人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

日本人が相次いで海外へ出てますが、ほとんどはドイツ・オランダ・イギリスなどのゲルマン諸国ですよね。
ちょっと前はイタリアなどへ行く人が多かったですけど、活躍したか?と言われれば微妙な感じ。
スペインなんて誰が行ってどれだけ活躍したかも思いつかない状況。

体格が大きいゲルマン民族と日本人は相性悪いだろーと思ってましたが、なぜゲルマン諸国で多くの日本人が活躍出来るのでしょうか?

プレイスタイルが合ってるから?単なる流行?なぜなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

サッカー好きです。



>スペインなんて誰が行ってどれだけ活躍したかも思いつかない状況。
>なぜゲルマン諸国で多くの日本人が活躍出来るのでしょうか?

簡単です。
ドイツを始め、アングロサクソン系の人種が主をなすリーグでは日本人の得意とする「スピード」「テクニック」「運動量」「高度な戦術に対応できるだけの戦術意識」がより生かされますが、片やスペインリーグ等は組織的な動きはあくまで最低限。(同じラテン民族でもイタリアは除く)
それより重視されるのは「1対1」での勝負や「スピード」「テクニック」「運動量」等。

これらをラテン系の選手は、殆どの選手が幼いころより身に付けています。
また、それにプラスして日本人以上の「当たり負けしないフィジカル」を備えている。

つまり、大柄な白人が多いリーグでは「違う土俵」で勝負できるのに対し、ラテン系のリーグでは「同じ土俵」で勝負する事になるんですね。

で、あれば当然日本人は「外人」ですから、もし同じ実力なら日本人を使う意味がありません。

ただ、ドイツで活躍しているといってもそれはあくまで「中盤の選手」と「サイドバック」だけ。
屈強な競り合いに負けないだけの体格が必要な「センターフォワード」と「センターバック」は主要リーグで殆ど実績がありません。(高原くらいでしょうか。)

強いて言えば現在吉田麻也がイングランドのプレミアリーグで闘っていますが、それでも所属クラブは中堅以下のクラブ。

欧州4大リーグ(ドイツ、イングランド、スペイン、イタリア)の優勝を争うようなクラブに所属している日本人は、MFとSBだけです。

いつの日か日本人のCFやCBがマンUやバイエルン、レアルで活躍できたらいいですが、それは今のところ「夢」でしかありません。

私が死ぬ前に見てみたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本人と似たようなスタイルの選手なら国内に腐るほどいるから、別に敢えて日本人を使うメリットはない…と。
個人技やスピードに優れた選手を国内で獲得出来なくても、そう言う選手ならアフリカや南米にいくらでも埋もれてますしね。

確かによりドイツで活躍してる選手が多いとは言え、強靭なフィジカルが要求されるポジションで活躍出来てる選手はなかなかいませんね。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/15 21:25

私が想像しているところでは、


日本人およびJリーグの組織的運動量は世界に通用するレベルに
あるから、ということです。

また、代表チームでよく言われますが、日本代表は、ヨーロッパと
南米・アフリカの国々のどちらとやる時に、より力を発揮するか、
ヨーロッパです。
理由は、ヨーロッパの方が、個人の技術を生かすより、組織的な
戦法を好む度合いが高いから、日本人の組織的な戦術と噛み合い
やすいということです。
アフリカの国なんかは典型的に、個人の身体能力や技術に依存した
戦術を取ります。日本代表はそういうチームとは相性が悪いことが
過去の戦績にも現れています。

特に最近、ドイツで活躍する日本人が増えていますが、ドイツリーグは
他の国よりも「フィジカル重視」で選手が選ばれる傾向が強いと
思います。そうすると、体格の大きな、パワフルな選手が多いので、
小回りの利く、走力のある、賢い選手が生きるチャンスが生まれます。
プレミアは、それより少しスピードのある選手が多いように思います。

あくまで体格では負けますから、賢い日本人選手しか生き残れません。
自分の特徴を生かすため、頭を使ってプレーできる選手が、試合に
出ているといったところだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ゲルマンスタイルのサッカーと日本人のプレイスタイルが上手く合うから、ゲルマン諸国での活躍が目立つのですね。
自分の強みは何なのかしっかり考えて、それを生かしてポジションを勝ち取る…。
体格で劣る日本人には大変な環境でしょうけど、頑張って欲しいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/15 21:21

競技人口が違いすぎるからです。

ボクシングでも同じでして、日本チャンピオンクラスが
中南米に行けばルーキーと大差ない場合があります。亀田が世界チャンプといわれても
違和感しかないのと同じです。ちなみに、ゲルマン方面はツテがあるから選手が行く
だけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

向こうはサッカーが国技みたいなもんですからねぇ…。
EUROなんてスポーツを超えて国家の威信をかけた戦争みたいな感じですし。

「数あるスポーツのうちの1つ」みたいな扱いのうちは、日本人選手が活躍するのは難しいでしょうか。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/15 21:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング