プロが教えるわが家の防犯対策術!

 1)あなたの至福と感じるときを教えてください。

 私は温泉に行って、ゆっくりあったまった後、
 
 のどがかわいた状態で飲むビールが最高だったりしますが。。。。

 2)あなたはどんなとき安らぎを感じますか?

 私の場合は、自然に囲まれたところで目をつぶって深呼吸しているとき。。

 夜空を眺めながら星を数えているときが安らぎますが。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

お礼ありがとうございました。



>新たな発見・閃いたときとはやはり、至福とは究極気づきなのでしょうか。

究極の気づきは、自分を知ることです。
自分を理解すれば、すべての物の見え方や捉え方が変化し
すべてがより明確化します。

自分自身を引き上げることができ、成長し続けることができるので
究極の気づきだと言えると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>究極の気づきは、自分を知ることです。
自分を理解すれば、すべての物の見え方や捉え方が変化し
すべてがより明確化します。

 ありがとうございます。はっきり言って涙が出ました。
私もそのとおりだと思っていましたから。。
魂が共感し、震えました。
こんな形で、真実に出逢えたこと嬉しく思います。
 感謝!!感謝

お礼日時:2013/04/12 07:52

1)あなたの至福と感じるときを教えてください


     ↑
私の腕を枕にして、嫁さんが寝息をたてている
ときです。

2)あなたはどんなとき安らぎを感じますか?
     ↑
嫁さんと肩を寄せ合って、TVを視ているときです。


2002年のノーベル 経済学賞を受賞した米国の心理学・行動経済学者
ダニエル・カーネマンは、数十年にわたって幸福を 研究してきた成果を、
次のように総括しています。

「幸福とは、自分の愛する人、自分を愛している人と ともに時間を
 過ごすことだと言っても、あながち言い過ぎではない」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お嫁さんのこと誰よりも、愛してらっしゃるのですね。す晴らしことですね。

ていうか、ちょっと羨ましいかな(^-^)

>「幸福とは、自分の愛する人、自分を愛している人と ともに時間を
 過ごすことだと言っても、あながち言い過ぎではない」

 共に愛するとき、それが永遠に変わらなければ、ある意味神ですよね。
 お幸せに(^^

お礼日時:2013/04/12 14:46

(1)


 子供の時は、玩具をもらって、それでどう遊ぼうかと考えている時が至福でしたね。同じことで、今は良い仕事のアイディアを思いついた時でしょうか。しかし実際にやり始めると…使えるアイディアは少ないんですけれどね。完成した時は、「まあ、これでもベストを尽くしたんだよなあ」という言い訳が多いです。

(2)
 良い音楽を聴いたり、絵画を見たり、仕事以外のことに没頭している時です。安らいでいるから音楽を鑑賞するというより、音楽をじっくり聴いているうちに、心が安らいでくるという順番です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
>子供の時は、玩具をもらって、それでどう遊ぼうかと考えている時が至福でしたね。同じことで、今は良い仕事のアイディアを思いついた時でしょうか。

 なるほど、道具が変わっただけで、子供の頃から至福とは行動における気づきなんですね。

>安らいでいるから音楽を鑑賞するというより、音楽をじっくり聴いているうちに、心が安らいでくるという順番です。
 
 1つ気づきました。私は安らぐために音楽を聴いていましたが、
逆に、安らいでいるから音楽を聴くという方法もありなんだなと思いました。(^^

ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/12 08:18

1)問題が片付いたとき・事が進んだとき・いい仕事ができた後・新たな発見をしたとき・閃いたとき



2)休憩中

多忙なので、あまり多くは望んでいないです。
区切りがついたら、旅行にでも行きたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございました。

>1)問題が片付いたとき・事が進んだとき・いい仕事ができた後・新たな発見をしたとき・閃いたとき

   なるほど、現在は、お仕事にウエイトがあるようにお見受けします。
  新たな発見・閃いたときとはやはり、至福とは究極気づきなのでしょうか。
  面白い発見(至福)です。(^^

>2)休憩中

   なるほど、お忙しいわけですから、相対的に考えまして、休憩中がすでに安らぎなのですね。
  毎日、休憩中では安らげませんからね。

  率直なご回答より、2つ気づきをいただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/11 23:31

1) 創造的思索により、それまで見えているつもりで見え


  ていなかったものが、見えていなかった事が見える
  ようになった時。

2) そうして深まる認識により、自己の身の回りの感受の
  階層現象性の奥底が感得でき、その原理的自覚に
  おいて自我の宇宙全体への敷衍が感じられた時。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありです。
>1) 創造的思索により、それまで見えているつもりで見え
  ていなかったものが、見えていなかった事が見える
  ようになった時。

  なるほど、至福とは創造による気づきですか。

>2) そうして深まる認識により、自己の身の回りの感受の
  階層現象性の奥底が感得でき、その原理的自覚に
  おいて自我の宇宙全体への敷衍が感じられた時。
  
  なるほど、安らぎとは宇宙との一体感を得ることの意でしょうか。
 
  そこまでいきますと、至福で目覚め、安らぎで悟り(無我の境地)
 を啓くというところでしょうか。

  いずれに致しましても、スケールのデカイ御回答、
 ありがとうございました。

 私もおかげで、気づきを得ることができました。(^^

お礼日時:2013/04/11 23:01

似たようなものです。


友達と馬鹿なこと言ってわらっている時とか、夜、一人で静かに窓の外を眺めている時など、です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

共感、シェアしていただきありです。(^^

お礼日時:2013/04/11 17:20

考えてみました。


至福のときと安らぎのときの違いを。

ひとことで言ってしまえば、「至福のとき」は身に“余る”状態のとき。「安らぎのとき」は心の休息状態のとき。
言葉を変えてみれば、「至福のとき」は何かがプラス状態のとき。「安らぎのとき」は、、、うまく言えません。
でもこれで何となく分かってもらえるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありです。

至福と安らぎの違いを教えていただきありです。

yy8yy8azさんの具体的に感じるとき、どんなことかも聞きたいです。(^^

お礼日時:2013/04/11 17:18

ははぁ。

。。
「至福の時」と「安らぎの時」ですか。。。

確かに、微妙にどこか違う気がしますね。

哲学カテですので、あくまで抽象的哲学の観点で言えば、自分の中での「至福」とは、「頂点」を実感するような、「縦」の存在を意識した時でありますし、対して「安らぎ」とは、「芯」を実感するような感覚を意識した時の心理状況でありますかね。

分かりづらいかも知れないですが(汗

これは、全く別の異なるものではなく、同じ一つの事例で見ても、違う観点で説明が出来る事でもあります。

例えば、自分は食べる事が大好きな人間です。

美味しくないものを食べるよりは、美味しいものを食べた時の方が幸せですし、それが自分の好物だったり、今まで味わった事のない素晴らしい味に出会えた時などは、安っぽい話で申し訳ないですが、本当に幸せだと思います。

後、一日の終わりにふとんに入って寝る瞬間も、「あぁ、なんて幸せなんだ。。。」と実感します。

これが、自分の「至福」の瞬間の一つです。

そして、「そういう事で喜べる自分がいる」という事を「意識した」瞬間、また一方で「安らぎ」を覚える事も確かなのです。

あなたもそうではないですか?

自然に囲まれた所で目をつぶって深呼吸している時や、夜空を眺めながら星を数えている時。

その大き過ぎるまでの、広大な大自然という空間の中で、例えちっぽけではあっても、確かに「自分の存在も同時に意識している」はずです。

人は、自分自身が「認めている存在」の中で、「自分の存在」や「自分の居場所」を確認したり発見したりした際に、例え無意識であっても「安心や安らぎ」を覚えるそうですよ。

そういう意味では、「至福」と「安らぎ」は、似て否なるものでありながら、また一方で、確実に根底で繋がっているという事かも知れませんね。

変な方向に話が流れてしまい、質問の意図とずれてしまったかも知れませんが、カテを見ての回答として、少しでも参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありです。
>哲学カテですので、あくまで抽象的哲学の観点で言えば、
自分の中での「至福」とは、「頂点」を実感するような、
「縦」の存在を意識した時でありますし、対して「安らぎ」とは、
「芯」を実感するような感覚を意識した時の心理状況でありますかね。

 なるほど、言葉を変えれば、至福とは目指した結果、得られるもの、
安らぎとは本来自分にある真実に出逢う瞬間ということですか。
かなりロマンチックですね。 今、気ががつきましたけど、
哲学が好きな人って、ロマンチックなんですね。私もそうですが。。。。(^^

お礼日時:2013/04/11 17:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「至福の喜び」

 こんにちは。少しお尋ねしたいことがあります。どうでもいいことかもしれないのですが、よろしくです。

 「至福の喜び」という表現なのですが、使い方としておかしかったりしますか?「至福」と「喜び」がかぶったりしないか気になってしまいました。ちょっと検索してみても普通に使われているので気にしなければいいのかもしれないのですが、ちょっと教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

う~ん・・・ 私はかぶっているような気がしますねぇ。

至上の喜びだと和英の辞書に出てきましたが、
至福の喜びでは出てきませんでした。
(広辞苑の電子辞書には両方とも出てきませんでした。)

至福のばか、とか、至福の園、とかは和英の辞書に出てきました。

「至福」を広辞苑で引くと「この上ない幸福」です。形容詞ではなくて名詞ですよね。「この上ない幸福」の「喜び」というのはつながり方が変だという気がします。
「この上なく幸福な喜び」としても、やっぱり日本語的には変ですよね。幸福な喜びという日本語は存在しないと思います。

ということで、私は「至福の喜び」はやっぱりかぶっている気がします。「至上の喜び」というのが正しいのでは?

(しかし、自分が今までに「至福の喜び」という言葉を使っていなかったかと問いかけてみると、自信がありません。間違って使っていた可能性は大です。)

Q研究者が至福を感じるとき

友人に聞かれて困ったので皆さんにもお聞きしたいです。研究をやっていて、良かったなあ、格好いいなあ、とか思える瞬間ってどういうときですか?
日頃の実験は、いうなれば液の分注作業を続けているだけな訳ですよね。
学会で発表しているとき、
理論と実験がかみ合った時、
先生や上司に誉められたとき、
論文が出たとき、
世界で自分しか知らないんだぞという満足感にほくそえむとき,...
など経験談も交えて ご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

Grace-Wonderさんと分野が違いますが。

学会発表は特に緊張する場でもなく,どちらかというとX会場(談話室)が中心ですから,よほどの国際学会等で質問を沢山受けた場合以外は,別段なんとも思わないですネ。

今更,誉めていただける人もほとんどいませんから,これも該当しないですネ。ライバル視している方から賞賛されたときは嬉しいですけど,至福でもないですネ。

論文は,頻繁に書きますが,学生さんのnoteになりそうなものに手を加えて原報とすることができたときは,一応は嬉しいですネ。でも至福というほどのものではないです。

予想通りに実験結果が進まず,意外な結果が出たことから,思ってもいなかった理論が推測できたとき。
何度も経験がありますが,これは堪りませんネ。
深夜の研究室で一人で「イェ~イ!!」と叫んでいることもあります。
予測していたとおりに結果がでてきたときよりも苦労する分,喜びも大きいものです。

でも,一番の喜びは教え子が立派になることです。
活躍している教え子達を見るのは「幸せ」の一言に尽きますネ。

研究者の端くれとして。
以上kawakawaでした

Grace-Wonderさんと分野が違いますが。

学会発表は特に緊張する場でもなく,どちらかというとX会場(談話室)が中心ですから,よほどの国際学会等で質問を沢山受けた場合以外は,別段なんとも思わないですネ。

今更,誉めていただける人もほとんどいませんから,これも該当しないですネ。ライバル視している方から賞賛されたときは嬉しいですけど,至福でもないですネ。

論文は,頻繁に書きますが,学生さんのnoteになりそうなものに手を加えて原報とすることができたときは,一応は嬉しいですネ。でも...続きを読む

Q安らぎとは何か

皆さんの考える安らぎとは、一体なんであるでしょうか。ご教示願えますでしょうか。

Aベストアンサー

集団主義的な遠慮・思いやりの日本文化を離れ、海外で長く
働いていると、いつの間にか回りに針ネズミのような装甲が
できている事に気づく。
油断せず相手の手を読み、自分の隙をなくし、必要な攻撃を
怠らない‥‥長期出張から帰国すると、成田で温泉に漬かっ
たようにそんな殻が溶けるのを感じる。

安らぎとは、周囲の環境が自らの意図を理解し、応じてくれる
事だ。
その「自らの意図」が、自己チューな短絡的利己な場合には、
それは環境への甘えになるが、物理の究極としての「自己の
必要としての環境(自我仮説(時間的流れ=記憶=過去=超光速)
と時空仮説(空間的広がり=予測=未来=光速下)の相補分化)」
を日常的感受の向こうに認識できるようになれば、世界は予め
自らの認識を成立させるためにあるもの(他我=普遍愛)として、
無限の喜びと永遠の安らぎの源泉となる。

Qあなたにとって至福のひとときは?

あなたにとって「至福のひととき」とはどんな時ですか?

※私は気分転換として某有名コーヒーショップに入り、
 一杯200円のアイスコーヒーをゆっくり飲みながら、
 携帯からOKWaveにアンケートを投稿している時です。

Aベストアンサー

午後11時、それまで見ていたアンカテを×で閉じ、電源を落としてからベッドに入り、スタンドの明かりを消して目を閉じる、そのひとときが至福の瞬間です。

なのに、そんな頃になって、別室を根城にして別居している彼がドアをノックすることもあります。至福の意味が変わるひとときです。

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む

Q「風邪をひく」 ひくの漢字は?

「風邪をひく」 ひくの漢字は
引く
であってますか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

合っています。
「風邪を引く」が本来の言い方で、「風邪に罹(かか)る」とは言いません。
「風邪」は本来「ふうじゃ」と読み、病気・症状の名前ではありません。
「風邪(ふうじゃ)」は邪気のうちの一つです。
漢方の概念で「風・寒・暑・湿 (および燥・火)」の四(ないし六)種の邪気があり、そのうち風邪を体内に引き入れることによって、「感冒」(一般に『かぜ』と言っている症状)を発症するのです。
その「風邪」の語を後に「かぜ」と読むようになったわけです。
「風邪を引く」「風邪を引き込む」と言い、「風邪に罹る」とか「風邪を患(わずら)う」などと言わないのはその名残です。

Qあなたにとって「至福のひととき」ってどんな時?

タイトルのまんまです。

この時期、温かいお風呂もいいですね。
美味しいコーヒーを飲んでいる時
甘ーいお菓子を食べている時
可愛いペットと戯れている時
愛する人と他愛も無い話をしている時
趣味に夢中になっている時
いろいろありそうですね。

あなたにとって「至福のひととき」ってどんな時ですか?
教えて頂けませんか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

挙げられているものをわざわざ言うのもなんですが、やっぱり「美味しいコーヒーを飲む時」ですかね・・・。挙げられていなくてもそう書いたと思います。
(ちなみに、家で飲むときは必ず自分で豆を挽いていれます。)


自分にとって、「コーヒー」あるいは「コーヒーを飲む時間」というのは、嫌な要素が全く無い完全ポジティブなものであり、自分の全てを受け入れてくれるような、あるいはコーヒーの全てを受け入れられるような、そんなレアな存在です。
他の何も欲しくない時でも、コーヒーだけは飲めたりします。他の食べ物や飲み物とは何かが違う「孤高の存在」なのです。(タバコは吸いませんが、もしかしたらそれに近いのかもしれませんね・・。)
ある程度の時間が取れない時や、心が一杯一杯で安らげない時は飲みません(というかあまり飲みたくならない)。いつも「安らでいて豊かな気持ちで飲んでいた」といういい思い出と共にあります。

それくらい自分にとって尊いもの(時間)ですので、不味いコーヒーを飲む機会があると本当にがっかりしますね。その時だけは、その1日の多くを損失してしまったが気がする程です。
不味いコーヒーは、コーヒーと認識していないようにも思えます。「コーヒーの思い出」ではないものとして自分の中で抹消しているのだと思いますね。

挙げられているものをわざわざ言うのもなんですが、やっぱり「美味しいコーヒーを飲む時」ですかね・・・。挙げられていなくてもそう書いたと思います。
(ちなみに、家で飲むときは必ず自分で豆を挽いていれます。)


自分にとって、「コーヒー」あるいは「コーヒーを飲む時間」というのは、嫌な要素が全く無い完全ポジティブなものであり、自分の全てを受け入れてくれるような、あるいはコーヒーの全てを受け入れられるような、そんなレアな存在です。
他の何も欲しくない時でも、コーヒーだけは飲めたりします...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング