HPLCで分析をしたのですが、測定してえられたピークが予想していた物質ではなく全然ちがうものでした。この場合、やはり標準物質をふやしてリテンションタイムを調べて、試料中の物質がなんであるか調べるしか方法はないのでしょうか?
ちなみにカラムはShodex RSpak DC‐613で移動相は0.1N硫酸です。
ピークは9分30秒と29分にでました。糖分の分析をやっています。
不勉強ですみません

A 回答 (2件)

Shodexは経験ありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「RSpak D シリーズの分離条件:DC-613」
====================================
溶離液には水と有機溶媒との混合液を使用
====================================
移動層に0.1N硫酸を使用してのは何か意図があるのでしょうか?

http://www.sdk.co.jp/shodex/japanese/dc030213.htm
(順相カラムによる単糖、二糖、三糖の分析(2))
さらに以下のサイトで検索されては如何でしょうか?
http://www.sdk.co.jp/shodex/cgi-bin/namazu.cgi?k …
(Shodex全文検索)

さらにサポートに問い合わせてみては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.sdk.co.jp/shodex/japanese/da0209.htm
    • good
    • 0

HPLC 分析の目的がよく分からないのですが,既知化合物の定量でしょうか。

それとも未知化合物の同定でしょうか。

それによって対策が変わってきます。例えば,前者であれば,目的化合物なしとして済ますとか,後者なら分収してスペクトルデ-タに基づいた構造決定を行なうとか。

それと,MiJun さんもお書きですが,何故「移動相は0.1N硫酸」なのでしょうか。今,手持ちの「'95 改訂版 Shodex カラム総合デ-タ集」を見てみましたが,Shodex RSpak DC-613 での糖分の分析には水-アセトニトリル系が使用されており,「アノマ-分離を防ぐために溶離液をアルカリ性とし,60℃で分析する必要があります」とあります。

この内容は MiJun さん御紹介の Shodex のペ-ジにものっているようですので,御覧になって再検討された方が良いのではないでしょうか。

また,酸性溶離液を使う場合も酢酸酸性などで,0.1 N 硫酸は普通使わないと思いますが。よっぽど特殊な糖分なんでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QODS-HPLCのリテンションタイムについてです。

 ODS-HPLCの保持時間についての質問です。
カラムはキラルでは無く通常のカラムです。
D,L-イソロイシンはジアステレオマー化等にしないと保持時間は
一緒なのですが、アロイソロイシンとイソロイシンとでは保持時間が
違うのでしょうか?今、手元にはイソロイシン(2R,3R)はあるのですが、
アロイソロイシン(2R,3S)が無いです。
L体同士とかならば、違うような気がするのですが・・・。
お願い致します。

Aベストアンサー

 「イソロイシン」と「アロイソロイシン」の retension time ですね。

 これは化合物が異なりますから,異なるはずです。勿論,お使いの条件が分かりませんので,その条件で別れるかどうかは別ですよ。

QHPLCのピーク面積

HPLCで分析をおこなってます。
蛍光検出です。
ピークの面積はどのように出したものなのでしょうか?
チャートを見ると、横軸:時間 縦軸:florescence
となっています。この縦軸は何を意味していますか?
辞書を見ても分かりません。
自分なりに、ネットや本を読んで調べてみた
のですが、あまり分からないので、
どなたか時間があれば、教えてください。

Aベストアンサー

|
|    
|-------/~~~-----
+-----------------
      ↑
グラフが上のようになっていた場合、↑で示したところの面積がいわゆるピーク面積です。
どのように出したといわれると困りますが、単純に(?)面積を計算して出します。最近のHPLCですとコントローラPCが勝手に計算してくれます。

縦軸はこの場合florescenceですよね。検出された蛍光量を示しています。これも何を意味しているか?といわれると困りますが、単純に検出物質の相対的な量と考えていいと思います。

ピーク面積を問題にするときは濃度が分かっているサンプルを流して面積をmolに変換できるようにして定量します。

QHPLC 未知のピーク

HPLCで核酸関連物質の分析をしています。未知試料を分析したとき、標準試料としてインジェクションしたものとはは明らかにRTが違う、大きなピークが現れました。このピークが何であるか推定するためには、どうしたら良いでしょうか?文献等で、RTを調べてある程度あたりをつけ、その物質の試薬を買って、同じようにHPLCにかけてみることくらいしか、思いつきません。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 あなたの分析の目的が何かわからないので,回答しづらいのですが。その未知物質を同定しなければならないのでしょうか。

 同定の必要があれば,「LC-MS を所有しないからやれません」というのは理由になりません。近くの LC-MS を所有する研究室や大学などに相談して測定してもらうこともできます。あるいは,メ-カ-に依頼して分析してもらうことも可能です。

 なお,未知物質の量が多そうであれば,分取して構造解析する事もできます。

 これらの方法で得た未知物質に関する情報を元に検討しないと,膨大な数の試薬の中からどうやって比較対照を絞り込めますか。極端な話,たまたまその時使った器具が汚れていたという事だってありえますよ。
 

QHPLCでピークが重なった場合の対処法

HPLCを行っていて、それぞれのピークの間隔が狭く、分取が難しいとき、どのような対処法を皆さんは取られますか?このようにしたらうまくピークが分かれてくれたという例がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

根本的な解決には溶離液の組成またはカラムの変更をお薦めします。

すぐできる、その場しのぎ的な対応としては、
・流速を下げる(クロマト時間は長くなります)
・サンプル注入量を下げる(1回の分取量減)
・同じカラムを複数直列に繋ぐ(流速も下げないと圧がかかりすぎるかも)
・オーブン温度を下げる
・前ピーク前半&後ピーク後半のみ分取する(収率減)
などが挙げられます。

QHPLC試料における除タンパク後の過塩素酸除去について

 1Mの過塩素酸でHPLC試料の除タンパクを行いました。文献によると1Mの水酸化カリウムでpH6.5-6.8に調整するとのことですが,調整中にpHのジャンプが起こりなかなか上手くいきません。一滴未満の調整でも駄目です。
 この方法ですと強酸と強塩基の作業ですから無謀な気がします。何か良い方法があればアドバイスください。

Aベストアンサー

緩衝剤入れるしかないでしょう.強酸強塩基だけで中性域に止めるなんて,不可能でしょう.
液クロの溶離液は何ですか? その中の緩衝剤成分を入れておくのが常道では?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報