ちょっとカテゴリーが違うかもしれませんが。

太陽電池についてなんですが、
「どうやって発電してるか」とかっていう話じゃなくて、
小型の模型やさんに売っているキットみたいなやつについてです。
単三電池が2本充電できるやつがありますが、
どのくらいの大きさの太陽電池で、
どのくらいの時間で(天候にもよると思いますが)
満タンになりますか?
携帯の充電にも使えるとかいうのもあったような気もするんですけど。

そもそも、太陽電池から出てくる電流は交流ですか?直流ですか?
大きさにもよるんでしょうけど、
どのくらいの電圧、電流が出てるんですか?
何平方メートルあたり何ボルトとか?

太陽電池にコンセントをつけてプラグを差し込めるようにしたら、
どこでもいろんな電気機器が使えて良いと思いますが、無理ですか?
物凄く太陽電池を大きくしないと100Vは出せないとか?

あと、前から考えていたんですけど、
ノートPCの液晶画面の裏側一面を
太陽電池にしたら、バッテリー切れの心配がなく、
キャンプとかに持っていけるような気がするんですけど、
どうですか?
A4程度の大きさじゃ電力が全然足りないんですか?
もしくはコストがかかりすぎるとか?

太陽電池に詳しい方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

> どのくらいの大きさの太陽電池で、


> どのくらいの時間で(天候にもよると思いますが)
> 満タンになりますか?

これは簡単には答えられない問題です。というのも、充電時間については、
充電電圧、電流と、電池の容量(mWhで示される)がはっきりしないと何も
いえない上、充電中の電池の温度によっても変わってくるからです。

また、太陽電池にも種類があって、市販の安いものはたいていアモルファス型
です。安くできる代わり、発電効率が10%以下と低いです。
他には、多結晶タイプで12~14%、単結晶タイプで17%くらいの発電
効率がありますが、効率が高いほど高価になります。

あと、太陽電池の電圧は、セルをいくつも直列につないで上げていきます。
電流は、セルの面積によって変わってきます。

さらに、直列につないでいるので、太陽電池の一部が影になっただけで、
極端に電圧が低下します。影になっている電池が抵抗として働き、全体の
性能が影になっている、悪い性能のほうに合わされてしまうんですね。
そのため、太陽電池から直接電気を取るというのは、現実的ではありません。
とくにパソコンなどは、電圧の変動があると、内部の電気信号の処理が
まったくできなくなってしまい、すぐにフリーズしてしまうでしょう。

> 太陽電池にしたら、バッテリー切れの心配がなく、
> キャンプとかに持っていけるような気がするんですけど、
> どうですか?

自転車で発電した電池をつかってモバイルコンピューティングしながら
日本中を旅している人はいるらしいです。
    • good
    • 0

>ということは、バッテリーにつなげば、


>PCの場合でもできるってことですか?
 理屈の上では可能です。
 現にMacintosh用太陽電池付きキャリングケースというものや
 PaLm用ソーラバッテリーチャージャというものもあるようです。
 Mac用の方は電池を持たせるための補助パワーというところですが。

 自家発電モバイルをするなら、太陽電池ではなく
 機械式の発電機で単三電池を充電し、PDAでモバイルが
 現実的でしょうね。
    • good
    • 0

>どのくらいの時間で(天候にもよると思いますが)


>満タンになりますか?
 大体10cm四方程度の太陽電池で充電すると
 1日10時間程度で三日くらいかかるんじゃないでしょうか。

>そもそも、太陽電池から出てくる電流は交流ですか?直流ですか?
 直流です。

>どのくらいの電圧、電流が出てるんですか?
 現在一般に使われているのは24Vとか12Vくらいです。
 これをインバータ等を通して100Vを得ます。

>太陽電池にコンセントをつけてプラグを差し込めるようにしたら、
 太陽電池はちょっとしたことで出力が変動するので、
 直接電気機器を繋ぐことはまずありません。
 一旦バッテリに貯めて使うのが普通です。

>あと、前から考えていたんですけど、
 まずA4程度ではパワーが全然足りませんし、
 ちょっと影がかかったり角度が変わるだけで
 出力が変動しますから、インバータ等を通さないと
 とてもパソコンに使える品質の電気は取出せません。
 太陽電池が最高のパワーを出せるのは、電池面に直角に
 直射日光があたることです。
 しかも温度が上がると効率が落ちるのである程度は
 冷やす必要もありますし。
 こういう状況にパソコンが耐えられるかな~?と。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>太陽電池はちょっとしたことで出力が変動するので、
>直接電気機器を繋ぐことはまずありません。
>一旦バッテリに貯めて使うのが普通です。

ということは、バッテリーにつなげば、
PCの場合でもできるってことですか?
でも、単三で3日かかるんじゃ、時間かかかりすぎるのかな?
バッテリーをフル充電しておいて、
2時間、夜間に使用して、昼間はずっと充電
を繰り返したら、結構な日数使えませんかねぇ?
「無銭旅行」みたいな感じな旅をしてて、
毎日ホームページに旅行日記を更新なんてこと、
できないもんかなぁ。
(ごめんなさい!御礼になってないですね)

お礼日時:2001/05/24 18:12

>そもそも、太陽電池から出てくる電流は交流ですか?直流ですか?



直流だと思います。

>大きさにもよるんでしょうけど、
>どのくらいの電圧、電流が出てるんですか?
>何平方メートルあたり何ボルトとか?

小さいものでは鉛蓄電池の充電を目的として14v程度の電圧が出るものが
市販されているようです。電流は面積により様々です。『トランジスタ技術』
という雑誌の裏に宣伝が出ていたと思います。


>太陽電池にコンセントをつけてプラグを差し込めるようにしたら、
>どこでもいろんな電気機器が使えて良いと思いますが、無理ですか?
>物凄く太陽電池を大きくしないと100Vは出せないとか?

交流100Vにするためにはインバーターという直交変換装置を使って
直流を交流に直す必要があると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽電池が寿命になるまで発電できる量と太陽電池を作る電力

「太陽光発電は環境に優しい」
といわれていますが、本当にそうなんでしょうか?

太陽電池パネルを生産するには、相当量の電力が
必要だと思います。

太陽電池が寿命に{発電できなくなる}までに
発電できる電力量は、生産に必要な電力量より
少ないのではないででしょうか?

もしそうなら太陽電池を作って発電するより、
太陽電池を作る電気をそのまま使った方が
よいわけですよね。

太陽電池パネルが、各家庭に設置され、
分散化すれば大きな発電所がいらなくなって
送電設備もいらなくなって「環境に優しい」
というのならわかりますが、それって
太陽電池が「環境に優しい」わけでは
ないですよね。

そこで皆さんに質問です。

その1
 太陽電池が寿命までに発電できる電力量と
 太陽電池を生産するために必要な電力量は
 どちらがどのくらい多いのでしょうか?

その2
 太陽電池が「環境に優しい」のなら
 その理由は?

気長に回答を待っています。
なお「電力量」など適切な使い方をしていないと思いますが、
ご容赦ください。

「太陽光発電は環境に優しい」
といわれていますが、本当にそうなんでしょうか?

太陽電池パネルを生産するには、相当量の電力が
必要だと思います。

太陽電池が寿命に{発電できなくなる}までに
発電できる電力量は、生産に必要な電力量より
少ないのではないででしょうか?

もしそうなら太陽電池を作って発電するより、
太陽電池を作る電気をそのまま使った方が
よいわけですよね。

太陽電池パネルが、各家庭に設置され、
分散化すれば大きな発電所がいらなくなって
送電設備もいらなくな...続きを読む

Aベストアンサー

非常に興味深いことに疑問を持たれたと思います。
私自身も興味を持ち、関連Webページを探してみました。

以下のサイトが参考になるのではないでしょうか?
「その1」に対しては「EPT」の項が答えになるかと思います。

「その2」は「排気ガスや汚染物質を出さずに発電する==環境に優しい」という意味で使われることが多いように思います(私見です)。

参考URL:http://araiweb.elcom.nitech.ac.jp/~ichimura/solar/solmain.html

Q太陽電池パネルを製造するエネルギーはどのくらいの期間で回収できるか?

太陽電池パネルを製造するエネルギーはどのくらいの期間使用すれば回収できますか?

・費用のことではなく、あくまでエネルギー(電力や熱)の量です

・太陽電池パネルは家庭の屋根についているようなタイプを想定しています

Aベストアンサー

http://araiweb.elcom.nitech.ac.jp/~ichimura/solar/ept.html
↑コチラのサイト、工業系大学の教員の方のものですが、

製造に必要なエネルギーを回収するための期間を「EPT」と呼ぶそうです。

多結晶シリコン太陽電池の場合は約4年、
アモルファスシリコン太陽電池の場合は、約1年半だそうです。

ということで、↑の期間以上使用すると、
以後はエネルギー収支がプラスになるようです。

Q燃料電池や太陽電池を扱う学会

燃料電池や太陽電池の構造、発電効率、構成材料、電解質膜、発電方式などについて
議論している学会はどこになるのでしょうか?

Aベストアンサー

太陽電池については、下記の学会でも良く扱われます。
日本太陽エネルギー学会
http://www.jses-solar.jp/ecsv/front/bin/home.phtml
応用物理学会
http://www.jsap.or.jp/

海外の学会としては、下記のようなものがあります。
専門学会
EU-PVSEC(欧州)
http://www.photovoltaic-conference.com/
PVSEC(アジア)
http://www.pvsec18.in/
PVSC(米国)
http://www.34pvsc.org/
応用物理系の学会(より手広く扱っています;燃料電池もあるのでは)
MRS
http://www.mrs.org/s_mrs/index.asp
E-MRS
http://www.emrs-strasbourg.com/

この他、先日のPV EXPO/FC EXPO、6月のPV JAPANなどの展示会もご参考になるのではないでしょうか。たいてい、解説のセミナーが併催されていますよ。
http://www.pvjapan.org/PVJAPAN-JP/index.htm
http://www.pvexpo.jp/

お役に立てば幸いです。

太陽電池については、下記の学会でも良く扱われます。
日本太陽エネルギー学会
http://www.jses-solar.jp/ecsv/front/bin/home.phtml
応用物理学会
http://www.jsap.or.jp/

海外の学会としては、下記のようなものがあります。
専門学会
EU-PVSEC(欧州)
http://www.photovoltaic-conference.com/
PVSEC(アジア)
http://www.pvsec18.in/
PVSC(米国)
http://www.34pvsc.org/
応用物理系の学会(より手広く扱っています;燃料電池もあるのでは)
MRS
http://www.mrs.org/s_mrs/index.asp...続きを読む

Q太陽電池の発電コスト。

太陽電池発電コストを求めるにあたっての式や数値などが掲載されているものは何かありますか?建設費や金利など、そういった具体的なデータが掲載されていると助かります。

Aベストアンサー

コストを出すための正確な諸々の数値はわかりませんが、「槌田敦」氏で検索すると他の発電に比べての太陽光発電のコストの概要がわかります。

一例をどうぞ。
http://www.passive.co.jp/taiyokohatsuden.htm

著書もありますので読んでみられてはどうでしょうか。

Q太陽電池は本当に省エネか疑問

太陽電池は本当に省エネか疑問
近時太陽、風、潮力、地熱等々の自然エネルギー利用が叫ばれて技術開発、商品開発が進んでいますが、私には大きな疑問があってそれが解けません。
例えば太陽電池の普及が盛んになっていますが、この製品設備については電池基盤、電池エレメント、送変電設備、制御装置、設置基礎材等々の製造にはかなり大きなエネルギーが費やされています。
一方太陽電池の発電回収電力は僅かなもので、この製造の為に費やしたエネルギーを回収するには何年も掛かるし、その間のメンテナンスには新部品に交換する場合も有るでしょう。これまた多くのエネルギーを使った上で作られた部品です。
設備の製造に使われるエネルギーと回収自然エネルギーとはどの様に釣り合っているのでしょうか?
学者さんのこの面での研究はどんな風に進んでいるのでしょうか?

考えなければならないのは、現在の製造に費やすエネルギーは、電力は、多分に安価な石油、石炭、ウラン等々に依存しています。この貴重な化石燃料が、石油で見れば、なんとペットボトルの飲み水より遥かに安価に設定されていると言う信じられない状態です。地球が何億年も掛けて溜めた貴重な化石燃料を安価に設定して300年もしない内に浪費し尽くそうとている。これこそ愚かな地球人の生き方ですが、大切に使わなければならない地下資源が、飛んでもない安価で使えているというのは動かぬ事実ですね。
現在の所、この安価な化石燃料の恩恵で太陽電池設備も相対的に安価に製造出来ていますね。
最近は更に政治的補助金制度も加わって、何となく太陽電池設備費と回収電力費とが価格的にペイしてるからエネルギーもペイしてる様な錯覚をしているのでは無いでしょうか?
経済的にペイしてれば省エネになっていると言うのでは、真の省エネとは程遠い話です。
太陽電池の例で、果たして本当に地球学から見たエネルギーの量で利得があるものなのでしょうか?
それはどの位なのでしょうか?これに応える意見とか論文とかを紹介して下さい。

太陽電池は本当に省エネか疑問
近時太陽、風、潮力、地熱等々の自然エネルギー利用が叫ばれて技術開発、商品開発が進んでいますが、私には大きな疑問があってそれが解けません。
例えば太陽電池の普及が盛んになっていますが、この製品設備については電池基盤、電池エレメント、送変電設備、制御装置、設置基礎材等々の製造にはかなり大きなエネルギーが費やされています。
一方太陽電池の発電回収電力は僅かなもので、この製造の為に費やしたエネルギーを回収するには何年も掛かるし、その間のメンテナンスには新...続きを読む

Aベストアンサー

開発当初はともかく太陽電池のエネルギー収支は10年以上前の時点でも十分に取れています。
とりあえず産総研から「太陽光発電のエネルギー収支」を記述したページを紹介しておきましょう。
# http://unit.aist.go.jp/rcpv/ci/about_pv/e_source/PV-energypayback.html

あと石油の値段がペットボトルの飲み水より安価といわれますが、ペットボトルにせよ缶にせよ購入する飲料の値段はほとんどが容器と輸送費、すなわち石油代ですよ。原理的に石油より安くなるはずはありません。

参考URL:http://unit.aist.go.jp/rcpv/ci/about_pv/e_source/PV-energypayback.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報