『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

こんばんは、プライバシーの権利について、少々質問させて頂きます。
学校のレポートで、プライバシーの権利について調べているのですが、

・自分でネットに自分の画像をアップしたところ、その画像を転載された。

この場合、プライバシーの権利を侵害していると言えるのでしょうか?

他人に画像を公開された場合等の事例はあるのですが、自分で挙げた画像の場合どうなるのか解らず困っています。
情報や、情報が載っているサイトなどがあれば、教えて頂けると助かります、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「自分の画像」というのが何を意味するか不明です。

「画像」には、動画/静止画、コンテンツにも風景、肖像、アニメ、その他があります。
「自分の」という表現の意味が、「自分が所有する」という意味か、「自分自身を撮影した」と言う意味かも不明です。

百歩譲って、次のように仮定しましょう。「自分自身が撮影した自分自身の肖像」(画像)についてのご質問とします。

プライバシー権という権利にも様々な要素があります。たとえば、私生活上の様々な事柄があります。
これも譲って、その中の一つである「肖像権」と仮定しましょう。

肖像権というのは、自己の肖像を管理する権利です。この中には肖像の作成や複製物の決定権が含まれます。ただし、法律に「肖像権」が定義されているわけではなく、裁判の中で判例として形成されてきました。
憲法第13条に個人の尊重があげられていますが、それに基づき、何人も承諾なしに、みだりにその容貌を撮影されない権利とされています。また、これはプライバシー権の一つとも解釈されています。さらに、作成された肖像を、承諾なしに、公表されたり利用されない権利でもあります。

ご質問の場合は、撮影と公表を自分自身で行っているので、その状況では肖像権やプライバシー権の侵害については問われないでしょう。撮影した写真には撮影者であるご自身の著作権がありますから、他の写り込みの問題が無ければ、アップロードする権利(送信可能化権)もあります。

さて、そのネット上の肖像(画像)が転載されたのであれば、まずは著作権の中の複製権の侵害があり、再度送信可能化権の侵害が考えられます。
この状態で重要なのは、肖像の公開がすでに肖像権者によってなされていることです。プライバシー権の侵害を争うことは困難でしょう。
    • good
    • 0

貴方が公開してしまったのだから、プライバシーの侵害は難しいでしょう。



あなた自身を貴方が撮影したのなら、肖像権と著作権が発生していますので、そちらから攻めるしか無いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

レポートの話なので、私自身が公開した訳ではありません、誤解されそうなのでそこだけ訂正させてください。

プライバシーの侵害には当たらないのですね、ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/28 13:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q他人の顔写真を勝手に掲示板などに貼ったら・・・

ブログやネット上に落ちている他人の顔を自分のPCに保存し、「転載禁止」や「悪用禁止」などと書かれていなくても掲示板や不特定多数の人が閲覧する場所に無断で貼ったら違法になりますか?

Aベストアンサー

肖像権の侵害になります。
写真などの転載は写っているご本人全員の許可が必要です。

Q友達に勝手にtiktokを撮られ載せられました それって法律的にどーなんですか?

友達に勝手にtiktokを撮られ載せられました
それって法律的にどーなんですか?

Aベストアンサー

肖像権の侵害を規定した法律は存在しません。
なので刑法として罪に問うことはできません。

ただし民法においては人格権や財産権の侵害として訴えることができます。
ただ裁判にもお金がかかりますし削除要請などで対応するのが一番でしょう

Qこの前Twitterで友達の顔写真をふざけて載せてしましました そしたらその友達が大激怒としてしまい

この前Twitterで友達の顔写真をふざけて載せてしましました
そしたらその友達が大激怒としてしまい警察に行くと言ってたのはいました
この場合どのくらい慰謝料を払わなければいけませんか?
⚠全然悪意はなくそのツイートもすぐ消しましたまた、怒らせてしまったので謝りたいのですが連絡先全てブロックされてて謝罪すらできません
自分もその友達も未成年です

Aベストアンサー

細かいことを言うと事件性はないので警察に行ったところで、被害届が受理され捜査される可能性は低いですし、何らかの罰則が出るとはないでしょう、慰謝料と言ってますが裁判になって払うのは罰金ですが罰金刑はないでしょう

あとは、そのお友達との関係ですね、相手の気持ちを害したことに対するものが慰謝料ですが
、まじめに謝罪を繰り返したほうが未成年らしいです、金銭で解決するような問題でないと思います
どうしても許してもらえないのなら、こういった安易にSNSに写真を載せることが重大な問題を引き起こす事を心に刻みましょう
とにかく、友人などを伝って、心から謝りましょう


人気Q&Aランキング