こんにちは、
発音に関する質問なのですが、どうしても母音のつかない
Lが発音できません。アメリカの友人に聞いたところ「ピーポゥだよ」とアドバイスしてくれましたが、舌を口の上の壁にくっつけて発音すると「つまって」しまいます。
もしよろしければアドバイスをお願いします。

A 回答 (6件)

再びranxです。


またしても「ひょっとすると」という話ですが、
"l"の発音ができない原因が実は"p"の発音の仕方に
あるということもありうるように思いましたので、
コメントさせて頂きます。
"p"の発音をする時、普通は息がフッと出てきますよね。
その息の出方が人によって強い人と弱い人がいます。
言語によっては強く息の出る音と弱く出る音を区別する
ようなものもありますが、英語は日本語同様、そんな
うるさいことは言いませんので、どちらでも通じます。
"people"には2回"p"が使われますが、前の方の"p"は
息の強さには関係ありません。(本当はこの"p"は強く
息を出すんだという人もいます。)ところが、後の方の
"p"の場合、あまり強く息を出してしまうと、その後の
"l"が続かなくなってしまいます。というわけで、この
"p"を発音する時は、強く息を出さないということが
是非とも必要です。
    • good
    • 0

再び,★alamoana★です。



ranxさん> 「息」を出すことに神経を使うことはないと思います。
ranxさん> 舌先を上の歯茎に軽く付けて、「音」を出しましょう。

ご指摘,ありがとうございます,ranxさん。
おっしゃる通りです。
    • good
    • 0

もしかしたら、舌先を前歯の付け根にくっつけていても、日本語の「ル」の発音のときのように唇をすぼめていませんか。

これでは、つまってしまいますよね。「L」の発音をするときは、舌先を前歯の付け根にくっつけながら、唇の力を抜いて、口をポカーンと開けてやってみて下さい。そうすれば、「ウー」とも「オー」とも区別がつかない「L」独特の発音ができます。
    • good
    • 0

alamoanaさんの回答で良いと思います。


が、ひょっとして、そのままpaochiさんがなさると誤解というか、うまく
いかないこともあるかもしれないと思いましたので、余計なお節介ですが
一言。
「息」を出すことに神経を使うことはないと思います。舌先を上の歯茎に
軽く付けて、「音」を出しましょう。のどの奥からでいいです。何だか
よく分からないただの母音に聞こえるかもしれませんが、それで"l"に
なっています。
    • good
    • 0

alamoanaさんがおっしゃる通り、舌のさきっぽだけを、前歯の付け根に


軽くつける感じだと思います。

子音+Lで終る単語の場合、西海岸のひとはよくLを発音せずに、
ちょっと口を尖らして「ぉ」の発音をしているようです。
フランス語の"eau"(←オード・トワレのオーです)みたいな
発音です。

people = ぴーぽぉ
Apple = あっぽぉ

イギリスの人は、きっちりLを発音されますね。
ひとによっては、舌を軽くつけるだけでなくて、ちょっと引きながら
はじいて発音しているようです。
    • good
    • 0

★alamoana★と申します。



私が,Lを発音するときは,
舌全体ではなく,主に舌先だけを上の前歯の付け根に
軽くつけます。

この際,舌の両側と上の歯ぐきとの間には,
隙間ができますので,ここから息を出しながら声を出すのが,Lです。

息をずっと出し続ければ長くLを発音することも可能です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発音記号 j

英語の発音が正しくなる本には、ju:は母音、jは子音と書いてあります。

“ju:はユーと言い、それからウと唇をすぼめて発音します。jは舌の中央を上顎に近づけて、イと発音します。”

と書かれていますが、間違っているかと。

1.
まずjは半母音です。ですから母音と組み合わせれます。母音グループより子音グループです。theやtoは子音の前ではカタカナで表すとザ、トゥになります。jもそうなります。the universeなど。

2.
そして、舌の中央を上顎ではなく硬口蓋に接近させて発音します。イと言うのではなく、硬口蓋に舌を接近させてただ音声を発すれば口蓋化し、イっぽくなる、iが口蓋化音なので。そしてjは有声硬口蓋接近音です。

3.
つまり子音jのページをつくり、u:と組み合わさると参考書の母音の音。子音は2の音でいいですよね?

また1.2.はあっていますか?そして1の子音と母音が組み合わさる事を音声学的になんと言うのですか?さらにiは口蓋化音と書きましたが口蓋化音なのですか?これじゃiとjの違いがわからなくなりました。

よろしくお願いします。

英語の発音が正しくなる本には、ju:は母音、jは子音と書いてあります。

“ju:はユーと言い、それからウと唇をすぼめて発音します。jは舌の中央を上顎に近づけて、イと発音します。”

と書かれていますが、間違っているかと。

1.
まずjは半母音です。ですから母音と組み合わせれます。母音グループより子音グループです。theやtoは子音の前ではカタカナで表すとザ、トゥになります。jもそうなります。the universeなど。

2.
そして、舌の中央を上顎ではなく硬口蓋に接近させて発音します。イと言うのではなく、硬...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは
ちょっと質問の日本語が読み取れなくて・・・

まず1はいいですよね
ただ、/ j /に関しては個人的には「半母音」よりは「接近音」の方が好きです 
イメージとして勘違いされやすいので
そして、/ j /は「子音」として扱うべきですね 息の流れを遮ってますから(←子音の定義)
(母音は「遮られない音」)
でも、同じapproximantでも/r/はliquid「流音」の方が好きです(蛇足でした すいません)

2もokなんですが、/i/は母音であって口蓋化音ではないです
/i/の舌から、硬口蓋にもっちょっと知覚してやれば/j/になります
これも蛇足ですが、日本語で「ギー」と発音して残った「イー」という音が/ j /の音です(/i/とは違います 日本語の「イ」は/i/ではなくて/ j /に近いです)

3の文章が読み取れなかったんですが、/ j /+/u:/ということですよね okです

>子音と母音が組み合わさる事を音声学的になんと言うのですか?
なんかあったかなー
よく使われる表記は、CVと記しますね → consonant + vowelの意味です
日本語はCVのみです
英語はCV, CCV, CCCVが可能な言語です
ヨーロッパの言語の中には、Cの音だけで構成される単語を有する言語があります(どれだったかは忘れました でも聞くと、あーっていう名前です)

こんばんは
ちょっと質問の日本語が読み取れなくて・・・

まず1はいいですよね
ただ、/ j /に関しては個人的には「半母音」よりは「接近音」の方が好きです 
イメージとして勘違いされやすいので
そして、/ j /は「子音」として扱うべきですね 息の流れを遮ってますから(←子音の定義)
(母音は「遮られない音」)
でも、同じapproximantでも/r/はliquid「流音」の方が好きです(蛇足でした すいません)

2もokなんですが、/i/は母音であって口蓋化音ではないです
/i/の舌から、硬口蓋にもっちょっと知覚してやれ...続きを読む

Q英語の母音の発音のコツがあれば・・

こんちは、
英語の子音の発音に関しては、市販の教材で色々説明されています。(いろいろな説明があって、あまりネイティブの発音方法と一致しませんが・・)
母音に関しても、ほとんど口をあけた形とか大きさを説明しているだけの本が多くあります。
それらの説明に従って母音の練習をしても、口をパクパクするだけで難しそおうです。なにかネイティブの発音の仕方と、少しずれている感じです。ネイティブ式の母音の発音のコツがあれば教えてください。

Aベストアンサー

英語の母音の発音のコツは?
アメリカ英語の母音の発音に関しては、私はあると思います。
スペイスが小さいので、説明が出来れば良いのですが‐‐
まず結論から言うと“くちびるの動き”がポイントなのです。
母音の発音を“くちびるの動き”により分類すると次のようになります。

1)くちびるを動かさないで口だけあけて発音する母音
アイマイ母音の「ア」、butの「ア」、collegeの「ア」、dogの「オ」

2)くちびるを丸めて発音する母音
[u], [u:], [ou]

3)くちびるを引いて発音する母音
[ae], [e], [ei], [i], [i:]

上記の2)に関しては一般の教材でも説明されていますが、問題は上記3)の“くちびるを引く”と言う非常に重要な説明がぬけています。この点が母音の発音のポイントなのです。
例えば[ae]の発音に関して「エ」と「ア」の中間の音で、口を大きく横にあけて舌の位置を下げて、「エ」と「ア」が分かれて聞こえないように同時に発音する、と説明されている場合があります。
しかし英語の母音の発音の説明はこれだけでは不十分です。

それは“くちびるの動き”の説明が欠けているからです。
この[ae]の場合両くちびるはかなり後ろに引かれております。くちびるを後ろに引いてこそ、初めてネイティブなみの[ae]の発音がおのずと出やすくなります。従って母音を発音する時は“くちびるの動き”に注意しましょう。

英語の母音の発音のコツは?
アメリカ英語の母音の発音に関しては、私はあると思います。
スペイスが小さいので、説明が出来れば良いのですが‐‐
まず結論から言うと“くちびるの動き”がポイントなのです。
母音の発音を“くちびるの動き”により分類すると次のようになります。

1)くちびるを動かさないで口だけあけて発音する母音
アイマイ母音の「ア」、butの「ア」、collegeの「ア」、dogの「オ」

2)くちびるを丸めて発音する母音
[u], [u:], [ou]

3)くちびるを引いて発音する母音
[ae], [e]...続きを読む

Qq, j と ch, zh の発音の違い(中国語)

q, j と ch, zh の発音の違い, 後者は日本語の「チャ行」から母音(または半母音)を取っ払った発音、前者は「チ」から母音(または半母音)を取っ払った発音、という理解でいいですか?有気音か無気音かは理解していますので説明を省いていただいて結構です。

お世話になります。

Aベストアンサー

「q」と「j」の違いなのか、「q,j」と「ch,zh」の違いなのか明確ではないのですが、「q,j」と「ch,zh」の違いととらえると、有気音、無気音の違いではなく、「ch,zh」は「そり舌音(巻舌音)」ですので、「チャ」とは、基本的には、まったく異なります。
「q」と「j」の違いであれば、前者が有気音、後者が無気音(同様に「ch」と「zh」の違い)であることは、ご存知のとおりです。

ピンイン表記がアルファベットを使用することから、英語系の発音との混同をされがちですが、便宜的にアルファベットを使用しているだけだと解釈された方が賢明です。

基本から外れたことで言えば、「そり舌音」があまり使われない、南方の方の発音の場合には、「zh」が「チャ、ザ」のような音、「ch」が「ツ」のような音に聞こえるかと思います。
たとえば「jiang」と「zhang」なら、「ジャン」と「チャン、ザン」、「chi」や「chu」が「ツー」のような音に聞こえるというようなことです。
「好吃」が、「ハオツー」と書かれる由来ですね。(笑)
普通話の標準的な「zh」や「ch」は、カタカナで書けないので、これは説明のしようがありません。舌遣いが日本語と全然違う音ですので。

「q」と「j」の違いなのか、「q,j」と「ch,zh」の違いなのか明確ではないのですが、「q,j」と「ch,zh」の違いととらえると、有気音、無気音の違いではなく、「ch,zh」は「そり舌音(巻舌音)」ですので、「チャ」とは、基本的には、まったく異なります。
「q」と「j」の違いであれば、前者が有気音、後者が無気音(同様に「ch」と「zh」の違い)であることは、ご存知のとおりです。

ピンイン表記がアルファベットを使用することから、英語系の発音との混同をされがちですが、便宜的にアルファベットを使用して...続きを読む

Q日本人が誤って母音を発音し忘れる英単語 ( capital の pi、precipitation の ci )

よろしくお願いします。

日本人が英単語の発音を間違えやすいパターンの一つとして、
capital の pi や、precipitation の ci のように、
母音を発音すべきであるにも関わらず、発音しないということがあります。
(母音の強弱のことではなくて、母音の有り無しのことです。)

ここで、「母音を発音しない」というのは、
・「鉛筆」の「ぴ」
あるいは、
・「ごちそうさま」 の「ち」 (chi ではなく ch)
・「おいしかった」 の「し」 (shi ではなく sh)
・「4メガピクセル」 の「く」 (ku ではなく k)
のように、声帯を震わせることなく発音する、という意味です。

このような、母音の発音し忘れが起こりやすいパターンとして、
-pi-、-ci- 以外の具体例をご存知でしたら、教えてください。


ちなみに、今回の質問は、下記質問の出直しです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4296957.html

Aベストアンサー

音声学的にいえば、「声帯を震わせることなく発音する」とは、無声母音を指し、声帯は震えてはいないけれども、ちゃんと発音されているものをいいます。発音のし忘れとか、「chi ではなく ch」というのが誤解の元でしょう。「i」は発音されています。声帯が振動していないだけ。

閑話休題。
日本語で無声母音が生じるのは
1.主として高母音の /i/ と /u/
(「はし(端)」の「は」も無声母音化することがあるが、例外的)
2.アクセントがない
3.無声子音に挟まれているとき
という条件が重なったときです。

英語の無声子音は /p, t, k, f, th, s, sh, ch, h/ ですから、/i, u/ (/i:, u:/ をのぞく)がこれらの子音に挟まれ、かつアクセントがない単語を探せばよろしい。

たとえば、/i/ ですと、topic, Chicago, cockpit, acoustic, benefit, ethical などが無声化しやすいといえるでしょう。

ただし、これはあくまで一般的な傾向であって、上の1~3の条件を満たしたとしても、必ずしも無声化するとは限らない。逆に、hotel の /ho/ が無声化することもある。

また、これらはあくまで日本語なまりです。英語が上達すると、きちんと発音できるようになるので、うまい人は「私はちゃんと発音している」というし、下手な人は無声母音で発音していることが分からない。
難しいところですね。

音声学的にいえば、「声帯を震わせることなく発音する」とは、無声母音を指し、声帯は震えてはいないけれども、ちゃんと発音されているものをいいます。発音のし忘れとか、「chi ではなく ch」というのが誤解の元でしょう。「i」は発音されています。声帯が振動していないだけ。

閑話休題。
日本語で無声母音が生じるのは
1.主として高母音の /i/ と /u/
(「はし(端)」の「は」も無声母音化することがあるが、例外的)
2.アクセントがない
3.無声子音に挟まれているとき
という条件が重なったと...続きを読む

Q日本語の母音についての質問です。音韻論では母音を区分する基準の一つとし

日本語の母音についての質問です。音韻論では母音を区分する基準の一つとして前舌母音、中舌母音、後舌母音の3つがありますが、日本語の「あ」は一般的にどのように区分されているのでしょうか?広辞苑によると日本語の「あ」は前舌母音と中舌母音に該当し、どちらかであるかは区別しない、というような記述がありましたが、これは一般的なのでしょうか?

Aベストアンサー

>>広辞苑によると日本語の「あ」は前舌母音と中舌母音に該当し、どちらかであるかは区別しない、というような記述がありましたが、これは一般的なのでしょうか?

はい。


 これでは回答が短いので、ラデフォーゲッドの図を入れます。

 http://www.phonetics.ucla.edu/course/chapter1/vowels.html

 ご覧になると分かるように、「ア」にあたる母音は、ちょうど上左の「イ」と上右の「ウ」の中間であることにお気づきと思います。「中舌母音」と言われる理由はここにあります。

 「前舌母音」の線も、口が開くにつれて後退しますから、開母音では前後の差が小さいことにもご注意ください。

 

 

Q日本人が誤って母音を発音し忘れる英単語 ( capital, precipitation の pi )

よろしくお願いします。

日本人が英単語の発音を間違えやすいパターンの一つとして、
capital や、precipitation の pi のように、
“i”という母音の文字があるにも関わらず、
鉛筆の「ぴ」のように、無母音の「ピ」のように発音してしまう、
というのがあると思います。

このような、母音の発音し忘れが起こりやすいパターンは、
「ピ」(pi)のほかにあるでしょうか?

Aベストアンサー

この質問を明確化出来るような気がしたので投稿致します。

"capital"を発音してみたのですが"pi"の部分"p"は発音できますが、"i"部分については唇や口内の形は"i"の音に対応している一方声帯を震わすことが出来ません(少なくとも私には出来ませんでした)

この現象を指しているのではないでしょうか?

申し訳ありませんが、この"補足要求"のお答えが"yes"でも"no"でも私はこれに回答する能力を持ちません。

差し支えなければ補足頂けると有り難いです。

Q世界の言語で、何重母音が最大?

日本語が重母音の多い言語かどうかはしりませんが、固有名詞ではありますが 「ダイエー」は "daiei"と4重母音になっています(見方によっては3重母音)。

1、世界の言語で、重母音の多い言語は何語でしょうか?
2、ある言語で、母音が連続することで有名な語を挙げてください
3、逆に、重母音がその言語内で少ないか皆無の言語、あるいは母音自体がほかの言語に比して極端に少ない言語を挙げてください

Aベストアンサー

三重母音までです。単に母音が連続しているのは、二重母音とは言いません。連母音といいます。
二重母音・三重母音はあくまでひとつの音です。連母音と違って、音色の変化にはっきりとした切れ目が無く、際だった音の部分と際だっていない音の部分があります。
日本語では「ダイエー」をなめらかに発音した際、「ダイ」は二重母音になりますが、ゆっくり発音した場合、連母音になります。ちなみに「エー」は、おなじ口の構えで、長く発音されるだけなので、長母音といいます。

中国語には三重母音が多いです。小シアオ、快クアイ、水シュエイ、など。日本語で書けば、三音節のように感じますが、なめらかに連続した一音節です。

Q構文がわかりません。直訳していただければ。

タブオーダーの関係です。
To have a Label control lend its hot key to another control on the form, you must assign the Label's TabIndex property a value that is 1 less than the value of the other control's TabIndex property.
(和訳)
Labelコントロールのホットキーを使用して、フォーム上の別のコントロール(この場合はTextBoxコントロール)にフォーカスを移動できるようにするには、LabelコントロールのTabIndexプロパティに、その(TextBox)コントロールのTabIndexプロパティの値より1だけ少ない値をあらかじめ割り当てなければならない。
(質問)
上の和訳は翻訳専門家によるもので、内容はよくわかりますが、英文[To have a Label control lend its hot key to another control]のかかり受けがわかりません。文法的に直訳してご教授いただければ幸いです。

タブオーダーの関係です。
To have a Label control lend its hot key to another control on the form, you must assign the Label's TabIndex property a value that is 1 less than the value of the other control's TabIndex property.
(和訳)
Labelコントロールのホットキーを使用して、フォーム上の別のコントロール(この場合はTextBoxコントロール)にフォーカスを移動できるようにするには、LabelコントロールのTabIndexプロパティに、その(TextBox)コントロールのTabIndexプロパティの値より1だ...続きを読む

Aベストアンサー

haveは使役動詞で、「~を~の状態にする」、「(人)に~させる[してもらう]」の意、
lendが、「貸す」、「貸し出す」、「〔物が〕~に役立つ」ですから、
(後はおわかりですよね)

「Labelコントロールに、そのホットキーをフォーム上の別のコントロールに貸し出させるために、」
もしくは、
「Labelコントロールに、そのホットキーをフォーム上の別のコントロールの用に供させるために、」
となります。

これで、翻訳専門家の方の訳にうまくつながるかどうか、ご判断ください。

Q米英語の「長母音」「短母音」が音声的な「長さ」を表していないことをご存

米英語の「長母音」「短母音」が音声的な「長さ」を表していないことをご存知ですか?

日本の英語教育では、英語の母音の「長母音」「短母音」という分類が、あたりまえのようにされています。

Akahane-Yamada, et al. (2001)等によれば、米英語の
日本で「短母音」と呼ばれる/ae/(hatのa等)や、/a/(hotのo等)は、
日本で「長母音」と呼ばれる/i:/(heatのea等)や、/u:/(suitのui等)よりも
音声的には長いことが報告されてます。

(最近はhot等の/a/を長母音扱いする辞書もある)

聞いた印象としても、/ae/や/a/が短くは聞こえません。

●質問1.「短母音」の方が「長母音」より音声的に長いものもある、ということをご存知の方はどのくらいいますか?


つまり、「長母音」「短母音」という分類は、「音声的な長さ」ではなく、別なものを基準にしているはずです。(その基準はあまり明確に記されてないようですが、ある程度予想はつきます。)


●質問2.それなら、個人的には「長母音」「短母音」という呼び方は改めた方がいいと思うのですが、どうでしょう?
色々理由はありますが、一番心配なのは、日本語が「遺書」と「衣装」等のような母音の長短を区別する言語なだけに、母音の長短の区別がない英語を学習する日本人にとって紛らわしさ極まりないと思うのです。


もちろん、逆に積極的に「長母音、短母音という呼び方にすべきだ!」という意見の方のコメントも大歓迎です。

米英語の「長母音」「短母音」が音声的な「長さ」を表していないことをご存知ですか?

日本の英語教育では、英語の母音の「長母音」「短母音」という分類が、あたりまえのようにされています。

Akahane-Yamada, et al. (2001)等によれば、米英語の
日本で「短母音」と呼ばれる/ae/(hatのa等)や、/a/(hotのo等)は、
日本で「長母音」と呼ばれる/i:/(heatのea等)や、/u:/(suitのui等)よりも
音声的には長いことが報告されてます。

(最近はhot等の/a/を長母音扱いする辞書もある)

聞いた印象としても、...続きを読む

Aベストアンサー

質問1.では、「短母音」の方が「長母音」より長いことは知りませんが、
   両者の差が「長さ」ではないことは大学1年の時に知りました。
確か英和辞典の発音の説明を読んで知りました。
itはいくら長く発音してもeatにはならないことがわかりました。
もっとも、両者の音が違うことは高校の時からわかっていました。
(当時のFENを聴いていてそう感じました)
eiの発音もmakeが一番短く、madeが少し長く、mayが一番長いことも知りました。
また、boycottとboyの発音記号は同じですが、boyはボイとは発音せずボーイとなることなど。
これらの傾向は米語でより顕著ということです。

質問2.については、呼び方として不適切なことはわかりますが、他に適当な
呼び方があるかと言われると困ります。
舌の位置や緊張の強さが違うので、「弛緩音」「緊張音」「前方音」「後方音」
などとしますか。

Q発音記号の口の形と舌の形

各発音記号の口の形と舌の形を覚えたいと思います。図で表現してくれているWEBサイトまたは本をご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

本の「英語耳」は発音記号と口蓋図が出ています。
CDつきです。
私は昔、New Horizon の英和辞書の後ろのほうのページのを見て覚えましたが・・・・。

Webサイトは、自分で使ってみていないので使い勝手が良いかどうかわかりませんが、こういうのもあります。
http://www.pronunciation-english.com/


おすすめ情報