グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

労働基準法とか下請法とかありますが、
(1)請負業務
(2)業務委託
(3)内職

とあった場合、
それぞれの違いと
法律は何に準ずるか教えてください。

現在受注先から加工の仕事をもらっている工場なのですが
計算したのですが、最低賃金でもパートを雇っていると赤字になってしまうので
困ってしまい、最低賃金割れするわけにはいかず、

内職さん?
外注さん?
下請けさん?

と呼び方があるようですが、
こちらの方もそれぞれの違いと
法律は何に準ずるか教えてください。


募集する際に法律に抵触すると困るので
ご教授頂ければと思います。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)請負業務


「現在受注先から加工の仕事をもらっている工場」とのことですが
「現在発注元から加工の仕事をもらっている」が正しい表現です。
あなたの請け負っている仕事が「請負業務」そのものです。
そっくり他の工場に丸投げすることも不可能ではありませんが,あなたに出来ないことを引き受けてくれる工場が見つかるかどうか? 引き受けてくれたとしても,その工場は「二次下請け」となり,あなたは発注元との契約について,契約事項の全ての責任を負っています。
二次下請けが倒産するなどして納品期限に遅れを生じた時や,不良品が発生したときなども,全責任を果たさなければ,発注元から損害賠償請求される恐れがあります。
(2)業務委託
必要な業務の全部または一部を,社外の業者に委託する(請負わせること)・外注と同じ事です。
(3)内職
労働の一部を社外の個人に委託すること。受託者は家庭内労働となり,時間管理などは曖昧になりがちです。出来高賃金とする場合と,まとまった量の作業について委託することも可能です。家内労働は,多くの場合時間当たり賃金が最低賃金を下回る結果となる為,主婦など特殊な条件にある人でも,パート労働の方を選ぶことになります。労働基準法の適用は,労働時間管理などが自己責任となる為,曖昧になりがちです。

法律については民法の「契約」及び「請負」に関する諸条項,商法の「他人の為にする製造または加工に関する行為」についての諸法律の対象になります。
最近,スーパーやコンビニの店長も,その業務内容によっては「経営者」でなく「労働者」と見なされる判決も出ていますから,外注の条件は可成り厳しくなってきています。
    • good
    • 2

請負と委託は基本的には同じ事です。


内職も時間管理などしないでしょうから、基本的には上記と同じです。
外注も内職と同じです。内職を外注する訳ですね。
請負等を発注する事も外注となります。社内ではなく、社外へ注文を出すという意味で全て含みます。
ただ、あくまで実態で判断されますので、名目に関係なく、雇用の実態があれば請負にはならず、最低賃金法他、労働関係法の適用を受けます。
請負等の場合は民法が基本になります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内職のとてつもない低報酬

内職に関してはどのカテゴリーで質問すればいいのか、取りあえずここで質問します。

内職は企業との雇用関係ではなく請負とか委託の関係なんですか?雇用関係だと最低賃金法が適用されるとのことで、時給換算すると200~300円の安さは明かに最賃法違反です。しかし請負だとこの法律は適用されません。しかし常識からかけ離れたこれほど安い金額はどうしようもないものなのか?つまり救われる道、是正の方途はないものでしょうか?主婦が子育て中で外で働けないなどの弱味を握った上での安さなんでしょうが、企業倫理としてこういうことを許していいのでしょうか?内職の常識外の低賃金を救う道はないのでしょうか?

Aベストアンサー

 0123gokuboさん、こんばんは。No.2の者です。現在、会社員として家計を支えています。

 あなたの「回答に対するお礼」を拝読しました。その中には厳しいご指摘もありましたが、0123gokuboさんの率直なお気持ちをお聞きすることができ、うれしく思いました。

 この問題は冷静に考慮すべき問題であると思います。確かに、内職作業が途方もないほど低賃金であるということには万人が同意されると思います。国の方でもパートやアルバイトの待遇を改善する動きはありますが、内職作業者については待遇改善の動きは全くないように思います。確かに「常識外れ」と言えるかも知れませんが、今のところ時給2~300円が「世間の常識」であると言わざるを得ません。

 一般的な意見としてお読みください。私の知人に内職者を抱える町工場の経営者が数名がいます。先日こうした複数の経営者の生のお話を聞く機会がありました。それによりますと、普通内職作業を発注する会社はほとんどが従業員10名前後あるいはそれ以下の零細企業です。こうした零細企業は大企業からの仕事を請け負っている、いわば「孫受け」会社です。今はとにかく不景気のためにとにかく「仕事がない」と嘆いていました。パートで働く主婦に対しても、「週休3日制」や「自宅待機」をお願いしているそうです。経営者自らの給料もカットし、なおかつ従業員の給料も満足に払うことができないので非常に心苦しいと述べていました。ですから、低賃金の内職者を雇うことにより、会社が利益を搾取しているわけではありません。

 また、こうした零細企業は親会社から強烈なコストダウンの圧力を常に受けています。親会社からのコストダウンの条件を満たせない場合は仕事が無くなるので、とにかく今は「タダ同然」の仕事であっても黙々とこなすしかないようです。結論として、中小零細企業の唯一の生き残る道は親会社に頭を下げ続けて「全く儲からない仕事をとにかく続けていく」しかないということでした。・・・残念ながらこれが日本の多くの中小企業の現状です。「薄利多売」が現状であり、現実は現実として受け止めていくしかありません。

 現実問題として、私たちが普段購入する衣服・食品・雑貨などの多くは海外で作られたものです。例えば、100円ショップの商品のほとんどは日本では考えられない低賃金で働く中国や東南アジアの若い労働者によって作られています。従って今後日本が海外と競争して勝ち残っていくためには、極限まで低コストを追求するか、付加価値の高いモノを作り続けるしかありません。0123gokuboさんは「企業の倫理」や「企業の天下」という言葉をお使いになりましたが、実際どの日本の中小企業も世界との低価格競争の中で勝ち抜くために必死であり、決して「企業の天下」という訳ではないと思います。

 0123gokuboさんが内職に対して大いに矛盾をお感じになるお気持ちはよく分かります。ただ、理解していただきたいのは世の中には不景気にあえぐサラリーマン・主婦・中小企業の経営者もたくさんいるという現実を受け止めてくださいますか。その上で、一人一人が家庭や子育てと共に仕事をどのように両立してゆけるかを考えてゆかなければなりません。ある主婦は幼子を傍らに見ながら極端な低賃金の内職の道を選ぶかも知れませんし、別の主婦は幼い子供を祖父母や育児施設に預けながらパートで働く道を選ぶかも知れません。それぞれの家庭の事情に合わせて自衛手段を講じていくしかありません。

 結論として、0123gokuboさんがお尋ねである「内職の低賃金を救う道」を国や会社に期待することは当分できないと思います。むしろご主人やご家族とよくご相談の上、自分たちの力で「救う道」を模索してゆくしかありません。多くの人は矛盾を感じながらも、試行錯誤しながら生活を自衛しているのですから・・・。

 おそらく私の答えによって0123gokuboさんが満足されることはないと思います・・・しかし、これ以外に言いようがありませんでした。読んでいただきありがとうございました。寒さ厳しい折、お体ご自愛くださいますように。
 

 0123gokuboさん、こんばんは。No.2の者です。現在、会社員として家計を支えています。

 あなたの「回答に対するお礼」を拝読しました。その中には厳しいご指摘もありましたが、0123gokuboさんの率直なお気持ちをお聞きすることができ、うれしく思いました。

 この問題は冷静に考慮すべき問題であると思います。確かに、内職作業が途方もないほど低賃金であるということには万人が同意されると思います。国の方でもパートやアルバイトの待遇を改善する動きはありますが、内職作業者については待遇改善の...続きを読む

Q内職って個人事業になるんですか?

教えて下さい!

1.「内職」で月2~5万程売上がある仕事を請け負うおばちゃんは、それも個人事業として(屋号とか会社の名前を考えて社印も作って)仕事をしている事実を報告しないと違法になるのでしょうか?
2.違法の場合どういう法のバツがありますか?
3.収入を得た時、確定申告?をしないとという話を聞いた事があるのですが、「確定申告」とは手にした収入の何%かの税金を国に納める…という考え方であってますか?

3.お小遣いかせぎで適当な会社っぽい名前や名刺作って届けとか関係なく仕事してる人ってたくさんいそうなんですけど、どういう時に痛い目にあってますか?例えば…法人相手の収入だったら査察はいったとき危険とか、法人相手じゃなかったらやっちゃいけないけどたぶん大丈夫とか。税金面で損してるとか。

Aベストアンサー

ど素人のわかる範囲ですが。

1、それは「開業届け」を税務署に出すということでしょうが、別にしなくてもかまいません。

3、確定申告とは、1年の収入と経費をはじき出して、しかるべき税金を算出し、もし多く払いすぎていたら返してもらい、たりなかったら追納することですが、ご質問の場合は多く払いすぎていることがかーなーり、多いパターンですから、確定申告しないと損!になります。

返してもらう手続き(還付申告)は過去5年までさかのぼってできますから、税務署がすいてきたら行くといいのではないでしょうか。

多くて月5万ということは、1年60万というわけで、基礎控除の38万と「家内労働者等の特例」65万の控除で消されて「所得は0」になると思います。

報酬が入ったときに源泉徴収されてますよね?10%。
あれが丸ごと返って来ると考えていいと思います。

>適当な会社っぽい名前や名刺作って届けとか関係なく仕事してる人ってたくさんいそうなんですけど
そういう場合は上記「おばちゃんの内職」とは(かせぐ額が)違ってきますから、ちゃんと開業届けだして収入と経費を考えて青色申告するのが一番妥当だしお得ということになるでしょうね。

ど素人のわかる範囲ですが。

1、それは「開業届け」を税務署に出すということでしょうが、別にしなくてもかまいません。

3、確定申告とは、1年の収入と経費をはじき出して、しかるべき税金を算出し、もし多く払いすぎていたら返してもらい、たりなかったら追納することですが、ご質問の場合は多く払いすぎていることがかーなーり、多いパターンですから、確定申告しないと損!になります。

返してもらう手続き(還付申告)は過去5年までさかのぼってできますから、税務署がすいてきたら行くといいの...続きを読む

Q内職さんへの支払い証明について

私は個人事業主ですが、以前に短期のパートさんを雇っていたこともありましたが、給与の支払い額を証明するものを発行したことがありません。(合計額がかなり低かったためか要求されたこともありませんでした。)

今回、今年一年内職として仕事をしてくれた人(主婦)から、ご主人の年末調整のために証明書を発行して欲しいと言われました。
合計額は37万円程度です。
この金額は申告する必要がないと思われますが、やはり何かを発行して差し上げるべきなのでしょうか?
その際、何という証明書を発行すべきなのでしょうか?
それらは文房具店で購入できるものなのか、もしくはどこかのサイトにテンプレートがあるのかどうかも教えてください。

私個人は毎年確定申告をしていてそれは慣れていますが、内職さんへのそういった義務については何もわからず大変恥ずかしいです。
どなたかよろしくお願いします。(急ぎです!)

Aベストアンサー

>今回のことでいうと、彼女は私からの仕事以外はいっさい受けていません…
>ご主人はサラリーマンです…

どちらも、支払側が考慮すべきことではまったくありません。

>こちらから「そんな義務はありません」と言うものなのか…

それで良いです。

というか、義務の言葉より、
「そんな制度は法律上ありません」
のほうが的を射ています。

あなたは、ふだん行く八百屋から年末になって、
「1年間の支払証明を書いてくれ」
と言われたことがあるのですか。
同じことですよ。

まあ、制度になくてもあなたが書いてあげようと思うなら書けば良いですが、先方の確定申告あるいは夫の年末調整に必要な書類では決してありませんし、そんな書類があったところで税務署はまったく意に介しません。

先方が申告するにあたりよりどころとするものは、あくまでも先方自身が作成した請求書や領収証の控えです。

Q内職の工賃請求書の消費税について

請求書には消費税を書く欄がありますが、工賃に消費税が発生するかしないか教えていただけないでしょうか。内職を始めたばかりで何も分かりません。よいアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

ご質問の主旨から判断して、あなたが法人(会社組織)ではなく、個人事業者として回答します。

個人事業者の場合はその年の前々年の課税売上高が3千万円以下である場合、その年の納税義務が免除されます。

また、新たに事業を始めた場合は、その時点で2年前の売上げはゼロですから、あなたは原則として、消費税の免税事業者になります。

というわけで、消費税の欄は空欄にしてください。消費税の請求はできません。もしあなたが内職で年間3千万円以上稼ぐようになったら、その2年後から消費税の納税義務が発生して、消費税を請求することができます。

詳しくはお近くの税務署にご相談されてはいかがですか?意外と親切ですよ。

Q業務委託と業務請負の違いとは?

業務委託と業務請負契約の違いが分かりませんので
教えて下さい。

Aベストアンサー

説明しづらいですが、概略以下の通りです。

○業務委託
 本来、自分で行う仕事の全部又は一部を、代わりにやってもらうこと。
 例えば、ビル内の清掃、車の運転、商品の販売とか。

○業務請負
 何か特定の物を完成させることを目的として、仕事をしてもらうこと。
 例えば、家の建築、設計図の作成とか。

変な例えかもしれませんが、フランスパンが欲しかったとします。
委託にすると、パン屋さんに行ったけどパンが無かったら、交通費以外のお金を返してそれでおしまいです。
でも請負だと、フランスパンが見つかるまで探しに行きます。探した結果、多額の交通費がかかっても余計にかかったお金はもらえません。

分かりづらいですか。
 

Q10年続けた内職は?

末っ子が幼稚園に入ったのを機にパートに出ようと思うのですが
2番目の子(現在小5)を出産する前に務めていた会社を辞めてから10年間外で働いた経験がありません。
でもその10年の間はずっと内職をしていました。
今回履歴書を書くにあたって主人に内職の履歴は書いた方がいいと思う?と聞いたところ、主人は内職は書かなくていいだろう?と言われました。
そうすると私は10年間仕事もせず家に居たと言う事になります。
面接の際、10年間専業主婦で家に居たのと、同じ専業主婦でも10年間内職を続けていたのでは印象(1つの仕事を長く続ける事が出来るかどうか等)が違うような気がするんです。
でも普通は内職の履歴は書かないものなのでしょうか?
書かないで直接面接の時に「そこには書いていませんが10年間内職をしていました」と言った方がいいのでしょうか?
長い間内職をしていたけど現在は外でお勤めをしている方等アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

最後の会社の退職を書いた行から一行あけて、段落を落として「専業主婦の間○○などの内職を続ける」と書いておけば良いと思います。
「履歴書」は、ある意味自己PRの書類でもありますから、事実に反しないことであれば、「書いてはいけないこと」はありません。
もし、「職務経歴書」をつける場合は、ここで内職先の社名や具体的な仕事の内容を羅列してもかまいません。

Q内職代の源泉徴収について

法人で経理を担当しています。

内職代についての質問です。
弊社では外注加工費となり、雇用関係はありません。

1.源泉徴収をしなければならない?

2.源泉徴収をする場合、税率は何%?
  金額によって税率が変わる?

3.内職者へ源泉徴収票または支払調書の交付は必要?
  
4.交付する場合、源泉徴収票?支払調書?
  支払調書の場合、『報酬・料金等』でよい?

5.内職者からの請求書は必要?

6.その他、注意すべき事がありますか?

相手が個人の場合の処理の仕方がわかりません。
宜しくご指導ください。

Aベストアンサー

>個人でも消費税をのせるのですか…

消費税に個人と法人の区別はありません。
その取引内容が課税要件を満たしていれば、相手が個人であっても消費税を付けて払わなければなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6105.htm

>それに消費税250円を足して5250円の支払いになるという…

それでもいいですけど、
「1個に付き消費税込みで 100円」
と考えてもいいですね。

要は、最初に金額を決めるとき、消費税含んだ値段か、別枠で払うのかをはっきりしておけばよいことです。
どっちにしても、支払うほうとしては「課税仕入」になります。

雇用契約を結んで「給与」として支払う場合は、「不課税仕入」です。

Q解雇後、業務委託契約中の失業手当について

知人が、会社都合で会社を辞めることになりました。
ですが、仕事は今までと変わらず、雇用形態を業務委託という形にされただけのようです。
会社からは離職票をもらっていて、ハローワークに手続きに行く予定なのですが、その場合は失業手当はどのような扱いになるのでしょうか?
本来であれば、会社都合での離職なので、7日間の待機期間ののちすぐに手当は支給されると思うのですが(支給自体は1か月後なのは知っています)、退職前と同じくらい働いていたら本来は雇用保険に加入しないといけないくらいで、給付対象にならないですよね?
業務委託契約中の分は、給付が先送りになるだけでしょうか?

働きながら給付を受けたいわけではなく、受給の権利がどうなるのかを心配しています。
(給付を受けているときにアルバイト等で収入があった場合は申告、その分の給付が先送りになる、ということは理解しています。)
離職前の給与で算定されて、会社都合ということで必要になったときにすぐに給付が受けられ、給付期間も会社都合の扱いになるのなら、それでよいのですが…

業務委託契約自体は暫定的なものらしく、とりあえず2~3か月(引き継ぎ等も含め)ということらしいです。
その契約が終わってからハローワークに行ったほうがよいのでしょうか?でも、もう離職票はもらっているし、業務委託では雇用保険はないので、それで働いた分は給付対象にはならないですし…。

知人はどうしたらいいのか、お分かりになる方がいらっしゃったら教えていただけますでしょうか?

健康保険や年金については、自分で加入しなければいけないということは理解しております。(忙しくてまだ行けてないそうですが、手続き予定だそうです。…退職したのに忙しい、ということ自体がおかしいのですが;)

私は失業手当をもらった経験があるのですが、こういうケースはどうなのかがよくわかりませんでした。
よろしくお願いいたします。

知人が、会社都合で会社を辞めることになりました。
ですが、仕事は今までと変わらず、雇用形態を業務委託という形にされただけのようです。
会社からは離職票をもらっていて、ハローワークに手続きに行く予定なのですが、その場合は失業手当はどのような扱いになるのでしょうか?
本来であれば、会社都合での離職なので、7日間の待機期間ののちすぐに手当は支給されると思うのですが(支給自体は1か月後なのは知っています)、退職前と同じくらい働いていたら本来は雇用保険に加入しないといけないくらいで、給付...続きを読む

Aベストアンサー

>雇用形態を業務委託という形にされただけのようです。
会社からは離職票をもらっていて、ハローワークに手続きに行く予定なのですが、その場合は失業手当はどのような扱いになるのでしょうか?
 ・業務委託は個人事業主としての契約になります
  離職後、個人事業主になった場合は、失業給付の受給資格はありません・・ハローワークで失業給付の申請は出来ない
  申請をした場合は、意図的な不正受給に当たります
 ・友人には、失業給付の申請をしないようにお伝え下さい

>業務委託契約自体は暫定的なものらしく、とりあえず2~3か月(引き継ぎ等も含め)ということらしいです
 ・契約終了後、ハローワークにて失業給付の手続きをして下さい・・この場合問題有りません
 ・会社都合で退職なら、7日間の待期期間終了後、給付期間に入り、手続き後1ヶ月後位に最初の失業給付金が支給されます

>その契約が終わってからハローワークに行ったほうがよいのでしょうか?
 ・これが正解です

Q1ccって、何mlですか?

料理をしようと思っているのですが、恥ずかしながら単位に疎いです。
ccとmlの違いがまず分からず、1ccをmlに換算すると‥‥と考えるだけでわけ分かりません。
以前、調理本でデシリットルという単位があり、デシリットルがどんな位なのか分からず困っています。

単位の換算表とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

結論から言うと、1cc=1mlです。

『cc』は、「キュービック・センチメートル」の略です。
センチメートルの3乗(cm^3)、いわゆる「立方センチメートル」です。
一辺が1cmのサイコロの体積です。

『リットル』は、立方センチメートルと立方メートルの間を取った単位で、『1リットル=1000立方センチメートル』と決められています。
重さで『トン』という単位があるでしょう。
1トン=1000kgですが、あれと同じようなものです。

『ml』の「ミリ」は、1000分の1を表す記号です。
つまり、1ミリ"リットル"は1"リットル"の1000分の1の体積ということになります。
『dl(デシリットル)』の「デシ」は、10分の1を表す記号です。
つまり、1デシ"リットル"は1"リットル"の10分の1の体積ということになります。
これを総合すると、
『1リットル=10デシリットル=1000ミリリットル』
ということになります。

料理本用語をピックアップすると、
『1cc=1ml』
『1dl=100ml』
『1リットル=1000ml』
ですね。

結論から言うと、1cc=1mlです。

『cc』は、「キュービック・センチメートル」の略です。
センチメートルの3乗(cm^3)、いわゆる「立方センチメートル」です。
一辺が1cmのサイコロの体積です。

『リットル』は、立方センチメートルと立方メートルの間を取った単位で、『1リットル=1000立方センチメートル』と決められています。
重さで『トン』という単位があるでしょう。
1トン=1000kgですが、あれと同じようなものです。

『ml』の「ミリ」は、1000分の1を表す記号です。
つ...続きを読む

Q請負で確定申告って?

現在、請負で働いています。
実際の仕事は時給制です。
毎月、交通費とともに振り込まれています。
請負で働くのが初めてなので、確定申告の仕方が全く分かりません。

また、私は親の扶養に入っています。
この点も関わってくるのでしょうか?
交通費などはどうなるのでしょうか?
以前普通に働いていた時は、源泉徴収票を提出し、所得税として引かれた金額が全額戻ってきていました。
今回も、毎月引かれた分は戻ってくるのでしょうか?
全く無知なので、色々教えて頂けると助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>青色申告、白色申告と聞きますが、私の場合はどちらになるの…

青色申告は事前に届けが必要です。
届けをしていないのなら白色でしか申告できません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

>その時は手元に請負の分の明細書と「源泉徴収票」があると思うのですが…

『確定申告書 B』には、給与所得と事業所得とをそれぞれ書く欄がありますよ。

>去年入ったばかりで確認しないと分からないのですが、毎月一定額引かれているようです…

『源泉所得税』が引かれているなら、税金を前払いした証拠書類として、「源泉徴収票」ではなく、『報酬料金等の支払調書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100038.htm
をもらってください。
支払調書は源泉徴収票と違って、受取人への交付が必ずしも義務づけられてはいません。
だまっていてもらえなかったら請求してください。


人気Q&Aランキング