旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

 腕時計のソーラー電波、という点では、ネットで見る限りシチズンが一般的に評価が高いようです。ソーラー電波に関しては世界一、という声も多いようです。
 
 世界に先駆けて開発したという事で、その分野において一日の長があるんだろうということはなんとなく理解できますが、具体的な技術の差が他のメーカーとの間にどこにどの程度あるのかよくわかりません。

 単純に「正確な時間を刻む」という点では、「電波」を取り入れた時点でどのメーカーの時計でも性能に違いは無くなるんじゃないかと思ってしまうのは浅はかでしょうか?
 
 例えば、セイコー、シチズン、カシオ、で見てみると
  どこもみな誤差は10万年に一秒、とカタログで謳っています。
  針位置補正機能も3社ともあるようです。

 それでもソーラー電波といえば「シチズンが一番」「やっぱりシチズン」という評価が多いのはなぜなんでしょうか?ブランドイメージの差もあると思いますが、実質的な技術の差やカタログ上には表れない違いなど、できるだけ具体的な理由を教えていただければと思います。
 
 宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

その評価はあまり知らなかったのですが、去年買ったシチズンのプロマスター、電波の受信感度はかなり良いと思います。



というのも、我が家には他社の置き型の電波時計もありますが、マンション6階では窓際に置かないと電波を受信出来ません。
そんな状況でも、シチズンは特に問題なく、部屋のどこでも受信できています。
職場でも、同じように他社の電波時計を置いたら全く受信できなかったのに、シチズンはこれまた問題なく受信出来ました。

建物内での受信感度の差があるのでは?と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、わかりやすい違いですね。ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/22 20:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング