私は大学で野球部のマネージャーをしているのですが、先日
スコアの講習会に参加した時に初めて教えてもらった記号があります。

1つ目は赤で○
・・・投手の自責点でもチームの自責点でもないもの

2つ目は赤で●
・・・投手の自責点

3つ目は赤でマルを縦半分にわって半分だけ塗りつぶす。
・・・チームの自責点ではないが投手の自責点

3つ目の意味が理解できません。
回の途中に投手交代があったときに生じるらしいのですが、
いまいち『チームの自責点』の概念も、わからないのです。
投手交代の時のアウトカウントも関係するみたいなのですが、、
どなたか詳しい方、わかりやすく説明して頂けないでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 自責点というのは投手の責任となる失点のことで、走者が得点するまでに進塁


した要因に失策や捕逸が入っていると記録されません。
 ただし回の途中で投手交代があった時、交代前に出ていた走者(の人数)の分
の責任は交代前の投手にあり、そこから新たに出塁した走者の責任は交代後の
投手にあります。

 投手自責点は「どの投手に責任があるか」で記録されますが、チーム自責点は
「投手(誰かとかは考えず)に責任があるか」で記録されます。

 このため、回の途中で投手交代があった場合、後から記録を見ると各投手の自
責点の合計と、チームの自責点が合わないことがあります。

 例えば「二死無走者からエラーで走者が出塁。ここで投手Aから投手Bに交代。
投手Bは本塁打を打たれた」という場合、エラーがなければ失点はなかったはず
なので、チームの失点は2ですが自責点は0になります。しかし投手Aの記録を
考えてみると、エラーで出塁した走者が得点しているので失点1、自責点0。
そして投手Bの記録は、既に出塁していた走者を考えないので失点1、自責点1
になります。
 この例では、このイニングの1点目は「投手の自責点でもチームの自責点でも
ないもの」にあたり、2点目は「チームの自責点ではないが投手の自責点」に
あたります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自責点にならない場合

少し前に自責点に関する質問がありますが、それを見て思ったことを質問させていただきます。

http://mmurayama-senior.ddo.jp/~sinpantyou/jisekiten.htm
このサイトの注二を見る限りでは
「(1)自責点となるべき要素は、安打、犠牲バント及び犠牲フライ、盗塁、刺殺、野手選択、四死球(故意四球)、ボーク、暴投であり、(2)自責点に含んでならない要素は、守備失策、捕手または野手の妨害、走塁妨害、捕逸、ファウルフライ失である。
 (2)の要素で一塁に生きたり、または本塁を得た場合はもちろん、二塁、三塁を進むにあたっても、(2)の要素に基づいた場合には、自責点とはならない。ただし、二塁、三塁を(2)の要素で進んだ走者が得点した場合でも、これらのミスプレイの助けをかりなくても得点できたと思われるときには、自責点とする。(10・18d参照)
 さらに、アウトになるはずの走者が、失策によってアウトを免れた後に得点した場合には、自責点とはならない。
 また、守備の失策があった場合でも、その走者は失策と無関係に進塁したと記録員が判断したときは、(2)の要素で進んだものとはならないで自責点となる。右のニ点に特に注意を要する。」
とありますので、エラー等で出塁したランナーがホームインした場合は自責点にならないとあるように見えます。
私は「エラーが無ければ3アウトになっていた場合、それ以降の失点は自責点とならない」のであって、
エラーで出塁したランナーがそのエラーも含め3アウトになっていなくてホームインした場合は自責点になるものだと思っていました。

その他もろもろ、自責点にならない場合についてこのサイトに書いてあることを簡単にまとめますと、

1、エラー、捕逸、走塁・打撃妨害で出塁したランナー、邪飛失策後に出塁したランナーがホームインした場合
2、エラー、捕逸、走塁・打撃妨害によって進塁したランナーがホームインした場合、
それらの要因が無ければホームインしていないと判断された場合
3、エラー等を含め、3度のアウトの機会を得た後、走者がホームインした場合

この3つと考えて良いのでしょうか?
再度書きますが、私は3のみだと思っていたのですが、
3度のアウトの機会を得ていなくても、1・2の場合自責点にならないのでじょうか?

分かりにくい文となりましたが、お分かりの方お教えください。

少し前に自責点に関する質問がありますが、それを見て思ったことを質問させていただきます。

http://mmurayama-senior.ddo.jp/~sinpantyou/jisekiten.htm
このサイトの注二を見る限りでは
「(1)自責点となるべき要素は、安打、犠牲バント及び犠牲フライ、盗塁、刺殺、野手選択、四死球(故意四球)、ボーク、暴投であり、(2)自責点に含んでならない要素は、守備失策、捕手または野手の妨害、走塁妨害、捕逸、ファウルフライ失である。
 (2)の要素で一塁に生きたり、または本塁を得た場合はもちろん、二塁、三...続きを読む

Aベストアンサー

どうも今晩は!
ご質問にあるサイトを貼った回答をした者です。

>…この3つと考えて良いのでしょうか?

その通りだと思います。
引用したサイトは説明が少し複雑で分かり難いかも知れませんが、Wikipediaの
方が簡潔に説明していますので参照して下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%B2%AC%E7%82%B9

ご参考まで

Qこの場合、投手の自責点になりますか?

次の場合の失点は、自責点となるのでしょうか?

(1)1死から左前安打でランナー出塁
(2)投手の一塁への牽制球が悪送球となりランナー三塁へ
(3)続く打者に中前打され失点。
(4)後続は三振、左飛で抑えてチェンジ。

この場合、ランナー自体は打たれて出塁していますが、牽制悪送球がなければランナーは生還していません。
投手の牽制悪送球は、守備に関する行為なので、他の野手のエラーと同様に扱うということまでは調べられたのですが。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

悪送球がなければ、一死一塁からの中前打であったと見做され、後続の結果から自責点にはなりません。
投手のエラーであっても野手同様、エラーによって生じた結果は自責点の対象からはずれます。
ご自身お調べになった通りです。

Q自責点について

4月3日の横浜×中日ですが、浅尾投手はなぜ自責点が0になるのでしょう
か?

3回表 横浜の攻撃は
1:山崎 センターへのヒット 1塁
2:三浦 見事送りバントを成功させる 1アウト2塁
3:松本 ブランコ(一)のファンブルにより出塁する 1,3塁
4:仁志 ショートゴロの間に横浜1点をあげる 中1-1横 2アウト2塁
5:ジョンソン 外角の球を打つもショートフライ 3アウトチェンジ
です。
「自責点は、安打、犠飛、犠打、刺殺、四死球(故意四球を含む)、
暴投、ボーク、野手選択、盗塁によって進塁した走者が得点したときに
記録される。」とウィキペディアに載ってますが、これによれば浅尾投手
は自責点が1になると思うのですがどうなのでしょう?

それとも、「野手(投手自身も含む)の失策、捕逸、打撃妨害、走塁妨害
によって出塁した走者、ファウルフライに対して失策があった後に安打な
どで出塁した走者、失策がなければアウトになったはずの走者が得点した
場合は、自責点とならない。」ということでしょうか?
これもウィキペディアに書かれていたことですが。

よろしくお願いします。

4月3日の横浜×中日ですが、浅尾投手はなぜ自責点が0になるのでしょう
か?

3回表 横浜の攻撃は
1:山崎 センターへのヒット 1塁
2:三浦 見事送りバントを成功させる 1アウト2塁
3:松本 ブランコ(一)のファンブルにより出塁する 1,3塁
4:仁志 ショートゴロの間に横浜1点をあげる 中1-1横 2アウト2塁
5:ジョンソン 外角の球を打つもショートフライ 3アウトチェンジ
です。
「自責点は、安打、犠飛、犠打、刺殺、四死球(故意四球を含む)、
暴投、ボーク、野手選択、盗塁によって進塁した走...続きを読む

Aベストアンサー

ブランコのエラーがなければ山崎は三塁に到達しておらず、仁志のショートゴロの間の失点はなかったわけですから、ピッチャーの責任ではないということです。
本来なら(エラーがなければ)仁志のショートゴロで3アウトチェンジと見なされます。

Q日ハム 敵チーム投手交代時のBGM

北海道日本ハムファイターズの札幌ドームでの試合で、敵チームの投手交代の際にかかるBGMは何の曲ですか?
(スクリーン上にバイバイしている手と、"Hey"とか"GoodBye"とかフレーズが出て、ファンの人が一緒になって歌ってるやつです)

Aベストアンサー

Steam の「Na,Na,Hey,Hey,Kiss him goodby」という曲です。
下記のサイトにいろんな場面でのBGMが記載されていますよ!

参考URL:http://www.fighters.co.jp/team/music/

Q自責点について

自責点についてお聞ききします。
二死無走者の場面で野手がエラーをした場合、その後投手がいくら失点しようが、その回が終了するまでは自責点はゼロなのでしょうか。また、エラーをしたのが野手ではなく、投手自らの場合はどうでしょうか。
それからもう一つ、三塁打を打たれた直後、次の打者の時、捕手がパスボールをして失点。この時点では自責点は無いと思いますが、このあと打者がヒットを打った場合、三塁に走者がいたものと判断して自責点1となるのでしょうか。また、パスボールではなく暴投の場合はどうでしょうか。
ご存じの方がおられたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

【回答1】
自責点は「3つ目のアウトを取る機会を得るよりも前に発生した、投手が責任を負うべき失点」に対して記録されるものですから、失策によってアウトを免れた走者については無条件で自責点の対象外となります。加えて失策による出塁はそれが投手に記録されたものであっても自責点の対象とはしません。
また、3つ目のアウトを得る機会を得たにもかかわらず失策でそのアウトをとることができなかった場合、それ以後はその投手が登板している限りは何点取られようが自責点の対象とはなりません。

ただしイニングの途中で投手が交代した場合は「取ったはずのアウト」の分は消滅しますので救援投手は「交代した時点での実際のアウトカウント」から改めて「3つ目のアウトを取る機会」を獲得し直さなければなりません。
【例】投手Aは1アウトから四球とエラーの連続で走者満塁の場面で投手Bに交代、投手Bは最初の打者を三振に討ち取るも、次の打者に満塁弾を打たれる。
(投手A)自分がとった1アウトとエラーで取り損ねた2つのアウトにより3つ目のアウトを取る機会を得たので自分が四球で出した走者の責任は負う必要がない。従って失点3、自責点0。
(投手B)実際に救援投手が討ち取ったアウトは三振の一つだけ。実際のアウトカウントである1を加算しても2アウトしかとっていないので満塁弾を打った打者が得点した分は責任を負う。従って失点1、自責点1。

【回答2】
日本の野球規則においてはパスボールが直接の原因で本塁に生還した場合はその後の打者の打撃結果に関係なく自責点の対象とはなりません。
大リーグの場合はその後にヒットを打たれたら「結局は得点が入っていた」という理由で自責点の対象となります。

暴投の場合は「暴投は投手の投球上の過失である」という理由で自責点の対象となるプレイですから
「投手が自責点の記録を免れる状態になっている」
または
「その走者そのものが自責点の対象とならない理由による出塁である」場合を除き、無条件で自責点が記録されます。

自責点について詳しく解説しているサイトを紹介するので参考にしてください。

参考URL:http://cgi.sainet.or.jp/~nishizak/baseball_faq/main.html

【回答1】
自責点は「3つ目のアウトを取る機会を得るよりも前に発生した、投手が責任を負うべき失点」に対して記録されるものですから、失策によってアウトを免れた走者については無条件で自責点の対象外となります。加えて失策による出塁はそれが投手に記録されたものであっても自責点の対象とはしません。
また、3つ目のアウトを得る機会を得たにもかかわらず失策でそのアウトをとることができなかった場合、それ以後はその投手が登板している限りは何点取られようが自責点の対象とはなりません。

ただ...続きを読む

Qこの場合、自責点は誰につきますか?

今日(6/4)のロッテ対近鉄戦、7回の表近鉄の攻撃、2アウトランナー1,2塁で、ロッテのピッチャー小野が、近鉄の中村に対し第1球を大きく外し、カウント0-1になったところで、見かねたベンチがピッチャーを藪田に交代させました。
結果的には中村はアウトになり、この回近鉄は無得点だったのですが、仮に藪田がそのまま中村にフォアボールを与えてしまい、その後中村が生還した場合、自責点は小野と藪田のどちらにつきますか?
普通に考えれば藪田の自責点という感じですが、1ボール分は小野にも責任がありますよね。それに、今回は0-1からの交代ですが、例えば0-3で交代というようなことになって、フォアボールで出塁させてしまい、その後生還されてしまったとして、代わったあとのピッチャーに自責点が付くのでは、あとのピッチャーはたまらないですよね。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カウントによってどちらに責任があるかが決まっています。
http://cgi.sainet.or.jp/~nishizak/baseball_faq/i/scorer_Q2-4_2.html

0-2,0-3,1-2,1-3,2-3の場合、前の投手の責任になりますので、この場合0-1でいたから、薮田の責任になります。

参考URL:http://cgi.sainet.or.jp/~nishizak/baseball_faq/i/scorer_Q2-4_2.html

Q失点、自責点

防御率は自責点で計算されるんですよね?
エラーで出したランナーは自責点に入りませんよね?

そこで思ったんですが、二死満塁で外野へのフライ(ランナーは当然走ってる)で外野手がボールを落としてランナーが3人かえった。
この場合、自責点ですか?失点ですか?

Aベストアンサー

【二死満塁で外野へのフライ(ランナーは当然走ってる)で外野手がボールを落としてランナーが3人かえった。】
もし、落球せずに、フライを捕ってたらスリーアウトでチェンジです。得点も入りません。ですので、自責点0、失点3です。エラーが無ければ点は取られてなかったという意味での自責点0です。。

では次の場面はどうでしょうか?
【一死満塁で外野へのフライで外野手がボールを落としてランナーが3人かえった。】
もし落球せずに、フライを捕っても3塁ランナーはタッチアップして犠牲フライになるシーンが想定されます。その場合、エラーが無ければ2アウトランナー1・2塁になってると仮定されます。つまり外野手が落球しなくとも1点は入ったと考えられます。ですので、自責点1、失点3です。
ただ、そのイニングでさらに点を取られた場合、自責点は加算されます。ただし、外野フライのエラーで出塁したランナーがホーム生還しても自責点は増えません。

QWBC壮行試合 1回の守備で藤浪選手になぜ自責点がつかない?

1番打者四球のあと、2番打者が犠打を試みるも投手が1塁へ悪送球、その後二本連続安打が出ました。
仮に、2番で犠打を適正に処理してたとしても1死2塁、その後の連打で四球の走者が生還して1点は入っていたはずだと思いますがなぜか藤浪選手に自責点はついていませんでした。
犠打に関する自責点の考え方だと思いますが、なぜ今回自責点がつかなかったのでしょうか。

Aベストアンサー

自責点にするかどうかは最終的には記録員の判断なのですが、その前に失点の経緯が若干違います。
一番打者四球のあとに盗塁で無死二塁
二番打者が送りバントをするも悪送球で打者走者も一塁に出て、二塁走者は本塁生還で1失点
一塁走者が盗塁成功で無死二塁
三番打者がタイムリーヒットで1失点追加
です。
記録員の判断としては、
エラーがなければ二塁走者は三塁で止まるはずなので、その本塁への生還は自責点ではない。
2失点目はそもそもエラーで出塁した走者なので、自責点ではない。
ということでしょう。

Qこれは自責点になりますか?

同点の9回ウラに、安打、安打、エラーで無死満塁になって、押し出し四球でサヨナラ負け。

この場合、このエラーがなければサヨナラの1点はまだ入っていない筈ですが、この1点は自責点にはなりませんか?

エラー、エラー、エラーで無死満塁から押し出し四球が自責点というのも酷なので、それから類推すると自責点にはならないのだろうと思うのですが・・・。

Aベストアンサー

ほんとうにたびたびすみません。#2です。
ビンゴの説明をみつけました。

http://mmurayama-senior.ddo.jp/~sinpantyou/jisekiten.htm

失策、補逸、あるいは守備側の妨害、または走塁妨害の助けをかりて進塁した走者が得点した場合、このようなミスプレイの助けをかりなければ得点できなかったと記録員が判断したときだけ、その走者の得点は自責点とならない。

例:
A四球、B三ゴロ失で走者一・二塁の後、C、D四球を得て、Aが得点したような場合、失策のためアウトを免れたBがいなければ、AはDの四球によって得点できなかったから、Aの得点を自責点としない。


・・・とあります。

で、日本の場合はその時点で自責点か否かが確定します(回が終了する前に確定する)ので、たとえこれがサヨナラの場面であっても、自責点ではありません。従って、natyさんのご質問の場合には自責点にはなりません。

参考URL:http://mmurayama-senior.ddo.jp/~sinpantyou/jisekiten.htm

ほんとうにたびたびすみません。#2です。
ビンゴの説明をみつけました。

http://mmurayama-senior.ddo.jp/~sinpantyou/jisekiten.htm

失策、補逸、あるいは守備側の妨害、または走塁妨害の助けをかりて進塁した走者が得点した場合、このようなミスプレイの助けをかりなければ得点できなかったと記録員が判断したときだけ、その走者の得点は自責点とならない。

例:
A四球、B三ゴロ失で走者一・二塁の後、C、D四球を得て、Aが得点したような場合、失策のためアウトを免れたBがいなければ、Aは...続きを読む

Q自責点について

自責点のについてですが、
ノーアウトランナー1塁→次打者の打球はセカンド(ショート)ゴロ・ほとんどゲッツーコース、しかしエラーでノーアウトランナー1(2)、3塁→次打者はセンター犠牲フライで1点が入る。

この場合ピッチャーに自責点は入るのでしょうか??
ゴロを打ったバッターの足の速さ・セカンド(ショート)の守備力などが関係するならば様々な場合を考えて教えてください。やはり記録員の判断が全てなのでしょうか??

Aベストアンサー

どうもこんにちは!

エラーによって出塁した走者やエラーがなければアウトになったはずの走者が
得点した場合は、自責点とはなりません。

ご質問の中で得点したのは「エラーがなければアウトになったはずの走者」にあ
たりますので、自責点にはなりません。

>ゴロを打ったバッターの足の速さ・セカンド(ショート)の守備力などが関係するならば…

公式記録員がエラーと判断したのでしたら、その後の「エラーがなければアウト
になったはずの走者」による得点は自責点にはなりません。

またエラーによって走者が得点・進塁できたかどうか判断が難しい場合は、投手
に有利になるように(自責点の要素とはしないように)判断するとされています。
http://mmurayama-senior.ddo.jp/~sinpantyou/jisekiten.htm

ご参考まで


人気Q&Aランキング