dポイントがお得になるネット回線は?

MSの4月の更新プログラムをINSTしました。
「セキュリティ更新プログラム 2823324はアンインストールすることを推奨」ということを知ったのですが、11日にPC(Win7 Ultimate SP1 64ビット)にINSTしたプログラムの中にはありませんでした。
因みに、12日にノートPC(Win7 Home Premium SP1 64ビット)にINSTした中には、このプログラムが入っていたので、削除しました。

質問: 2台あるPCに更新プログラム2823324がINSTされなかったものと、INSTされたものがあったのはなぜでしょうか?
更新プログラム 2823324が12日に加えられたということなのでしょうか?
なぜか腑に落ちないのです。

なお、現在マイクロソフトは調査期間中、更新プログラム 2823324 へのダウンロード リンクを削除していますとのこと。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

すみません、自分の今回経験で思い違いをしましたので訂正。


図解が無い解決方法:シナリオAを「適用後」でも行えたためです。

「取得しているが再起動していない」「手動アップデート等で正常に再起動済み」
どちらでも、単独PCでは下記の通り「管理者権限ユーザーのデスクトップから操作」で
Windows Updateの左側メニュー、インストールされた更新プログラムの表示で
青文字の"Microsoft Windows"に関する見出しのすぐ下に(KB2823324)の
有る行をメニュー(右クリック)から削除、が有効となります。
公式文書KB2839011ではWindows updateスタンドアロンインストーラーや
PsExecリモート実行ツールの集中管理利用に関するコマンド文例もあります。

Windows起動の失敗でブルー表示、
または企業版カスペルスキー(クライアント版、サーバ版とも)の起動不能に
由るセキュリティ欠落が起きている場合には、
アップデート時に作成された「最後の復元ポイント」の回復でよいので、
電源断から再起動時にF8キーをつかまえて
(PC個体の事情によりWindows7インストールディスクから起動で対処もできます)
「システム回復オプション」に移り、システムの復元を選んで最後の復元ポイントを適用。
公式文書KB2839011ではコマンドラインでの「システムの復元」の場合と、
展開イメージのサービスと管理ツールを介してユニークIDをコピーペーストして
KB2823324の単独削除を行う根本策の両方が図解されています。
    • good
    • 0

マイクロソフト日本語公式、文書番号: 2839011 - 最終更新日: 2013年4月15日


「セキュリティ更新プログラム 2823324 のインストール後に
Windows 7 でイベント ID 55 または 0xc000021a Stop エラーが表示される」
http://support.microsoft.com/kb/2839011/ja

カスペルスキー日本法人、[2013/4/16更新]
一部の法人向け製品におけるWindowsアップデート適用後の問題についてのご案内
http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207585760

自動更新を有効にしていると、PCが自律に、間欠的に随時更新の取得を行うため、
トラぶったセキュリティ情報 MS13-036対策パッチ(KB2823324)の4月10日掲載から
取り下げが行われるまでの数日まとめて「取得に行っていない」場合があります。
逆にマイクロソフト公式に画像入りで解説されている通り、
「通知せず取得しているが再起動されるまで予約済みのまま」という場合も有るので、
お持ちのPCで個体差がみられるのは異常とはいえません。

その判断は、Windows Updateの左側メニュー、更新履歴の表示において
悪意の有るソフトウェアの削除ツール3月度(KB890830)含め7本と、
(KB2823324)の含まれない6本がまとめて取得かで見ると早いです。
これは適用当時の成否を表示する物で、手動の削除を済ませても表示されます。

なおの繰り返しですが、マイクロソフトは想定しない「再起動の初期の失敗」を
起すケースが有る(適用後に正常利用出来ているPCも多数有るが)ので、
Windows Updateの左側メニュー、インストールされた更新プログラムの表示で
青文字の"Microsoft Windows"に関する見出しのすぐ下に(KB2823324)の
有る行をメニュー(右クリック)から削除、で対処、改訂の配布待ちとのこと。
恐らく、手をつけない場合もこれに上書きする形で(KB2839011)の配布と思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

<自動更新を有効にしていると、PCが自律に、間欠的に随時更新の取得を行うため、トラぶったセキュリティ情報 MS13-036対策パッチ(KB2823324)の4月10日掲載から取り下げが行われるまでの数日まとめて「取得に行っていない」場合があります。>

先(11日)に更新したほうにはINSTされていなくて、あと(12日)からINSTしたほうにはKB2823324のプログラムが含まれていました。
先更新は自動更新(KB2823324の含まれていない6本をまとめて取得)で、あとからのものも自動更新ですが、自動更新する前に手動更新(KB2823324の含まれる7本をまとめて取得)させたものです。
いずれも再起動させていますので、INSTが保留ということはありません。
なお<上書きする形で(KB2839011)の配布>については、すでに削除済の為、このプログラムは更新のリストには出ておりません。
現状、問題が出ているわけではないので、「なぜかな」の気持ちでの質問でしたが、内容の濃い回答をいただき、ありがとうございます。
回答1及び2と併せて御礼いたします。

関連の有無不詳ですが、この御礼を作成中、Definition Update for Windows Defender - KB915597 (Definition 1.147.1924.0)なるものが更新されておりました。
ノートPCではと思い、ノートPCを開いてみましたが、このプログラムは更新リストにはありませんでした。

お礼日時:2013/04/17 12:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング