柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

Aは、BのAに対する債務(確定判決)の放置をSNSやブログで公表しようとしています。
目的は、民事の判決では、滅多なことで債権が回収できない事実を広く知らせ、かつ、Bに債務の弁済を促すことです。

このことをAはBに通知しました。
すると、BはAに「公表すれば名誉毀損罪で刑事告訴する」旨の内容証明郵便を送りつけて来ました。「債務の弁済をするから公表しないでくれ」とは申しませんでした。

Aは、前記の刑事告訴を覚悟しています。

そこで、警察・検察庁のAへの対応が知りたいのです。
即、逮捕・拘留・起訴となるのでしょうか。
検察庁は、告訴されたAの情状を、Bのズルサ等に鑑みて、酌量することはないのでしょうか。そして、不起訴にするということは?

法律にお詳しいかたからのご回答をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>即、逮捕・拘留・起訴となるのでしょうか。


可能性は高い。
書き込みした本人の特定が簡単なため。
>検察庁は、告訴されたAの情状を、Bのズルサ等に鑑みて、酌量することはないのでしょうか。
民事と刑事は別物。
よって酌量の予知無しで「高額な罰金刑」ですね。

全然意味無い行動ですよ。
判決出てるならそれを根拠に法的に金銭を差し押さえる方が簡単。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。

昨年まで検事だった弁護士が、Bに対しては給料の差押、
同給料の支払元法人のB(第三債務者)に対しては税務調査、
等々を経由して、刑事訴追すると言ってくれています。
何等かの結論に達するものと思います。

ご回答、有難うございました。

お礼日時:2013/05/14 14:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q検察に呼ばれたら、検察庁で何するのですか??

(1)検察に呼ばれて検察庁にいったらどんな事するのですか?

(2)その日に不起訴や罰金刑とかある程度の処分は分かるのですか?

(3)略式裁判って裁判所に出頭して行われるのですか?
 普通のテレビでみる裁判と何が違うのですか?


私は器物損壊で現行犯で捕まってます。
一応謝罪と弁償は済んでますが、自分がやった馬鹿さにあきれています。反省もしています。
毎日が不安なのです。

Aベストアンサー

今年の8月15日に検察庁に出頭した経験者です。当方の経験から書きますね。
(1)警察から検察へ調書が行ってますからそれを元に話をするだけです。

(2)その日にわかることは検察が起訴するかどうかぐらいです。罰金刑に関してはその日に知ることは無理です。罰金刑になるということは罪ですから裁判所を通さないと決定しませんからね。

(3)略式裁判は裁判所には出頭せずに裁判官が被告(質問者さんです)と会わずに罪をどうするか決める裁判のことです。勝手に裁判所で判決が決まるのでテレビで見る光景と違う点は裁判官が書類上で決めてしまう、被告が出頭しない、被告が裁判官と会わないの3点くらいですか。

大体これくらいですね。こういう経験って普通の人はなかなか無いので不安かと思います。実際、当方も少し不安でした。それと経験談からのアドバイスです。おそらくこの程度の事件でしたら起訴猶予(前科がつかない)で済むと思います。器物損壊は軽い罪の方ですし謝罪と弁償が済んでいるのなら大丈夫でしょう。ただ検察官は事件の程度が低いため経験の少ない人に当たる可能性が高いです。(経験を積んだ検察官ってどうしても凶悪犯罪の方に回されますからね)ひたすら反省している態度を見せてその上で下手な事(主に調書の内容と違うことです)は言わないほうがいいです。検察官といっても所詮同じ人間ですから経験が低い人間に当たると進め方がなかなかわからないってことにもなりますからね。(当方の場合経験がない成り立ての検察官で苦労しました)それとあくまで検察官の機嫌が損ねないのがポイントです。検察官の態度次第で机上は不起訴の事件でも平気で起訴にしてきますからね。特に経験が無い検察官はなおさらです。裁判所側だって忙しいのです(ですから裁判員制度の導入が決まったわけですしね)ですがレベルの低い検察官だとそういう事実も無視して平気で起訴にしますからね。国家権力を盾に罵声、暴言、大声はもちろんの事、平気で嘘ついたりしますからね。あくまでキレずに冷静に対処してくださいね。事件の場であったことや調書の内容をそのまま言って反省していれば大丈夫ですから。あまり不安にならずにがんばってくださいね。

今年の8月15日に検察庁に出頭した経験者です。当方の経験から書きますね。
(1)警察から検察へ調書が行ってますからそれを元に話をするだけです。

(2)その日にわかることは検察が起訴するかどうかぐらいです。罰金刑に関してはその日に知ることは無理です。罰金刑になるということは罪ですから裁判所を通さないと決定しませんからね。

(3)略式裁判は裁判所には出頭せずに裁判官が被告(質問者さんです)と会わずに罪をどうするか決める裁判のことです。勝手に裁判所で判決が決まるのでテレビで見る光景と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報