初歩的な質問ですが、
パリーグとセリーグはどう違うのでしょうか?
どちらが先にできて、どうして二つのリーグに別れたのでしょうか?
(または2つになった)
格上格下とかってあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ルールでいうと、「DH(指名打者)」制度と「予告先発」制度、「延長12回引き分け」が大きな柱です。


DH(指名打者)制度
ラインナップのだれか一人の代わりに別の打者が打てる制度。(一般的には投手)ただし、DHは試合途中から守備に付けず、DHの打順は移動できない。(行う場合はDH制を放棄することになる)
予告先発制度
あらかじめ先発を前日に発表する制度。ただし、先発ピッチャーが投げられないときは、相手監督の了承を得て変更可能。
延長12回引き分け
来期からはセ・リーグもこうなりますが、引き分け再試合はパ・リーグはありません。(セは15回打ち切り再試合)
どちらが先にできて、というのはありませんが、パ・リーグは毎日新聞が参加していました。(西日本もあったと思う)分立のきっかけには、別所毅彦の巨人による引き抜き事件も絡んでたと思います。
阪神はパ・リーグに入る姿勢を固めていましたが、巨人の説得に折れてセ・リーグに残った、というところです。
格上、格下というのはありませんが、ナベツネに言わせると「セの方が格上」らしいです。
    • good
    • 8

kuma-oさんの回答に補足として経緯を付け加えますが、要は米大リーグに倣ったという部分があります。


 二大政党制と二大リーグ制はデモクラシーの象徴という考えで、GHQの経済科学局長をしていたマッカート少将が日本プロ球界に導入を薦めた制度で、正力松太郎氏が賛成するも読売本社が反対するなどかなりもめた末に実現したそうです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼


政治まで関与していたとは知りませんでした。
ありがとうございます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

日本にプロ野球が誕生したのは昭和11年です。

当時は1リーグ制でした。その頃は、巨人と阪神が毎年優勝争いをしていたということです。そして第2次世界大戦の激化で、リーグ戦は休止されました。戦後は昭和21年から1リーグで再出発しました。プロ野球人気が高まるにつれ、2リーグ制の確立がプロ野球の発展につながる、また球団を持ちたいという企業も増えたので、昭和25年に2リーグ制となりました。その当時はセ・リーグが、巨人、大洋、阪神、中日、西日本、国鉄、松竹、広島の8球団、パ・リーグが、南海、阪急、大映、東急、毎日、近鉄、西鉄の7球団でスタートしました。
簡単にプロ野球の歴史を書いてみましたが、参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼


歴史まで紹介していただきありがとうございました。
たいへん参考になりました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

私が聞いたところによると昔1つのリーグだったものがチーム数が多くなりすぎて2つに別れたようです。

その境目というのが関東、関西のチームということです。セが関東、パが関西です。ただ、阪神タイガースは関西のチームですが阪神巨人戦というのは伝統の一戦なので別れさせるわけにはいくまいということで一緒のリーグになったそうです。だから格上格下とかはないです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパリーグもしくはセリーグの放映権料

パリーグもしくはセリーグの
放映権料の年間総額はどれぐらいでしょうか。

Aベストアンサー

放映権料は試合をした当事者(主催者)にしか払われませんよ。つまりはチーム単位でしか分からないと。また各球団とも収支そのものは公開していないので、親会社の決算や関係者の発言などから推測されるだけです。
ですのでソースとなるとあちこちになるので余り示せませんが。
http://homepage.mac.com/butinyaon/news/kiji0021.html
http://www6.kannet.ne.jp/~team_slalom/koramu3.htm
この辺で具体的な数字が出ています。

でまとめると。
巨人は年間でいえば60-80億以上入っているようです。他の各チームも結局のところ巨人戦のみが大きすぎて他の試合での収入が誤差にしかならない程度でw 年間20億程度。つまりは巨人戦を除くと6億程度となるでしょう。

一方パリーグはセリーグ5球団よりもTV放映される機会がないでしょうが、まぁセリーグの巨人を除く6億というのがある程度の基準になるなるのでしょう。
関西・九州に住んでいたことがあるので経験的に比較するなら、近鉄・オリックスの放送の扱いは酷かったですからもっと少ないでしょう。一方ダイエーとなるともっと稼いでいると思います。

放映権料は試合をした当事者(主催者)にしか払われませんよ。つまりはチーム単位でしか分からないと。また各球団とも収支そのものは公開していないので、親会社の決算や関係者の発言などから推測されるだけです。
ですのでソースとなるとあちこちになるので余り示せませんが。
http://homepage.mac.com/butinyaon/news/kiji0021.html
http://www6.kannet.ne.jp/~team_slalom/koramu3.htm
この辺で具体的な数字が出ています。

でまとめると。
巨人は年間でいえば60-80億以上入っているようです。他の各チ...続きを読む

Qセリーグとパリーグの違いと、国技なのに金の移動が激しい事

過去の質問も見たのですが、イマイチ分からないことがあります。
なので一から質問させてください <(_ _)>

まず
(1)セリーグとパリーグはなぜ最初から二つに分かれたのでしょうか?

(2)最初からここまで人気差があったのでしょうか?

(3)国技にしては利益に走りすぎている感じもしますが、ここまで利益重視な国技ってあるのでしょうか?
表現が難しくて利益って言いましたけど、テレビとかの関係の事です。
巨人ばかりとかそういうことです。他の球団中継が少なすぎると聞いたので…

(4)プロ野球ファンとサッカーファンだと、今では人気が逆転してる感じも、なきにしもあらずな感じですが実際どうなのでしょう?

(5)私が知ってる相撲なんかだとここまでお金の話は聞きませんし、いやらしい事もあまり聞きません。いかさまの話は聞きましたけど^^;
国技なのに他チームからの大金を持っての不必要な引き抜きなど、
ここまでやると国技と呼ぶには相応しくない印象を受けるのですが、これは私の感覚が変なのでしょうか?
というか意味のないスター選手の引き抜きをなぜやるの?

少しアンケートに近い質問も含まれていると思いますけど、答えが明確な物もあると思ったのでここで質問させて貰いました!
分かる内容だけでいいので、教えてくださいお願いします^^

過去の質問も見たのですが、イマイチ分からないことがあります。
なので一から質問させてください <(_ _)>

まず
(1)セリーグとパリーグはなぜ最初から二つに分かれたのでしょうか?

(2)最初からここまで人気差があったのでしょうか?

(3)国技にしては利益に走りすぎている感じもしますが、ここまで利益重視な国技ってあるのでしょうか?
表現が難しくて利益って言いましたけど、テレビとかの関係の事です。
巨人ばかりとかそういうことです。他の球団中継が少なすぎると聞いたので…

(4)プロ野球フ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

では簡単に

(1)
当初は1リーグでしたが、戦後大毎を中心とした勢力と讀賣を中心とした勢力で二リーグに分裂し、そこに様々な会社が球団を持つようになりました。
取り分け多かったのが電鉄系ですが、これは讀賣の当主正力氏が電鉄会社がその利用者を見越して球場及び球団を作ってはと提唱をしたと聞いています。

(2)
分裂当時はパリ-グの方が人気ありましたね。
阪神球団からは別当など実力派がごっそり大毎球団に行った訳ですから…
ただ、当初から球団経営が苦しい球団があったのも事実で、直ぐ消滅&合併など繰り返し、昭和30年頃には讀賣川上・阪神藤村・中日杉下を中心としたスター選手がセントラルに多く在籍していた事もあり、逆転していった訳です。

(3)
他の人も仰っていますが、野球は一億総評論家などと言われ「市民スポーツの代表格」ではあるものの、国技ではありません。相撲などが国技でしょう。

dakara222さんの仰る利益に関しては、恐らくプロ野球放映権料の問題を仰っていると思うのですが、日本でも

「良識ある知識層」

は何年も前から放映権料の分配を提唱しているにも関わらず、ごく一部の球界首脳陣(個人名は伏せますが、最近復帰したあの人ですw)が自由主義を提唱し、一つの球団を崩壊させた事実があります。私は今でも大阪近鉄ファンですが…(TT)
勿論、ニューヨークヤンキースの名物オーナースタインブレイナー氏も自分の球団を強くしようとFA補強に熱心ですが、その反面、他のチームのバランスも考え、ラグュジュアリー・タックス(贅沢税)サラリーキャップ制(1球団の年俸制限)も遵守していると聞きます。

その点では、NPBの根来コミッショナーの指導能力が問われる所ですが、全く機能していない所に全ての問題が集約されていると考えます。(一体、選手会がストライキを起こしたら辞任すると宣言してからはや一年。舐めてんのかと言いたいが!)

(4)
それは何とも言えないな。
サッカーにはワールドスタンダードの良さがあるし、野球には明治以降日本に導入され、半ば市民権を得ている部分があるから一緒くたに比較は出来ない。
ただ、言えるのはサッカー経営者の方がファンの声を反映させやすい傾向にあることは言えてると個人的には思う。

(5)
相撲の世界は表に出ないだけで、実際はもっとドロドロした世界ではないのでしょうか?
プロ野球の裏金問題が昨年表面化されましたが、相撲ではあれ以上の内容で13~15歳の中卒の子供を自分の部屋に呼ぶ親方、そして目が出なければ即廃業し、芽が出れば給金の他タニマチからの“過剰な”援助などもあり、関取が増えれば部屋が繁盛する。一時期の二子山部屋が良い例でしょう。
相撲では場所中同部屋の対決は基本的にしませんので(優勝決定戦は除く)

またスター選手の引抜ってプロ野球の話(特に讀賣)だと思いますが、これは当時のオーナーが先述のスタインブレイナーオーナーの真似をしたかっただけでしょうw
本当にチームを強くしたかったら「打線の役割」「投手陣の意味」という所謂「野球知識」を知っていればあんな4番打者だけの補強何ぞしません。

昔V9の頃の讀賣は打線を見ても各人の役割がハッキリしていました。チャンスメーカー、進塁打をする人、ポイントゲッター、エース、クロ-ザーと
得てして最近の下位に低迷しているチーム全般に言えることは役割分担の整備がなされていないチームから、下位に落ちていくでしょうね。

私が感じた感想はこんな所です。

こんにちは

では簡単に

(1)
当初は1リーグでしたが、戦後大毎を中心とした勢力と讀賣を中心とした勢力で二リーグに分裂し、そこに様々な会社が球団を持つようになりました。
取り分け多かったのが電鉄系ですが、これは讀賣の当主正力氏が電鉄会社がその利用者を見越して球場及び球団を作ってはと提唱をしたと聞いています。

(2)
分裂当時はパリ-グの方が人気ありましたね。
阪神球団からは別当など実力派がごっそり大毎球団に行った訳ですから…
ただ、当初から球団経営が苦しい球団があったのも事...続きを読む

Qセリーグとパリーグの統合

質問内容:セリーグとパリーグを統合するにあたり、実務上の問題があるのか。

ニュースでプロ野球の結果を見ていて思った質問です。
プロ野球は交流戦も実施しているのに、なぜ統合しないのかと疑問に思いました。

私は統合しない理由として以下を考えました。
1. 統合はそもそも不可能
2. 統合はデメリットが多い 例)経済的負担が大きい、選手の負担が増える。

質問にある「実務上」とは、野球の試合を運営するにあたってという意味です。

統合しない理由として、上記の理由に該当するのか、もしくは別に問題があるのか、皆様の知識にお聞きしたいです。

Aベストアンサー

セ・リーグが反対する。交流戦にしても、セは反対だったが、日生がスポンサーになって多額の賞金を出すということで、セ側が折れて実現したという経緯がある。つまり、各チームとも、放映権料とか、入場料など、巨人戦での稼ぎ高が大きいわけで、パ・リーグとしては、巨人戦をレギュラー(シーズン)でやりたいということ。それに対して、セは巨人戦があるという既得権益を守りたいということ。

Qセリーグとパリーグとで、開幕日が違うのはなぜ

セリーグとパリーグとで、開幕日が違うのはなぜですか。セリーグは開幕日を遅くすることによって優勝決定の日を遅くしてパリーグより有利になることを見越してそうしているのですか。

Aベストアンサー

同じ日に開幕すると「マスコミを親・関係会社に持つセリーグばかりが記事になる」ので、人気の欲しいそれをパリーグが避けているためです。

Q07年のプロ野球公式戦の試合数っていくつですか?セリーグとパリーグが微妙に違うんですよね??

07年のプロ野球公式戦の試合数っていくつですか?セリーグとパリーグが微妙に違うんですよね??

年々変わっているみたいで、ちょっと混乱してます。
変遷がわかるHPなどがあれば、あわせて教えてください。

Aベストアンサー

どうもこんにちは!

2007年度の公式戦は、同一リーグ内で120試合(5チーム×24試合)と交流戦で24試合
(6チーム×4試合)の合計144試合で、今年はクライマックスシリーズが両リーグで行な
われるため、セ・パ共同じ試合数になっています。
http://pacific.npb.or.jp/play-off/2007joubun.html
http://www.npb.or.jp/schedule/
http://www.npb.or.jp/interleague/2007guidance.html

2005、2006年度はパリーグが同一リーグ内で100試合(5チーム×20試合)と交流戦で
36試合(6チーム×6試合)の合計136試合(プレーオフ実施のため)、セリーグが同一
リーグ内で110試合(5チーム×22試合)と交流戦で36試合(6チーム×6試合)の合計
146試合で、2001~2004年度以前はセ・パ各140試合(5チーム×28試合)、1997~
2000年はセ・パ各135試合(5チーム×27試合)、それ以前はセ・パ各130試合(5チー
ム×26試合)でした。



ご参考まで

どうもこんにちは!

2007年度の公式戦は、同一リーグ内で120試合(5チーム×24試合)と交流戦で24試合
(6チーム×4試合)の合計144試合で、今年はクライマックスシリーズが両リーグで行な
われるため、セ・パ共同じ試合数になっています。
http://pacific.npb.or.jp/play-off/2007joubun.html
http://www.npb.or.jp/schedule/
http://www.npb.or.jp/interleague/2007guidance.html

2005、2006年度はパリーグが同一リーグ内で100試合(5チーム×20試合)と交流戦で
36試合(6チーム×6試合)の合計136試合...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報