ちょっと教えていただきたいのですが、
コンクリートの混和剤の起泡剤を泡立てて実験に使っているのですが、
泡の質が毎回異なっているように思えてきます。
その泡の質を毎回そろえるためにどのような点を評価したらいいのでしょうか?
泡の評価項目すらわかりません。
泡の密度を調べることのほかに、きめの細かさなどはどのように
評価したらいいのでしょうか?

石鹸の泡やその他泡を取り扱っている方でもかまいませんので
泡について詳しい方、何でもかまいませんので
情報をくださいm(__)m
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

直接的な回答ではありませんが、以下の成書は参考になりますでしょうか?


=================================
機能性界面活性剤/角田光雄/シーエムシー/2000.8 
非イオン界面活性剤と水環境/日本水環境学会「水環…/技報堂出版/2000.3 
機能性界面活性剤の市場展望/2000年…/シーエムシー/1999.12 
界面活性剤/竹内節/米田出版/1999.5 
機能性界面活性剤の開発技術/シーエムシー/1998.7 
界面活性剤の話/北原文雄/東京化学同人/1997.6
機能性界面活性剤の市場動向/シーエムシー/1996.3 
界面活性剤と界面現象/ミルトン・J.ローゼ…[他]/フレグランスジャーナ…/1995.6 
界面活性剤と水と環境/村井健司/高輪出版社/1995.10 
==========================================
これらの中で消泡剤等の評価項目があれば、逆に利用できないでしょうか・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q樹脂硬化剤(接着剤)について

とある電子部品の接合に、接着剤を使用する必要があります。
私は接着剤に関して全くの素人なのですが、
会議にて、「ACP」「ACPフィラーレス」「ACPフィラーあり」「導電性接着剤」といった言葉がよく出てくるのですが、正直違いがよく分かりませんし、会議中でも人によって混同して使用されている感があります。
要は、樹脂硬化剤(UV硬化とか熱硬化とか)に、金属と金属を接合させるツブツブみたいなのが入っているか、そうでないかの違いという理解でいいのでしょうか?
よろしくご教授下さい。

Aベストアンサー

私も専門外で曖昧です。 参考までに。
熱硬化や、UV硬化したことが無いので。
導電性接着剤は、エポキシ等の樹脂に銀フィラーを混ぜ込んで、
脱泡処理して使う物だと思ってました。
それを熱硬化処理で接着するのでは??
シランカップリング剤も、エポキシに硬化剤混ぜて、熱硬化、UV硬化
させていると思いますが?? 半導体によっては熱に弱い物も有る気がしてます。オリゴマ樹脂だとUV硬化するかな? 勉強不足でごめんなさいね

Q粘着剤と接着剤の違いについて

接着剤と粘着剤の作用を分子のレベルで比べるとどのような違いがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>ちいさな吸盤は初めからできているのでしょうか、あるいは引き離そうとするときに、できるものなのでしょうか。
 これは完全に密着した吸盤と考えれば同じことなので・・

>接着剤でも「吸盤」効果もあるのでしょうか。
 接着剤は、粘着剤と異なり対象となる物質が異なります。接着の原理も様々です。
1) アンカータイプ
 木工ボンドに代表される接着剤で、木の組織の隙間に入り込んで固まることによって接着します。できるのは、セルロースとよく似た物性をもつポリ酢酸ビニル樹脂です。
2) 相互溶解タイプ
 硬質塩化ビニル(水道管)やアクリル樹脂の接着は、双方の物体を溶かしたのち乾燥することで接着します。
3) 大気圧利用タイプ
 原理は粘着剤と同じですが、対象は硬質材料です。(1)のアンカー機能とともに働きます。エポキシ樹脂でガラスをくっつけるなど・・硬質素材にしか使えませんが、アンカー機能も働く場合極めて強い接着が出来ます。
 瞬間接着剤もこちらが主力です。瞬間接着剤は成分的にタンパク質と馴染みがよいため手術の縫合に使われることもあります。
4) その他

 分子変化は「特殊な接着剤」以外考えなくて良いでしょう。そんな物があるかなといわれても私には思い浮かびません。変化するものと言えば、半田に代表される金属の蝋付けですが、これは相互の結晶格子内に拡散してひとつの金属(物質)になりますが、その場合は接着とは言わずに「溶接」「圧接」「ろう接」と呼びます。

 言い換えれば
溶接 界面が存在しない。
接着 以下↓接合する界面(bond line)が存在する。
粘着 
ファスリング(ビス止め、アンカー、ダボなど)
 という4種類の接合方法がある。


 

>ちいさな吸盤は初めからできているのでしょうか、あるいは引き離そうとするときに、できるものなのでしょうか。
 これは完全に密着した吸盤と考えれば同じことなので・・

>接着剤でも「吸盤」効果もあるのでしょうか。
 接着剤は、粘着剤と異なり対象となる物質が異なります。接着の原理も様々です。
1) アンカータイプ
 木工ボンドに代表される接着剤で、木の組織の隙間に入り込んで固まることによって接着します。できるのは、セルロースとよく似た物性をもつポリ酢酸ビニル樹脂です。
2) 相互溶解タイプ...続きを読む

Qp-ヒドロキシ安息香酸メチルを、インキュベーターにて防腐剤・防カビ剤として使用する場合の濃度を教えて下さい。

インターネットで検索したところ、3%で使用している資料がありました。恐らくこのくらいの低濃度で用いるものかとは思いますが、実際にご使用の方がいらっしゃいましたら、濃度を教えて頂ければ幸いです。 

なるべくならp-ヒドロキシン安息香酸メチルを使いたいのですが、他の薬品でお奨めのものがありましたら、そちらも教えて頂けたら光栄です。

Aベストアンサー

3%て高すぎますね。
通常0.1%とかそのぐらいの濃度だったと思います。

p-ヒドロキシン安息香酸メチル以外なら、
ブチルとかエチルは同様に使えますが。

Q沸騰した湯の泡について

先日、小学校低学年の娘との料理中、湯を沸かしていたところ、鍋の底から気泡が上がってくるところを「なぜ何もない湯鍋の底からアブクがでるの」と質問されました。私もよくわからず宿題にされてしまいました。
良い説明の仕方、実験や調べ方等を教えていただければと思います。

Aベストアンサー

泡は水蒸気です。(水が気体になった)
実証するには三角フラスコにガラス管を刺したゴム栓をしたものを用意します。
ガラス管の先に透明なチューブを取付け水を入れたビーカーを用意します。
三角フラスコに水を入れ火に掛けます。
フラスコの水が沸騰して気泡が多く出てきたら上述のチューブを
ビーカーにいれ最初は気泡が出るが(三角フラスコの中の空気が残っている)
暫くすると気泡が出なくなります。
このことから水は沸騰すると気化して水蒸気になるが沸点以下に下げることで
また水に戻るのでビーカーの中に泡が出来ない。
これは小学校の理科で実験したと思うのですが今の小学生は
やらないでしょ!(年がばれてしまう)

Q水中でスクリューを回すとどうして泡がでるのでしょうか?

水中でスクリューがまわっている映像をみますが、
そのときに泡が生じている場合が多いように思います。
あの泡、気体の正体は何でしょうか?
空気でしょうか?
どうして水から空気が生じるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これはキャビテーションという現象で、水中を物体が移動したとき、後方の圧力がその水温での飽和水蒸気圧より低くなるとそこで水蒸気が発生して泡が出来ます。
泡の正体は水蒸気です。

これが発生すると、スクリューなどに結構大きなダメージを生じるので、翼型などを工夫して発生を抑えるようにしています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報