外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

主人の症状についてお聞きしたいことがあります。
主人は38歳。内装工事業をしています。
3週間ほど前から、左腕が45度くらいまでしか上げられません。

□きっかけは不明。
□痛みや、しびれなどは全くなく、握るつかむなどは可能。
□反対の手や、人の手を借りれば上まで上げられるが、自力では無理で、上げた後は維持していることができずに腕が下りてきてしまう。
□首肩レントゲンや、MRI検査では異常がみられない。
□他病院で、『C5前根障害』ではないかと診断された

腕を使う仕事なので、仕事ができずに困っています。
現在病院をたらいまわしの状態で、本人も不安なようです。
こういった症状の原因と病名、および治療法を知りたいです。

また、日常で摂取した方が効果的な食材や成分、温泉がよいのならば効果的な成分なども教えていただけたら嬉しいです。

どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

症状だけでいえば腱板損傷という肩の深い筋肉が損傷することによって腕を上げられなくなるというのに似ています。

ただ腱板損傷であれば、重いものを持った瞬間などなにかはっきりしたきっかけがありますし(高齢者であればないケースもある)、痛みはあるはずですし、MRIで異常も確認できます。ちなみに40肩50肩と言われる肩関節周囲炎では肩に可動域制限が出ますので、人の手を借りても上がらないという特徴的な所見が出ます。人の手のかりれば上がる(可動域制限がない)、自動運動不可などは腱板損傷にみられるものですが、ご説明しましたように腱板損傷で辻褄が合わない部分もあるようです。

恐らく肩そのものの異常というより、肩を動かす命令機構つまり神経系にどこか異常があるのかもしれません。脳神経外科、神経内科などを受診されてみてはいかがでしょうか。間違っても整体や整骨院などにはいかれませんように。原因がわからないうちはかえって悪化してしまう恐れがあります。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

はじめに接骨院に行き、その時に腱板損傷ではないかということだったのですが、
痛みがないので、腱板損傷や四十肩の可能性も低く、痛みがないということは患部もないので治療もできないということで、内科を勧められました。

次に内科でレントゲンを撮りましたが異常がなく、外科を紹介されました。

そして外科でMRIを撮りましたが、これも異常が見つからず、C5前根障害ではないかと言われ、さらに神経内科のある大きな病院を受診するよう勧められました。

この段階で皆さんに質問させていただいたのですが、回答を待っている間に、東大病院の神経内科の予約が取れ、現在は予約日を待っている状態です。

受診日をただ待っているのももどかしいので、鍼灸に行こうと思っていたのですが、かえって悪化させてしまうというアドバイスをいただき良かったです。
貴重なアドバイスをありがとうございました。

いまは、東大病院で、原因と治療法がわかることをただただ願っています。
お忙しいなか、丁寧なご回答を感謝しています。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2013/05/02 02:00

複数の病院を受診されているようですがどの科を受診されたのか補足お願いします。



感覚障害を伴っているのかどうか。腕を上げられないのは可動域制限のためなのか筋力低下のためなのか。もし筋力低下なら、三角筋のみなのか、棘上筋、棘下筋、上腕二頭筋などを含むのか。症状の発症は、急激なのか、数日かけて次第に進行したのか。検査も重要ですが、上記のような診察所見も非常に重要です。

現時点では診断がついておらず、代替医療を使用すべき状況ではありません。検査をしてもらった病院でよく相談して見て下さい。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

□感覚障害はありません。痛みや痺れもありません。
□腕を上げられないのは可動域制限のためだと思います。(前日まではいつも通り肉体労働をしていたので)
□症状の発症は、ある日突然です。


はじめに接骨院に行き、その時に腱板損傷ではないかということだったのですが、
痛みがないので、腱板損傷や四十肩の可能性も低く、痛みがないということは患部もないので治療もできないということで、内科を勧められました。

次に内科でレントゲンを撮りましたが異常がなく、外科を紹介されました。

そして外科でMRIを撮りましたが、これも異常が見つからず、C5前根障害ではないかと言われ、さらに神経内科のある大きな病院を受診するよう勧められ、現在は東大病院の神経内科の予約日を待っている状態です。

お忙しいなか、丁寧なご回答をありがとうございました。

お礼日時:2013/05/02 02:07

先生に牽引は効果が無いのか聞いて見ては。


脳神経外科を受診してみては。
どうしても原因が分からないのであれば鍼灸院を試してみては。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

接骨院→内科でレントゲン(異常がなし)→外科でMRI(異常なし)→国立の大学病院の神経内科の予約中です。

いまは、予約中の国立の大学病院で原因と治療法がわかることをただただ願っています。
お忙しいなか、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/02 02:14

あと「整体」とかで「治った」って人も居ますが、逆に「整体で30肩が50肩に悪化した」って人も居るので、お勧めは出来ません。



整体は、治るか悪化するかどっちか判らず、リスクが高いギャンブルになってしまいますから。
    • good
    • 3

「30肩」「40肩」「50肩」で検索してみて下さい。



「50肩」とかになると「水平以上には上がらない状態」になって、いくら検査しても「異常無し」って言われます。

要は「あっちこっちガタが来ている状態」なんで、血行を良くするとか、温泉入るとか、サプリ飲むとか、そういう「民間療法」しか…。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

痛みがないので、四十肩ではないと言われました。
一週間後に国立の大学病院を受診することになっているので、その診察に期待しています。

お忙しいなか、ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2013/05/02 02:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q突然腕が上がらなくなりました。何科を受診したら良いですか?

こんにちは。主人の事で相談させてください。

1週間ほど前から、朝起きたら突然右腕が上がらなくなりました。
無理に上げようとすると鈍痛が走ります。
四十肩でしょうか?
それとも冷房による冷え?
お医者様は何科を受診したらよいか、お教え下さいませ。
どうぞ宜しくお願い致します。

ちなみに、主人の年齢は33歳。仕事は営業をしており、あまり重い荷物は持ちません。

Aベストアンサー

四十肩だと思います。整形外科にかかってください。
よく四十肩とか五十肩と言われますが、病名は肩関節周囲炎です。
日ごろ肩を動かすことの少ない主婦やサラリーマンに多く見られる傾向があります。
一般には肩関節周辺の組織の加齢的変化による炎症ですが、使いすぎや冷えが痛みのきっかけになる事もあります。
長期間、痛みを我慢して動かさないでいると、肩関節が固くなってしまいます。痛みをとって動かす事が大切なのです。
長引くこともありますから、早い時期に治療を始めたほうがいいです。
肩は温めてください。
クーラーのかかっている部屋にいる時や、寝ている時など、肩にサポーター(タオルなど)で冷えないようにしてください。

Q急に左腕に力が入らないようになりました

筋トレ歴1年半ほどになります。いつものようにダンベルカールを1セット2セットと続け、さあ3セット目をしようとしたとき急に左腕だけ力が入らなくなり今やっていた重量で全く出来なくなってしまいました。
おかしいなと思いつつ、しばらく休養すれば直るだろうと思っていたのですが、2週間たった今も左腕は以前の力が出ません。上腕二頭筋から三角筋にかけての部位がだる~い感じがあります。痛みは全くありません。
上腕三頭筋は以前と同じ重量でトレーニングすることが出来ますが、二頭筋のトレーニング(ダンベルカールなど)やベンチプレスそれにショルダープレスなどするときは左腕に以前の力が入らず、結構悩んでいます。
筋肉が断裂したのでしょうか?でも痛みはないですし・・・このような症状にお心当たりのある方、アドバイス頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本当に速攻で病院いくのをお勧めします。
知人で、大工していた人がいるのですが、
仕事の過程で、青のビニールシートを広げようと、
パッと両手を挙げたら、左の肩が痛み無く動かなくなり、
痛くないのでそのうち治るだろうと放っておいたら、
そのまま動かなくなり、医者にいくと、もう動かないと宣告されたそうです。もう少し早く行っていれば、他の対処もあったそうです。
今は知人は大工をやめ、障害者年金を細々ともらって生きております。
そもそも痛くないのがおかしいです。
普通ならば、動かなければ痛いはずなのです。
すぐに病院へいってみてください。
あと、念のため、糖尿病の検査も受けておいたほうがいいと思います。
筋トレなどされているくらいですから、結構無理が利くタイプの体だと思います。
そういう方は(私が知る人々を見てきた上での率としての話ですが)糖尿病になるかたが多いように思います。
暴飲暴食のせいというよりは、今まで暴飲暴食しても平気で、徹夜やハードワークも平気なので、これからも寝たら治るし平気であろうという油断が原因だと思います。
いくら力が有り余る体だとしても、年とともに代謝が落ちたりして、知らないうちにカロリーオーバーしていたりするかも。
そして糖尿病を患っていると、痛くはないがしびれや靴下を履いた感じになることがあるらしいです。ひどくなると壊疽するそうです。
腕ということですので、おそらく大丈夫でしょうが、たかをくくらず、早めに病院へ行くのをお勧めします。
何も無ければ安心なのですから。
くれぐれもお早めに。

本当に速攻で病院いくのをお勧めします。
知人で、大工していた人がいるのですが、
仕事の過程で、青のビニールシートを広げようと、
パッと両手を挙げたら、左の肩が痛み無く動かなくなり、
痛くないのでそのうち治るだろうと放っておいたら、
そのまま動かなくなり、医者にいくと、もう動かないと宣告されたそうです。もう少し早く行っていれば、他の対処もあったそうです。
今は知人は大工をやめ、障害者年金を細々ともらって生きております。
そもそも痛くないのがおかしいです。
普通ならば、動かな...続きを読む

Q左上腕部の筋肉が萎えてしまって・・・

腕に力が入らなくなり、変だと思っているうちに、左上腕部が細くなってきて腕が上がらなくなってしまいました。(半年経過)3月初旬に病院にて、筋電図・CT・MRIと検査をして頚椎の4・5・6番の所が変形していて神経を圧迫しているとのことが原因の一つと診断されました。ただ・・・三角筋や腕の筋肉がかなり萎縮してしまっているのがとても気になるのす。このような神経の圧迫から腕の筋肉が萎えてしまうこともあるのでしょうか?不安です。

Aベストアンサー

更に自分で補足してしまいますが、Jacksonさんという昔の偉い先生が、「牽引により椎間孔(神経根が頸椎から出ていく孔で、上下の椎骨の間にあります)を拡大し神経根の圧迫を除去する目的では少なくとも12Kg以上の力で牽引しなければならない」と述べているのですが、確かに椎間孔を一時的に開くためには男性では15Kg、女性では10Kg位の牽引が必要です。しかし、いきなりこのような強い負荷をかけると、前述しましたように筋肉、靱帯などを傷めてしまう可能性が高いですし、しかも、牽引を終了すれば、牽引中には一時的に拡大されていた椎間孔も、瞬時にして元の状態に戻ります。(当たり前ですよね。)従って、現在、椎間孔を拡大させることを目的に牽引をする医師というのは非常に古い知識しかない医者か、勉強不足な医者としか言いようがありません。
現在でも認められている牽引の効用は、局所の安静と、筋肉、靱帯、及び関節包の血行を促進させて局所の浮腫を取り除き、機械的炎症を軽減させることであろうと思います。その目的には、決して強い力で牽引するのではなく、せいぜい1-2Kgくらいから始めて3-4Kg位で十分です。

手術が得意な病院というのは、お住まいの地域もわかりませんし、たとえわかったとしても私はすべての地域の本当に手術のうまい先生をすべて知っているわけではありませんのでお答えのしようがありません。
ただ、頸椎の前方から進入する手術では、手前味噌ながら、顕微鏡を使って行う脳外科医の方が、顕微鏡をあまり使わない整形外科医よりも、より慎重で確実であるとは思っています。実際私の病院では、整形外科医は脳外科医よりも人数が多く、以前は首の手術もやっていたのですが、今ではすべて脳外科に手術症例を回してきています。

更に自分で補足してしまいますが、Jacksonさんという昔の偉い先生が、「牽引により椎間孔(神経根が頸椎から出ていく孔で、上下の椎骨の間にあります)を拡大し神経根の圧迫を除去する目的では少なくとも12Kg以上の力で牽引しなければならない」と述べているのですが、確かに椎間孔を一時的に開くためには男性では15Kg、女性では10Kg位の牽引が必要です。しかし、いきなりこのような強い負荷をかけると、前述しましたように筋肉、靱帯などを傷めてしまう可能性が高いですし、しかも、牽引を終了すれば、牽引中には...続きを読む

Q肩が痛くないのに上がらない

肩が痛くないのに上がらない
私の父は大工で64歳なのですがもう10年以上前から右肩を痛めてまして、その右肩をかばってずっと左肩をこの2、3年酷使していました。
そしてつい2週間前仕事中に天井に板を張ろうと両腕で板を支えているとだんだん左腕が下がってくることに気付いて、それ以来痛みもないのに左腕が90°より上には上がらなくなってしまったようです。昔ヘルニアを患っていたので神経が圧迫されてると思い、県立病院で診察してもらったのですが神経に異常はなく、肩にも異常はなかったようです。
左腕が使えないのでずっと右腕で仕事をしていたので2週間で左腕の筋肉はみるみる痩せ衰え、仕事もはかどらないようです。そんな父を見ているととても心苦しく、どうにか原因を突き止めて治してやりたいと思うのですが、病院では原因がわからないのでどうしようもなく、皆様の知恵をお借りすることにしました。
五十肩、四十肩は痛みで肩が上がらないということなので上述の例には当てはまらないと思います。父は筋がおかしいのかなとも言っていました。どうか考えうる原因を何でもいいのでご教授願います。

Aベストアンサー

まず、整形外科に行ってみて下さい。

肩と首の検査をしてもらって異常がなければ、以下の要領で試してみて下さい。

1.まずお父さんにイスに座ってもらいます。
2.お父さんの左側にあなたが立ちます。
3.あなたがしゃがんでお父さんの左腕をあなたの左肩の上に乗せます(あなたの左肩でお父さんの腕をかつぐ)
4.あなたはお父さんの肩甲骨を両手で押さえます。(左手で上から、右手は下から)
5.あなたが少しずつ立ち上がります。このとき、お父さんの肩甲骨が動かないようにしっかり固定して置いて下さい。
6.45度ぐらいまでゆっくり上げて終了します。
7.お父さんが一人で腕を上げてみて変化を見ます。
8.自力で上げられるようでしたら、翌日90度まで上げるように挑戦します。
9.変化がなければ、病院か整体院へ行ってみて下さい。

病院の検査で異常がない。と言われて場合、病院を変えないと、無駄に電気治療とか受けることになりますので、異常を発見してくれるところを探す必要があります。




お父様の腕を別の人が持ち上げるようにして上げていっても痛みませんか。

Q肩を後ろにやると痛いが何科に行けばよいか教えてください

30歳女性です。

右肩なのですが手を肩の高さまで上げて、後ろにやるととても痛いです。場所は肩の骨の上の一部分で軟骨のあたりのような気がします。
それをかばって稼動域が減っている感じで肩こりもひどいです。
ゆっくりやれば痛くないんですが、急に後ろにやると激痛です。

何科に行けば分からず、以前通っていた鍼に行った時相談したのですが全然直りません。

スポーツなどは一切やらないのですが、以前本当に疲労が続いたときがあってそのころから痛みがある気がします。

一体何科に行けば良いでしょうか?
自分で思い当たるのは整形外科かペインクリニックなのかな?と思うのですが病院のたらいまわしは嫌なので・・どなたかアドバイスいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

整形外科です。

原因はいわゆる四十肩・五十肩の他、インピジメント症候群、腱板損
傷、石灰沈着など様々あります。これはレントゲンをとって見ない分
かりません。整形外科を受診して、レントゲンでしっかり調べてもらっ
てください。整形外科では飲み薬、シップ、注射、リハビリなどで治療
します。飲み薬は恐らく消炎鎮痛剤が出ると思います。

痛みの原因は全て炎症です。皆さん痛み止めといっているものは “消
炎剤”です。これは患部の炎症を抑えるの主たる目的で、その結果(副
産物的)に痛みが取れています。決して何かを麻痺させているわけでは
ありません。

炎症とは腫れも伴うので、腫れの為に患部の血行不良が出てきます。骨
などの変形があっても、手術以外では骨はどうにもならないので、お薬
で炎症を押されればそれで完治です。消炎鎮痛剤は痛み止めの一時しの
ぎではありません。立派な治療になります。

ただお薬にも相性がありますので、効かなければ主治医と色々相談して
お薬を変えてみるのも手かと思います。同じ効果のお薬は沢山あります
ので。


ちなみに接骨院では診断&治療は出来ません。詳しくご説明します。


~治療院について~
 
 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは
  全て真っ赤な嘘です。そもそも彼らは公的資格が一切ありません。
  早い話、無資格の素人です。誰でも明日からすぐに営業できます。
  素人さんですから、勿論健康保険は使えませんし、自賠責だって保
  険屋からは相手にされません。背骨と背骨の間に椎間板というクッ
  ションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認さ
  れています。一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば
  驚異的なスピードで椎間板は劣化します。長期的に見れば確実に悪
  化します。

 整骨院・・・柔道整復師という国家資格者で、接骨院、骨接ぎとも呼
  ばれています。肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている
  方もいますが、ここは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのい
  わゆるケガを治療する施設です。
  
  一番下の Q:接骨院や整骨院はどのような時にかかったら良いんで
  すか? をご覧下さい
  http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html
  
  腰痛や肩コリの治療は一切出来ません。 「歯医者で眼の治療」 
  をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯
  し、慢性肩痛を「肩のねんざ」など嘘の受傷理由を添付して、健康
  保険を偽装請求し荒稼ぎしています。不正は業界ぐるみで行われて
  おり、全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険
  から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あ
  り、2007年度で約3000億円かかっています。言うまでもなく、保険
  料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほ
  とんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納
  得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度に
  して浮いたお金が3000億円です。

 鍼灸整骨院・・・鍼灸師と柔道整復師の免許をもている方、もしくは
  それぞれの施術者いる施設です。ここも整骨の保険を悪用している
  可能性があります。鍼灸は保険が使えますが必ず医師の診察の上、
  同意書が必要です。保険証を窓口に提示して即保険で鍼治療の場合
  は、整骨の保険(ケガの保険)で鍼をしているケースが多いです。
  これは例えていうなら、出産時自然分娩にもかかわらず、帝王切開
  として保険請求するようなことです。これが普通の病院なら大問題
  です。マスコミに大きく報道され、二度と再起できない状態に追い
  込まれるでしょう。しかし鍼灸整骨院に関してはお咎めなしです。


 鍼灸・マッサージ・・・国家資格者ですから、代替医療にかかるのな
  らこれしかないでしょうね。マッサージは肩凝りでは保険が使えま
  せんが、鍼であれば使えます。しかし医師の診断が必要です。



痛い所があれば患部にシップを貼って下さい。自己流のマッサージやス
トレッチは筋肉や神経を傷め、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる
恐れがあるので控えましょう。

レントゲンは病院でしか取れませんので、整体、接骨院、整骨院ではなく
必ず整形外科を受診してください。


病名が分かれば補足ください。もう少し詳しくアドバイスできます。
長文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

整形外科です。

原因はいわゆる四十肩・五十肩の他、インピジメント症候群、腱板損
傷、石灰沈着など様々あります。これはレントゲンをとって見ない分
かりません。整形外科を受診して、レントゲンでしっかり調べてもらっ
てください。整形外科では飲み薬、シップ、注射、リハビリなどで治療
します。飲み薬は恐らく消炎鎮痛剤が出ると思います。

痛みの原因は全て炎症です。皆さん痛み止めといっているものは “消
炎剤”です。これは患部の炎症を抑えるの主たる目的で、その結果(副
産物的)に痛み...続きを読む

Q利き腕じゃない筋肉のトレーニング

自分は右利きなのですが、利き腕の方の筋肉(胸、腕、背)は意識的に力を入れることができるので、トレーニング後にバンプしてるのがわかりやすいんですが、問題は左腕なんですけど・・・・二の腕に力を入れたりしても僧帽筋まで力を込めてしまったり、胸の筋肉も左は動かせなかったりと・・・なんて言うんでしょうか~右腕と同じ感覚で筋肉を動かせないって言えばいいんでしょうか?なのでトレーニングをしている時もなるべく意識をしているのですが、目的とする部位の筋肉以外も使ってしまっているようです。
皆さんもこんな感じなのでしょうか?
何か改善できるようなトレーニング方法を知ってらっしゃる方がいたら教えてください!!

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●前置きとして

トレーニングする筋肉を意識することは非常に大切です。

意識をすることにより、筋緊張持続を保つことが出来るからです。
筋緊張持続は、筋肉中の血行を制限(筋肉の張りに押されて血流が滞る)しますので無酸素性代謝物(乳酸、一酸化窒素)を多く溜めることが出来ます。

乳酸を一時的に局所に多く溜めると、筋肉中の受容器(感覚器)に感知され、代謝物受容反射を引き起こし、脳下垂体に成長ホルモンを分泌させます。
血液中の成長ホルモンは、トレーニングで刺激を受け感受性が増した筋肉を成長ホルモンで修復(超再生、超回復)します。
一酸化窒素は、筋肉の遺伝子に働きかけ、筋肉の発達を促す成長因子を発現させます。

筋肉中に、乳酸が多く溜まると酸性に傾く結果、浸透圧により水分が集まってきます。
これがパンプアップ(筋肉がパンパンに張ること)の原因です。

<資料>
<質問:ダンベルでの筋トレ>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2019544

●右と左の違いは誰にでも出るものです。
トレーニングによって、左右の差を縮める努力をします。

長い間トレーニングして、トレーニングフォームがなじんでくると自然にこの差は少なくなっていきます。
日頃の努力の積み重ねが大切です。
主動筋に意識を集中し、トレーニングをし続けることで長い時間を経たのち達成できます。

私の場合、一番意識がしにくかった筋肉は広背筋です。

ここ1年やっと満足に意識して効かせる事が出来てきたのではないかと思っています。
種目はチンニング(懸垂)、ベントオーバーローイングです。
トレーニングをやり始めて5年くらいかかっている計算になります。
やはり意識をすることは難しいのです。

●「>左腕の二の腕の筋肉」というのがわからないのですが、上腕2頭筋か上腕3頭筋のどちらかと思います。
上腕2頭筋は目でも確認できますし、収縮具合を目で確認して、意識付けしていくことにより意識が出来るようになります。

上腕3頭筋は、目で見えませんので、工夫が必要です。
絆創膏にビーズを貼り、それを上腕3頭筋に貼り付けます。
タッチ法の絆創膏版です。
※タッチ法:主動筋(鍛えようとする筋肉)に他の人に触ってもらい意識付けする方法。

長い時間トレーニングと付き合えば、自然に意識できるようになります。

●アップセットで負荷が軽く精神的に余裕が持てる時に意識付けの練習をします。
ゆっくり筋肉の収縮伸張を感じながら、その場所に意識を集中していきます。

●ウエイトトレーニングとは話しがそれますが、エレキギターの早弾きでも意識付けは大切です。
私が高校生の時は左手でハシを持って御飯を食べたりしていました。
週間サンデー掲載の「メジャー」の「本田吾郎」みたいなことをやっていました。

エレキギターの早弾きで、薬指と小指が満足に動かせなかったためです。

高中正義の「フィンガーダンシン」という曲をコピーするまで、実に3年かかりました。
同級生では3ヶ月で弾けた人がいます。

40代。男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●前置きとして

トレーニングする筋肉を意識することは非常に大切です。

意識をすることにより、筋緊張持続を保つことが出来るからです。
筋緊張持続は、筋肉中の血行を制限(筋肉の張りに押されて血流が滞る)しますので無酸素性代謝物(乳酸、一酸化窒素)を多く溜めることが出来ます。

乳酸を一時的に局所に多く溜めると、筋肉中の受容器(感覚器)に感知され、代謝物受容反射を引き起こし、脳下垂体に成長ホルモンを分泌させます。
血液中の成長ホル...続きを読む

Qコップを持つ腕の力が急に抜けるのですが・・・?

言葉でよく説明ができないのですが、デスクワーク中、コップに入れた飲み物を飲もうとして持とうとしたりキーボードを打とうとしたら、不意に上腕部の筋肉の力がゼロになった感じでガクッとくることがあります。10年ぐらい前には力仕事をしていた翌日にこのようなことがあったので、腕の筋肉の疲れだろうと思っていましたが、現在は全く力仕事をしていないのにこのような状況があります。どこか悪いのでしょうか。病院に行っても「単なる筋肉疲労です」とぐらいしか言われない気がします。
私は肩こりがひどいのですが、肩が張っているときによくこの症状が出ます。
治療法をご存知の方がおられれば教えてください。

Aベストアンサー

脳梗塞の疑いがあります。脳神経外科のある病院に行って、
症状を説明しMRIの検査により診断・診療してもらうこと
をお勧めします。


このカテゴリの人気Q&Aランキング