辞書で[ɑːr]で表示されているものの発音は、表記通りで良いのでしょうか?
[r]は歯茎ふるえ音で、普通の英語の[r]は歯茎接近音[ɹ]ですので、正式には[ɑːɹ]ですか?
[ɑː]と発音したあと、[ɹ]で良いのですよね?最初から歯茎接近音ではないですよね?

同様に[ɔːr]も[ɔːɹ]が正しい発音記号で、順番に発音で良いのですよね?

しかし、[ər]は順番通りじゃないと思ったので、ここに質問したら[ɚ]でした。
[əːr]だと[əː]のあとに[r]([ɹ])ですけど、これだと最初から歯茎接近音ではありません。

自分の耳で聞いたらわかる話ですので聞いてみたら、上記のようになっていました。

回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>結局、どうでもいいんですね。


いや、どうでもよくはないですよ
ただ、car/kɑr/という音素に対して、[kaɹ]という音声が現れる時もあるし、idea/aIdIə/という音素に対して[aIdIɚ]もしくは[aIdIəɹ]という音声が現れることあるわけです(つまりは「異音」ですか)
それは、一つのspeechの中で、前後の音に影響されて異なった発音の仕方がされることが常なので、それを[ɑ]ではなくて[a]だったというのが他の人にわかるように[ ]を使って表記するわけです
carの"正しい"音素は/kɑr/なんでしょうけどね(辞書ではそれを表している)
逆に言えば、[kɑɹ]だろうが[kaɹ]だろうが"car"という単語だという認識がされるわけです

little/lItl/にしても、[lIdl]だろうが[lIɾl]だろうが、[lIt̚l]だろうが"little"という単語の認識が持てればなんら問題がない ただ、多くの人がこういう発音の一つだけをとって、ことさら"正しいのはこれだ"と語っているのは違うということです
違う言い方をすれば、/t/は[tʰ]が基本としても、[t]にも[d]にも、はたまた[ɾ]にも、場合によっては[ʔ]にもなるわけです
だからこんな細かいところにこだわるのは学者さんがすればいいわけで、一般の人に必要な知識は、相手に"正しく"「/t/という認識をしてもらうような発音する」ということです
(だから発音に関してはできるだけ、"英語の発音は~だ"ということは言いたくないのです)
そのためには、記号を先に覚えるのではなくて、まず実際の音をできるだけたくさん聞くということです

>「正しい」のような言葉選びは変ですね・・・
「正しい」は間違っているとは言ってません
「正式」という言葉はたぶんどこにも見当たらないだろうということです

>定義も複雑ということなんでしょうが、[ɑːɹ]は最初からRではないですよね?[ɔːr]もです
複雑ではありませんし、順番でいいんじゃないですか?
[ə]+[ɹ]が[ɚ]と言った覚えはありませんし、他の特別な音になると言ったこともありません
[ɚ]という表記がありますよ、と答えたことはあると思います
ただ、次の専門書に関連してですが、[ɚ]の使用を間違っているのではないかと思うようなものを発見しました
fairyを/fɛəri/を[fɛɚi]と表記しているのがありました これは理解はできますが、私は反対です
/r/の要素が見えなくなってしまうからです 
なぜこういう表記をするのかがわかりませんが、[ə]+[ɹ]=[ɚ]という認識なんでしょうか
私は賛成できません

>専門書を教えて下さい。
今日ちょっと図書館で調べて見たら何冊かあって読んでみたんですが、いやー上記のも含め表記方法がさまざまですね
ちょっと"これ"というお薦めはできないです  ご自分で確かめるのが一番でしょう
ま、一応(これ日本語訳版) ただ読んでいないのでその点は勘弁です
ただもとがPeter Ladefogedのものなので内容は整っているはずですが
http://www.amazon.co.jp/%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E5%AD …

ただできれば、方言とか国による英語の発音の違いというのを知った方がいいです
方言というと、"田舎"というイメージを持つかもしれませんが、それは間違いです
たとえばNew Yorkという世界で最も有名な都市の英語の発音というのはどういうものかご存じですか?(社会言語学的には非常に有名です)
私たち日本人が聞くと、「おぉ、これが英語(米語)の発音なんだ!」と思うかもしれません
マネしてる人もいっぱいいるかもですね
でも、"標準"と呼ばれる発音からは結構逸脱しています
でも選択は人の自由ですから、気にいれば自分の英語の発音に採用していいとは思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>carの"正しい"音素は/kɑr/なんでしょうけどね(辞書ではそれを表している)
逆に言えば、[kɑɹ]だろうが[kaɹ]だろうが"car"という単語だという認識がされるわけです

はい

>「正しい」のような言葉選びは変ですね・・・
「正しい」は間違っているとは言ってません
「正式」という言葉はたぶんどこにも見当たらないだろうということです

なるほど

>専門書を教えて下さい。
今日ちょっと図書館で調べて見たら何冊かあって読んでみたんですが、いやー上記のも含め表記方法がさまざまですね

ありがとうございます!調べてくれたんですか!

>ただできれば、方言とか国による英語の発音の違いというのを知った方がいいです

そうですね!

他の回答者さんもsknuuuさんも本当にありがとうございました。

自分の言葉足らずさも確認できましたし、大変長文で回答していただき感謝です。

お礼日時:2013/04/06 20:20

   これは「英語」のカテのご質問なので、英語の事だと思います。

僕は、英語圏の方が日本に居たときより長いだけで、まあ大した意見ではありません。

    「発音記号」と「順番」で一番大切な事は、順番は、英語を話すのが「さき」、それを何か記号で書いて、英語を知らない外国人などに見せるのが「あと」と言う事です。

    だから、英語だけでも多種多様な R を、小文字にしたり、ひっくり返したり、シュワの右肩に乗せたりしても、せいぜい四種類か五種類、無惨なほど不十分です。

    ですから、こういった「あとで」できたものを、真っ先に立ててのご質問だったので、少し時間がかかったようですが、今回は優れた回答があるので、これは寝言です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、記号はあとからできたものですからね。あくまで話すのが先ですね!

お礼日時:2013/04/06 07:51

やっぱり一回専門書見た方がいいですって


図書館に行けば何かしらあるでしょ
一度、色々見比べたほうがいいです

carは/kɑːr/としている辞書は多い
でも実際上、[kɑɹ]だろうが[kɑːɹ]だろうが全く同じと考えていい(/ /と[ ]の表記に注意)
違うと考えること自体間違っている
それは[ɑ]自体が比較的長い音であるから
アメリカでは、hotとcaughtの母音はどちらも[ɑ]であり区別しない地域が多いです そしてこの母音の長さも全く一緒です(カタカナだと「ハート」「カート」)
Old Englishのように、長母音[ɑː][iː][uː][eː][oː]と発音するようなのと比較しない限り、[ː]というのは必要ないです(当然、つけても問題ない)
もともとの各母音の性質を理解しないと(長く発音する母音([ɑ]など)や短く発音する母音([ʌ]など))

このような表記については、研究者ごと、辞書ごとによって異なっています

[ər]にしても、[ɚ]としているものや、[ʌɹ]としているもの(強勢のある場合)、そして[əːɹ]としているものもある
でもこれは全部と同じと考えていい(と前にも言った)

前に誰だかが、[iː]と[i]は違うとした人がいたけど、はっきりいって同じです
英語ではこの2つの音は区別しません(日本語では区別します)
[i]というのはもともと長い発音だからです(英語話者が日本語の発音をうまくできないのはこういうところです)
だからseatは、専門書によっては[sit]と表記されている([siːt]としているものも当然ある)
大事なのは、[sit]と[sIt]が"明らかに"違う音であることを認識すること

[ I ]というのは短い音です
そして、やや緊張がない発音であり、地方によって調音点がバラける(=周波数で調べてみると広い範囲に分布することになる)
こういうことがあるから、英語の発音は時間が経つにつれてどんどん変化していく原因にもなっています

/r/にしても、[r]としても[ɹ]としても、"英語の範囲内"であればどっちでもいいんです(前もってことわっておけば→と前にも言った)
それを[r]だからtrillだとか、[ɹ]だからapproximantだとかというのは、スペイン語などの発音を一緒に語らなければくだらない話しです

[ɚ]にしても、アメリカの多くの母音のあとの/r/は独特な盛り舌による発音なので、しばしば母音を含めてr-colored vowelと言ったりします
これに対する表記はRhoticityがあるとして、[ɚ]を採用した方がわかりやすいというぐらいのもので、当然[əɹ]で表記してもなんら問題はないです
あとこれが有効なのは、たまにideaの発音を[aIdIɚ]と発音する人がいて(私もたまにそうです)、/r/がついた発音を表記する場合です(idea ofは[aIdIɚ əv]となることが多い)
ところで、盛り舌の/r/は正式なんですか? 巻き舌が正式じゃないんですか? どうやって表記するんです? (どうでもいいですよ こんなことは)

"正式"という言葉はなんなのかは専門書を見てみればわかります
たぶん答えは見つからないでしょう
そして、実際の発音において厳密に発音できている人はほとんどいないと認識するべきです
発音記号は、"実際の"発音を記号化して、他の人が見ても同じ認識を持てるようにしたものと考えるべき(と前にも言った)
発音記号があるからそういう発音をしなくてはいけない、というのは誤った認識です

記号で表現すれば、car/kɑr/は、[kɑɹ]と発音する人もいれば[kɑː]と発音する人もいるし、[kaɹ]とか[kæː]と発音する人もいるだろうということです

この回答への補足

あと、質問にも答えてください。自分の耳で聞いてその通りということで、定義も複雑ということなんでしょうが、[ɑːɹ]は最初からRではないですよね?[ɔːr]もです。

確かにsknuuuさんの言うとおり

>同様に[ɔːr]も[ɔːɹ]が正しい発音記号で、順番に発音で良いのですよね?

「正しい」のような言葉選びは変ですね・・・

補足日時:2013/04/06 07:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>やっぱり一回専門書見た方がいいですって
図書館に行けば何かしらあるでしょ
一度、色々見比べたほうがいいです

アマゾンで調べたんですけど、どこまでが参考書でどこまでが専門書かわからなかったんですが、英書は自分の英語力じゃきついので日本語翻訳された本がいいのですが、「英語音声学概説」などはどうでしょうか。どれがいいのやら。

>発音記号があるからそういう発音をしなくてはいけない、というのは誤った認識です

記号で表現すれば、car/kɑr/は、[kɑɹ]と発音する人もいれば[kɑː]と発音する人もいるし、[kaɹ]とか[kæː]と発音する人もいるだろうということです

そのようですね。

結局、どうでもいいんですね。専門書を教えて下さい。

お礼日時:2013/04/05 22:08

以前発音に関する質問に対して、出来うる限りの説明をしましたが、同じ質問を短期間で繰り返されているのを見るのは、あまり気分の良いものではありませんでした。

こちらも専門書で自分の記憶が間違っていないのかを確認して精一杯の回答をしています。こちらの説明に誤りがあったり、通じにくい表現であるなら異論があっても構いませんが、どうもそうではないようで、ただの感覚で正誤判断をなさっているようでした。そんなことがありましたので、発音の質問を見かけてもお答えすることなく、無視していました。

そもそも論なのですが発音練習を文字や記号に頼るのはナンセンスです。書店などに行けば学習用のCDやDVDなどは枚挙に暇がないほどあります。経費を抑えたいのであれば、インターネット動画やテレビなど、選ぶのに困るほど英語が溢れています。自分の耳にかけて聞き取り、結論をすべきであろうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおりかと。

お礼日時:2013/04/05 22:10

発音は、本来文字で表記するものではありません。

日本は、受験英語で、発音の問題を表記している数少ない国です。私もウン十年前に受験勉強したため、標記の発音のことは分かっているつもりですが、アメリカに10年駐在して、発音の記号表記に非常な違和感があります。発音は聞いて覚えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

聞いてですね。ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/05 22:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発音記号 あ について

発音記号の発音の仕方について 違いをご存知の方 教えていただけないでしょうか?

about の発音記号で最初の音は「a」の位置の記号(発音記号がかけないので)は「あ」と発音しますよね?

でも 「animal」の発音で、「ni」の位置の発音記号に about の aの発音が使われてるのに、ア「ニ」マルと発音しますよね?

どうして同じ発音記号なのに、発音が違うのでしょうか?

ご存知の方、教えていただけないでしょうか?
#発音記号がかけないので うまく説明できなくてすみません。

Aベストアンサー

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これはaに問題があるのではなく、iに問題がある、と書いたら怒りますか?

これは、日本での英語教育の中の発音と言うものをもっと大事にしなくてはならないのにほとんど無視している点が顕著に現れたものの例だと思います。

カタカナ、この一言で気がつく人が英語を使われている人にはぴんと来ることだと思います。

ローマ字を習い、いかにもローマ字が日本語ではないように扱われ、英語のクラスで使われている辞書ですらカタカナが発音記号の代わりに使われているわけですから。

このローマ字が曲者なのです。 あいうえおをaiueoとしてしまい、aiueoをあいうえおと発音すると教えるわけです。 ここまではまったく問題ないのです。

問題は、英語のはじめの授業で「ローマ字は忘れろ!!!」と教えないところにあるのです。

animalはアニマルとなってしまうのです。 もっと悪いことに和製英語というおかしな英語が日本に存在するのです。 外来語、としておけばまだよかったのでしょう。

その和製英語の中にコンビネーションと言うものがありますね。 combinationからきたものですね。 このbiも「ビ」ではないのです。 (もちろん、イギリス訛りではなくアメリカでの英語ではこのconが「コン」ではないですね。 つまりOがオではないわけです)

カタカナを使うな、と言いながら、ここではこれしか表現方法がないので仕方ないですのでお許しください、カンバネーションに近い発音となるのです。

よって、アメリカではほとんどの地域でaboutのAとanimalのIは同じ発音となります。 iは「ア」に近い発音を持つアルファベットだということをこの機会に覚えておいてくださいね。

これは南部の州ではIをほとんど「アイ」と発音しません。 「ア」ないし「アー」になります。 私がここに来るまえに日本で「うち」の前にコカコーラ本社から来た人が住んでいたのですが、その奥さんはさすが(本社はアトランタにあります)アトランタから来た人で「アイ」と発音すると直されたのを思い出しました。 日本での英語教育に「洗脳されていた」私の頭が混乱に混乱を続けたのかご理解できると思います。 <g>

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これはaに問題があるのではなく、iに問題がある、と書いたら怒りますか?

これは、日本での英語教育の中の発音と言うものをもっと大事にしなくてはならないのにほとんど無視している点が顕著に現れたものの例だと思います。

カタカナ、この一言で気がつく人が英語を使われている人にはぴんと来ることだと思います。

ローマ字を習い、いかにもローマ字が日本語ではないように扱われ、英語のクラスで使われている辞書ですらカタカナが...続きを読む

Q発音記号について

発音記号について
floutの発音記号はfla'ut
octopusの発音記号は?'kt?p?sですが、
発音記号のaと?の違いは何でしょうか。

barrenの発音記号はb?'r?n
motherの発音記号はm?'??rですが、
発音記号?と?の違いは何でしょうか。
(このフォームに表示すると同様に見えますが、
辞書を使うとbarrenの?は右に斜めになっていて、
motherの?はまっすぐになっています。)

細かい所ですが、おわかりでしたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確にお答えしたいのですが、残念ながらアルファベットと同じでない発音記号は母音も子音も文字化けして、全て[?]になっています。従って想像力をたくましくしてご質問の意味を読み取らねばなりませんが・・・

兎に角、日本で標準になっている、アメリカ英語の発音で説明します。

発音記号のaと?の違いは何でしょうか。>>>

この意味は flout [a] とoctopusの最初の (o)の発音記号[@]に近いものとの違いを聞かれていると判断します。

[@]の発音に関しては、hot/rock/shockなどの(o)の発音のことですね。
その発音の仕方は医者が患者の口内を検査する時に、大きく口を縦に開けて「アー」と言いなさいといわれて発声する「ア」の音です。

では、flout[faut]の二重母音の [au]の[a]と上記の[@]との違いは何かということですね。

アメリカ英語の場合、[au]と [@u]は同じ音になります。従って辞書でつかわれている[au]はすべて[@u]に訂正変更すべきだと思います。

How/now/cowなどの[au]は全て [@u]のような大きな@「アウ」で発音しましょう。

発音記号?と?の違いは何でしょうか。>>>

これちょっと判りにくいのですが、barrenの(e)とmotherの(e)に関する発音と推定します。
(barrenの(a)とmotherの(o)の発音の違いではないですね?)

これらの発音記号は「逆さ[e]」であらわし、Schwa即ちアイマイ母音の「ア」の発音のことですね。

このフォームに表示すると同様に見えますが、辞書を使うとbarrenの?は右に斜めになっていて、motherの?はまっすぐになっています>>>

アイマイ母音の「逆さ[e]」が右に斜めになっている(イタリック)意味は、通常その記号を弱く発音するか、場合によっては発音を省略できることを意味します。

従って、barrenを強いてカナで書くと「バラン」か「バルン」に近く発音されることを意味します。

ついでにアイマイ母音の「逆さ[e]」の発音を説明しておきます。

まず上下の前歯の間に小指の先が入るぐらいにすき間をあけて軽く「ア」を発音します。
その時、くちびるとか舌の筋肉に全く力が入っていないので、アイマイな「ア」にきこえます。

上記のような発音を正確に図解説明している本として「英語発音コツのコツ」(ググって見てください)をおすすめします。

日本人には発音記号を通してしか正確な発音の基礎が作れませんから、ぜひ頑張ってください。

正確にお答えしたいのですが、残念ながらアルファベットと同じでない発音記号は母音も子音も文字化けして、全て[?]になっています。従って想像力をたくましくしてご質問の意味を読み取らねばなりませんが・・・

兎に角、日本で標準になっている、アメリカ英語の発音で説明します。

発音記号のaと?の違いは何でしょうか。>>>

この意味は flout [a] とoctopusの最初の (o)の発音記号[@]に近いものとの違いを聞かれていると判断します。

[@]の発音に関しては、hot/rock/shockなどの(o)の発音のことですね。...続きを読む

Qイギリス英語とアメリカ英語の発音記号…

発音記号について復習しています。
イギリス英語の発音記号とアメリカ英語の発音記号について比べているような、良いサイトの記載などご存知ですか?
例えばどれとどれが記号は違うが同じ発音とか…。

また、イギリス英語発音記号、アメリカ英語発音記号についてお勧めサイトなどあれば教えてください。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「発音記号の発音の仕方」が変わるのでなくて、同じアルファベット綴りの単語で、発音記号が変わります。

まあ、併用しているのも多いみたいですね。。
紙の辞書を見ると2種類発音の仕方が書いてあったりしますが、区別していない場合もあるのかな。

以前の話題から少し、ご参考まで。

質問:アメリカ英語とイギリス英語のRとLの発音
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2034075

質問:イギリス訛を学びたい!
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1814595


上のトピックに載せたものと同じです。

http://help.yahoo.co.jp/help/jp/dic/ej02/ej2.html

http://tool.zaq.ne.jp/dic/hanrei_eiwa.html

http://manabu.s15.xrea.com/english/i01.html#02

引用ばかりでごめんなさい。

Q発音記号について

発音記号が書籍によって多少違っていますが、
なぜですか。
三重母音とがあるものもあります。
こっちの本にはあったり、なかったりもしています。
アメリカ式とかイギリス式とかもあります。

日本の中学高校では何を採用されているのですか。
一般に学校で習う英語はアメリカ式ですかイギリス式ですか。英会話教室や塾に通わない中学生ではどんな発音記号を知っておくべきですか。
中学1年の教科書の本文には発音記号は全く書いてありません。巻末のword listにいきなり「発音記号」が単語の意味と並んで書いてありますが、この「発音記号」については何の説明も書いてはありません。
またatのように発音記号が2種類書いてあります。
どちらでも良いという意味ですか。
中学2年の教科書には進出単語の下に「発音記号」が出ていますが、やはり何の説明も書いてありません。
教科書ガイドも買いましたが、「発音記号」の説明はありませんでした。
「発音記号」はどうやって勉強されているのですか。
「発音記号」はどれを覚えればよいのですか。

Aベストアンサー

●書籍によって発音記号が違う

発音記号は、いろいろな書き方があるので(iをIと書いたり)たいへんなのですが、『ジーニアス英和辞典』の書き方がいちばん分かりやすく、一般的です。世界標準のやつは、日本ではあまり使われていないです。

●アメリカ式・イギリス式

アメリカとイギリスでは、英語の発音がぜんぜん違うので、アメリカ用とイギリス用で分かれています。しかも、記号が同じでもアメリカとイギリスは読み方が違います。ときどきrがカッコでくくってあるときがありますが、イギリス式に読むときはrを省略しなさい、という意味です。イギリスでは、rを巻き舌にしないのです。

●日本の教育

アメリカ式です。文法も発音もアメリカ式です。
goは「ゴウ」と習いますがこれはアメリカの発音で、イギリスは「ガウ」になります。I have a pen.と習いますがイギリスではI have got a pen.となります。Do you have a pen?と習いますがイギリスではHave you a pen?と言う場合もあります。
ただし、表現などはイギリスのものも多いです。How do you do?などは、アメリカ人はあまり使いません。

●atの発音

発音は、ひとつとは限らないので、たくさん種類がありますが、たとえばジーニアス英和辞典の場合(ふつうの辞書もそうですが)、一番最初に書いてある発音がいちばん普通の発音、というふうになっています。どれを使ってもかまいません。
atやthe、canなども、何種類か発音記号が書いてありますが、これはどちらでもいいというよりも、前後の単語によって発音が変わるからひとつに決定できないというだけです。
たとえばatの発音記号には(強)(弱)という印がついていますが、文章を早く読んだりした場合、atはほとんど読まれなくなるので(弱)、atを強調して発音する時は(強)のほうで読みなさいよ、という意味です。
ふつう、何も印がついていなければ、本に出てくる発音記号はアメリカ式です。(英)と書いてあればそちらがイギリス式の発音。縦線で区切られて2つの発音記号が書いてある場合は、右側がイギリス式です。

●発音記号の勉強

うーーん、僕は、辞書の付録に書いてある説明を読んで勉強しました。表になっているのでまとめて覚えられます。

●覚えた方がいい発音記号

「英語をやるときは、どのアルファベットを覚えるべきですか?」と聞かれて、xはあんまり使わないので覚えなくていいです、ということにはならないので、やっぱり全部覚えるほうがいいと思います。そんなに種類が多くないので、覚えられますよ。アルファベットが覚えられたなら。

●書籍によって発音記号が違う

発音記号は、いろいろな書き方があるので(iをIと書いたり)たいへんなのですが、『ジーニアス英和辞典』の書き方がいちばん分かりやすく、一般的です。世界標準のやつは、日本ではあまり使われていないです。

●アメリカ式・イギリス式

アメリカとイギリスでは、英語の発音がぜんぜん違うので、アメリカ用とイギリス用で分かれています。しかも、記号が同じでもアメリカとイギリスは読み方が違います。ときどきrがカッコでくくってあるときがありますが、イギリス式に読むと...続きを読む

Q発音記号と放送の発音がちがいます

NHKの基礎英語1をやっています。
先日、高校用英文法チャート式も始めました。
辞書はニューホライズン ビーコン コズミカ を使ってます。

発音で悩んでいます。
例えば different は発音記号では(すみません発音記号の入力できないのでカタカナでかきます。)ディファラントとなっているのに
NHK基礎英語ではどう聞いてもディファレントと発音しています。

ホライズンでもカタカナでディファレントと書いてあります。

ディファレントのほうがローマ字読み発音でスペルを覚えるのに便利なのでローマ字読みしています。

でも放送などで確かめられない単語だと、もう高校用辞書では発音記号しか使っていません。

発音記号に従うよりもローマ字読みのほうが便利なのですが、
それでは入試の発音問題で困りそうです。

例えば activity は発音記号では アクティヴァティ となっていますが、アクティヴィティ とローマ字読みに読んだほうがスペルの間違いもなくて便利なのですが、
consider も 発音記号では カンスィダー ですが 放送ではコンスィダーにしか聞こえません。
variety はさきに 発音記号で バライアティ と覚えたために
書くとき時々とまどいます。
development も発音記号は デぃベラプマント なので自分でディヴェラップメント
と覚えています
何でもローマ字よみだと間違いな場合もあるし・・・

発音記号をどうやって身に付けたらよいですか?

お願い致します。

NHKの基礎英語1をやっています。
先日、高校用英文法チャート式も始めました。
辞書はニューホライズン ビーコン コズミカ を使ってます。

発音で悩んでいます。
例えば different は発音記号では(すみません発音記号の入力できないのでカタカナでかきます。)ディファラントとなっているのに
NHK基礎英語ではどう聞いてもディファレントと発音しています。

ホライズンでもカタカナでディファレントと書いてあります。

ディファレントのほうがローマ字読み発音でスペルを覚えるのに便利なので...続きを読む

Aベストアンサー

こんちは。

私もかって同じ疑問を、持ったことがありますのでお役に立てばと思います。
まず発音記号のアイマイ母音のschwa「ア」の定義に関して説明します。
研究社の新英和大辞典(1963版)の岩崎民平氏によりますと、

“いかなる母音も、アクセントがなくて弱く発音されると、schwaの「ア」に近づくか、またはschwaの「ア」となる。”
質問者さんの場合は、schwaの「ア」となると言うことだけに注意されて、‘schwaの「ア」に近づく’いうことに気づかれていないと推察します。
このことは、schwaの「ア」は単語のスペルのアルファベットの母音でアクセントの来ない a, i, u, e, o が完全に「ア」とならずに、ローマ字式のアイウエオの読み方に多少近づくこともあることを意味してます。

従ってschwaの「ア」の発音は必ずしも無理に「ア」だけではないと言うことに、注意する必要があります。このことをふんまええて、あなたの質問にお答えすると次のようになります。

*例えば different は発音記号ではディファラントとなっているのにNHK基礎英語ではどう聞いてもディファレントと発音しています。<<

そのとおりなのです。しかしカタカナではディファレントと聞こえても実際の発音は少し「ラント」よりなので、私たち日本人には「レント」に近く聞こえるということです。

*例えば activity は発音記号では アクティヴァティ となっていますが、アクティヴィティ とローマ字読みに読んだほうがスペルの間違いもなくて便利なのですが<<<

私の研究社,三省堂の辞書では発音記号ではアクティヴィティになっています。
発音記号は辞書により多少ことなるので、出来ればDaniel Jones式の発音を使用している研究社,三省堂の辞書をお勧めします。

*consider も 発音記号では カンスィダー ですが 放送ではコンスィダーにしか聞こえません。<<

これも完全にカンスィダーとならずにコンスィダーに近づくということです。

*variety はさきに 発音記号で バライアティ と覚えたために
書くとき時々とまどいます。<<

これはあなたの発音のバライアティ が正しい訳ですから、時々とまどってもこの発音をキープされるほうが、将来社会へ出てから役にたちます。

*development も発音記号は ディベラプマント なので自分でディヴェラップメント
と覚えています<<

この場合もディヴェラップメントに発音が近くて正しいわけです。いずれネイティブのように早くしゃべるようになると”~ment” の “e”も発音されずに脱落しますから・・・

*発音記号をどうやって身に付けたらよいですか?<<

現在あなたが発音記号で問題になっているのは、アイマイ母音のschwa「ア」だけですから、他の発音記号は辞書どおりで殆ど問題ないとおもいます。
私はアメリカ英語専門ですが、少々面倒くさくても単語のスペルと発音記号をしっかり、身につけるとネイティブなみの発音に大変近づきやすくなります。従って入試の問題もありますが今のまま頑張ってください。将来っず役にたちますから・・・

以上ご参考まで! Good Luck!

追記: 下記のウエブサイトの音声付の辞書がフリーで使えます。非常に正確です。
www.m-w.com (Merium-Webster)

こんちは。

私もかって同じ疑問を、持ったことがありますのでお役に立てばと思います。
まず発音記号のアイマイ母音のschwa「ア」の定義に関して説明します。
研究社の新英和大辞典(1963版)の岩崎民平氏によりますと、

“いかなる母音も、アクセントがなくて弱く発音されると、schwaの「ア」に近づくか、またはschwaの「ア」となる。”
質問者さんの場合は、schwaの「ア」となると言うことだけに注意されて、‘schwaの「ア」に近づく’いうことに気づかれていないと推察します。
このことは、schwaの...続きを読む


人気Q&Aランキング