私は19歳の女子大生です。急激なダイエットのため、筋肉だけが落ちてしまい、ダンベル体操で筋肉を増やしたいと思っているのですが、どれくらいの重さのダンベルを使えばいいのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

僕はいわゆる「鈴木教授のダンベル体操」はやっていませんがウェイトトレーニングはやっているので少しアドバイスさせてもらいます。


ダンベルの重量ですが、本来行う種目によって扱える重量に大きな差がある(たとえば「両手にダンベルを持って、頭上にゆっくり10回上げたら、結構しんどくて上げられなくなるくらいのもの」で、「腕を伸ばした状態で反動をつけずに左右に肩の高さまで持ち上げる運動」は絶対に十回も出来ません。)ので、一組だけでやるなら一番軽い重さしか扱えない種目に合わせないと怪我すると思います。
具体的な重さは言えませんが、軽めのものから始めるほうが無難だと思います。
それからダンベル体操も良いですが、腕立てやスクワットなどでも、普段運動してない人なら十分な筋トレになると思いますよ。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=38309
    • good
    • 0

はじめまして!私もダンベルの経験がありますが、いきなり2キロは、キツイと思いますよ。

無理をすると、挫折しちゃうし(笑)。1k~1.5kから始めて、だんだんウエイトを重くしていくのが、ベストです。私は、1キロから
スタートして、片手でやるとき3k&両手のとき2kでやっていました。初めのうちは、腕が筋肉痛になりってしんどかったですねぇ。こつこつやれば、筋肉も付いてきますよ!がんばってください!応援してます\(^0^)/
    • good
    • 0

私も筋トレをしているのですが、ダイエットのためではなく、純粋に筋肉をつけたいのであれば、


10回をなんとかできるくらいの重さで、数セット行えばいいようです。
ご存知かとは思いますが、食事を減らすのは基本的に筋肉が落ちるだけです。しっかり栄養
を摂って、運動(有酸素運動)をしなければ、脂肪は落ちませんから気を付けて下さいね。
では、頑張って!
    • good
    • 0

手近にダンベルダイエットの提唱者、鈴木正成先生の本があったので引用します。



・しっかりと握れる
・重量がはっきり分かる

事が大事で、重さとしては
「両手にダンベルを持って、頭上にゆっくり10回上げたら、結構しんどくて上げられなくなるくらいのもの」で、
「女性なら2~3kgから、運動経験がなければ1kgからでも」ということでした。

私が以前やっていた時は、やはり1kgから始めました。
最初はそれでも結構次の日に響いたかな。
段々慣れてくると軽いと効果が薄れるので、簡単に重さを足せるようなタイプのものがいいと思います。
それと、自己流じゃなくて必ず本などでやり方を確認してから試してくださいね。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/gyotoku_zatugaku/kenko …
    • good
    • 0

ちょっと、求められている答えからずれちゃってる気がしますが、


ダンベルダイエットだと、たしか2kgって雑誌に書いてありました。
片手に2kg、始めてやる時はそれなりにキツイと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダンベルは筋トレ?

タイトルの通りなのですが、
ダンベル体操は筋トレですか?
1日15分程度、ダンベル体操をやっているのですが、
ダンベル体操って、毎日続けてもいいのでしょうか?
よく、筋トレ後は、2日ほど休むことによって筋肉が成長する、
と書いてあるのを見るのですが、ダンベルは??
どなたか、無知な私に教えてください。

ちなみに私は20代女性で、重さは2kgのダンベルを使用しています。

Aベストアンサー

十分な筋トレです。
筋肉を使ってダンベルを持ち上げるので筋肉を使ったトレーニングの一つです。
過度に筋肉を付けたくないのであれば一日置き位で良いかもしれません。
効率よく脂肪を燃焼させ筋肉をつけたいのであればダンベル前に軽い体操やジョギングしてからの方が効率よく筋トレが出来ます。
階段があれば階段の上り下りを数回して心拍数が上がって1~2分落ち着いてから行うのも良い方法です。

トレーニングを行った後にストレッチをしておくと筋肉痛が多少緩和されます。
トレーニングで曲げた方向と逆に伸ばす事です。

Q筋トレをするには、ダンベルとバーベルを持っておいたほうがいいですか? ダンベルで十分ですか? 重さは

筋トレをするには、ダンベルとバーベルを持っておいたほうがいいですか? ダンベルで十分ですか? 重さは何kgがいいですか?(男です。)

Aベストアンサー

両方あるに越したことはない。

どちらかを選ぶならダンベルがいいけど、
ウェイトを変えられるものがいいですよ。

筋肉にもっとも負荷をかけられる重さがいいんだけど、
それは鍛える部位にもよるし、筋肉の成長具合によって変わるわけだから、
「この重さひとつでやる」という考えは間違い。

トレーニングと状況によって絶えず重さを変えなければならない。

できれば1kg単位で変えられるものがベスト。

Qダンベルでの筋トレ

ダンベルを使って、超回復の理論で筋トレしてて思ったのですが
よく、ダンベル使う時に鍛える方法として肘を曲げて上げたり下げたりして行うトレーニング(名前がわからない)で下げる時はどこまで肘を伸ばせばよいのでしょうか?それとも肘を90度に静止させる方がよいのでしょうか?

後、筋トレ後に腕が張るような感覚に襲われるのですが、これは揉みほぐしたほうがよいのでしょうか?

その他にも、これ以外のダンベルでの筋トレ法や筋トレ後の休養の仕方、筋トレを行う時間帯、注意することなど、とにかく筋肉を付ける最適な方法がしりたいです。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

●>肘を曲げて上げたり下げたりして行うトレーニングで、下げる時はどこまで肘を伸ばせばよいのでしょうか?
 >それとも肘を90度に静止させる方がよいのでしょうか?

■力こぶ(上腕2頭筋)の部分であれば、そのトレーニング名称は「ダンベルカール」、「ダンベルハンマーカール」のどちらかではないかと思います。

■振り袖(上腕3頭筋)の部分であれば、そのトレーニング名称は「ワンハンドフレンチプレス(ワンハンドトライセップスエクステンション)」、「プッシュアウエイ(キックバック)」のどちらかではないかと思います。

■トレーニングでは「関節の可動範囲、全域で動かす事」が筋肉への刺激を大きくしますので、可能な限り大きな範囲でトレーニングします。
但し、重いウエイト(負荷)を使用する時は、関節がロックする(関節の曲がる逆方向でそれ以上曲がらないところ)ところで負荷をかけると関節を痛めますので一つ手前で動きを止めます。

上腕2頭筋のカール系でしたら、ダンベルが下に来た時は、肘に負荷はかかっていませんので、下に一直線に肘を伸ばしても差し支えはありません。

上腕3頭筋のエクステンション、ライイング系では、ステッキングポイント(最大負荷がかかるポイント)を越えてから勢いが余って、肘の関節がロックした状態で関節に力がかかってしまう事がありますので注意します。

■上腕2頭筋、3頭筋のトレーニングで筋肉を一番収縮させた状態で少しの間保持する「ピークコンストラクション法」を行うと、より効果があります。
動作の最後で、「ギュッ」と締める感じです。
上腕2頭筋のカール系でしたら90度以上曲げて保持します。

また、先ほどの「関節のロック」とは指し示す状態が違うのですが、「ノンロック法」と呼ばれるテクニックがあります。
上腕2頭筋のカールを例にすると、一番負荷のかかっていない時の肘を下に伸ばした時に、筋肉の緊張が逃げるのを避けるために少し肘を曲げるテクニックです。

筋肉をトレーニングセット中に、持続して緊張させる事は血行を下げ「無酸素性の代謝物(乳酸等)を局所的にため」、「低酸素状態」にする事に貢献します。
この2つの条件は筋肉を発達させるための下記4つの条件の2つに当たります。
「ノンロック法」を用いると、より効果があります。

●>後、筋トレ後に腕が張るような感覚に襲われるのですが、これは揉みほぐしたほうがよいのでしょうか?

この状態は「パンプアップ」と呼ばれる状態です。
放っておけば自然に回復します。もみほぐしたりしなくて良いです。

「パンプアップ」とは、筋肉に局所的に乳酸が溜まり酸性に傾く事で、中和するため水分が筋肉中に集まる現象です。
パンプは1時間もすればかなり引きますが、3日ぐらいは残っている事もあります。

トレーニング休みを1週間も取ると、筋肉のパンプが完全に引け、腕が細くなっている事に驚く事があります。

●筋肉の回復(超回復、超再生)時間

<24時間:一日>
腓腹筋、腹直筋、腹斜筋、前腕屈筋群

<48時間:二日>
三角筋、上腕二頭筋

<72時間:三日>
上腕三頭筋、大胸筋、広背筋、大腿四頭筋、ハムストリング(大腿二頭筋)

<96時間:四日>
下背筋(脊柱起立筋)

トレーニングメニューを組む時には、この時間でインターバルを考えて組む事をお勧めします。

筋肉痛が残っていて動作に支障をきたすようであればメニューをスライドするか、軽負荷で行います。

●トレーニングで筋肉を発達させるためには「4つの条件」があります。

<トレーニングで筋肉を発達させるための4つの条件>

1.筋肉に大きな力をかける事。
2.筋肉の筋線維を切る事。
3.筋肉の局所に低酸素代謝物(乳酸等)を蓄積させる事。
4.低酸素状態にする事。

■1.筋肉に大きな力をかける事。
※トレーニングでは高負荷、高重量を用いる。

筋肉に大きな力が加えられると、その力をシグナルとして筋肉を発達させようとします。
リハビリでストレッチが良いのは、このためです。筋肉を引っ張る事によって筋力低下が最低限で押さえられます。

■2.筋肉の筋線維を切る事。
※トレーニングではエキセントリック(伸張)収縮重視。つまり、ネガティブラップ(おろす事)重視。

筋肉に負荷をかけて筋線維を切ります。
ミクロレベルでの傷なので肉離れとは異なります。
この壊れた細胞をマクロファージ(白血球)が取り込み炎症が起こるため遅発性の「筋肉痛」を起こします。

■3.筋肉の局所に低酸素代謝物(乳酸等)を蓄積させる事。
※トレーニングでは、セット間を短くし低酸素代謝物を局所的に溜めるようにします。2次的にパンプアップを引き起こします。

乳酸の他に成長因子等が関係してきます。
局所的に低酸素代謝物を蓄積させる事により、成長ホルモンの分泌促進、筋肉の成長刺激を与える事が出来ます。

■4.低酸素状態にする事。
※トレーニングでは、筋力発揮の持続時間を長くします。血流が制限されると低酸素状態にする事が出来ます。(ゆっくり上げてゆっくりおろす)

加圧トレーニングに代表されるような低酸素状態では、稼働筋線維数が増加します。
中程度の負荷で体に負担を与えることなく、トレーニング効果を引き出す事が出来ます。

●難しくなりますが、筋肉の特性には、「サイズの原理」というのがあります。
サイズの原理とは運動負荷の小さいものでは優先的に遅筋(赤筋)が使われ、大きいものでは速筋(白筋)が使われるという筋特性の事です。

1回しか持ち上げる事の出来ない重量を1RM(リピートマックス)とすると、その重量の

0~40%      :負荷回数で  ~30回:遅筋(赤筋)
40~75%(80%):負荷回数で30~15回:中間筋(俗にピンク筋)
80~100%    :負荷回数で15~ 1回:速筋(白筋)

と使われる筋肉が違います。
運動回数も、上記の様になります。

サイズの原理には1~3の例外があります。

<サイズの原理の例外>

1.瞬発動作
2.伸張収縮(エキセントリック収縮。ネガティブラップ(おろす事)状態。筋肉が伸ばされながら力を発揮する状態)
3.低酸素状態(加圧トレーニング)

これらの例外には、速筋が優先して使われます。

●サイズの原理より、筋力増、筋肥大、持久力のトレーニングを考えます。

■筋力増、筋肥大は速筋のトレーニングになります。
速筋は、筋反応時間が早く(数十mSEC)、大きな力は出せますが持久力に乏しい筋肉です。
また、トレーニングによって筋肥大を引き起こします。

■持久力は遅筋のトレーニングになります。
遅筋は、筋反応時間が遅く(数百mSEC)、小さな力しか出せませんが、持久力がある筋肉です。
筋肥大は起こしません。

■中間筋は、「速筋がトレーニングによって遅筋の特性を獲得したもの」です。

■メインセットの負荷と回数、セット間時間は、

筋力増トレーニングは 6(1)~8回 やっと出来る負荷で、セット間1分~20分。
筋肥大トレーニングは   8~15回 やっと出来る負荷で、セット間1分。
持久力トレーニングは  15~30回 やっと出来る負荷で、セット間30~45秒。

このような関係になります。

●例を上げると「筋肥大トレーニング」では「トレーニングで筋肉を発達させるための4つの条件」のうち1~4をバランスよく利用している事になります。

1.筋肉に大きな力をかける事。
  ※運動負荷が比較的高い。
2.筋線維を切る事。
  ※運動負荷が比較的高い。
  ※エキセントリック収縮、ネガティブラップ(おろす事)重視。
3.筋肉の局所に低酸素代謝物(乳酸等)を蓄積させる事。
  ※セット間が短い(1分)ため、低酸素代謝物が局所的に溜まる。
  ※これは2次的にパンプアップを引き起こします。
4.低酸素状態にする事。
  ※筋力発揮の持続時間が長いため血流が制限される。(ゆっくり上げてゆっくりおろす)

4つの条件をいろいろな角度からからめてトレーニングをすると、効率よくトレーニングできます。

●食生活参考

<参考HPトップ:廣田ボディビルセンター>
http://hirotabody.com/

<参考HP:廣田ボディビルセンター 廣田家の食卓>
http://hirotabody.com/food.htm

<参考HP:廣田ボディビルセンター 廣田家の食卓 エネルギーとタンパク質の所要量>
http://hirotabody.com/calorie.htm

●プロテイン摂取について

■一回の食事、サプリメントでタンパク質が体に吸収される量は30~50gとされています。
食間に、プロテインを摂る理由は、食事のタンパク質摂取と重ならず、分散してタンパク質を摂ることにより、血中のタンパク質の量を常に一定以上にするためです。
これには、手軽に摂取できるプロテインが有効です。
但し、肝臓、腎臓に負担を強いますので、水分摂取を1日1~2リットルと多めに摂ったり、おしっこが濃い黄色、臭いがきつくなったりした場合は摂取量を調整しなければなりません。
アスリートで、体重1kgあたり1.5~3g程度が、一日のタンパク質摂取量の目安です。
70kgの体重でタンパク質140gです。

■トレーニング後15分をピークとして45~90分間、成長ホルモンが多く出ます。
この期間をアナボリックタイミング(タンパク質同化時間)といいます。
消化吸収の早いプロテインは、トレーニング30分前、直後に摂るといいのはこのためです。
また、就寝後にも成長ホルモンが出ますので、寝る前にも摂取タイミングがあります。
寝る前に摂取しても消化吸収が早いので胃にもたれず最適です。

●トレーニングをする時間帯は、1日のうちで、一番パフォーマンス(体調、疲れ、モチベーション)を発揮できる時間を選択した方が良いです。

御自分の生活で何にエネルギーを注ぎ込むか優先順位を決めます。
大半の人は、仕事、学校がトレーニングよりも優先順位が高いので、日中には出来ない人がほとんどです。

朝の起きがけには、体がまだ目覚めていませんのでパフォーマンスが上がりません。
夕方、夕食若しくは軽食を摂ってから行う方が良いと思います。

血糖値が上がらないとトレーニングパフォーマンスが上がりませんので、十分に筋肉に刺激を与える事が出来ません。

体の生活リズムがありますので、トレーニング時間帯は固定します。

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

●>肘を曲げて上げたり下げたりして行うトレーニングで、下げる時はどこまで肘を伸ばせばよいのでしょうか?
 >それとも肘を90度に静止させる方がよいのでしょうか?

■力こぶ(上腕2頭筋)の部分であれば、そのトレーニング名称は「ダンベルカール」、「ダンベルハンマーカール」のどちらかではないかと思います。

■振り袖(上腕3頭筋)の部分であれば、そのトレーニング名称は「ワンハンドフレンチプレス(ワンハンドトライセップスエクステンション...続きを読む

Q筋肉のつけ方と、どれくらいで落ちるのか

お聞きしたいことがありまして、こちらに書き込みさせていただきます。

今まで、週4~5日の割合でジムに通い、栄養のある食事を心掛けて、2ヶ月で9kg落とした20代後半の女です。
ですがもうすぐで、仕事(介護関係)の仕事がはじまってしまうので、今までのように通えなくなってしまうと思うのです。
それで体力や筋肉をキープし、ゆっくりながらも減量するには、だいたいどのくらい通うのがベストでしょうか?
また、一度ついた筋肉は、どのくらいで失われてしまうのでしょうか?

ちなみにメニューは、エアロバイク(負担110)が60分、腕・肩・胸元・足などの筋トレが、3~4クールで、だいたい50~60分くらいです。
それに週1回太極拳にも通っています。
運動時にはVAAMを欠かしません。
ここ最近、同じメニューをこなしていても、とても楽に感じています。
多分、筋肉はつき始めていると思うのですが、力こぶとかはまったく生まれません(汗)

お手数ですが、アドバイスいただけると幸いです。

Aベストアンサー

毎回同じメニューをこなしてるんですか?
だとしたらそれはやりすぎと言うものです。
有酸素運動(エアロバイク)は毎日しても良いですが、筋トレは同じメニューは最高でも週3回までです。

筋肉はトレーニングを行うと消耗します。その後休ませる事で運動前まで回復し、更に超回復期に筋肉量が増えます。個人差が有りますが、1,2日かかります。
次のトレーニングは超回復期を過ぎてから行わないと、絶えず筋肉が消耗し減るだけです。
力瘤が出来ないのはそのせいではないでしょうか?私は開始時期は週1回でしたが、それでも2ヶ月で力瘤は出ましたよ。

ということで、最低週1回通えば現状を維持出来ると思います。もちろん個人差ありですが。
介護のお仕事は体力を使うので、それも運動のウチじゃないでしょうかね。
今はきっと脂肪だけが落ち、筋量はそれ程増えていないのではないでしょうか。今後回数を減らすと消耗分が補える
→筋量が増えると体重は増えるかも知れません。それを危険信号と間違えないように注意しましょう。
重要なのは体脂肪の減少ではなく、除脂肪体重の変化です。
体重×体脂肪(%)÷100=体脂肪量(重量)
体重-体脂肪量=除脂肪体重

体脂肪は減らしても、除脂肪体重は減らしちゃだめです。
増えた分は筋肉の増加ですから。

毎回同じメニューをこなしてるんですか?
だとしたらそれはやりすぎと言うものです。
有酸素運動(エアロバイク)は毎日しても良いですが、筋トレは同じメニューは最高でも週3回までです。

筋肉はトレーニングを行うと消耗します。その後休ませる事で運動前まで回復し、更に超回復期に筋肉量が増えます。個人差が有りますが、1,2日かかります。
次のトレーニングは超回復期を過ぎてから行わないと、絶えず筋肉が消耗し減るだけです。
力瘤が出来ないのはそのせいではないでしょうか?私は開始時期は週1...続きを読む

Qダンベルを使った筋トレを始める際、インストラクターは無しは危険ですか?

ダンベルを使った筋トレを始める際、インストラクターは無しは危険ですか?

こんにちは。
最近モヤシのような体を改造しようと思い、筋トレをすることにしました。
ここでも何回かお世話になっているのですが、今一度質問させてください。

私は時間とお金の都合上、スポーツジムには通えないのですが、もしプロのインストラクター無しで筋トレをすると何か大きな弊害は出てきますか?
「見栄えをよく」という筋トレ動機なのでそこがダメとなると考え物です…

もし完全に自宅でするとなれば、ダンベルとフラットベンチを買って以下のメニューをこなす事を考えています(ある掲示板の皆さんに考えてもらいました)。
これらをインストラクター無しでやるのは危険ですか?
お願いします!!

~1日~
大胸筋:ダンベルベンチプレスorダンベルフライ
広背筋:ワンハンドローイング

~2日~
上腕二頭筋:ダンベルカール
背筋:ダンベルデッドリフト
肩:ショルダープレス

~3日~
スクワット
腹筋:腹筋

メニューについて何か改善点等あればそちらも教えていただけると幸いです!
お願いします!!

ダンベルを使った筋トレを始める際、インストラクターは無しは危険ですか?

こんにちは。
最近モヤシのような体を改造しようと思い、筋トレをすることにしました。
ここでも何回かお世話になっているのですが、今一度質問させてください。

私は時間とお金の都合上、スポーツジムには通えないのですが、もしプロのインストラクター無しで筋トレをすると何か大きな弊害は出てきますか?
「見栄えをよく」という筋トレ動機なのでそこがダメとなると考え物です…

もし完全に自宅でするとなれば、ダンベルとフラット...続きを読む

Aベストアンサー

再び回答します。
既に良い回答がいくつも付いてるんでなんですけど、結局「ジムに行く時間すら無い」
または「最寄に良いジムがない」上に「筋トレというものに取り組んでみたい(本気で)」
ってことなら、もう自分で勉強する以外選択肢は無いです。
自分も、最初はジムに行ってましたが、今ではほぼホームトレーニーです。
そりゃもう、色々ありました。
馬鹿みたいに重量にこだわって怪我したりとか、早く脂肪落とそうと思って無理なメニュー組んだりとか、ちょっと気を緩めて腹圧緩めちゃったら「アウチッ」とかほんとにもう色々ありすぎて書けないです。
でもこういう怪我って、一般的なスポーツでも同じか、もしくはそれ以上に危険性があります。

やってみたいスポーツがあって、それを本を読んだり動画を見たりして研究して真似してみる。慣れてきたらもっと複雑な動きをやってみる。
それに不安や不満があるのなら、専門的な知識を持つ人の指導を受ける。

経験=知識だと思ってますけど、そのとっかかりを自分で手探りでやってみるってのは、多分自分も含めて多くのホームトレーニーが実践してると思います。
動画サイトでビルダーのトレーニング動画を見てみる。
プログで見かけたメニューの組み立てや種目を真似してみる。

実際に正確に真似することは正直ある程度センスもいるとは思いますけど、何度も動画を眺めて反復し、最初は軽い重量から正確なフォームを心がけて練習を重ねれば、オンザニーからダンベルベンチうプレスなんて一連の動きもできるようになると思います。

再び回答します。
既に良い回答がいくつも付いてるんでなんですけど、結局「ジムに行く時間すら無い」
または「最寄に良いジムがない」上に「筋トレというものに取り組んでみたい(本気で)」
ってことなら、もう自分で勉強する以外選択肢は無いです。
自分も、最初はジムに行ってましたが、今ではほぼホームトレーニーです。
そりゃもう、色々ありました。
馬鹿みたいに重量にこだわって怪我したりとか、早く脂肪落とそうと思って無理なメニュー組んだりとか、ちょっと気を緩めて腹圧緩めちゃったら「アウチッ」...続きを読む

Q購入するダンベルの重さ

お世話になっております。
20歳代前半、185cm,60kg,体脂肪率17%の男です。
数値の通りもやしのように育ってしまいました。
ここ4年ほど運動という運動は全くしていませんが、体重もずっと
変わっていません。
太りにくい人は筋肉も付きにくいという話をよく耳にしますが、やはり
人並み以上の筋肉が欲しいので、
近いうちに筋力UPのためにダンベルを購入しようと思っています。
今考えているのはYAMAZENのクロムダンベルという重量を調整できるダンベルなのですが、
10kg,15kg,20kgと3種類あるようです。
おそらく今の私の筋力では2,3kgのものでトレーニングするのも結構きついと思うので、
10kgのものでも良いかとも考えましたが、半年や1年で10kgも案外軽くなるほどの
筋肉が付けられるなら、先を見据えて15kg,20kgのものを買った方が良いのかな、とも思っています。
皆様のご意見を是非お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

> プレートを取り付けると、
> プレートがガタガタしたり不安定になることはないでしょうか?
ん、まぁガタガタするけど実用上の問題はないです。

> 20kgのダンベルを一つ買うか、
> 10kgのものを2つ買うかで悩んでいます。
ぶっちぎりで10kgダンベル2つです。
色々と使い勝手がいいです。

> 20kgのほうが長さ40cmに対して
おっ…知りませんでした。
でも35cmでもBODYMAKERの安い5kgプレートが
ダンベル片側最大4枚、両端に8枚で
40kgのダンベルが作れるので十分ですね。
ちゅーか山善のシャフトこれ以上の重量扱うのは怖いです。
そのときが来たらイサミかどこかのダンベルシャフト買いましょう。

Qダンベル無しでの筋トレ

腕全体を太くするための筋トレというと大抵ダンベルが必要とする方法を紹介されます。
ですが自分の家にはダンベルが無く、買うお金もありません。
なのでダンベルを使わない(自宅)で、腕全体で鍛えられる筋トレの方法を教えてください。

腕にも何箇所か部位がありますよね?それの各箇所の鍛え方も詳しく教えていただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

まずは腕立てでしょう。
これは、腕を肩幅で行うと腕、肩幅よりも左右に15~20cm位広げると胸に効きます。
次に仰向けになり、お尻を浮かせて逆腕立てのようにすると今度は腕の反対側が鍛えられます。
椅子を使うと可動域を広げられて効果は上がります。
http://koudou-exercise.sblo.jp/category/544312-1.html
ここで紹介してある中級としてある方法です。
これらはプロレスラー等でも行うことがあるそうです。

安定した椅子がない場合は、手を置く場所に雑誌を重ねて台を作っても良いです。(崩れないように注意してください。ジャンプ3~4冊くらいで)

腕立ては手を開いた状態、拳を握った拳立て、てを開いて手のひらを浮かす指立て等、いろいろあり、それぞれ微妙に使う力が違います。いろいろやってみてください。

ダンベルなんかよりも自分の体重の方が重いので、これを有効活用しない手はありませんよ!!

Q脂肪と筋肉 なぜ筋肉から落ちるのでしょう?

ダイエットすると筋肉から先に落ちて、脂肪は次に落ちると聞きました。
これっておかしくないですか?

脂肪は飢餓に備えてエネルギーの貯蔵庫としてあるわけですよね。
ダイエットすることでエネルギー不足が起こったなら、この考えでいくとまずは脂肪から使うべきだと思うのですが、人体は何を考えて筋肉から先に分解していくのでしょう?

筋肉は生物の身体において、活動するのに重要なものですよね。
エネルギー確保のために狩りをするのにも瞬発力が必要ですし、筋肉から分解してしまうとそれすらもできなくなります。

ダイエットはタンパク質も不足するから、動くだけで断裂を起こす筋繊維の減少の方が早いということでしょうか?
だとすると、ダイエット中も必要分のカロリーをタンパク質で摂っていれば、脂肪から先に落ちていくということになりますか?

Aベストアンサー

駄文の回答集をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ去年ここから締め出されたこの人の回答集なども
お目を通していただくとよろしいかもしれません。
http://kikitai.teacup.com/user.php3?u=1289144

この人1年ぐらい消えてたのですが、再登場後の回答は明らかに「ウケ」だけ狙った
ものが多いので2009年ぐらいより前の回答の方が役に立つと思われます。

>筋肉に与えるダメージの意味で質問に「断裂」という言葉を使っていますけど

実際には日本語だと「筋線維の(微細)損傷」ですね。
豆知識ですがポジティブ動作とネガティブでは損傷箇所が変わります。

>ダイエットで減量している時は筋肉が減るという考えですよね。

えと、ある体脂肪率(実際は体重や身長に対しての絶対的な体脂肪量)までは
減量テクニックがあればほぼ減らすことは無いです。
そこを超えるとやっぱり減ります。
したがって

>同時に減り始めてそれぞれのスピードに差があるだけという認識でよろしいでしょうか?

体脂肪量とトレーニングの有無によります。そこそこ脂肪が乗って筋肉がそれほどついていない状態でそこそこの摂取カロリーがあるなら
ある程度脂肪を落としながら筋肉を減らすことも出来ます。

一つの例として貼らして頂きますが
http://oneh.main.jp/forum/viewtopic.php?f=9&t=46

非常に特殊な例なのでこう覚えて下さい。
一般的なダイエットの状況下できちんとしたウエイトトレーニングを行った場合
・ある一定の体脂肪率(体脂肪量)までは脂肪だけ落ちます
・そこを超えると9:1ぐらいで減って行きます

ウエイトトレーニングを行わない場合は
・8:2ぐらいでほぼ同時に減ります。
・かなり体重が落ち標準体重を切り脂肪が少なくなると筋肉と骨の減少率は上がります
(男女差があります)

なので体脂肪率は体重が分母になりますから、通常、体重が下がると体脂肪率は上がります。

この件に関しては後ほど新しく立てられた質問にも参加してみます。

駄文の回答集をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ去年ここから締め出されたこの人の回答集なども
お目を通していただくとよろしいかもしれません。
http://kikitai.teacup.com/user.php3?u=1289144

この人1年ぐらい消えてたのですが、再登場後の回答は明らかに「ウケ」だけ狙った
ものが多いので2009年ぐらいより前の回答の方が役に立つと思われます。

>筋肉に与えるダメージの意味で質問に「断裂」という言葉を使っていますけど

実際には日本語だと「筋線維の(微細)損傷」ですね。
豆...続きを読む

Qバーベルとダンベルの筋トレの違いは?

(1)例えばダンベルでバイセプス・カールと、バーベルでバーベル・カールをするのは筋トレの効果的にはどう違うのでしょうか?

(2)上記の筋トレで立ったままでするのと、ベンチに座って筋トレをするのはどう違うのでしょうか?
個人的には立った状態では下半身の筋トレにもなりますし、座ったままだと上半身を鍛えるトレーニングのような気がしますがどうですか?

(3)プロテインのメーカーは、ゴールドジムとかSAVASとかいろいろありますが、安いのを買っている僕はダメでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

趣味でパワーリフティングをやっています。

(1)
僕はどっちもやっています。ダンベルカールはやらないこともありますが。
バーベル:全体、ダンベル:ピンポイント という認識を持っています。
僕のトレーニングでの意識は、バーベルで刺激して、ダンベルで仕上げる?みたいな感じでしょうか。

(2)
下半身のトレにはならないと思いますけど。。。
それならスクワットやった方がいいです。
「上記の筋トレ」とあるように、カールは2頭筋です。
立ったままのは、チートが使いやすく、その分重量が扱えるといったところで、座ってやった方がチートは難しいです。
バーベル:多少チートを使ってでも、ガツと引いて全体に刺激
ダンベル:軽い重量+座って行うことで、2頭をパンパンにしてあげる。
って感じです。
僕の2頭トレは2種目だけですが、、、、。
Wバーカール(ナロウ):6~8レプス4セット
シーテッドダンベルカール:8~12レプス3セット
です。
筋肥大目的のトレしてる人の方がたくさんしてると思います。

(3)
安いの買うなら海外オススメです。
僕は10kgのを買って飲んでいます。kgあたり1900円くらいです。
なので、全然ダメじゃないです。

趣味でパワーリフティングをやっています。

(1)
僕はどっちもやっています。ダンベルカールはやらないこともありますが。
バーベル:全体、ダンベル:ピンポイント という認識を持っています。
僕のトレーニングでの意識は、バーベルで刺激して、ダンベルで仕上げる?みたいな感じでしょうか。

(2)
下半身のトレにはならないと思いますけど。。。
それならスクワットやった方がいいです。
「上記の筋トレ」とあるように、カールは2頭筋です。
立ったままのは、チートが使いやすく、その分重...続きを読む

Q筋肉が落ちて出来たかたい脂肪(特にふくらはぎ)は運動すれば筋肉になって

筋肉が落ちて出来たかたい脂肪(特にふくらはぎ)は運動すれば筋肉になって細くなりますか?
それともかたい脂肪だけ残りますか?

Aベストアンサー

脂肪と筋肉は化学的に別の物質なので、
脂肪が筋肉になるとか、筋肉が脂肪になるとか
というようなことは起こりえません。

また部分痩せはできないというのが一般的ですが、
筋トレして筋肉をつけていけば、その部位は
相対的に脂肪がなくなり易くなるというような
ことはあるそうです。

但し私の言う筋トレとは、ダンベル体操とかではなく。
本当のレジスタンストレーニングもしくはスロトレです。
因みに有酸素運動でも脂肪は落ちますが、
ふくらはぎ狙い撃ちはできません。

重いダンベルを持つか、軽めの重りを持ってスロトレを行うか。
いずれにしてもふくらはぎならカーフレイズですね。


人気Q&Aランキング