今、勤めている工事現場で、現場の中での規則がありまして、これらを守らなければ、罰金を徴収すると言われています。これっては、法律上問題ないのですか?

A 回答 (3件)

問題ありだと思います。



参考URL:http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM
    • good
    • 0

 小額であれば問題ないと思います。


 ただ……罰金を徴収した結果、その金額が労働基準法に違反するほどに下回ると、問題が出てくると思います。
 具体的にいくらかは分かりませんが(^_^;
    • good
    • 0

会社の中で社則があって


破ったらペナルティーがあります。
これと同じだと思いますけど。

法的にって話だと、
はじめに契約があったと思います。
雇用者側とあなたの間に。
現場ではこうしないとペナルティーがある、とか。
なかったのなら、問題ですけど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q結婚は法律に縛られていると思いますか?それとも法律に守られていると思いますか? そもそも私たちは法律

結婚は法律に縛られていると思いますか?それとも法律に守られていると思いますか?
そもそも私たちは法律に縛られているのか守られているのか・・・

Aベストアンサー

結婚というものが法律によって縛られているかということですか?
結婚自体を法律で制限したりしませんし、誰とどのように暮らしても自由ですね。別居していても、罪に問われるわけではない。
仲が良い時には、法律だとか考えませんが、問題は離婚に至る時に、そのルールに沿って決めていくということです。皆が調和を取って結婚生活をしてきたのなら、法律も必要ありませんよね?届出さえ出せば、良いという事になります。
人は勝手に解釈、行動するし、お互いの利害もぶつかるので、結婚とはどういう状態なのか、という事を法律上に示しています。
同居や不要の義務など・・・
法律に縛られない関係もありますが、私たちは生まれた時から法律という網の中に住んでいます。道路を歩いていても規則、買い物をしても契約、何から何まで、法律に照らす事が出来ます。でも、意識していないだけ。
だから、全く法律の外での関係というのは、あり得ないのです。

Q【法律・道路交通法の罰金、反則金について】質問1なぜ故意の方が懲役刑もなく罰金も安いのでしょう

【法律・道路交通法の罰金、反則金について】

質問1
なぜ故意の方が懲役刑もなく罰金も安いのでしょう?

質問2
道路交通法の罰金と反則金の違いを教えてください。
反則金って何ですか?


自動車に乗っていて、交差点に赤信号で進入してしまって、隠れていた白バイにサイレンを鳴らされ信号無視で違反切符を切られたとします。

道路交通法では
故意・・5万円以下の罰金
過失・・10万円以下の罰金又は3ヶ月以下の懲役

なぜ故意の方が懲役刑もなく罰金も安いのでしょう?

あと実際に警察官に支払った罰金は、9000円の反則金でした。

道路交通法の罰金と反則金の違いを教えてください。
反則金って何ですか?

あと本来なら罰金10万円以下のところ9000円に値引きしてくれてるってことは、もしかして、道路交通法違反の罰金はディスカウント交渉が可能ってことですか?

反則金は警察官の裁量で決めることが出来るのなら、捕まったときに8000円に負けてと言って負けてもらえるのではと思いました。

どうなんでしょう?

Aベストアンサー

罰金
 刑事罰(別の言い方をすれば、司法による刑罰)
反則金
 行政罰

刑事罰としての罰金であっても、何でもかんでも満額って訳ではなく裁判官の裁量によりディスカウント可能

行政罰は既にディスカウント済みのためそれ以上は出来ない相談

Q「○○法律」なしに「○○法律施行規則」だけが存在する理由

法律は、普通は、「○○法」があって、その下に「○○法施行令」があって、その下に「○○法施行規則」があると思います。例えば、次の(1)があって、その下に(2)があって、その下に(3)があります。
(1)環境影響評価法
(2)環境影響評価法施行令
(3)環境影響評価法施行規則

つまり、「○○法施行令」や「○○法施行規則」は「○○法」があって初めて存在することができるものだと思っていました。

しかし、次の(4)の名称の施行規則の場合は、(5)の名称の法律は存在しません。(4)だけが存在します。
(4)経済産業省の所管する法令に係る民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律施行規則
(5)経済産業省の所管する法令に係る民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律

Q1
(5)が存在しないのであれば、(4)の名称は「法律」の2文字を削除して次の(6)のようにするべきだと思うのですが、なぜ(4)では「法律」の2文字が入っているのでしょうか。
(6)経済産業省の所管する法令に係る民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する施行規則

Q2
なぜ、(2)が存在しないのに(1)だけが存在することができるのでしょうか。

Q3
一般に、「○○法」が存在しないのに「○○法施行規則」が存在することができるのは、どんな場合でしょうか。

法律は、普通は、「○○法」があって、その下に「○○法施行令」があって、その下に「○○法施行規則」があると思います。例えば、次の(1)があって、その下に(2)があって、その下に(3)があります。
(1)環境影響評価法
(2)環境影響評価法施行令
(3)環境影響評価法施行規則

つまり、「○○法施行令」や「○○法施行規則」は「○○法」があって初めて存在することができるものだと思っていました。

しかし、次の(4)の名称の施行規則の場合は、(5)の名称の法律は存在しません。(4)だけが存在します。
(4)経済産業省の所...続きを読む

Aベストアンサー

民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律(平成十六年十二月一日法律第百四十九号)

(主務省令)
第九条  この法律における主務省令は、当該保存等について規定する法令(会計検査院規則、人事院規則、公正取引委員会規則、国家公安委員会規則、公害等調整委員会規則、公安審査委員会規則、中央労働委員会規則 及び船員中央労働委員会規則 を除く。)を所管する内閣府又は各省の内閣府令又は省令とする。ただし、会計検査院、人事院、公正取引委員会、国家公安委員会、公害等調整委員会、公安審査委員会、中央労働委員会又は船員労働委員会の所管する法令の規定に基づく保存等については、それぞれ会計検査院規則、人事院規則、公正取引委員会規則、国家公安委員会規則、公害等調整委員会規則、公安審査委員会規則、中央労働委員会規則 又は船員中央労働委員会規則 とする。

Qネット通販についての法律に詳しい方、消費者の立場を守る法律のレクチャーを徹底的にお願い致します。

初めてネット通販で買い物をしました。まだ、商品は未着な状態です。ただ、住所とか名前とか個人情報を相手に知らせてるので怖いといえば怖いです。やはり色々、心配なのでキャンセルしようかと思ったり、郵便で代引きで届くので、その際に返品すれば自分の住所がわからないはずとか色々、考えたりしてます。
念のため「特別商品に関する法律に基づく表示」をプリントアウトし、申込みを受領したメールもコピーしてあります。もし思ってた商品と違うものが届いてたらどうしようか?などまだ不安です。
事前に勉強しておかなければならなかった話ですが、ネット通販についての法律に詳しい方、こんなバカ者にネット通販で身を守る法律のレクチャーを徹底的にお願い致します。
できれば、直ぐに回答がほしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律の内容に付いてではありませんが、通信販売というのも立派な「契約」です。
一度正規に契約したものを、「何となく不安だから」キャンセルしたり、自分自身が承知しておきながら、代引きで届いたものを一方的に返品したりということは、それ自体が不適切です。

自分自身の意志で契約をしたのであれば、消費者側にも、契約を履行する(商品を引き取って代金をはらす)義務が生じます。
法律で「消費者が保護される」のは、契約内容が実際と異なっていたり、誤解を招くような契約であったときだけです。

Q【警察】スピード違反取締り規則を守っているか?

高速道路上での速度超過取り締まり規則について教えてください。
同一車線、同間隔、赤色灯・・・など
取り締まるにあたりなんかの規則が存在するのでしょうか?
また、それがあるとすれば何に規定されているのでしょうか?

Aベストアンサー

警察庁交通局が作成している「高速道路における追尾式速度取締り要領」に基づいて取り締まりしているとの事。
内容が知りたい場合は、個別に開示請求を行えば、応じてもらえるようです。
基本的には、違反者がゴネても突っぱねられるだけの内容になっているハズです。

--
裁判所 - 下級裁判例 - 事件番号 平成16(わ)77
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=6844&hanreiKbn=03
裁判所 - 最高裁判例 - 事件番号 昭和61(あ)390
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=25951&hanreiKbn=01

によると、

赤色灯をつけていなかった場合は、パトカーの方が速度違反となる可能性がありますが、証拠能力の否定に結びつくものではないってされています。

車間距離についても同様の判断で、追尾方式での取り締まりの職務を行なう中であれば十分に安全が確保されると言う判断ですし、80km/hで走っていたら、パトカーが120km/hで近づいてきて速度測定したとかの無茶な主張をすれば、理論的に棄却されます。

警察庁交通局が作成している「高速道路における追尾式速度取締り要領」に基づいて取り締まりしているとの事。
内容が知りたい場合は、個別に開示請求を行えば、応じてもらえるようです。
基本的には、違反者がゴネても突っぱねられるだけの内容になっているハズです。

--
裁判所 - 下級裁判例 - 事件番号 平成16(わ)77
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=6844&hanreiKbn=03
裁判所 - 最高裁判例 - 事件番号 昭和61(あ)390
http://www.courts.go.jp...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報