人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

現在フリーターで高校3年生を卒業した代の者です。(今年19歳、高校は卒業しておりません)

中卒なのですが、現在8月の高卒認定試験(旧大検)に向けて勉強をしていて、高1まで通信制に通っていた単位があるので、全て免除科目になり、合格確実ということで今は高卒認定試験の勉強をしつつ、大学に向けての勉強をしております。


そこで質問なのですが、私が今更なぜ大学に行こうかと思っているかというと、「心理学系の職に就きたい」と考えているからなのです。

前からその夢は視野にあったのですが、学力的に無理だと思い、半ば諦めていました。


ですがやっぱりどうしても諦めきれず、頑張ってみようといろいろ情報を集めているところです。



他の心理学の質問などにも目を通しましたが、


「臨床心理士以外は食いっぱぐれの危険が大きい」

「本格的に心理職に就きたい場合は最低限でも大学院修士課程まで視野に入れる」

「臨床心理士は大学院修了が必須」


などが書いてあって、やっぱり学力的に難しいのかな?とも思います。



中学の時から勉強を半ば諦めてしまって、理数系が特に苦手という厳しい状況なのですが、コツコツ努力をしてる段階です。



心理職の中でも特に興味があるのが「犯罪心理学」なんですけど、臨床心理士とかの心理職とは内容が違うんですかね?


犯罪心理学を学ぶならむしろ法学部で刑事学や刑事政策、少年法(付け加えれば刑法と法社会学)を学んだほうがよいとの声もありました。



実際のとこどうなんですかね?


大雑把な感じの質問ですみません。



犯罪心理学のことを詳しく教えていただきたいのと、それが初心者でも詳しく分かる最新の本なども教えていただけたら幸いです。

皆様の知恵を貸してください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

臨床心理士で、元は大学の教員をしていました。



いくつか気になる点がありましたので、回答というよりも、私見を述べさせてもらいます。

まず一つは、「学力的に難しい」と書いていらっしゃる点について。
世間一般でも良く混同されていますが、頭が良い・悪いということと、基礎的な知識、基本的な学力が身についているかどうかを分けてお考えになってみた方がよろしいという気がします。
失礼ながら、質問者様は、過去には、「勉強嫌い」であり、学校で学ぶ「教科学習」にきちんと取り組まなかったように拝察します。
そのため、基礎的な知識や、基本的な学力が十分には身についてこなかった、という側面がおありなのかも知れないとお見受けします。

しかしながら、向学心というものは、少なくとも、ある時点から以降は、強くお持ちだと感じられます。
それ故、現在はコツコツと努力なさり、まずは、高卒認定試験をパスし、その後、大学で心理学を勉強したいと考えていらっしゃると理解しました。

大学で学ぶ上では、高卒程度の基礎的な知識は、やはり不可欠です。
心理学は、日本では、文系の学部に含まれますが、学部の段階で学ぶ際には、統計学などは必須ですし(ただし、きわめて数学的な数理統計ではありません。どちらかというと、心理統計という、統計を正しく利用することが中心です)、脳の機能など理系的な内容も含まれます。
また、やはり学部の基礎学習の段階では、実験演習も必須ですので、理系的な発想(仮説を立てて恵、実験を行い、そのデータを分析して、仮説を確かめていくというアプローチを取る、という意味で)も必要となります。
一方では、研究対象は基本的人間ですから、人文・社会系の要素もかなりあります。
こういうことから考え、上に書いたように、高卒程度の基礎的な知識が必須ということになります。

心理学がどのような学問であるか、就職先にはどういうところがあるかについては、たとえば次の本が参考になりますから、一度お読みになることをお勧めします。

海保博之著「心理学ってどんなもの」、岩波ジュニア新書#427、岩波書店、\740+税

新刊書でも、Amazonなどの古書でも入手できるでしょうし、図書館にもあるかも知れません。
出版は、2003年といささか古い本ですが、今でも十分、役に立ちます。

さて、犯罪心理学について。
心理学の発想と、ご質問にあったような、法学部で学ぶ刑事学(これは、おそらく刑事法なのでしょう)、刑事政策、少年法など法学の発想は、まったく異なります。
心理学は、人間行動について研究しようというものですし、法学は、法律の考え方や、法体系について学ぶものですから、視点がまったく異なります。
また、No.1の方が書いていらっしゃるように、「使う職業としては警察官だから、法学部に行って警察官になれということでしょう」というのは、間違いではないと思いますが、一般の警察官が犯罪心理学について、学び、何かを実施するというのは、考えにくいでしょう。

犯罪心理学が活かせる職業としては、科学捜査研究所や犯罪科学研究所など警察の科学部門における心理鑑定などの仕事、法務省関係では、「法務技官(心理)」などがあります。具体的には、少年鑑別所などの法務教官、刑務所の○○などがあります。
こちらをご覧ください:
http://www.moj.go.jp/kyousei1/kyousei_kyouse15.h …

最近では、犯罪者の更正に、認知行動療法など心理療法を応用する動きも増えてきていますので、これから将来的には、心理学を学んだ方の活躍領域も増えると思います。

また、裁判所関係では、家庭裁判所の調査官という仕事があります。
ここをご覧ください:
http://www.courts.go.jp/saiyo/message/tyousakan/

上に掲げた職業は、その就職先でもかなりきちんとした研修が行われますし、もちろん、その分採用されるのも難しい面があります。
また、これらの職に就いている方には、臨床心理士の資格を持っている方もたくさんいらっしゃいます。

臨床心理士については、現時点では、国家資格ではありませんが、現在、心理師の国家資格の実現に向けての動きが急速に進んでいます。
財団法人日本臨床心理士資格認定協会などのサイトをご覧ください。
http://www.fjcbcp.or.jp/index.html


なお、犯罪心理学は、心理学の中では、応用分野になります。
どの学問でも、応用分野は、基礎的な分野、基礎的研究の上に成り立っています。
したがって、まず、学部段階では、心理学科(心理学専攻)、教育心理学科(教育心理学専攻)のように、心理学全般について、きちんと学ぶことができるところへ進学なさる方が良いでしょう。

最近は、臨床心理学科、福祉心理学科など、特定分野を標榜した心理学科も増えています。
これらの学科でも、基礎的な心理学の授業やトレーニングは行われますが、私自身は、学部の段階から特定の領域に絞り込んで学ぶのは得策ではないと考えています。

大学によっては、学部、大学院とも、犯罪心理学の授業が開講されていたり、専門家の教員がいないところもたくさんあります。
しかし、私の考えでは、学部の段階では、基礎的、一般的な心理学についてきちんと学び、その上で、法務省や裁判所、警察などの心理職の採用試験を受けることが望ましいと思います。

大学院に進学して、臨床心理士の資格を得てから、法務省、裁判所などの採用試験を受けることも可能でしょうが、年齢制限などもあるかも知れませんので、その辺りは、きちんとした情報ソースを調べてお考えになってください。

以上、ご参考まで。
参考文献は、一度、是非お読みください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

いろいろ貴重なお話ありがとうございました。


そうですね・・・。

全くその通りなんですけど、「勉強嫌い」になった原因が「基礎がわからない」のに「勉強はドンドン進んでいく」ってとこだったんですよね。

テストもある、部活もある、友達とも遊びたい・・・って中で、「義務教育だし、普通の高校行く気ないし、いっか」ってなっちゃったんです。

いじめなども受けて精神的にやばかった面もあったので、教室にいるだけで苦痛で、集中力とかの問題じゃなかった感じですね。


今は環境が変わって「自分で行動を起こさなきゃなにも変わらない」って気づけたんで、勉強にも意欲が湧いてきたんです。

本を読んだり、ネットをあさったりと、いろいろ行動を起こしてますが、今まで逃げてきたぶん時間が全く足りない気がします。


大学を受験するまで、後1年と半年ほど・・・。
将来の最終的な目標、目指す大学など決まるかな?と正直不安です。




本やサイト、目を通してみますね!

後、私が得た知識と、やっぱ本場で働いてる方の知識は違うんだなと再認識しました。


こういう場を借りて、本職の人に話を聞けるっていうのはすごく嬉しいです。
本当ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/09 20:33

他の方が書いてある事と重複する所は割愛させていただきます。


気になる点だけ。

犯罪者すべてにカウンセリングを受けさせることは、日本ではやっていません。
犯罪者が正常な判断ができる状態にあったを調べる時と
いわゆる心神喪失状態にあったとみなされ、カウンセリングが必要とされる場合です。

その他、犯罪心理学が使える時は、犯罪者に巻き込まれた人に対応するとき
騙されたり操作的なことをされたり、洗脳などを解く時に必要とします。
その場合、職業として常時必要な人員とは限りません。

カウンセリングにも宗教関係などから抜けたくてくる人はいますが
本人が抜けたくて抜け方が分からないとか、信じてやっていると苦しくなる
言われたとおりにしているが状況が悪くなるなど、なにかしら自覚している方になります。

それ以外で、犯罪心理学が使える、しかもメインでとなると
大学の心理学担当教諭になることだと思います。


個人的には心理士として雇ってもらって、仕事を与えてもらって給料をもらってと
それは本当に必要かなって疑問に思うときがあります。

本当に人の心理が分かって、それを具現化できるレベルなら

何も雇われなくて仕事として成立させることができるんじゃないかなと思います。

犯罪心理学専門で開業もありでしょうが、自分を磨きに磨けばの話しとなりますね。

いずれにせよ仕事としてやっていく時、学力より大切なのは思いの強さと勤勉さだと思います。
心理学は、一生勉強が必要な領域ですから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

んー・・・考えさせられました。

犯罪心理学は、犯罪にあった人、被害者の心のサポートなどの手助けというかそういうことにも使えるのですね・・・。


「心理学は一生勉強が必要な領域」という言葉、すごく胸に響きました。

グッときました・・・。

まだ途中段階というか、終わりがない学問。
可能性は未知数という感じがします。



開業・・・私にとっては夢のまた夢ですね。

でもやっぱり未来の道の選択肢には残したいなと思いました。



ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/09 23:59

日本では犯罪心理学が職業になるところがありません。


アメリカならBAUがありますが、FBIのエリートが入るところですので、かなり優秀でないと難しいです。
犯罪心理学を勉強して、普通の捜査官になるとか、あちらではあたりまえにある事ですが、日本の警察はそこまで進んでいないんです。

犯罪心理学を勉強したいだけなら、心理学か心理分析学が学べる学科がある大学にいく事です。
心理学は最近細かくなってきて、病じゃく学なんていうのもあります。
単に勉強する分には面白い分野だと思います。
ただ、それによって就職に有利になるかは微妙なところです。
日本は特に医者以外の医療関係者やそれに関する知識があるものを軽視するお国柄ですし、
心理学をやってきたなんて言っても、面倒くさそうとしか見られないという感じがあります。

将来、犯罪心理学をいかした仕事をしたいのであれば、法律関係の大学に行った方がいいでしょう。
そこから警視庁の試験を受けてもいいですし、ソーシャルワーカーの資格をとって犯罪被害者に接する仕事という選択もあります。

臨床心理士は犯罪とはあまり関係がなく、いわゆるカウンセラーになります。
今の日本ではそれほど必要とされている感じがありません。大学院まで修了しないといけないのに、収入も低いです。
病院にも働き口はありますが、日本の精神医療は薬物療法が主流なのでお飾りくらいの仕事しかなさそうです。

結局は心理学的なものは、日本では学問的な部分より経験や年数が重視されるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・現実的な回答ありがとうございます。


やっぱ夢見てる職業とはみんなそれぞれ違うみたいですね。

特に日本では、やっぱまだ理解が薄いということなんでしょうか?



生きていく以上、収入の面なども考慮しなければいけないですよね。


法律関係の大学ですか・・・そうなると学部はどういったものを専攻すればいいんですかね?



後、本場アメリカへの留学なども視野にいれているのですが、そこらへんはどう思いますか?



よかったらアドバイスお願いしますm(_ _)m

お礼日時:2013/04/09 20:41

犯罪心理学


という職業はない
使う職業としては警察官だから、法学部に行って警察官になれということでしょう
「犯罪心理学を学ぶならむしろ法学部で刑事学や刑事政策、少年法(付け加えれば刑法と法社会学)を学んだほうがよいとの声もありました。」 この意味は

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AF%E7%BD%AA% …

主な研究者が精神医学であがっており、純粋に(?)犯罪心理学なのは越智啓太さんくらいかな、所属が文学部であるように、心理学の中であり
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%8A%E6%99%BA% …
経歴を見て分かるように、警察上がりです。
http://wdc-jp.com/jacp2/list.html
ここに一覧があるが、犯罪というより問題行動へのアプローチがメインな感じですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・。

迅速な回答ありがとうございました!



サイト全部見ましたが、自分が興味がある分野の名称が「犯罪生物学」だということがわかりました。

「犯罪心理学」・・・奥が深いです。

お礼日時:2013/04/09 03:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犯罪心理捜査官?

女子高生です。サイコメトラーEIJIに出てくる志摩警部補みたいな、心理学に長けた警察官に憧れているんですが、最近『犯罪心理捜査官』と言う名前だと聞きました。調べても良くわからないんですが、日本にそういう職業はあるんですか?具体的にどうやったらなれるんでしょうか?大学で心理学を学ぶ必要があるんですよね?既出かもしれませんが・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

始めまして。

 各都道府県警察本部(含む警視庁)では「犯罪心理捜査官」あるいは、それに類する名称での採用は行っていないようです。

 No.1さんの回答にある、警察庁の科学警察研究所では国家公務員採用1種試験(以下、国1)の人間科学1(心理系)から採用することがありますが、研究職員としての採用であり、警察官としての採用ではありません。
 ちなみに、2003年度の採用試験での国1人間科学1は
550人出願(内女性322人)
28人最終合格(内女性18人)
11人採用内定(内女性7人)←警察庁以外の官庁含む
 また、その前年度は採用内定者12人の内、警察庁採用はたったの1人です。

 誘拐や人質を抱えた犯罪者が建物等に立て籠もった際に出動する各都道府県警の捜査一課特殊犯係(SITなどの略号で呼ばれます)には、心理学(と言っても、犯罪者の心理、という限定されてものでしょうが)を警察学校で学んだ、犯罪者と交渉する専門の刑事がいます。
 志摩警部補とは少々毛色が異なりますが、広い意味では彼らも「犯罪心理捜査官」になるのではないでしょうか?

 多少なりとも参考になれば幸いです。

始めまして。

 各都道府県警察本部(含む警視庁)では「犯罪心理捜査官」あるいは、それに類する名称での採用は行っていないようです。

 No.1さんの回答にある、警察庁の科学警察研究所では国家公務員採用1種試験(以下、国1)の人間科学1(心理系)から採用することがありますが、研究職員としての採用であり、警察官としての採用ではありません。
 ちなみに、2003年度の採用試験での国1人間科学1は
550人出願(内女性322人)
28人最終合格(内女性18人)
11人採用内定(内女性7人)←警察庁以外の官...続きを読む

Q社会人で心理学を学ぶ方法は?

主婦なのですが、真剣に心理学を大学でもう一度勉強したいと思っています。私は4年生大学を出ていますが、商学部で心理学とはまったく違う学部です。
もう一度心理学部がある大学に行かないと勉強はできないのでしょうか?
大学院入試などもありますがシステムがよくわかりません。
どういう方法で勉強したほうがいいのか一般入試するか社会人入試を受けたほうがいのかなど何かいい情報があったら教えてください。
できたら福岡のほうでの大学の情報もお願いします。

Aベストアンサー

心理学を勉強したいということですが、それは自分の知識として学びたいのでしょうか?
それとも、この先心理学を仕事として活かすために学びたいのでしょうか?

前者なら、学部入学(もしくは編入学)が良いのではないでしょうか。
(私は経済学部を卒業し、心理学が学べる大学へ3年次編入学しました)

後者でしたら、少々勉強をがんばって大学院へ進まれるほうが早いと思われます。
ただ、ある程度(かなり、でしょうか?)の学力が必要と思われます。

どちらも社会人入試は一般入試に比べ、ややハードルが低いですよ(外国語が免除されたり、大学によってまちまち)。

大学に関しては、ご自分の環境や学びたい先生がおられる学校を選ばれることをお勧めします。

思いつきで書いているので、乱文で申し訳ありません。

以下のサイトが詳しく解説されているので、そちらもご参考にしてください。

編入学対策室  :http://homepage1.nifty.com/TAO/
大学院へ行こう!:http://www.between.ne.jp/grad/body.html

心理学を勉強したいということですが、それは自分の知識として学びたいのでしょうか?
それとも、この先心理学を仕事として活かすために学びたいのでしょうか?

前者なら、学部入学(もしくは編入学)が良いのではないでしょうか。
(私は経済学部を卒業し、心理学が学べる大学へ3年次編入学しました)

後者でしたら、少々勉強をがんばって大学院へ進まれるほうが早いと思われます。
ただ、ある程度(かなり、でしょうか?)の学力が必要と思われます。

どちらも社会人入試は一般入試に比べ、ややハ...続きを読む

Q警察官になりたい。大学進学は心理系、法学系どっち

私は、高校2年生。とうとう受験生です。

就きたい職業は警察官です。

そこで、高卒で試験を受ける方法は今の段階では、体力検査等、通過する自信がなく、大学に行って、鍛えてから大学卒業程度の試験を受けようと決めました。

そこで、法学部に行こうと思ってたのですが、同じ志をもつ友人に、法律は、警察学校に行ったとき、習うから、人の考えてることが分かって、ウソを見抜くことが重要。といい、心理学部を勧めてきました。

そこで、どっちがいいのか、よくわからなくなりました。そこで大卒の警察官は、どんな学部出身のひとが多いのでしょうか?

ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

>人の考えてることが分かって、ウソを見抜くことが重要。といい、心理学部を勧めてきました

 御友人はライアーゲームの見すぎですかね?大学で学ぶ心理学ってそういうのじゃないんです。「大学 心理学」とかで検索して、出てきた大学のページを見てください。たぶん想像とかなり違っていて、記憶のメカニズムがどうのこうのとか2本の棒の長さが違って見えるとかそういう内容が書いてあると思います。むしろ対人のコミュニケーションに関することは「何とかコミュニケーション学科」とか「人間カントカ学科」とかのほうが近いかもしれません。まあFラン私大のナントカ心理学科ならご希望の内容だったりするかもしれませんが・・・。

>大卒の警察官は、どんな学部出身のひとが多いのでしょうか?
岡山県警の採用に関するQアンドAです。
http://www.pref.okayama.jp/kenkei/keimu/keimu/saiyou/02/07.html#q4
他にもいくつか見た限り、どの学部学科も関係ないと言ってますね。ただ先輩からのメッセージとかで出身学科を見ると文系が多いですね。

>どっちがいいのか、よくわからなくなりました
 個人的には法学部をお勧めいたします。その御年でつきたい職業があるなんてうらやましいです。勉強や体力づくりにお励みください。

>人の考えてることが分かって、ウソを見抜くことが重要。といい、心理学部を勧めてきました

 御友人はライアーゲームの見すぎですかね?大学で学ぶ心理学ってそういうのじゃないんです。「大学 心理学」とかで検索して、出てきた大学のページを見てください。たぶん想像とかなり違っていて、記憶のメカニズムがどうのこうのとか2本の棒の長さが違って見えるとかそういう内容が書いてあると思います。むしろ対人のコミュニケーションに関することは「何とかコミュニケーション学科」とか「人間カントカ学科」と...続きを読む

Q犯罪心理学の学べる大学院はどこ?

今、大学三年生です。将来は大学院に進んで犯罪心理学について研究したいと考えています。ですが、ぼくのいる大学には犯罪心理の研究をしている教授がいません。なので、他の院に行かねばならないのですが、どこに行けばいいのかわかりません。どなたか大学院の情報に通じていらっしゃる方、アドバイスをいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

直接の回答ではありませんが,ひとこと。

犯罪心理学は幅の広い研究領域であるにもかかわらず,
日本における研究者の絶対数は多くありません。
研究の内容についても
「他者の攻撃意図の認知と責任帰属」だの
「触法少年の処遇プログラムの再検討」だの
「街頭犯罪抑止のための防犯灯の最適配置」だのといった
地味なものが大半を占めているのが現実で,
「猟奇的犯罪者のプロファイリング」なんてものばかり期待していると
当てが外れるでしょう。

大学院なのですから
単に「犯罪心理学」というだけでなく,
より具体的な研究テーマを決めた上で最適な指導教員を探すべきかと思います。
学部では実験心理学ないし社会心理学のゼミで卒論を書き,
海外の大学院に進んで犯罪研究を専門的に極めるというのが理想的なコースでしょうか。
日本では法務技官,家裁調査官,警察職員など,
現場での実務を経て犯罪心理学の研究者になる人も少なくありませんが。

いずれにせよ
学部生のうちに心理学の基礎知識と研究法を
しっかり身につけておくことが必要であることは言うまでもありません。

直接の回答ではありませんが,ひとこと。

犯罪心理学は幅の広い研究領域であるにもかかわらず,
日本における研究者の絶対数は多くありません。
研究の内容についても
「他者の攻撃意図の認知と責任帰属」だの
「触法少年の処遇プログラムの再検討」だの
「街頭犯罪抑止のための防犯灯の最適配置」だのといった
地味なものが大半を占めているのが現実で,
「猟奇的犯罪者のプロファイリング」なんてものばかり期待していると
当てが外れるでしょう。

大学院なのですから
単に「犯罪心理学」という...続きを読む

Q心理学部でやること・・・。

現在高1です。

人の心を考えることやケアすることに興味があり、心理学部を考えています。

ですが、「心理学部は、みんなが思っているようなのとはぜんぜん違って、つまらない。」と聞きました。

心理学部はどのようなことをするのか聞きたいです。

あと、「心理学部」のない大学も多いみたいなので、「心理学部」にいかなくても、ひとの心について学ぶことことができそうな進路も聞きたいです。

Aベストアンサー

心理の勉強でやれるとイメージすることと、
実際に勉強する内容に大きなギャップがあるから
「つまらない」のではないでしょうか?

心理学を勉強すると「人の心が読めるようになる」
と思っていたら、たぶんがっかりしますよ。
人の心を読めるようにはなりません。

本屋に売っている「ずばり貴方の本音が分かる本」、
この手の心理テストを使えば、自分(あるいは他人)を分析できる、
この考えも間違ってます。

心理テストによる分析は、心理学の勉強の中のごく一部に過ぎないです。
心理学の勉強って広いですよ。

自分は、教養学部人間関係学科というところで、少しだけ心理学をかじりました。
研究内容は、どちらかといえば教育学系だったので、心理については少し間違ったことをいうかもしれません。

もう、10年以上前の話になるのであまり覚えていませんが、
大学の講義にもいろいろな種類がありました。
心理に関する授業を思い出してみると、
教育心理学とか
臨床心理学とか
社会心理学とか
青年心理学とか
発達心理学とか
精神医学とか
心理学実験法とか
統計学とか
現象学的人間関係学とか…。

学んだ内容は…
☆精神疾患と、その症状、及び薬の名前
☆事態に対する自分の認識の正しさが物理的手段で確認できない場合、
人はどのようにそれを確認しようとするか?(シェリフの実験)。
☆スタンフォード大学囚人実験(映画「es」の元になった実話)
☆性格判断(バウムテスト、文章完成法、ロールシャッハ、YG検査…)
☆心理テストでは「控えめな人」って出たけど、自分はそうは思わない。「でしゃばりな」人格は「間違っている」の?
☆青年期における自己とは?
☆性倒錯について
☆ユング心理学における夢分析とフロイトによる夢分析
☆イソップ物語「すっぱいぶどう」(認知的不協和理論)
☆錯視
☆嘘の効用
☆シンデレラは王子との結婚後、本当に幸せになれるか?
などなど…。まだ他にもあったと思いますが、思い出せるのはこれくらいです。

どうでしょう?
意外に範囲が広くないですか?

「心理テストで人の心がわかる」と思って入学すると、まずこのあたりでギャップを感じるようです。
心理テスト以外に興味がない場合、「つまらない」という表現になるかもしれません。

心理の勉強でやれるとイメージすることと、
実際に勉強する内容に大きなギャップがあるから
「つまらない」のではないでしょうか?

心理学を勉強すると「人の心が読めるようになる」
と思っていたら、たぶんがっかりしますよ。
人の心を読めるようにはなりません。

本屋に売っている「ずばり貴方の本音が分かる本」、
この手の心理テストを使えば、自分(あるいは他人)を分析できる、
この考えも間違ってます。

心理テストによる分析は、心理学の勉強の中のごく一部に過ぎないです。
心理学の勉...続きを読む

Q今高校1年生なんですけど将来犯罪プロファイリングの仕事に就きたいと思っ

今高校1年生なんですけど将来犯罪プロファイリングの仕事に就きたいと思ってます。
今から何をしたらいいですか?
適当ですいません。
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

犯罪を犯した人がつかまった後、心理学系の人がワイドショーに呼ばれて、心理を説明していますよね。
結果がもうわかっているので、答えるのは容易。

ところがプロファイルは、犯人がわからない段階で人物像を特定するわけです。
実際犯人を捕まえると、プロファイルされた人物像は違ったなんてことはざら。
だから、職業として確率していないわけです。

日本でも部門があるが、プロファイルした結果が逮捕に結びついていないので、評価されていない。

一番的中立が高いやり方をしているのが、リバプール大学のデヴィッド・カンターが率いるチーム。

ただし、外国の分析結果を日本で当てはめても当てはまらないケースが多いのではないかと。
だから、日本でこの仕事についてメシを食えないと思う。
占い師の方がまだメシ食っていけると思う。

しかし、興味があり続けて生きたいというのであれば、精神科医か心理学の教授を目指すことじゃないかと。
逮捕に貢献できるだけのプロファイルができれば、意見を求められ、捜査協力ということで、内部の人しか知らない情報も入手できるかもしれない。


神戸連続児童殺傷事件で、心理学系の人が更正に携わったようです。
校門に首が置かれた事件をご存知でしょうか。
一応1人の少年が捕まり、この少年をまともな人間にすべくプロジェクトが組まれたそうです。

本当にこの少年がやったのかどうか証拠が無い以上、この少年を裁けない。
かといって、もしかして本当にやったのなら、危険人物なので、社会にそのまま戻せない。
ということで、この少年は疑いがあったので拘留され、洗脳が施されたわけです。

真犯人ではなかったら、恐ろしいことが日本で起こっていることになる。
洗脳し違う人物に育て上げることが可能かという実験です。
心理学関係者がマッドサイエンティストになる。
国が犯罪者になるわけです。

彼は洗脳を受け、今社会で暮らしています。
この少年が犯罪を犯したら実験は失敗したことになる。
しかし、この少年が真犯人でなかったら、犯罪因子を持っていないので、犯罪は犯さない。
つまり、実験は成功したと見えるわけです。

こんな世界に首つっこみたいですか?


アメリカドラマのクリミナル・マインドはぞっとするような内容ばかりですが、また異世界で起こっていることと客観視して観れる。
このような異世界で起こっているようなドラマなら直視できるが、現実起こっている上に書いたような事件は直視できないです。
国が犯罪を犯しているかどうか確信は無いが、こんなこと自分がされたら、恐ろしいと思いますよね。
ドラマのような異世界と現実との間に起こっている事件。
自分は犯罪に巻き込まれないと思っていても、ひょうんなことから巻き込まれ人生が狂わされてしまう。

そういう意味では弁護士になって、疑いをかけられた人を救うことに専念した方がいいと思う。
特権があるので、普通の人が知りえない情報を知り、プロファイリングし真犯人がわかれば、依頼者を救えるでしょ?

犯罪を犯した人がつかまった後、心理学系の人がワイドショーに呼ばれて、心理を説明していますよね。
結果がもうわかっているので、答えるのは容易。

ところがプロファイルは、犯人がわからない段階で人物像を特定するわけです。
実際犯人を捕まえると、プロファイルされた人物像は違ったなんてことはざら。
だから、職業として確率していないわけです。

日本でも部門があるが、プロファイルした結果が逮捕に結びついていないので、評価されていない。

一番的中立が高いやり方をしているのが、リバプール大学の...続きを読む


人気Q&Aランキング