花粉症シーズン到来!目のかゆみや充血など つらい症状を予防しよう

私51才男、妻42才、8年間、SEXレス。最近、この事で大もめとなり、離婚寸前迄行きました。そんなとき卵管結紮について知りました。子供は1人。しかし、年齢的・経済的にも産むのは無理。病院へ、電話をかけて聞いてみましたが、1カ所は、電話口で手術を断られました。もう一カ所は、カウンセリングの機会を設けてくれましたが、まだ、行っていません。
なぜ、出産ついでの卵管結紮手術は、やるのに、出産しない場合は、やってくれないのか理解できません。妻は、100%に近い避妊方法でないと嫌だと言っています。手術も受ける気は、あります。医師の方に質問したいです。「なぜ、卵管結紮手術を普通の人に対して行わないのか」ぜひ、お聞きしたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.4で回答した者です。



再度のお訊ねですので自分の経験内でお答えしたいと思います。

現在のリングは3個目です。
1個目はプラスチック製の魚の骨のような形のものでした。
避妊率97~98%との説明でしたが・・・。
数%の確率で避妊に失敗しました。

2個目、3個目は軸に銅の使われているものです。
こちらはプラスチック製の物の
数十倍、数百倍避妊率が高いとの説明でした。
ほぼ100%という意味だなと私は考えました。
リングを入れてから10年以上経っています。
この間妊娠はありません。
妊娠可能年齢を超えたので、
そのせいもあるかもしれませんが。

45歳以上だと卵母細胞が古くて、
仮に受精したとしても着床確率が格段に落ちるとの説明で、
(先生は『妊娠したくても無理!』と断言されました・・・)
45歳過ぎたらリングは外しても良いと説明を受けましたが、
妊娠するかもという恐怖からまだ外せずにいます。

現在、銅を使ったものより
もう一段階避妊率の上がったリングが
開発されているようです。
IUDで検索されると出てくると思います。

ご心配の使用中の違和感はほとんどありませんが、
何年か前から小さな子宮筋腫が何個か出来ているようで、
生理前の事後、微量の出血があることがあります。
気になる事といえばそのくらいで、
妊娠の恐怖から解放される事のメリットの方が高いです。
低量でもピルは飲みたくないので他に選択肢はありません。

男性にもほとんど違和感無いようです。
医師からは、抜去時のための糸が子宮口から少しだけ出ている。
大丈夫だと思うけど、もし男性が気になるようなら、
糸を短く切ってあげるからとも言われました。

補足にあった今からの手術の拒否は、
奥様が42歳という年齢で
妊娠着床率が極端に低くなっている事、
子宮が通常の大きさに戻ってしまっている事
その2点で『何も今から結紮手術しなくても・・・』
それが医師の本音ではないでしょうか。

私がお願いした医院では、
5年に1度の交換で大丈夫との方針です。
挿入時、抜去時には前もって鎮痛剤(頭痛薬)を
飲んでおく事をお勧めします。
特に抜去時は鈍痛がかなりありました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しい説明、ありがとうございました。IUDについては、黄体ホルモン、銅付加型2種類ある事は、インターネットで調べて知ってました。気になるのが、子宮筋腫の事が気になりますね。また、ウィキペディアには、子宮ガンという言葉も出ていました。この辺りが心配ですが、避妊率は、卵管結紮と同程度と書いてありました。もう10年もすれば妻も更年期。なので2回くらい使えば大丈夫なくらいですね(IUDは、5~10年有効だそうですね)。その頃には、私が、元気なくなる可能性大ですね。

大変貴重な、体験談、ありがとうございました。今月25日にカウンセリングに行く予定ですが、おそらくIUDになると思います。ピルは、飲み方、体調(下痢など)によって1からやり直し、ついでに避妊率低下、また、ついでに医師の処方箋が必要。という事は毎月医者通い。とてもやってられませんね。

45才過ぎるとかなり妊娠率は落ちるんですね。確か40才過ぎで(何も避妊しないで)妊娠率30%とテレビでやってました。その事プラス7年間子供が出来なかった(私か妻どちらかに問題ありだと思います)ので、避妊膣は100%と考えていい程だと思っています。

大変貴重な話、ありがとうございました。ものすごく参考になりました。ちなみに、有料の相談サイトに相談したら、いきなりパイプカットという返事が来ました。パイプカットすると手術。当然、数日~1週間程度は、休みを取らないとダメなので、ぼったくりだなと思い、即行解約しました。値段は、1質問あたり6,750円。こんなにお金とっといてこれかよ!!教えてgooの方が、よっぽど良い回答が帰ってきたのでもう使いません。
本当に貴重な体験談と、お話、ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/22 20:49

医師ではありませんが、


出産後結紮手術を希望して、
産婦人科医から具体的説明を受けた事があるので
回答してみたいと思います。

出産後は子宮の大きさがまだ元に戻っておらず、
おへそを切開して両卵管を引き出し結紮するのだそうです。
奥様は出産してずいぶん経っているようなので、
子宮は元の大きさに戻っていると思われます。
そうすると、はっきり傷が残る形での手術となると思われます。
手術の内容的にも体に残る手術跡的にも、
出産直後の方がメリットがあるけれど、
麻酔をかけなければいけないのがデメリット。

結紮手術をするとほぼ100%の避妊率ですが、
もし仮に後になって子供が欲しくなった時、
結紮を解く手術もありますが、
妊娠率が極端に低くなります。
※再婚等でたまに子供を儲けたくなる人もいるそうです。

以上の2点から結紮手術ではなく、
IUD(避妊リング)を勧められました。

出産後の手術はOKと言うのは、
子宮が大きく手術が容易というところではないでしょうか。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
そういった理由で、断られるんでしょうか。子供は、もう育てる事が不可能な年齢です。出産しても子供が可哀想です。
ただ、避妊率を非常に気にしている為、卵管結紮を選んだわけです。

補足日時:2013/04/18 23:29
    • good
    • 4
この回答へのお礼

大変貴重な経験談ありがとうございます。
IUDの避妊率、たまに子宮から出てくる事がある、違和感がある事などなどその辺りは、経験者の立場からどうなんでしょうか?
妻は、40才過ぎているのでそれだけで避妊率は、かなり高いと思います。また、子供も7年間できなかった(私か妻のどちらかに問題ありかと思います。私の兄は、嫁さん問題無しだったのですが、子供は、できなかったので、兄に問題あり。しかしやはり、病院で皆が承知の上でのオタマジャクシ出しをしなくてはならないので、拒否した様です)のもありますので、避妊率は、かなり高くなるとおもいます。
よろしければ、その辺りも聞かせていただければ、幸いに思います。

お礼日時:2013/04/19 12:15

補足ありがとうございました


受診された医療機関の医師へ直接お尋ねに
なられた方が 納得のいく回答が得られるように思います

この回答への補足

一応、カウンセリングの機会は、与えてくれましたが、まだ、その日が来ていないので行っていない状態です。

補足日時:2013/04/18 23:31
    • good
    • 0

パイプカットは検討しないのですか?


体への負担は開腹の必要な卵管結紮に比べ
はるかに少ないと聞きますが?

この回答への補足

最終手段として考えています。
ただ、その前に、なぜ、子供を産む時には卵管結紮をしてくれるのに、産まない人に対してなぜ拒否をするのか?まず、それを知りたいのです。避妊の方法は、いくらでもある事は承知です。リスクに対しても納得の上での話です。
なので、医師の方の意見が欲しいのです。

補足日時:2013/04/17 12:22
    • good
    • 3

医師でなくて申し訳ないのですが、帝王切開のついでにやってくれる所は、あるようですね。


わざわざ避妊の為に開腹したくないって理由では?
一回切除して卵管を縛ってしまうともし気が変わった時に元に戻せませんし。

直接、子宮ガン検査を受けてるかかりつけの婦人科に問い合わせした方がいいですよ。
セックスレスならそもそも必要ない手術ですからセックスレスが改善されたと言う事でしょうか?

ならば、100パーセント近い避妊率ならピルを使ってみては?
開腹手術するより遥かにリスクは、少ないと思いますよ。
飲み忘れない限り手術と並ぶ100パーセント近い避妊率です。
もしくは、奥さんでなく旦那さんが不妊手術、いわゆるパイプカットを受けるかですね。
男女差で言えば、不妊手術は、男性のがまだ負担が少なく簡単ですから。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
セックスレスは改善していません。卵管結紮を知ったので一応は、離婚回避、手術が出来ればと思っているところです。
ピルは、検討しました。医師の処方箋が必要である、飲み方を間違えたり、体調などで避妊率が下がる、副作用も多少あるという理由で、妻は、却下。
最初に、拒否されたのは、妻の方から。妊娠して、子供の世話が大変でそれがトラウマとなり、SEXレスに。
最悪は、パイプカットも考えています。ただ、パイプカットは、精液の量が精子が無い分減る?のでは。その減った分の快楽の部分は、どうなるんでしょうかね。年齢もいってますからね。
まあ、とにかく、話は、別になぜ、健全な人への卵管結紮を拒否する理由が知りたいですね。なので、ぜひとも医師の方のご意見お待ちしております。

補足日時:2013/04/16 22:25
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報