【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

『週刊文春』(5月2日・9日ゴールデンウィー ク特大号)で以下のような記事をみました。

「あなたはそれでもチキンナ ゲットを食べますか? マクドナルドの中国産鶏肉 が危ない!」

こんな記事を発表されたら多くの人はマクドナルドでの購入をやめるでしょう。

今、売り上げ回復に向けて一生懸命に頑張っているのに水を差す行為です。

当然、会社は営業妨害で訴えを起こすでしょうが、週刊文春はなぜこのようなリスクをおかすのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

ゴシップ誌ですから、本と名前が売れれば何でもアリですから。


加えるなら、営業妨害てのは、不実であれば成り立ちますが、事実だと難しいかも。
まあ、関係なく食べますが。
気にしても仕方ないし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ここまで書かれて公に反論しなければ、その内容を事実と認めたものと私は思います。

その程度の会社だったということですかね?

お礼日時:2013/04/29 21:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング