人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

昨年、築30年の家の外壁工事をしましたので、確定申告をしましたが、
不足の書類があるとのことで封書が届きました。

そこでわからない点がありますので、どうかご教示ください。

(1)不足書類は、「建築確認済証の写し、検査済証の写し又は増改築等工事証明書」(発行機関は市町村)、と「増改築等工事証明書」(発行期間は建築し、登録住宅性能評価機関又は指定確認検査機関)とありますが、この2つの違いが不明です。
また、外壁工事をした場合は、市町村に届け出るものなのですか?市町村で把握しているとは思えないので、発行期間が市町村であることがよく理解できません。

(2)家の名義は未だ10年前に亡くなった母と共有という形になっております。
もちろん今回の外壁工事のローンは共有名義人である私一人で組んでおりますが、
税務署からの手紙には共有者の登録がある場合は、還付額が減額されるようなことも書かれています。
もし、母が亡くなっているので、私一人の名義にした場合は、相続税などが新たにかかるのでしょうか?


税務署から届いた書類の内容を見ても全然理解できず、1週間後には書類を揃えて提出するように言われ、困っております。
無知でお恥ずかしい限りですが、ご教示お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>「建築確認済証の写し、検査済証の写し又は増改築等工事証明書」(発行機関は市町村)、と「増改築等工事証明書」(発行期間は建築し、登録住宅性能評価機関又は指定確認検査機関)とありますが、この2つの違いが不明です。


その2つの書類が両方とも必要ということではありません。
どちらかひとつでいいはずです。
「建築確認済証の写し、検査済証の写し又は増改築等工事証明書」(発行機関は市町村)「と」ではなく、「又は」となっていませんか?
貴方の場合、「増改築等工事証明書」を発行してもらえばいいでしょう。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …

>母が亡くなっているので、私一人の名義にした場合は、相続税などが新たにかかるのでしょうか?
いいえ。
そんなことありません。
相続税の控除額(5000万円+1000万円×相続人の人数)は大きいので、相続財産がそれ以下ならかかりません。
貴方のお母様が亡くなったことは税務署で把握しているし、相続税がかかるようなら、ずっと前に税務署から申告するよう通知がきます。
万が一、かかる財産があって申告してなかったとしても、もう時効(通常5年)ですからかかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>「建築確認済証の写し、検査済証の写し又は増改築等工事証明書」(発行機関は市町村)「と」ではなく、「又は」となっていませんか?

表になってるものが送られてきたのですが、両方にマーカーでチェックされていたので、両方?!と思ってしまいました。工事業者さんに確認してみます。

>相続税の控除額(5000万円+1000万円×相続人の人数)は大きいので、相続財産がそれ以下ならかかりません。

財産がなくて良かったです。まったくもって心配要らなかったです(笑)

お礼日時:2013/04/03 22:19

「住宅借入金等特別控除」の確定申告をされたと思うのですが「家の外壁工事」とはどの程度の工事をされたのでしょうか?


下記の「建築基準法に規定する大規模な修繕又は大規模の模様替えの工事」に該当しますか?


---------------------------------------------------------------------------------------------------
イ 増築、改築、建築基準法に規定する大規模な修繕又は大規模の模様替えの工事
(注)「建築基準法に規定する大規模の修繕又は大規模の模様替え」とは、家屋の壁(建築物の構造上重要でない間仕切壁を除きます。)、柱(間柱を除きます。)、床(最下階の床を除きます。)、はり、屋根又は階段(屋外階段を除きます。)のいずれか一以上について行う過半の修繕・模様替えをいいます。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1216.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご質問の件ですが、建坪は60坪で、全面の外壁を張り替えました。
ローンを組む段階でも住宅借入金特別控除が受けられるのでと銀行から言われていたのですが・・・

お礼日時:2013/04/03 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築確認申請書・確認済証はどこからもらうもの?

今住宅ローンの借り換えを考えております。

審査の必要書類をそろえていたところ「建築確認申請書・確認済証」の2点がどうしても見当たりません。

今の家は5年前に分譲住宅を新築で購入しました。

この2点の書類について聞くとしたらどこに聞けばよいのでしょうか?
それと再交付などはしてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

重複する点もありますが。

基本的に、施工者あるいは設計者が審査機関から受取、引渡時に建築主に渡されるます。

ただ、ローンの借り換えとなると、当社のローンがあるわけですよね。
その当初ローンの審査の際に、建築主から、あるいは施工者(設計者)から銀行に一度行っているはずです。
まれですが、返却されていないこともあるのではないでしょうか。私は建築会社 営業やってますが、過去にそういう例が一度だけありました。

ですので、竣工書類、あるいは当初のローンの書類と一緒になっていないか。銀行に貸したままになっていないか。あるいは、なんらかの理由で施工者(設計者)の手元にないか確認してみてください。

あと、確認申請、済証の番号は、引渡書類に記載がある場合があるので、確認してみてください。(施工会社によって異なりますが)

Q建築確認済証と検査済証の入手

自宅を新築し、県税事務所へ不動産取得税申告書を提出したいのですが、県のパンフレットをみると、必要な書類として住宅の登記簿謄本(未登記のときは建築確認済証と検査済証)を提出することと書いてあります。
まだ登記が終わっていないので、建築確認済証と検査済証を提出したいと思いますが、手元にありません。どこで手に入れれば良いのでしょうか。
また、そもそも建築確認済証と検査済証とは何でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
建築確認住証:役所(または確認検査機関)が発行する建築確認(という建物が適法であるという認可)がおりたという証書
検査済証:役所(または確認検査機関)が発行する建物が建築確認申請図面どおりに完成したという証書
です。

たぶん業者から建物引渡し時にもらった”引渡しセット”の中に入っていると思います。
なければ、業者に問い合わせして下さい。

Q増改築等工事証明書の入手で分からない事が有ります。

以前、記載内容に関する質問をさせて頂いた者です。

工事を行なって頂いた知り合いの工務店さん(二級建築士です)に相談し、一応は署名/捺印
も頂いたのですが、個人経営の所謂「大工さん」であり「建築士事務所」に所属していない為、
「建築士が証明を行った場合の当該建築士の属する建築士事務所」の欄が空欄となっています。

色々と調べてみましたところ、証明を行う「建築士」とは「建築士事務所に所属している建築士」
でなければならない旨の記述も見受けられました。

相談した工務店さんもこの増改築等工事証明書については良くご存知でないらしいのですが、
この場合、この工事証明書は効力を有しないという事になりますでしょうか?
或いは、上述の「建築士が・・・建築士事務所」の欄は空欄でも効力を有するものなのでしょうか?

又、当該証明書が入手出来ない人の為に発行を行なってくれる建築士事務所をネット上で見付
けましたが、身近に依頼出来る様な建築士(事務所)が無い場合、そういった業者さんにお願い
するしか無いという理解で宜しいでしょうか?

度々の質問で誠に申し訳ございませんが、ご教示の程、お願い致します。

以前、記載内容に関する質問をさせて頂いた者です。

工事を行なって頂いた知り合いの工務店さん(二級建築士です)に相談し、一応は署名/捺印
も頂いたのですが、個人経営の所謂「大工さん」であり「建築士事務所」に所属していない為、
「建築士が証明を行った場合の当該建築士の属する建築士事務所」の欄が空欄となっています。

色々と調べてみましたところ、証明を行う「建築士」とは「建築士事務所に所属している建築士」
でなければならない旨の記述も見受けられました。

相談した工務店さんもこの増改築...続きを読む

Aベストアンサー

「又、当該証明書が入手出来ない人の為に発行を行なってくれる建築士事務所をネット上で見付
けましたが、身近に依頼出来る様な建築士(事務所)が無い場合、そういった業者さんにお願い
するしか無いという理解で宜しいでしょうか?」

そお言うことです。

建築基準法上、問題がないと判断できるような資料があり、その上で現況調査を行ない基準法に適合していると判断できれば、もちろん書いてもらえると思います。資料がないとやっかいかもしれません。
勿論そんなの関係無いって言う設計事務所もあるかもしれませんが、証明する以上、違反が有れば建築士に責任が及びますので。

Q増改築等工事証明書の記載について

標記の件、「工事の種別」の記載に関する質問です。

自営業を営んでいた親の死去に伴い、店舗一体型だった木造住宅の店舗部分
を居室に改装し、ついでに台所・居間・浴室等の改装&模様替えを行いました。
所謂、「4号物件」で建築確認は不要な範囲で、登記の変更も済ませています。

確定申告で住宅借入金等特別控除を受けようと考えており、増改築等工事証明
書を作成しようとしていますが、この場合、工事の種別としては「第1号工事」の
「大規模の模様替え」に相当するものと考えていますが、この理解で正しいでしょ
うか?
又、「工事の内容」欄には、上述の様な説明を記載すれば宜しいのでしょうか?

建築・税法には素人で、苦戦しております。ご教示の程、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

そもそも大規模模様替とはなんぞや、という話かと思いますが、
大規模模様替とは「建築物の主要構造部の一種以上について行なう過半の模様替」となっています。
主要構造部とは「壁・柱・床・梁・屋根または階段」を言います。

一般に言うところの模様替と建築基準法の模様替は若干違います。
同じ位置でも異なる材料や仕様を用いて作り替え、性能や品質を回復する工事を「模様替」といいます。
クロスを貼り替えた、ペンキを塗り替えたなどは建築基準法では「模様替」とは言いません。

> 店舗一体型だった木造住宅の店舗部分を居室に改装し、
> ついでに台所・居間・浴室等の改装&模様替え

詳しい工事内容はわかりませんが、大規模模様替えはないかと思います。
「建築物の主要構造部の一種以上について行なう過半の模様替」
に該当する工事はないと思います。面積が家の半分作り替えてるならわかりませんが。

多分、3号工事になるかと思います(規模によっては2号ということもあります)。

質問では全てが分からないので、
工事をした工務店や現場監督に確認をしながら書くことをお勧めいたします。

そもそも大規模模様替とはなんぞや、という話かと思いますが、
大規模模様替とは「建築物の主要構造部の一種以上について行なう過半の模様替」となっています。
主要構造部とは「壁・柱・床・梁・屋根または階段」を言います。

一般に言うところの模様替と建築基準法の模様替は若干違います。
同じ位置でも異なる材料や仕様を用いて作り替え、性能や品質を回復する工事を「模様替」といいます。
クロスを貼り替えた、ペンキを塗り替えたなどは建築基準法では「模様替」とは言いません。

> 店舗一体型だった木造...続きを読む


人気Q&Aランキング