出産前後の痔にはご注意!

5年前、母から1000万円の贈与を受けました。(母は今も健在です)
税務署に相談した際、「相続時精算課税方式」を教えられましたが、具体的なアドバイスを頂かなかったため、そのまま相続まで放っておいていいものと解釈しておりました。
最近になり、翌年3月までに申告をしないと適用されないと知り、途方にくれております。

母はまだ健在ですので、一旦母のの口座に返金し、改めて今年受けとた事にして、来春に申告する事も考えています。こんな場当たりな対応では駄目だと思いますが…。

どなたかお詳しい方のお知恵を拝借できればと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>5年前、母から1000万円の贈与…



5年前というと微妙な時期ですが、もう少し待てば 6年。
それまでに税務署から何も言ってこなかったら無罪放免です。

3年ほど前の話ですが、とある国の総理が毎年うん億円の子ども手当をもらい続けながら贈与税の申告と納税をしていなかったことが明るみに出ました。
国会で追及されてから慌てて 7年前までさかのぼって納税したようですが、国税庁は 5年を過ぎた分は時効が成立しているとして、いったん納税されたものを返してしまいました。

よほど悪質な事例でない限り税金の時効は 5年であると、国民に大きく知らしめてくれたことを唯一の実績として、早々に引退していった某元総理の話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、アドバイスありがとうございます。

もとより、脱税の意図など全くなかったのですが、結局、なんだか後ろめたい気持ちです。
ポッポ様のようなお金持ちではありませんので、何とか無駄な税金は払いたくありません。
不純なようで気が重いですが、時間の経過に神の決裁を委ねることに致します。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/07 15:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続時精算課税の申告漏れ

10年前に相続時精算課税の申告をするべきところうっかり忘れたとします。
相続時精算課税の申告を忘れた場合は贈与税が適用され、さらに延滞税が加算されますが、
5年以上たっているので全て時効となるのでしょうか?

Aベストアンサー

相続時精算課税制度は平成15年にできた制度なので、10年前の平成14年には非該当です。
租税課税権の消滅時効が最長7年なので、既に時効所滅してます。

Q「相続時精算課税制度」を適用した贈与税の申告について。

昨年の3月に住宅を新築しました。
費用のうち、私の父から500万円、妻の父から500万円の贈与を受けました。二人とも65歳未満です。

私と妻の持ち分は50:50で、住宅の広さも50平米以上あります。
それ以外にも「相続時精算課税制度」の適用要件をクリアしているので
特に問題はないと思うのですが、妻が申告しなくてもいいんじゃないか?と言い出しています。

もしも申告しないでいた場合、税務署からなにかおとがめはあるのでしょうか?

また、おとがめがあったとして、忘れていたと言う事で期限後の申告でも「相続時精算課税制度」の特例は適用されるのでしょうか?

いろいろと探してはみたのですが、申告しない場合の事が書かれていなかったので、こうして質問させていただきました。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>実は1点訂正事項がありました。
>妻の両親からの贈与は500万ではなく、「800万」でした。(テンキーで入力ミスしちゃいました。)

そ、それは大きな違いでしたね(^^;

もし相続時精算課税を受けるのであれば、期限内に届出書(他に添付書類も必要です)を提出しないと、通常の暦年課税となりますし、申告書も期限内でなければ、原則として特別控除額が控除できません。
ですから、期限内申告が必須です、期限後の場合は適用されません。
もし提出しなかった場合は、暦年課税となりますので、期限後申告で5分5条方式の方の特例の申告書を提出したとしても、贈与税額は25万円納付しなければなりません。

但し、最初にも書きましたが、相続時精算課税は1度選択した場合は、撤回は不可能ですので、予想される相続財産が、その贈与財産を含めても遺産に係る基礎控除額(5000万円+1000万円×法定相続人の数)以下であれば、問題はないと思いますが、それを超える場合は、慎重に検討した上で選択されるべきだと思います。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/4504.htm,http://www.taxanser.nta.go.jp/4103.htm

>実は1点訂正事項がありました。
>妻の両親からの贈与は500万ではなく、「800万」でした。(テンキーで入力ミスしちゃいました。)

そ、それは大きな違いでしたね(^^;

もし相続時精算課税を受けるのであれば、期限内に届出書(他に添付書類も必要です)を提出しないと、通常の暦年課税となりますし、申告書も期限内でなければ、原則として特別控除額が控除できません。
ですから、期限内申告が必須です、期限後の場合は適用されません。
もし提出しなかった場合は、暦年課税となりますので...続きを読む

Q安易に預金の名義変更、元に戻す場合に贈与税は掛かる

83歳の伯母が、4月初めに腰の神経を痛め歩行が困難になり入院しました。
自分は寝たきりになるのでは無いか、このまま家に帰れないのではと、あれこれ気に病んでいました。
その様なことから、入院等で世話をしていた別の甥に頼んで、自分の定期預金、定額貯金などをその甥やその家族の名義にに変えてしましました。
ところが、二ヶ月ほどの入院で元気になり退院しましたが、名義を替えた預金等は、やはり自分の財産であることや、私の方に老後を見てもらいたく、その資金として使わねばならなく、名義変更した預金類を元の伯母名義に戻すことを求めました。
しかしその甥は、税務署に知られれば自分に贈与税がかかること、またそれを戻したことにより、戻された伯母にも贈与税が掛かり、元のお金の半分以下になってしまい伯母自身が不利益を被ることになる。
それよりは自分が伯母のお金としてしっかり管理し、必要な場合は渡す。との理由で戻す事を拒んでおります。
伯母は軽率にも名義を替えたことや、贈与税が掛かるといった知識も無く安易に渡したことを悔いて居ますが、この様に元の伯母の名義に戻す場合でも、本当に二重に贈与税が掛かるものなのでしょうか。

83歳の伯母が、4月初めに腰の神経を痛め歩行が困難になり入院しました。
自分は寝たきりになるのでは無いか、このまま家に帰れないのではと、あれこれ気に病んでいました。
その様なことから、入院等で世話をしていた別の甥に頼んで、自分の定期預金、定額貯金などをその甥やその家族の名義にに変えてしましました。
ところが、二ヶ月ほどの入院で元気になり退院しましたが、名義を替えた預金等は、やはり自分の財産であることや、私の方に老後を見てもらいたく、その資金として使わねばならなく、名義変更した預...続きを読む

Aベストアンサー

>甥は、税務署に知られれば自分に贈与税がかかること、またそれを戻したことにより、戻された伯母にも贈与税が…

贈与税というのは、1/1~12/31 の 1年間にもらったすべての金品を合計して判断するものであり、年の途中の個々について課税うんぬんというのは早計です。

>その資金として使わねばならなく、名義変更した預金類を元の伯母名義に戻すことを求めました…

国民のすべてが税法を熟知しているわけでは決してありませんし、税務署員も鬼ではありません。
錯誤・齟齬があったとして、その年のうちに戻すなら贈与税の問題は起きないでしょう。

>それよりは自分が伯母のお金としてしっかり管理し、必要な場合は渡す。との理由で戻す事を拒んで…

甥がそのお金をほしいのでは?

Q税務署からの「相続についてのお尋ね」について

相続が発生すると、6~8か月くらいで、「相続についてのお尋ね」が来ることがあると聞いておりますが、このお尋ねが2~3年してから来ることってあるのでしょうか?また、どのような基準で税務署は発送先を選んでいるのでしょうか?ちなみに、我が家の場合は未だ相続は発生しておりませんが、遺産総額は基礎控除額を数百万円下回りそうですので、相続税は発生しないと思いますが、この「お尋ね書」は来るのでしょうか?

Aベストアンサー

>相続が発生すると、6~8か月くらいで、「相続についてのお尋ね」が来ることがあると聞いておりますが
そうですね。

>このお尋ねが2~3年してから来ることってあるのでしょうか?
いいえ。
通常、申告期限の前です。
ただ、相続税の申告をした場合で、税務署が相続税の申告内容に疑義を持った場合はありえますね。

>どのような基準で税務署は発送先を選んでいるのでしょうか?
被相続人の土地、建物などを調査し、相続税が発生しそうなケースを選んでいると思われます。
なお、税務署が死亡の事実を、準確定申告ではなく、役所からの報告(相続税法第58条)により把握します。

参考
(市町村長等の通知)
第58条 市町村長その他戸籍に関する事務をつかさどる者は、死亡又は失踪に関する届書を受理したときは、当該届書に記載された事項を、当該届書を受理した日の属する日の翌月末日までにその事務所の所在地の所轄税務署長に通知しなければならない。

>遺産総額は基礎控除額を数百万円下回りそうですので、相続税は発生しないと思いますが、この「お尋ね書」は来るのでしょうか?
いいえ。
前に書いたとおりです。
まず、ないでしょう。

>相続が発生すると、6~8か月くらいで、「相続についてのお尋ね」が来ることがあると聞いておりますが
そうですね。

>このお尋ねが2~3年してから来ることってあるのでしょうか?
いいえ。
通常、申告期限の前です。
ただ、相続税の申告をした場合で、税務署が相続税の申告内容に疑義を持った場合はありえますね。

>どのような基準で税務署は発送先を選んでいるのでしょうか?
被相続人の土地、建物などを調査し、相続税が発生しそうなケースを選んでいると思われます。
なお、税務署が死亡の事実を、準...続きを読む

Q贈与はなぜわかるのですか?

知識が乏しく単純な質問で恐縮ですが、

親から子への贈与は一体いつだれが調査するのでしょうか?
銀行が税務署に逐一報告しているとは思えませんし・・。
例えば親の口座からお金を引き出し、子供の口座に入金するような場合です。あるいは手渡しなども考えられます。

よく子供用にお金を貯めておき、必要な時(子供の住宅購入資金や結婚資金など)で親から子へお金を渡す事は当然ある事ですが、こういう時はどうなるのでしょう?
口座を経由せず手渡しならわからないのしょうか?
あるいは最初から子供名義の口座にして貯めておけばいいのでしょうか?
課税調査のシステムがよくわかりません。

あわせて夫から妻に対するお金の出し入れも贈与になるのでしょうか?
すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修正申告書を出して、追徴本税を払い、過少申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担します。

不動産を持った場合に判明するのが一般的でしょう。
不動産の所有権変更などがあった場合は、法務局から税務署にデータが報告されます。
税務署では「売った人間」「買った人間」両者にお尋ねという質問文を発送し、回答を得ます。

不動産をいくらで買ったのか、その資金はどこから得たのかという質問に答えます。
答えたくなければ答えなければ良い話ですが、調査官が「おこんにちは」と家に来られるより良いので、多くの方が答えます。
それで「不動産購入資金としてもらった」のが分かるというわけです。

家を新しく建てたという場合には、ローン控除が受けられますので、これを受けるために「いつ、どんな家を購入して、その資金はどうしたか。」などを不動産登記簿や住民票など必要書類を添付した申告書を提出します。
この資料に「誰からいくら現金を貰った」と記載するので、分かります。
書かなければバレナいだろうとは、思うのですが、銀行からのローン残高とか手持ちの資金からいくら出したのかなどを記入していくうちに「ごまかして書いてもバレそうだ。正直に記載しよう」となるのです。

これ以外にも「ばれる」のは、近所の人がする「タレこみ」です。
また、贈与行為を隠していて税務署につかまって追徴されたという人が、積極的に「おれはバレタ。残念だ」と新聞に発表するわけではないので、「ばれないんんじゃないの。聞いたことないし」というレベルになってると考えられます。
恥ずかしいので口にしない人のほうが多いでしょう。
実際には、贈与税の無申告で追徴されたという方は結構いるようです。
公になってないので「現金だとばれない」という都市伝説ができてるのでは?が私の意見です。


夫から妻に対して現金を渡す行為は「相互扶助義務」の範囲でしたら贈与税はかかりません。
つまり生活費として渡してるなら、その金額が「それは、いくらなんでも多いだろ」という額でない限り贈与税は非課税です。
また所得税も非課税です。

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修...続きを読む


人気Q&Aランキング