すみません。。
また教えてください。

winnt /s:ソースパス /u:unattend.txtのパス/udf:I udfファイルのパス
winnt32 /s:ソースパス /unattend:______/udf____

無人インストールのパスだと思うのですが、詳細がどうも飲み込めません。ソースパスって何でしょうか?それぞれ部分的にわからないので、日本語に訳したらどういう指示なのか、また、そのインストールを実行するとしたら、具体的にどういう式になるのか、例も教えていただきたいです。

また、「\suport\tools」と「\deploy.cab」ってなんですか?CDに入っているようですが…。これらについても教えていただきたいです。

更に無人インストール用ファイルでのコンピュータの共通設定ファイルと「unattend.txt」、コンピュータ個別情報ファイル「(unattend).udf」は具体的にどういう情報が入っているのか、また、それを実際インストールするとき、どういう式になるのか、(どこにあてはめるのか)教えてください。
また、「/u:answerfile」、「/unattend:answerfile」これらは、無人インストールコマンドのどの位置にあるのでしょうか?またこれらファイルの意味は?


ちなみに、「ヘルプ」見ても今ひとつわからないですし、すごく急いでるので、今日中でもかまいませんので、どなたか、お願いします!!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

回答弐



サーバーのd:ドライブを配布フォルダに割り当てて無人インストールを行う場合、
dosを使って現在のディレクトリをd:\I386[ソース(元となるもの)へのパス]
に変更します。次のコマンドを入力します。

winnt32 /unattend:unatend.txt /udf:unattend.udf

-------------------word definition------------------
deploy = 配置する、うまく使う。
unattend = 欠席、付き合う必要の無い、世話の要らない
----------------------------------------------------
    • good
    • 0

おつかれさんです。



回答壱

応答ファイルは、
無人インストールのためのインストールに関する指示への回答を提供する
テキストファイルです。
Windows 2000 Server のセットアップファイルの中に、
unattend.txtというサンプルの応答ファイルが含まれています。
応答ファイルを指定しないで/unattendスイッチを使うと、
この規定のunattend.txtファイルが使用されます。

このプロセスを容易にするために、Windows2000のCD-ROMには
セットアップマネージャというツールが提供されています。

\support\toolsフォルダは
セットアップマネージャのインストールに使用します

手順
  
Windows2000CDを入れるとオートランでアップグレードするよう指示がきます。
「いいえ」をくりっくして「このcdを参照」をクリックします。
\\support\toolsディレクトリを参照し、deploy.cabをダブルクリックします。[ファイル]メニューから[編集] > [すべて選択]をクリックします。
選択されたファイル上で右クリックし、[抽出]をクリックします。
抽出先ディレクトリを選択し、「ok」をクリックします。
フォルダの参照ウィンドウを閉じます。Windows200CD-ROMの
スプラッシュ画面上の「完了」をクリックします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング