WW2のナチスドイツは「第三帝国」と呼んでいましたが、
じゃ第一、第二はどこなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

だいさん‐ていこく【第三帝国】


(das Dritte Reich ドイツ語) ナチス統治下のドイツ(1933~1945)の称。中世・近世の神聖ローマ帝国を第一帝国(962~1806)、独仏戦争後のホーエンツォレルン家の君臨した帝国を第二帝国(1871~1918)とし、それに続く帝国の意。





Reich
n.
【1】(ドイツに関して)帝国;領地;国家.【2】(the Reich)(特にナチの時代の)ドイツ. cf. FIRST REICH, SECOND REICH, THIRD REICH, WEIMAR REPUBLIC
[1921.<ドイツ語「王国」]


First Reich
(the First Reich)(ドイツ)第一帝国,神聖ローマ帝国(Holy Roman Empire)(962-1806).


Second Reoch
(the Second Reich)(普仏戦争勝利の結果,プロイセンを中心に統一され成立した)ドイツ帝国(Deutsches Reich)(1871-1919).⇒神聖ローマ帝国(第一帝国), ナチス時代(第三帝国)に対してこう呼ばれる.


Third Reich
(the Third Reich)第三帝国:ナチ政権下のドイツ(1933-45). cf. REICH


Weimar Republic
(the Weimar Republic)ワイマール共和国(1919-33):ワイマール憲法に基づいて成立したドイツ共和国の通称.
    • good
    • 0

>世界史で定評のある山川出版の出版物および



あ、山川出版社でした。
    • good
    • 0

世界史で定評のある山川出版の出版物および私の学習経験からすると、


a-kumaさんの回答どおり、神聖ローマ帝国(962)が一番目、
ドイツ帝国(1871)が二番目となります。
    • good
    • 0

第三帝国の「第三(Das Drittes)」には「3番目の」の他に「来るべき」の意味も在ったと記憶しています。



かつて在った(2つの)帝国とは異なる、「未だ実現していない」「来ることの約された」帝国と云った意味合いです。

キリスト教の「千年王国」や「ユートピア」と同等に、未来に在る理想の国と云った所でしょう。

多分にプロパガンダ的では在りますがね(嗤)
    • good
    • 0

 間違っているかも知れませんが、「古代ローマ帝国」、「神聖ローマ帝国」に続く帝国と言うことで、「第三帝国」だと記憶しています。

    • good
    • 0

僕は学校で「プロシア」「ドイツ」という歴史から脱皮した「第3の国」ということで


「第三帝国」と名付けられたと習ったのですが。
とりあえず第三帝国に言及したHPを載せておきました、

参考URL:http://www.mirai.ne.jp/~ittaka/dai3.html
    • good
    • 0

ヒトラーが理想とした帝国を、神聖ローマ帝国、ビスマルクによる


帝政の後を継ぐ、第三の帝国と言うことです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒトラーの残した多数の予言は現実になりました。

ヒトラーはもしかして予言者だったのではないですか?

ヒトラーの予言では人類はあと1000年は滅亡しないようですが最終的には悲惨な終末を迎えるらしいです。

Aベストアンサー

 ナチ時代のテクノロジーの優秀さではなく、ヒトラー個人の資質にかんしては彼自身の語録を読んでみてはいかがでしょうか。

> 自然は決して残酷ではない。残酷とは目的のない苦しみを与えて喜ぶことをいう。

> 自然界であるものが他のものを喰いつくすのを恐ろしいことと思うのは勝手である。蝿はとんぼに、とんぼはまた更に大きなものに喰われる。最も大きな生物はといえば、老いてバクテリアの餌食となる。従って唯一の道は自然の法則に違反しないように自然の法則をよく研究することである。さもないと大空に向かって逆らうような結果となる。

> 人間が自分の前で苦行してさえいれば満足する神とは一体なんであろう。

> 首都だけが芸術の中心であるということにならないようにしたいと思う。

> 女性の服装は時とともに変わりやすいもので、十年もたつといかにもてはやされたものでも全く陳腐なものになる。だから女性の記念像というものはあまりアピールしないのである。婦人像を全部が全部流行に無縁なギリシャスタイルにするわけにもいかないので、いきおい婦人像は胸像とするほかはないのである。

> われわれは不運にも持つ宗教を間違った。日本人が持っているような、祖国のためにわが身を犠牲にすることを最善とする宗教をわれわれはなぜ持たなかったのであろうか。

> 世界を勝者と敗者とに永久に分けておこうとすることは不幸なことである。このような分割の試みは民族相互の信頼感を地に埋め去るものである。戦後しばらくのあいだは確かに勝者と敗者の区別があるであろうが、これが基礎となって世界秩序が出来上がることは決してあり得ない。

> この戦争でイギリスは欧州におけるすべての地歩を失うばかりでなく、戦争終結後は国内で恐るべき経済危機、社会危機を覚悟しなければならない。

> アメリカのような土地でなお千三百万の失業がある。そしてこの失業を解決できない政府が、全世界の労働問題を解決しうるかのごとく振舞っている。

> アメリカがかなりの速さで恐るべき社会危機に突き進んでいることが私にはわかる。

> 共産主義は神を知らず、人間が最高だと思っている。われわれは宗教であれ哲学であれ、神を認めてこれに縋るが、連中はかかる信仰を欠くがゆえに互いに徹底的に殺しあう。

> ユダヤ人から身を守れない民族は腐敗する。

> ユダヤ人は民主主義を掲げ、それによって理性を圧殺する。

> 民主主義の観点からすれば、英雄的行為や自己犠牲あるいは義務の履行などはむしろ個人を損なう重荷である。つまり他人のため、多くの人間のため、あるいは全員のために危険を犯すなどということは愚かだというのである。だから民主主義の下で最も愚劣な機構は軍隊だということになる。他人のためにわが身を銃弾にさらすという、狂ったことを思いついた人間の集まりが軍隊だからである。民主主義者の本来の姿は常に平和主義者である。おろかな他人が自分に代わってやってくれるであろうという期待のもとに、自分は一向に動く必要を感じない平和主義者である。

> 憲法によって攻撃的意図を放棄したからという理由で、無防備のあひるが狐に喰われずにすんだということがあったであろうか。しかしこのことを本気で信じているブルジョワ羊がいるのである。ということはこのような現象を生むような教育が行なわれ、かつこのように政治を遠ざけた時代を清算することがいかに必要であったかを証するものである。

> 民族の運命は外国によって決せられるという主張は常に拙劣な政府の言い逃れである。

> 私はインテリを必要としない。

> ジャーナリストは一般に責任を負わない。

> 官僚は小心かつ利己的である。健全な人間理解をことごとく欠いているし、現実の生活に対する認識を欠いている。

> ある学科で不可を取ったために彼がなろうとしたものになれぬというのは不合理な話である。人生には訂正する機会が与えらればならない。大事なことは励むことで点数ではない。

> 私はドイツ少女団の服装が余りにピューリタン的であるのに反対してきた。少女たちはわれわれ男性に反撥を感じさせるようなものであってはならず、常に魅力的でなければならないというのが私の考え方である。

> 政治的道義的に敗れた民族を経済的に救済しても長続きしない。

> 私が政治から引退するまでには、ヨーロッパで売られるタバコの一箱一箱に「危険、喫煙は死に至るガンの危険あり」と記載するよう規制しようと思う。



  資料:アイバンホー・ブレダウ編『ヒットラーはこう語った』76年 原書房

 ナチ時代のテクノロジーの優秀さではなく、ヒトラー個人の資質にかんしては彼自身の語録を読んでみてはいかがでしょうか。

> 自然は決して残酷ではない。残酷とは目的のない苦しみを与えて喜ぶことをいう。

> 自然界であるものが他のものを喰いつくすのを恐ろしいことと思うのは勝手である。蝿はとんぼに、とんぼはまた更に大きなものに喰われる。最も大きな生物はといえば、老いてバクテリアの餌食となる。従って唯一の道は自然の法則に違反しないように自然の法則をよく研究することである。さもないと...続きを読む

Qスレイマン1世在世のオスマン帝国において、ローマ帝国の事を「青りんご」と呼んだ所以は?

こんにちは、お世話になります。

1500年代、スレイマン1世の在世のオスマン帝国史の歴史フィクションを読んでいるのですが、その本の中でローマの事を「青りんご(the Green Apple)」呼んでいます。

理由が気になって、検索してみたのですが、「ローマ帝国 青りんご」で検索しても、それらしき記事がヒットしません。ウィキペディアでもヒットせず、お手上げです。

ご存知の方教えていただけますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ギリシャには、トルコ人に奪われたイスタンブールを取り戻したのちその地は「赤りんご」 (kokkini milia) と呼ばれるという予言?伝説?があります。ビザンチン陥落の前にこの地をMonodendron「一本の木」と呼ばれました。いつどのような理由で「赤りんご」に変わったのかは不明です。

ウィキペディア ギリシャ語版
http://el.wikipedia.org/wiki/%CE%9A%CF%8C%CE%BA%CE%BA%CE%B9%CE%BD%CE%B7_%CE%9C%CE%B7%CE%BB%CE%B9%CE%AC

トルコ人にとってイスラムの都「赤りんごの木」K?z?l-Elmaの建設は小アジア進出の究極の目標です。
http://www.sav.sk/journals/aas/aas197.htm#7

どちらが先かは分かりませんが「赤りんご」=「小アジア」=「イスタンブール」とみなしてよさそうです。 これに対立するものとして ローマ=青りんご なのでしょうか。

Qノストラダムスの大予言で誤訳した五島勉氏

日本テレビ系の「緊急検証!世紀の大予言スペシャル・人類滅亡7の警告」の中で五島勉氏のヒトラーの予言を紹介していますが、五島氏は以前も「ノストラダムスの大予言」という本でノストラダムスの書いた詩を人類が滅亡する詩だと誤訳して世間を恐怖に陥れた人ですが、あれだけ世間を騒がせた人をまたテレビで取り上げる理由は何でしょうか?

Aベストアンサー

それは報道番組とか科学番組とかではなく
エンターテイメント番組だからです。

不祥事を起こした芸人でもそのうち返り咲きますし
ましてや、予言ものが当たらない程度のことでは
そう簡単に社会的に抹殺されるようなことは起きません。

Qドイツ第二帝国について

ドイツ第二帝国〔以後ドイツ帝国〕についてなのですが、ドイツ帝国内の各王国や諸侯の事などで疑問に思い、投稿してみました。
・各王国や、諸侯はドイツ帝国政府に徴税はされるのでしょうか?されるのだったらどのくらい徴税されるのですか??

・ドイツ帝国政府の大臣や官僚は、ドイツ皇帝であるプロイセン王国から選ばれるのですか?

・各王国、諸侯の軍隊はドイツ帝国の指揮下にはいるのか、そのまま各王国、諸侯の独自の指揮下に入るのか、どっちですか??

・そもそもなぜプロイセンは各王国、諸侯を滅ぼさなかったのですか?圧倒的な軍事力を用いて、滅ぼしておけば、わざわざ連邦制などせずに、自分たちの政治がしやすい、中央集権国家ができたと思うんですが。

すべて答えてくれなくても、分かる範囲で、ほんとに結構ですので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

租税や各邦軍に関する事柄は既に回答者の方がおっしゃる通りで
直接税は各邦、帝国の歳入は間接税、関税、各邦からの拠出金などです

なぜ連邦制であるかというと統一以前にバイエルンなど各領邦は高度な官僚制が整備された国家であり
ビスマルク自身、冷徹なまでに連邦制を尊重したからです
ドイツは統一以前の1834年にドイツ関税同盟を結成し
54年にはオーストリアを排除し経済的には既に小ドイツ主義的統一を果たしていたのです
これが力で各領邦を潰さない理由の一つでもあるのです

歴史的にifは語ってはならないと言いますが、もし力で抑えつけたら・・
1848-49年、3月革命の余波でドイツ南西のバーデン大公国で大公を追放し革命共和国が成立
今までの革命騒ぎと違うのは旧大公国軍が革命政権に合流したことでした
ドイツ連邦はプロイセン軍を中心とする鎮圧軍を組織しバーデンへ侵攻、大きな犠牲を出した激しい戦いの後に鎮圧
約8万人のバーデン人が国外へ脱出しました
その鎮圧軍の司令官はプロイセンの皇太子で亡命バーデン人から散弾皇子と呼ばれ怨まれました
その散弾皇子こそ後のドイツ初代皇帝ヴィルヘルム1世です

国外へ脱出したバーデン人の多くは合衆国へ亡命
間もなく始まった南北戦争では当然反奴隷制民主主義を標榜する北軍に参加
その中の一人カール・シュルツは合衆国内務長官にまでなりました
亡命バーデン人は当然統一ドイツに好印象は持っていません

もう一つ
ドイツと違いガリバルディの力により両シチリア王国を滅ぼし中央集権的統一を果たしたイタリアはその後どうなったでしょう
南部イタリアでは匪賊の反乱が起こり、結果イタリアは鎮圧のために大兵力と10年の歳月を使い事実上内戦状態になり
シチリアのパレルモに対する海軍の無差別砲撃も含め軍、匪賊双方で虐殺、略奪など頻発
結果、対オーストリア統一戦争よりはるかに多い戦死者を出しました
イタリアの南北問題は現在も尾を引くまで根深いものとなっています

同胞に対する力による抑圧は禍根だけと思いますね
特にドイツ人である以前にバイエルン人、シュヴァベーン人、ザクセン人というように強烈に地元意識の高い人々に対しては

長文失礼致しました

租税や各邦軍に関する事柄は既に回答者の方がおっしゃる通りで
直接税は各邦、帝国の歳入は間接税、関税、各邦からの拠出金などです

なぜ連邦制であるかというと統一以前にバイエルンなど各領邦は高度な官僚制が整備された国家であり
ビスマルク自身、冷徹なまでに連邦制を尊重したからです
ドイツは統一以前の1834年にドイツ関税同盟を結成し
54年にはオーストリアを排除し経済的には既に小ドイツ主義的統一を果たしていたのです
これが力で各領邦を潰さない理由の一つでもあるのです

歴史的にifは語...続きを読む

Qヒトラーの最後について

ヒトラーの最後について

ヒトラーは最後、愛人のエヴァと地下室に隠れ、自殺しましたよね。この時、慌てふためくヒトラーを目の当たりにして、こんな男の為に戦争をしていたのかとヒトラー無様さにガッカリした将校がいたと思います。確か「知ってるつもり」という番組でやっていたと思うのですが、古い話だからかログがありません。その将校の名前を知っている方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは


> ヒトラーは最後、愛人のエヴァと地下室に隠れ、自殺しましたよね。
> この時、慌てふためくヒトラーを目の当たりにして、こんな男の為に

2,3ヶ月ほど前のことだったと思うのですが、BSで『ヒトラー<最期の
12日間>』が放映されました。
ヒトラーの秘書を(自殺の時までの)3年間務めたユンゲ女史の証言と、
映画タイトルと同名の研究書、を元に作られたドキュメンタリータッチ
の映画で「ほぼ史実どおり」という評価であたっと思います。

1945年4月30日のヒトラーは、それまでの不安定な精神状態とうってかわ
って、落ち着いた(運命を悟った?)様子で描かれていました。
自殺を前にし、総統地下官邸に(廊下か会議室か、うろ覚えなのですが)
残った人達を集めて、一人一人に挨拶して回っていたと記憶しています。

その後(秘書の)エヴァ・ブラウンと自室に籠もり、自殺を遂げた、と
いう経緯ではなかったか? と・・・。


> 戦争をしていたのかとヒトラー無様さにガッカリした将校がいたと
> 思います。
> その将校の名前を知っている方がいたら教えて下さい。

自殺する直前は 上記のように どちらかと言えば「落ち着いていた」と
思うので、「慌てふためく」ようなことは無いようでした。
ですので、その様子を目にした側近(将校)って いなかったように思い
ます。

さて、映画では明確には描かれていなかったと記憶しているのですが、
最後の首都防衛軍司令官となったヘルムート・ヴァイトリング大将が
後日、ソ連の捕虜となった際の尋問で

ソ連軍のベルリン包囲網が狭まってきて、いよいよ総統地下官邸が危険
な状態となった際、ヒトラーに"ベルリンを脱出するよう"要請し「その
ために包囲網突破作戦を立案したい」た進言したところ

「突破作戦が何の助けになるというのだ。包囲綱を脱出しても別の包囲網
に飛び込むだけだ。自分の最期を人里離れた農家か何かで待つために、
地方を転々とする必要があるのか。 こうなったら ここに留まった方が
ましだ」と拒否された、と証言し。

(ヴァイトリングとすれば、もう弾薬も燃料も尽き果てて、戦意も失い
つつある兵士達にこれ以上戦え、というのは"自殺しろ"と命令するに等
しく、間違いなく破滅的な事態になる、と思い)

「今や全てが分かった、問題なのは自分(ヒトラー自身)ひとりだけなの
だ。この男は防空壕の中でなるべく長く安全にいられるために、何千何万
という人間を、この犯罪的な戦いの犠牲にしようというのだ」と、その時
に感じた、とも供述したようです。

多分 それじゃないでしょうか?

ちなみに、実際(史実)のヴァイトリング大将は、あからさまに命令
(意向)に背くようなことは一切せずに、最後まで首都防衛戦を指揮して
いたようです。

こんにちは


> ヒトラーは最後、愛人のエヴァと地下室に隠れ、自殺しましたよね。
> この時、慌てふためくヒトラーを目の当たりにして、こんな男の為に

2,3ヶ月ほど前のことだったと思うのですが、BSで『ヒトラー<最期の
12日間>』が放映されました。
ヒトラーの秘書を(自殺の時までの)3年間務めたユンゲ女史の証言と、
映画タイトルと同名の研究書、を元に作られたドキュメンタリータッチ
の映画で「ほぼ史実どおり」という評価であたっと思います。

1945年4月30日のヒトラーは、それまでの不安定な精神状態...続きを読む

Qフランスの第一身分、第二身分、という言い方はいつから?

 フランス革命を勉強していると、
第一身分、第二身分、第三身分という言い方が出てきます。

これらの呼び方は、
いつごろから使われ始めたのでしょうか。

フランス革命以前から
一般市民の間でも、広く知られた言葉だったのでしょうか。

ご存知でしたらお願いします。

Aベストアンサー

・第一身分、第二身分、第三身分
第一身分、第二身分は元のフランス語ではないかあってもほとんど使われな
かったと思います。フランス語で clerge , noblesse , Tiers-Etat の訳語
は僧侶、貴族、第三身分です。第一者、第二者が使われないのと同じです。
三部会は 1302年ノートルダム寺院に召集されたのが起源ですが、それ以前に
第三身分という言葉が使われていたかはわかりません。


・広く知られた言葉かについて
第一身分、第二身分は却下します。第三身分だけについて。
1789年1月に三部会召集と選挙規則の公示で、選挙に対する言論が盛んになり
多くのパンフレットが刊行されたそうです。特に反響があったのはシエースの
『第三身分とは何か』です。革命開始がいつとするかは人によって違いますが
遅くともこのころには広く知られたようです。

Q国家社会主義と共産主義と違いが、わからない? スターリンとヒトラーの内部粛正 スターリンは、シベリア

国家社会主義と共産主義と違いが、わからない?
スターリンとヒトラーの内部粛正
スターリンは、シベリアへ、ヒトラーはゲットーへ
スターリンとヒトラーの言論謀殺
二人はオカルト信仰で他の宗教は無視

Aベストアンサー

>国家社会主義と共産主義と違いが、わからない?

訳の問題と言った方がいい問題でナチス党の原語「Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterpartei」の「National」を「国家」と訳したことから分かり難くなるわけで「国民(より意訳としては「民族」)」と訳した方が分かりやすいんです。
(でもまぁソ連型共産主義≠本来の共産主義ではありますが)
民族社会主義つまりゲルマン民族社会だけが唯一神に選ばれた国家であってそれ以外は国家では無いと言うか思想です。
なおゲットーはユダヤ人収容地区の事で、ソ連のシベリア刑務所とは意味が違います。
またヒトラーはキリスト教(旧訳部分が元がユダヤ教である事は完全無視で)を支持しています。
本来の共産主義で宗教を否定するのは従来の宗教の元では平等性を欠くからで、スターリンは共産主義の自分の都合のいい部分を利用したに過ぎません。

Q帝国陸軍では炊事担当の兵士を何と呼んだのでしょう?

こんにちは。

私の祖父は、戦時中、満州に帝国陸軍兵士として二度出征しております。
帝国陸軍では、炊事を担当する兵士で、大変に腕が立ち、彼の地では現地の支那人から中国料理や牛など日本人が通常処理しないような家畜の捌き方まで習得して帰ってきました。

そこで、質問させていただきます。

帝国海軍では炊事場所を「烹炊所(ほうすいじょ)」と呼んだようですが、帝国陸軍では炊事場所や炊事担当の兵士のことを何と呼んだのでしょう?
ご存知の方がおられましたら、教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

superpokoさん、こんばんわ。



炊事場、炊事兵だと思います。

詳細は下記のURLを参照ください。

内務班
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E5%8B%99%E7%8F%AD

Q第二次世界大戦とヒトラー

第二次世界大戦とヒトラー

 第二次世界大戦のドイツの歴史資料を読むと、ヒトラーが、狂気になっていて、これが性で、戦争に負けてしまったと何度も、書かれています。

 ロンメルが、アフリカで戦争した時も、ロンメルのやり方とヒトラーの指示の間でギャップが、あり、このために敵ではなく、ヒトラーの指示で戦争に負けてしまったなどの説明があります。

 死守しても、占領した領地を奪い返されては、ならない。

 ソ連とのバルバロッサのスターリングラードの戦いでも、現地の将軍は、撤退することを希望しますが、死守せよと譲りません。

 指示が、激しく荒れ狂っていて、怒りやすいと指摘されてします。甘いチョコレートが大好きだったことも、怒りやすい原因の一つでは、無いかと考えています。怒りまくって、正しい、冷静な仕事ができるとは、考えにくいです。

●Q01. それなら、ヒトラーがいなかったら、欧州の戦争に勝てたのでしょうか?

●Q02. そもそも、ヒトラーがいないと戦争を仕掛けなかったのでは、無いでしょうか?

●Q03. ヒトラーは、戦争勝利の足を引っ張ったことになっていますが、ヒトラーが無ければ、将軍同士で言い争いになって、いい加減なまとまりの無い結果、優柔不断な結果になったのでは、ないでしょうか?

●Q04. もし、ドイツが、欧州で戦争に勝つためにヒトラーは、どのような人物だったらどのように戦争を指揮していたら成功を収めることができたのでしょうか?

 たとえ、一つだけでも、お知りのことがありましたら、ご教授方よろしくお願いします。

敬具

第二次世界大戦とヒトラー

 第二次世界大戦のドイツの歴史資料を読むと、ヒトラーが、狂気になっていて、これが性で、戦争に負けてしまったと何度も、書かれています。

 ロンメルが、アフリカで戦争した時も、ロンメルのやり方とヒトラーの指示の間でギャップが、あり、このために敵ではなく、ヒトラーの指示で戦争に負けてしまったなどの説明があります。

 死守しても、占領した領地を奪い返されては、ならない。

 ソ連とのバルバロッサのスターリングラードの戦いでも、現地の将軍は、撤退することを希...続きを読む

Aベストアンサー

欧州紛争でナチスが欧州征服できる方法はあります。まず、ポーランドに進行する前にユダヤ人のホロコーストをやめてアイシュタイン等の科学者を使用しナチスドイツが世界初の核保有国家になります。その後、英国に攻め込む前、特にスターリン粛清前の冬以外にロシアに攻め込めばナチスはロシアに勝てた可能性は充分あります。その後英国と開戦してもバトルオブブリテンで軍事施設のみ爆撃し続ければ英国は降伏するはずです。

Qムガール帝国?ムガル帝国?どっち?

両方耳にするのですが、二つとも同じことですか?

Aベストアンサー

同じですね。
15年くらい前は「ムガール帝国」が一般的でしたが、それ以降は「ムガル帝国」の記述が多くなったように思います。


人気Q&Aランキング