プロが教えるわが家の防犯対策術!

タルトタタンを作ってあげると約束をしたのが12月。
その時は紅玉がどこのお店にもありましたが、
4月に入って、時期的に紅玉が手に入らなくなっています。

タルトタタンを作るのに紅玉、ジョナゴールド以外でも
代用になるりんごはあるのでしょうか?

この時期に手に入る果物でタルトタタンで使える
リンゴといったらなにがありますか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

4月にリンゴのお菓子を作るのは避けたいものです。


一年でもっとも品薄な時期ですから。
さらに日本で手に入るリンゴなら紅玉に勝るものはなく、それ以外のリンゴはお菓子に向きません。

そこをあえてどうしても、と言うならレモン汁を使う等して酸味を足すと良いでしょう。
今時期出回ってるリンゴはふじやサンふじ、王林、くらいでは。
それも貯蔵してあったものが出荷されてるのでお菓子には向かないんですが。
青森産よりも長野産のほうが果肉が固くしっかりして良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レモン汁で酸味を+!
アイディアいただきます。

本当にこの時期にリンゴのおかしは避けるべきだったと解りました。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/07 16:20

去年産の料理用リンゴは無理かもしれませんが、紅玉に代わるものとして岩手県開発のさんたろう(漢字かもしれません)が良いですよ。


栽培者視点ですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さんたろう、探してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/07 16:20

タルトタタン


http://www.tsujicho.com/oishii/recipe/letter/tot …
 これはゴールデン
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
 これは紅玉(煮崩れしやすいらしい)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紅玉の変わりになりそうなリンゴは?

こんばんは。毎日忙しくって、アップルパイを作ろうと紅玉が出るのを待っていたのに、きづいたらもうこんな時期^^;
煮崩れしにくいリンゴで12月まで販売されているような代わりとなるものってどんな種類のリンゴでしょうか。
紅玉以外を使ってアップルパイを作ったことのある方など、いらっしゃいましたらその時使ったリンゴの種類と
作る際のコツなどお教え頂けましたら幸いです。

Aベストアンサー

茜・・もおいしいです。お店でも売っていますよ。アップルパイになって。
http://www.roggenmehl.co.jp/season.htm
(他のお店でも売ってますよ)
手に入らなかったら、ふじ、ジョナゴールドなどもよろしいと思います。
比較的向くと思います。
http://www.packet.ne.jp/fruit/syurui/rinngo/

http://www.hachinohe-seika.co.jp/ringo-xx.htm
掛け合わせの種類などが書かれていますから、参考になさってください

Qカラメルソースの失敗原因:砂糖の質と関係あり?

こんにちは。
カラメルソースについての疑問です。
以前、プリンを初めて作ったとき、クックパッドのレシピでカラメルソースも作ったら、何の問題もなくきれいなカラメルができたのですが、2回目以降、また同じレシピで作ったのに、カラメルソースができなくなってしまいました。
煮詰めていくと、焦げて色がつかずに、水分が蒸発して、最後にはカスカスの砂糖の結晶に戻ってしまうのです。グラニュー糖の質が悪かったかしら、と別ブランドに変えてまた作ってみましたが、やっぱりできませんでした。レンジで作るレシピも試しましたが、やっぱりダメです。何が悪いのか、ご存知の方、教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。
砂糖のみでカラメルを作られているのでしたら、
煮詰める段階で木じゃくし等でまぜると結晶化します。
まぜないで鍋を傾けるように回転させながら煮詰めていくと結晶化せずカラメルができます。

Qものすごく固いラフランス

不思議な事に、今年9月に買った4個のラフランスの内、2個が未だに果物カゴを彩っています。
先月初旬と下旬に1個づつ食べてみた所、いずれもまるで花梨やパイナップルの芯の様な食感でとても食べられないものでした。
そのまま置いておけば熟すのかと思って部屋に放置しているのですが、一向に熟さず腐りもしません。これはもうオブジェとして飾るしかないでしょうか。
さらにその後、懲りずに買い足したラフランスも数日間部屋に置いたにもかかわらず下半分がガリガリで食べられませんでした。
これは運が悪かったのでしょうか、それとも追熟の方法が間違っているのでしょうか。

Aベストアンサー

未追熟のラフランスなら通常は、「予冷」といって冷蔵庫に7~10日ほど入れて冷やします。
その後冷蔵庫から出し常温でさらに一週間ほど置くと軟らかくなります。
これが「ラフランス」「ル・レクチェ」の追熟法です。
結構手間が掛かるんですよ。

常温で放っておいても軟らかくなるものではありません。


人気Q&Aランキング