痔になりやすい生活習慣とは?

ホンダCB1300 2003年式に乗っているのですが、ヘッドカバーの下のエンジンの側面の塗装をしてあるところの汚れが気になり、磨きました。ところが磨いていると、塗装が剥げて銀色の下地が見えてきたので、塗装を剥離剤ではがし、バフがけをしたら、綺麗なポリッシュのような感じに仕上がりました。自分ではシルバーに光っているように見えて、素人ながら綺麗になり良いなと思っているのですが・・・
でもよく考えてみると、『塗装をはがしても良かったのか?』と思い質問させていただきました。
塗装を剥がしてしまったのですが、何かエンジンなどに支障はあるのでしょうか?
エンジンを取り外して塗装をし直さなくてはならないでしょうか?
どなたかお分かりになれば、回答の方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

アルミの材質と表面処理


http://iworks.fc2web.com/hitokoto11.html

バイクの場合は、一番多いのがアルマイト処理です。
経年で内部から腐食しボコボコなら削って正解。
(20~30年経過すると多いが10年では少ない現象)
表面の汚れや焼きつきならサンド&ウェットブラストで
圧力低くやればきれいになる場合もありますが
エンジンを下ろす必要があり金額もそれなりです。
シリンダー外側が鉄なのは、カブ等の原付2種まで以外では
あまり馴染みがありません。
(アルミの方が熱伝導率が高く軽いのでリッターバイクには使いません)
http://locoplace.jp/t000240074/contents/

見た感じでは塗装してある?
http://www.prosman.jp/top/cb1300/

バフ掛けすると光っているのは数日ですぐに黒っぽくくすみます。
シリンダーの場合は、熱もあるため進行が早いですが
一定以上に黒ずむとそれが保護膜となり進行しなくなりますが
大体ムラができます。見た目が悪いのでこまめに磨くか
耐熱クリアか同系色塗装がいいかもしれませんが、シリンダーは
やったことがないので経験者のアドバイスを待つといいかも。
http://www.webike.net/sd/1867271/

中にはDIYでやっている人がいるようです。
http://blog.goo.ne.jp/masa_044/e/b2af29b64cf5063 …
    • good
    • 0

毎日なでなでしてあげれば、それなりに、神社のその類の「てかり」がで、


ありがたい趣になりますが、エンジンのヘッドまわりだけに、温度が高いだけに、
ちょっと油断すると、水分とかがつき、みっともない仕上がりになります。
そういう状況にもっていかなければ、CRC5-56あたりをつけ、
マイルドに表面を酸化させていく手があります。
めんどうになれば、クリアスプレーを塗布すれば、3-5年で再度塗り直すという手があります。
いずれにせよ、ペンキ(耐熱塗料等)を塗るのは一番無粋です。戦いに負けたことを意味しますので。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/18 00:55

素材によります。

アルミシリンダーなら将来表面だけが酸化して汚くなるだけで済みますけど、全部が鉄でできてるとサビが始まります。でもまあ、当時の価格帯から推測するに、外側を放熱しやすいアルミダイカストで包むタイプのシリンダーを採用していると思うので大丈夫かと。

表面が鉄かどうかは磁石で見れば一発でわかります。

磁石がつかなきゃアルミダイカストでしょう。

磁石がしっかりついてしまったら、残念ですが一旦キャブレター(スロットルボデー)やエキゾーストパイプを全部外して再塗装です。さもなくば、エンジンが錆で真っ赤になります。

ただ、外観が汚くなるだけで壊れることはありません。穴が空くことも、海辺に置いとかない限りまあまずないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/18 00:57

単に「錆びるのが早まる」だけですわ。


既に10年乗られてるので「元」取ってるから
残り数年その状態で乗られるのが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/18 00:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジン塗装

エンジンの塗装が(ブラック)剥げてきてしまいました。
格好悪いので、補修をしたいのですが、市販で売っている耐熱塗料でいいんでしょうか?
場所的にはシリンダーフィンが一番ひどいです。

Aベストアンサー

クロでしたら、通常の耐熱塗料でもOKですね。

最初に、汚れが酷い様であれば、エンジンクリーナー等で、
綺麗にしてください。

次に手順ですが、
サーフェイサー → 耐熱塗料 → クリアの順番で重ね塗りが一般的気です。
重ね塗りは、3回もすればいいでしょう。

汚れを落とすので苦労するかも知れませんが、頑張って下さい。

Qセパハンでキップ切られました…(涙

いつもお世話になっております。
GB250をセパハン、バックステップにしてます。走行してたらパトカーに停められキップを切られました。理由が整備不良で「ハンドル整備不良車運転」と書いてあります。警官の言う通り、「ハンドルをフルで切った時、ガソリンタンクとの距離がギリギリで、隙間に手が入ってスイッチング操作ができない」という点は納得です。(個人的にはフルでハンドルを切ることもないし、そんな時にスイッチング操作もしないので、好みで干渉しない程度にしていました。)

そこで「もう少し角度を開いたらいいのですね?」と質問したら返事を濁してました。他にもトップブリッジがノーマルで、パイプハンドルを挟む部分が出っ張っているのでそれもダメ。フラットなトップブリッジに変えなさいと言ってました。さらに他にも、ハンドル周りのケーブルがヘッドライトステーにぶつかってはダメ。ハンドルストッパーは角度が狭まって小回りがきかなくなるからお勧めできないとも言ってました。

どこからが法に触れて、どこからだお節介なのかわかりません。バイクパーツ屋さんのWebを見ても、セパハン使用時には、トップブリッジ変更とハンドルストッパーの使用を推奨します、としか書いてありません。義務のように思えないのですが、ハンドルがタンクにぶつからず、さらにスイッチング操作の支障がきたさない範囲の角度なら、ハンドルストッパーを使わなくてもいいのでしょうか?
セパハン仕様の方、道路交通法や整備に詳しい方、ご教授お願い致します。

(以前、ヘッドライトがついてない状態で走行してたので、白バイに呼び止められ注意を受けた時にはセパハンなどについて、何も言われませんでした…。)

いつもお世話になっております。
GB250をセパハン、バックステップにしてます。走行してたらパトカーに停められキップを切られました。理由が整備不良で「ハンドル整備不良車運転」と書いてあります。警官の言う通り、「ハンドルをフルで切った時、ガソリンタンクとの距離がギリギリで、隙間に手が入ってスイッチング操作ができない」という点は納得です。(個人的にはフルでハンドルを切ることもないし、そんな時にスイッチング操作もしないので、好みで干渉しない程度にしていました。)

そこで「もう少し角...続きを読む

Aベストアンサー

大掃除で資料を捨ててしまったので(笑)、正確なことは言えないのですが、
車検の無い軽二輪の場合、道路運送車両法の範囲内ならユーザーの責任で改造できたはずです。

セパハンにした場合関係ありそうなのは、
最小旋回半径、
ハンドルを切った状態の安全性、
シート、ハンドル、ステップの位置関係も、法律ではないですが自動車工業会(だったかな?)の基準があり、それに準拠するかたちで一定の範囲内で無いとダメだったはずです。

今回の場合はハンドルとタンクに手を挟む可能性があるため違反とされたと思いますが、
それ以外は関係無いと思いますけどね。
ハンドルロックにしても、防犯装置を備えていないといけないという決まりがあるだけで、実際にはハンドルロックでなくても、ワイヤーロック、U字ロックを常に携帯するのでもOKです。
実際、逆輸入のオフロードバイクにはハンドルロックは無いですが、車検取れます。

ハンドルクランプが出っ張ってるなんて大きなお世話ですね。
だったら、ハンドルクランプを付けておけば良い。

>ハンドル周りのケーブルがヘッドライトステーにぶつかってはダメ。

ノーマルでもそんなバイクは多いですけどね。


私は、今のように法解釈がやさしくなる前の10数年前に、SRをセパハンにして改造申請を取りました。
きっかけは、スワローハンドル(若い子は知らないだろうな・・・)でキップを切られた為です。
NSRなどもっと低いハンドルのバイクが走っているのに、SRのバーハン(スワロー)が何故いけないのか!というのが発端でした。
頭に来たので、もっと低いセパハンで車検を取ったのです。

ハンドル切れ角を変えると申請項目が増えるので、ハンドルを広めにセット。
タンクに当たる部分はタンクを凹ましました。
昔の英車やイタ車にはそうしたタンクのバイクもあったので、違和感はありませんでした。
陸運局に電話して、何度も足を運んで相談して、実際の車両検査はあっけないほど簡単でしたね。


実際問題として、バイクを改造には法律と安全性は避けて通れない問題です。
こけてセパハンに親指を挟まれ、骨折した人もいますし。
まぁ、いろいろと勉強するのが良いのではないでしょうかね。

大掃除で資料を捨ててしまったので(笑)、正確なことは言えないのですが、
車検の無い軽二輪の場合、道路運送車両法の範囲内ならユーザーの責任で改造できたはずです。

セパハンにした場合関係ありそうなのは、
最小旋回半径、
ハンドルを切った状態の安全性、
シート、ハンドル、ステップの位置関係も、法律ではないですが自動車工業会(だったかな?)の基準があり、それに準拠するかたちで一定の範囲内で無いとダメだったはずです。

今回の場合はハンドルとタンクに手を挟む可能性があるため違反とさ...続きを読む

Qバイクタイヤ交換時のバランス取りの必要性について

今日、バイク屋さんにてタイヤ交換をお願いして組みつけていただきました。その際、バランス取りもお願いしたのですがバイクの場合、四輪と違ってバランス調整はあまり必要ないといわれ結局しないまま取り付けられました。これでいいんでしょうかね?、そのお店には、デジタルのバランス測定器も整備されていましたので余計に納得できません。
本当はどうなのか皆さんのアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

高速道路を使用しない,速度はあまり出さないというのであれば、全く必要無い気はします。(バルブマークは合わせておく前提)

他の方も言われてる様に特に何もしなくても大してぶれない物もあれば、フロントがある速度域で振れっぱなし(腕力で押さえ込まないと手が振り飛ばされそうな状態)という物も経験してます。
ある速度域(140くらい)で振れっぱなしになったバイク(RZR350:18インチ)では、180くらいからの急減速中に毎回大きく暴れだしてそのまま高速コーナー突入とかなり厳しい状況で走ってた事があります。
タイヤ交換した店に「バランス極端におかしい!きちんと合わせて欲しい」とやり直してもらった後(25g付けた)は何ら問題なくなりました。
100程度までの速度ならちょっと揺れてるくらいにしか感じませんでしたが・・・

そのタイヤの後に交換した物は10gを付けてましたが、それが剥がれちゃったにもかかわらず僅かに揺れる程度しか振れなかったりしました。
物(タイヤ)によっては振れが顕著に出たり出なかったりするのだろうと思ってます。
速度出した時に「きゃあ~こわい~」となる様でなければ、別段気にする事ではないと思いますよ。
といいつつも私自身は、過去のイヤな経験から中型以上でハイグリップタイヤ装着の物は必ずバランスとってもらってます。(合わせてる時は近くでさりげなく見てます)

高速道路を使用しない,速度はあまり出さないというのであれば、全く必要無い気はします。(バルブマークは合わせておく前提)

他の方も言われてる様に特に何もしなくても大してぶれない物もあれば、フロントがある速度域で振れっぱなし(腕力で押さえ込まないと手が振り飛ばされそうな状態)という物も経験してます。
ある速度域(140くらい)で振れっぱなしになったバイク(RZR350:18インチ)では、180くらいからの急減速中に毎回大きく暴れだしてそのまま高速コーナー突入とかなり厳しい状況で走ってた...続きを読む

Q鏡面加工後の表面処理にクリア?

質問させて頂きます。

バイクのフロントフォークを手磨きで鏡面加工したのですが、
地面に近いせいかすぐに汚れてしまい、何度も手入れしなければいけません。

そこで、鏡面加工の上にクリアを吹けば鏡面がくすまないというのを耳にしました。

そこでウレタンクリアーを鏡面加工したフロントフォークに吹こうと思うのですが、下地処理など鏡面加工なのでできないのですが、それでもきれいにのりますでしょうか?

ちなみに2液か1液のウレタンでスプレーガン吹きをする予定です。

ご存知のかたよろしく願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

アルミ地肌は、メーカーの真似をする必要はないです。
アルミバフがけのクリアはただお客さんの手に渡るときは
光り輝いていて欲しいとうだけのメーカーサイドの目的のものです。
1年の野ざらしでおけば、手に負えません。
最初からむくで売ってくれたほうが、ミミズバレの治療をするより
楽、とおもいませんか?自分で吹いたクリアもいっしょ。
メーカーのクリアよりはましとはいえ、3年は持ちません。
それより、シルバーを塗るか、いっそ塗らないで、月一で適当お掃除のほうが楽。つまり、ピカピカの少し手前を維持するのです。
ステンのマフラーとお付き合いする神経の1/20ほど気を使ってやれば
なれます。
フロントフォークは最前線です。前から石ころがくれば挫折です。
インナーチュウブは毎日拭くでしょ。
同時にアウターも2000から3000番のスポンジタイプのサンダーで軽く拭いてあげましょう。
ウレタン塗装はそれからでも遅くない(一度塗ってしまうと、失敗してはがすのはそれは大変。お金もすごくかかりますし。)
我がフォークの塗料も10年へたらなかったですが、
今回下地をだすのは、グラインダにバフつけて、1時間かからなかったほど劣化していました。
最初はCRCで現状維持を試みたのですが、どうしても雨とかしぶきで、まだら模様と錆が。そこで軽く拭く(はがす)ことにしたのです
これが、いいのです。錆と鏡面の間の地肌が維持できるのです。
しかも楽チン。
2ヶ月ほっちっちの場合どうなるかは経験不足でお答えができないだけです。

アルミ地肌は、メーカーの真似をする必要はないです。
アルミバフがけのクリアはただお客さんの手に渡るときは
光り輝いていて欲しいとうだけのメーカーサイドの目的のものです。
1年の野ざらしでおけば、手に負えません。
最初からむくで売ってくれたほうが、ミミズバレの治療をするより
楽、とおもいませんか?自分で吹いたクリアもいっしょ。
メーカーのクリアよりはましとはいえ、3年は持ちません。
それより、シルバーを塗るか、いっそ塗らないで、月一で適当お掃除のほうが楽。つまり、ピカピカの...続きを読む

Qラジエターキャップについて

CB1300に乗り始めて2回目の夏を迎えようとしています。

そこで気になることが1つ。
今の時期でもファンが回りだす108℃まであっという間という事もあり、最悪すぐに温度上昇を止められずに110℃までいってから下がってくる事も今年1度ありました。
そこでラジエターキャップを1.1か1.3kのものに交換しようとかんがえました。

ここからが質問なんですが、OKWaveの過去ログを調べてみるとラジエターキャップの交換は水温の沸点を上げてオーバーヒートしにくくするという事。
これはラジエターキャップ交換自体で水温を下げるという意味ではないという捕らえ方でいいんですね?
また、圧力が高くなる為にホースの寿命を縮めるという回答もありましたがどの程度ですか?


ちなみに新車購入後1年2ヶ月で15000m走行の車体です。
ファンが回れば問題無いんでしょうが、私の寿命が縮まりそうなので・・・(汗

Aベストアンサー

こんにちは。

>水温を下げるという意味ではないという捕らえ方でいいんですね?
その捕らえた方で大丈夫と思います。
沸騰寸前になると、気泡が出て冷却性能が激減します。
それの上限を伸ばすと言う考えになるかと。

>圧力が高くなる為にホースの寿命を縮める
圧力は、ラジエターキャップの数値分だけ高くなるかと。
ホース寿命は何とも言えません…

>新車購入後1年2ヶ月
ラジエター周りの点検してますか?
コアが潰れてないかとか。
LLCが減ってないかとか、錆びてないかとか、汚れてないかとか。
LLCの交換(+洗浄)である程度回復するようにも思えます。

Qメッキ剥がし

バイクの金属パーツのメッキを剥がす事は可能でしょうか?
また剥がせる場合どの様な薬品、溶剤が必要ですか?

Aベストアンサー

メッキパーツに塗装するなら剥がす必要はありません
「ミッチャクロン」等のプライマーを使えば問題なく塗装できますよ
いままで何度かミッチャクロンを使ってメッキパーツに自家塗装してますが何の問題もありません
ただ塗装するなら、少し暖かくなってからのほうがいいかもしれません
気温が極端に低いと乾きも遅いし、スプレー缶の圧力も上がりませんから仕上がりに大きく影響します

http://www.paint-works.net/under/prim/trs-mcm.htm

Qバイクのハンドルスイッチが回る。

宜しくお願い致します。

バイクのハンドルお、汎用品アップハンドルに交換しました所、右セルスイッチ外品と左ウインカースイッチ純正、クラッチ外品、ネジお閉めても動き回ります。
少し力を加えないと動かない程度なのですが、危険なので固定できる良い方法教えて下さい。スイッチ類には(チョボ)やハンドルに穴はなく、固定出来ないので、とりあえずハンドルにビニールテープお巻きその場しのぎで固定していますが、力を加えると動きます。鑢で切れ目など入たほうが良いですか、薄いラバーなどで止るのかな? など考えていますが、ご経験ある方どうか御教授下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

スイッチにノックピン(ハンドルの穴に突っ込む突起)ないですか?新車状態でそれはないと思うんですが、なければ誰かが削ったんですね。ハンドルにテープを巻くのは手軽ですけど祖にテープがへたるとやっぱり回ります。お勧めは、接着剤です。スイッチのハンドルと接する部分に透明のゴム系接着剤をつけてやれば大丈夫です。取り外しも力を入れれば外れます。

Qベアリング圧入 熱膨張

お世話になります。

整備のブログなどを見ていると、ベアリング圧入時に熱膨張を利用してる人がいますが、このこと関連でいくつか疑問があります。

1.ベアリングを抜いたり、圧入しやすくする為にハウジング側をヒートガン等で温める方がいますが、温めたらハウジングの素材が膨張して、径が小さくなって、よりキツくなってしまうのではないかと思うのですが、どうなのでしょうか?(抜くときは、ベアリングも膨張してしまうのでなおさら)

2.ベアリングを冷凍庫などで冷やしてから圧入しようとすると、冷凍庫から取り出してから圧入するまでの間にベアリングが結露すると思いますが、問題ないのでしょうか?

バカにもわかるように説明して頂けたら幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

穴が開いたハウジング、単純化して五円玉に置き換えてみてください。
さらにその五円玉を金属の輪に。
その金属の輪を一部切り離してまっすぐの棒にしてみてください。

温めると金属の棒は延びます、丸くして作った輪も径が大きくなります>>>ハウジングの穴も大きくなるのです。

シールベアリングの場合は、封入されている空気の中の水分しか結露しようがないので、気にしないでいいです。ノンシールなら走行中に水分が入ることもあります、こちらも問題なしです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報