フェニルケトン尿症がどんな病気なのか教えてください。

A 回答 (1件)

まず、カテゴリーが異なると思いますので、WebMasterにメールして変更されては如何でしょうか?



以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「フェニールケトン尿症」
このページで「定義」「原因と危険因子」「症状」と関連リンク先を参照してください。

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。まだ、初心者で使い方がよくわからなかったものですから。

お礼日時:2001/05/24 00:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肉食動物が狙う草食動物は、障害を持っているか病気、高齢などで弱った個体ではないですか?

野生動物の世界では、ライオンなどの肉食動物はシマウマなどの草食動物を狙いますが、健康なシマウマはライオンが追っかけてきても簡単に逃げることができます。
ライオンは怠惰な動物のようですから、戦略としては最もイキのよい、元気なシマウマを狙うより、比較的簡単に捕まえられる障害を持ったシマウマや、病気持ち、高齢の個体を狙うのが鉄板だと思うのですが、そういう認識で間違いないでしょうか。

また、野生動物の番組でそういう現実をあまり流さないのは、テレビ局が障害者団体などに気を遣っているからではないでしょうか。

Aベストアンサー

実際に獲物になるのは、子供や老齢、病気や栄養状態が悪い個体ですね。
ライオンが狙いを定めるのにどの程度相手の状態を見極めているかはわかりませんが、少なくとも逃げ足の速い個体や反撃で怪我の可能性がある強壮な個体をわざわざターゲットにすることはないでしょう。

アニマルチャンネルやディスカバリーなんかだとそういう現実を当然のこととして番組作りしていますね。
地上波の番組の場合は、障害者団体に限らずそんな過酷な場面をお茶の間に流すなという視聴者の意識を予め汲み取っているのでしょう。


とりあえず、直近の怪我や病気以外の障害があるまま生き続けられる野生動物はまずいませんね。
餌が摂れず餓死するか、他の動物に狩られるかです。

Q医療系の大学に通う1年生です。レポートが書けなくて困っています。どなたか教えてください。

医療系の大学に通っている1年生です。
提出日が約8日後である授業でのレポートの課題が分からなくて困っています。知識ある方どうか教えてください。
課題は、体を構成する細胞の中には。特定の機能を果たすために極度に分化した結果、増殖することが出来なくなったものがある。
そのような細胞の例を1つあげて、その細胞群または細胞の機能を説明せよ。という課題です。
自分で調べては見たのですが、なかなか見つけられません。
何か知っている方いらしたら教えてください。

Aベストアンサー

ひとつくらいなら、思い当たるものがあります。
下手をすると、高校の教科書・資料集に載っているかもしれないくらいの
レベルの話で、そんな細胞がありますよ。
(つまり、医療系でなくても、一般常識として知っている人が
何人もいるレベルです。)
おそらく、細胞と認識しておられないから見逃しているだけだと思いますが…。

ヒントととして、「これがないと、細胞分裂できないよね」
という肝心なものがなくなってしまった細胞…とだけ申しておきます。

では、レポート頑張ってください。

Qダーウィンの進化論が最近あやしくなってきているというのはどういうことですか?細かく教えてください。

こんにちは。

ダーウィンの進化論が最近あやしくなってきていると言うのは
本当でしょうか?どのようなところがどのようにあやしくなってきているのですか?(あやしいと言うより、記述しきれていないというべきか???)
具体的に教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

キリンの首が長いのは
長い首を持っているほうが高い枝の木の葉を食べられて
生存に適しているので
だんだんと首が長い物が生き残っていった

というのがダーウィンかと思いますが、
ではなぜ首が延びている途中の
中くらい長さのキリンの化石が無いのか?

実は進化は突然変異(ウィルス感染の為)によっておこったのだ
というのが新説

という話を聞いたことが有ります。

Qカナブンなのかクワガタなのか見極め方を教えて下さい。

お世話になります。この度、朽木の中から幼虫を発見しました。カナブンなのかクワガタなのか素人で見当がつきません。区別の仕方はありますでしょうか?朽木からは、4~5匹まとめて出てきました。見分ける方法を教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お腹を上にしてクネクネ歩き、全体的に形がウジ虫っぽく毛深ければカナブン等、コガネムシ系の幼虫です。クワガタの幼虫は大あごがたくましいです。

たぶんクワガタではないかと思います。

Q地球に月がなかったら生物はどんな進化を遂げていたか

とあるSF作品で、月がない場合に地球環境はこうなっていたと語られていました。

潮汐は弱くなる。
潮汐は自転に対しブレーキのように作用するが、それが弱くなるため自転の速度が現在より早くなる。(現在の3倍、一日は8時間)
自転による遠心力で重力が相殺される。(-10%)
月明かりがないため夜は真っ暗。
大気は濃密になる。
自転が早いため東から西へ絶え間ない強風が吹きつづける。
その風にあおられ海の波も常に高く荒い。

もしこういう環境だったら生物はいまとは違う姿(そもそも発生しなかった?)になっていたと思いますが、現在の生物とはどんな違いが出るでしょうか?


むしろ、太古の地球に月はなく(よそから来た天体が地球の重力に捕まったという説)、上記の環境に適応したのが恐竜などの生きものだったという説が作中で展開されていました。
重力が軽いからこそ巨体、風に飛ばされないため重くなる必要がある。トリケラトプスの頭骨は前からの風に逆らわず後ろからの風を帆のように推進力として利用するため。翼竜は自力ではうまく飛べなくても風を利用することで繁栄できたetc。

私は上記の状況下ならあり得るかなーと思いましたが、この説への反論も聞いてみたいです。

とあるSF作品で、月がない場合に地球環境はこうなっていたと語られていました。

潮汐は弱くなる。
潮汐は自転に対しブレーキのように作用するが、それが弱くなるため自転の速度が現在より早くなる。(現在の3倍、一日は8時間)
自転による遠心力で重力が相殺される。(-10%)
月明かりがないため夜は真っ暗。
大気は濃密になる。
自転が早いため東から西へ絶え間ない強風が吹きつづける。
その風にあおられ海の波も常に高く荒い。

もしこういう環境だったら生物はいまとは違う姿(そもそも発生しなかった?...続きを読む

Aベストアンサー

・潮汐は弱くなる。
 太陽だけだと月の半分程度の潮汐力なので、汐の干満は1/3、潮汐力による自転速度の減衰も1/3です。
 潮汐が弱くなると、地殻のストレスの発生が抑えられ、造山活動が弱くなるような気もします。

・潮汐は自転に対しブレーキのように作用するが、それが弱くなるため自転の速度が現在より早くなる。(現在の3倍、一日は8時間)
 これも計算過程は別として考えられることです

・自転による遠心力で重力が相殺される。(-10%)
 計算面倒なので程度は別としてありそう

・月明かりがないため夜は真っ暗。
 そうでしょうけど、半日待てば昼になるんだから、生物進化に影響があるかというと、

・大気は濃密になる。
 重力が小さくなれば大気をつなぎ止める力が小さくなるのでこれは間違いでは

・自転が早いため東から西へ絶え間ない強風が吹きつづける。
 風の発生原因は温位勾配で、自転によってというのはちょっと考えにくいなあ、局地的な温位勾配の変化が密になる結果として、風の持続時間自体は短くなるのでは(凪の閉める時間が増える)
 偏西風や貿易風のような大規模循環は強くなるかも

・その風にあおられ海の波も常に高く荒い。
 海の波もだけど、もしそれだけ風が強いとなると風化が半端じゃなく進み、全地球的に砂漠化するのではないかなあ、火星みたいになってしまうのでは

大雑把な考察だと、影響が大きそうなのは、砂漠化かもしれませんね。
その場合、海で発生した生物が地上に上がらないかも知れません。

・潮汐は弱くなる。
 太陽だけだと月の半分程度の潮汐力なので、汐の干満は1/3、潮汐力による自転速度の減衰も1/3です。
 潮汐が弱くなると、地殻のストレスの発生が抑えられ、造山活動が弱くなるような気もします。

・潮汐は自転に対しブレーキのように作用するが、それが弱くなるため自転の速度が現在より早くなる。(現在の3倍、一日は8時間)
 これも計算過程は別として考えられることです

・自転による遠心力で重力が相殺される。(-10%)
 計算面倒なので程度は別としてありそう

・月明かりがな...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報