか、なんてことは知っておかないと
>>偉い目にあいますぞ。
>>気がついたら、債務超過になっていた?
>>ある程度基礎が無いと、自分で判断することが出来なくなります。

政治経済の知識がどういった点で役に立つのでしょうか?
個人レベルの話で知識がないことでどういったことを判断できない・支障が出るのでしょうか?



宜しくお願いします。

補足日時:2013/03/31 18:42
    • good
    • 0

中国や昔のソ連は、そういう発想でしたね。


日本は、残念ながら民主主義なので、ご質問者さんもその政治家や陪審員などになる可能性があるわけです。
もちろん、政治を他人任せにするというのも、思想のひとつなので、それでもいいと思いますよ。
    • good
    • 2

こんなこと長々と書く暇があったら、その間にもう少し政治と経済の勉強をしましょう。

それがあなたのためです。
    • good
    • 3

>凡人サラリーマンにとって政治経済の勉強など優先度の低いことを必死に勉強する暇があるなら、他の自分に必要な勉強・専門の勉強をした方がいいのではと思ってしまいます。



同感です。
特に30歳位までの若い時期に専門分野の勉強を徹底しておくことがその後の職業人生に良い効果があるとおもいます。


>ただ、これといった専門の勉強が無い営業や広報、人事など対外的な職は必要なのかもしれませんのでわかりません。

営業は、ビジネスマンとして会話するために、広く浅く経済の事を知っていた方が良いかもしれません。
    • good
    • 3

本腰入れて勉強しないまでも、ある程度の知識はないと選挙の時に困るでしょう。




>総理や国会議員が誰になろうと結局の所直接には影響は来ません。

いや~、来る(来てる)と思いますよ?まず間違いなく。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング