利用規約の変更について

自衛隊員が戦争で死亡した場合「殉職」となるのか それとも「戦死」でしょうか?

A 回答 (2件)

自衛隊は他の公務員などと同様で、「殉職」に統一されてます。



もし自衛軍になれば、「戦死」が復活する可能性も否定出来ませんが、そもそも戦死は殉職の一部であって、死亡状況等を具体化した表現に過ぎません。

旧大日本帝国軍の様に「名誉の戦死」などと、戦闘中の死亡を美化する必要性が無ければ、殉職と戦死を区別する理由も無く、戦死を復活させる意味も無いかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2013/04/17 20:48

日本国憲法では,交戦権が認められて居らず,従って戦争も起こり得ません。


戦争したがっている人達は居るようですが,防衛の為の,緊急不正な侵略に対する専守防衛権の発動たる戦闘行為は有り得ます。
戦争行為がないので,戦死もありません。殉職扱いでしょう。
戦死でないので,靖国合祀の可能性も・・・論議のタネには成りそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2013/04/17 20:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング