中世ヨーロッパには邪悪な魔女がたくさんいたのでしょうか。
どんな魔女だったのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

科学と呪術が混同される時代の話です。


キリスト教が認めない異端(技術・思想・土着の宗教)は魔女とされました。

キリスト教が作った魔女は沢山居て、沢山粛清されましたよ。
    • good
    • 2

今でもいますよ。


欧米には多いのです。

どんなと書きたいところですが、現実の魔女の存在はここで書くには酷いものです。
アニメやテレビのイメージとはかけ離れています。
しかし、魔女キキのように魔女になるには3代、4代と血族を受け継ぐ必要があります。
そこは事実です。

質問しても、普通の日本人でこたえられるわけがありませんよ。
ネット検索してみて下さい。
    • good
    • 0

中世キリスト教の狂気振りが作りだした魔術でした。


「あの人は魔女だ」と訴え出れば,報償金にありつけました。
世にも怖ろしい罪深い宗教が存在しました。
    • good
    • 1

>中世ヨーロッパには邪悪な魔女がたくさんいたのでしょうか。



はいっ、たくさんいましたよ。


>どんな魔女だったのでしょうか。

魔女のレッテルを張られた普通の人間の女性でした。
    • good
    • 0

いません。

教会に通おうとしない、引きこもりの女性が無理矢理魔女に仕立て上げられただけです。迷信深いドイツの農村では19世紀になっても魔女狩り騒動がありました。
    • good
    • 0

魔女という言葉の定義次第ですね。

実際に、超自然的な力を使うような魔女はもちろん存在しません。

他人から、そういう風に思われた人は多数存在していて、それが教会によって魔女とされて、迫害・処刑されました。中世ヨーロッパにおいては、超自然的な出来事(=奇跡)は教会の独占物で、教会の権威によらない超自然的な出来事は、異端(魔女の仕業)でした。例えば、「あの人の言うことはよく当たる」というのでも魔女の可能性があったわけですね。
    • good
    • 0

 魔法が実在するのであれば、魔女が絶滅するわけがないでしょう。

魔法を使って生き残るはずです。

 実際には、魔女だと疑われた女性が大勢いただけの話だったようで、政治的理由で弾圧されたようです。

 魔女狩りがどんなものかは知っていると思いますが、魔女だと判断されると、丸裸にされて手足を縛られ、湖に放り込んで溺死させたり、柱に縛り付けて火炙りにしたりなど、残虐で凄惨な虐殺がおこなわれていたようです。

 魔女狩り:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E5%A5%B3% …

 ゲームの世界のように、魔女が強力な魔力を使えたのであれば、魔女狩りをしたら、魔女の報復で国は滅茶苦茶になっていたはずですが、そういう歴史はありませんから、当時の宗教政治が原因の虐殺に過ぎなかったようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマリー、メアリー、メアリという名前は英語では一つ?

マリー、メアリー、メアリという名前は英語では
皆同じMaryのことでしょうか。
よろしくお願います。

Aベストアンサー

キリスト教の聖母マリア様の名前にもなったMariaの綴りから派生して
出来た名前です。
メアリーとメアリは発音の伸ばし方の好みの問題なので、実質は同じです(Mary)。
マリーと発音する場合は、Mary、Marie、Marrieなどといくつか綴り方が
あります。

特に米国人の場合は先祖の移民元の祖国(地方)の綴りに従ったり、
カトリック教徒なのでマリア様にあやかった綴りにしたいとか、
親の綴りに対するファッション感覚?でrを二つ並べてみたりと
ばらつきがあるので、個人ごとにどう綴るの?どう読むの?と確認
しないと怒られることがあります。

欧州でも、英国はMary、大陸諸国ではMarieもしくはMarrieを使う傾向が
多いのですが(聖母様と同じがよいとMariaにする人もまた多い)、
最近は綴りを好みで決める人が増えてきています。それでも米国に
比べたらまだ聖書の聖人の綴り通りにする人が圧倒的に多いのですが。

Q中世ヨーロッパでなされた異端審問や魔女狩りといった弾圧行為が世界史の教

中世ヨーロッパでなされた異端審問や魔女狩りといった弾圧行為が世界史の教科書に載らないのはなぜですか?

Aベストアンサー

 歴史教育を専門にしている立場ですが、
山川をはじめ、東京書籍などの17社の世界史教科書に魔女狩りについての記載は確認できます。
異端審問は、魔女狩りと同義とされる傾向もありますので、精査の余地がありますが、例えば、ガリレオ・コペルニクスなどの科学技術に関する宗教裁判は総ての教科書に言及があります。

つまり、世界史の教科書に載っていないはずはありません。
記述を見逃しているか?言葉と用語を変えているか?のどちらかでしょう
少なくとも歴史事象として、黒死病と並ぶ大きな事件ですから載せないはずがありません

ちなみに、日本の世界史教科書では掲載しない傾向だが、一般的には教科書に記載される事件としては、マッカーシズムがあります。
なぜか、マッカーシズムは日本の教科書では割愛されるケースが多いのか?と調べているのですが、回答は見つかりそうもありません。

Q魔女狩り

魔女狩り、魔女裁判、とにかく魔女に関することならなんでもいいので教えて下さい!!それから、魔女について研究している方がいましたら、魔女狩りのどこに惹かれるかも教えていただきたいです!!!

Aベストアンサー

この過去の質問を見てはどうでしょうか。




No.26646 質問:魔女狩りってどうやって始まったのでしょうか?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=26646

Q欧州が中世に曜日は異端の神の名のまま、異端審問や魔女狩りに精をだしたの

欧州が中世に曜日は異端の神の名のまま、異端審問や魔女狩りに精をだしたのはなぜでしょうか?

こんにちは、お世話になります。

ふと、頭に浮かんだ素朴な疑問なのですが、ご存知の通り欧州の国々で曜日の名前は、ローマや北欧の神話の神々の名前からとったものが多いですよね?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%9C%E6%97%A5

別にこれが宗教に寛容な国々なら、何の不思議もないのですが、その昔は、「魔女狩り」をしたり、「異端審問」をした国々でもありますよね?

『曜日の名をすべて聖書関連の名前にする。』という動きはなかったのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>存在するかどうかも分らない魔女探そうとして、一般人を沢山殺した

この出来事は、その悲劇を考えると強烈な印象を与えるので、どなたも考えさせられてしまうことは良く分かります。

ところが、良く良く考えてみると人間とはそんなことばかりやって来たようです。キリスト教に言わせると、ユダヤ教もイスラム教もヒンズー教も仏教も神道も、皆幻想を拝んでいるということになりますが、その反対に例えば、仏教に言わせても他の宗教は幻想なのですね。ところが上で挙げた全ての宗教は、皆壮大な神殿や伽藍や聖堂を建てて神や仏に捧げています。もしキリスト教が正しいなら、他の宗教は存在しもしないはずの魔女狩りをやっていることと同じようなことをやっていることになり、反対に他の宗教が正しいとすると、キリスト教がそれをやっていることになる。孰れにしても、あの壮大な伽藍や聖堂の少なくともどれかは、あるいは全てが、全く虚構の上に建っているのですね。

考えてみたら、人間とはそんな虚構に大変な情熱を注ぎながら今までやって来た、これが人間の歴史なのですね。全生命を注いでここまでやって来たのに、実は虚構だったと知ったら、皆さんどう思うのでしょうね。

ところで、一見どんな突拍子のない行為に見えても、人間のやることで何かその裏に合理的な説明のできない物事はないと、私の好きな柳田國男が言っていました。私は上で、魔女狩りも壮大な神殿や伽藍や聖堂も共に虚構のなせる技だと言いましたが、見方を変えてみると何か合理的な説明ができるかも知れません。実は、魔女狩りの対象が魔女だったと考えるから話しが分からなくなってしまうのです。魔女狩りは、その当時の人々の心の中にあったある物を対象とした行為だったのです。そのある物は、その当時の人の心の中に確実に存在していたのです。神殿も伽藍も聖堂も、神や仏が本当に存在しているかどうかが問題ではなく、皆、人々の心の中に本当に存在しているある何かに捧げられているのですね。

>存在するかどうかも分らない魔女探そうとして、一般人を沢山殺した

この出来事は、その悲劇を考えると強烈な印象を与えるので、どなたも考えさせられてしまうことは良く分かります。

ところが、良く良く考えてみると人間とはそんなことばかりやって来たようです。キリスト教に言わせると、ユダヤ教もイスラム教もヒンズー教も仏教も神道も、皆幻想を拝んでいるということになりますが、その反対に例えば、仏教に言わせても他の宗教は幻想なのですね。ところが上で挙げた全ての宗教は、皆壮大な神殿や伽藍や聖...続きを読む

Q本物っぽい魔女のイラストないですか?

Webで、魔女のイラストを探しているのですが、いずれも、カワイイ魔女や、女の子っぽい魔女ばかりで、年季の入った本物っぽい老婆風魔女が見つかりません。

本物っぽい魔女(魔法使いのお婆さん風)のイラストの載っているサイトがあったら、教えてください。

Aベストアンサー

「魔女」でなく「witch」でイメージ検索すると日本のアニメ調じゃないものがヒットしやすいかも。

その方法で見つけた魔女人形のサイトです。
http://www.thefolkloredollcompany.com/witch_dolls.html

Q中世ヨーロッパ、貴族は何ヶ国語も話せたか?

こんにちは。

先日ナポレオンや女帝エカテリーナの漫画を読んでいて疑問に思ったのですが、漫画の中では彼/彼女らは外国の人たちとも普通に会話しているように描写されています。

実際、彼/彼女らは何ヶ国語も話せるような人たちだったのでしょうか?ヨーロッパではドイツ、イタリア、フランス語など主要な言語をいくつか話せる人が多いと聞きますが、貴族ともなれば子供のころからそういう教育を受けていたのでしょうか?

Aベストアンサー

そのマンガって池田理代子ですか?
と、まあ、なぜマンガ家名から入ったかというと、池田氏のマンガだったら、親戚が外国王家とか、婚姻関係や親善関係のために外国暮らしとか、そういう事情が書かれていたと思いまして。エカテリーナなんて子供の頃から(嫁いでからも)必死に勉強してるシーンがありますよね。

マンガに書かれてなくても、ヨーロッパ王家は互いに婚姻によって結ばれていることが多いため身近に外国語を話す人もいて学習環境もあり、もちろん、将来のことを考えて外国語は学びます。王家に限らず、有力な貴族の子弟でも、外国の宮廷で見聞をひろめたり(実際には情報収集とかコネを作るとか他の目的でしょうが)しますから語学は必須ですね。

Qおはようございます。あなたが好きな、魔女は?例、東洋の魔女、奥さまは魔女の、サマンサです。よろしくお

おはようございます。あなたが好きな、魔女は?例、東洋の魔女、奥さまは魔女の、サマンサです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おしおきだべぇーの、ドロンジョは魔女じゃなかった?
魔性の女・・・

Qなぜ、中世ヨーロッパの「刀」は「刃つき」でなく、「ピン型」ですか?

なぜ、中世ヨーロッパの「刀」は「刃つき」でなく、「ピン型」ですか? まさか、「刃」をつける技術力がなくて、やむをえず、「とがったもの」と作るしかなかったと? 日本では、「切る」形で相手を倒すけれど、ヨーロッパでは、「突き刺す」形となったのはどういう理由からでしょうか? 当時のアラビアでも、「刃の広い刀」を使っていたはずですが。。。

Aベストアンサー

#3です。補足します。

私の後に、いろいろお詳しい方が書いておられますが、武器としての刀・剣と道具(装飾)としての刀・剣についいて補足します。

もともと、刀・剣は武器として戦争で用いられ、段々発達してきました。
武器としてみた場合、刀でもこん棒でも、敵を殺さなくても無力化すればいいのです。また戦闘中に武器が使い物にならなくなっては困ります。さらには、安く作れるほうがいいですね。
ということで、古代、戦闘用には太くて折れない剣が最初に登場します。その後接近戦用や騎馬戦などに短刀や槍などが出来てきます。しかし戦争は白兵戦が基本ですから、より折れにくくしかも鋭い刀・剣が必要になっていったのです。

また戦闘方法も無力化すればいいのですから、殴る・蹴る・切る・突く何でもありです。しかし切ると、折れるかもしれない・刃こぼれするかもしれない、というわけで、どのような刀でも突くというのが重要な動作になります。アラビアの「刃の広い刀」は騎馬戦を主体とした民族だったため、馬の上から切りつける(というか叩きつける)ことで、相手を無力化したため、切ることを犠牲にして叩くこと・折れないことに重点を置いたつくりになっています。

その後中世に入り、古代的な戦争が減ってゆき、社会も階層化が進みます。そうすると、もともと身を守る刀・剣が階層を表す重要な道具になって行きます。また銃が発明された後は、なおさら装飾化します。
日本でも、刀は武士の命といいますね。中世から近世のほかの国でもこの傾向が現れました。
しかしそうすると問題が起きます。本当に戦争に使えるような、頑丈な武器は常に携帯し、権威を表すにはちょっと重過ぎます。ですので軽く扱いやすい武器に変化していきます。もちろん武器ですから最低限の機能はあります。ヨーロッパの武器は突くことだけを主体にして軽く細くなりましたし、日本刀も細く持ちやすくなっていきました。

つまり刀・剣には使い型や用途によっていろいろなものがあるのです。また他の国と書きましたが、他の国の歴史もいろいろですので、大体このように進んだのだと思ってください。

ですので、私のお礼に戴いた「切れない刀」もまったく切れない分けではありません。戦争用ではないということです。もっとも江戸時代も後半になると、武士の2本差しも本当に権威を表す道具になってしまいますので(ほとんどの武士が剣術訓練しないし)、お金に困った武士は刀を質に入れ、竹製の刀身を鞘に入れてもっている人もいたのです(竹光と揶揄されました)ですから「切れない刀」を持っている人も本当にいたようです。
また日本刀の斬るについてですが、日本刀だけは斬ることができ、また刀身も斬ることを前提にカーブがつけてあります。時代劇で刀を納めるときにかっこつけているように見える動作も、カーブに沿って刃を傷めないように鞘に収めるため、必要な動作です(ま、カッコもつけていますが)
ですが、実際に斬りつけるとすぐに刃こぼれしてしまいますので、何人もと対決しなければならないときは、突きのほうが有効です。

#3です。補足します。

私の後に、いろいろお詳しい方が書いておられますが、武器としての刀・剣と道具(装飾)としての刀・剣についいて補足します。

もともと、刀・剣は武器として戦争で用いられ、段々発達してきました。
武器としてみた場合、刀でもこん棒でも、敵を殺さなくても無力化すればいいのです。また戦闘中に武器が使い物にならなくなっては困ります。さらには、安く作れるほうがいいですね。
ということで、古代、戦闘用には太くて折れない剣が最初に登場します。その後接近戦用や騎馬戦な...続きを読む

Qブラッディー・メアリについて

私の大好きな小説家の書いた本の中に、ブラッディー・メアリに「リー&ペリン・ソース」というものを1滴入れると書いてあったのですが、「リー&ペリン・ソース」とはいったいどのようなものですか?また、どのようなところで手にはいるのでしょうか?

Aベストアンサー

LEA&PERRINS
「“リーペリンソース”は調理用ソースの世界的ブランドです。」だそうです。
詳しくは参考URLをどうぞ。

参考URL:http://www.meidi-ya.co.jp/myhpa/a6f/itdfoodtop/leaperrin/leaperrin.htm

Q中世ヨーロッパ貴族の結婚→夫側から支払う結納金のようなものはあったのですか?

中世ヨーロッパの貴族同士の結婚では、
妻側が土地などの持参金を携えて夫の家に入ったと聞きました。

そのため、娘が多い家などでは、持参金貧乏になったり、
持参金の支払い能力がないために娘を修道院に入れたりすることがあったとか。

女性側にとって、すごく不利な結婚条件だと思います。
男性側は、妻が死んだら持参金を我が物にできたらしいので、不公平だと思うのですが・・・

ここで質問なのですが、
男性側は、持参金のお返しに、妻の実家に結納金のようなものを支払わなかったのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

中世に政略結婚で財を成していったと言えば「ハプスブルク家」が有名です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%97%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF%E5%AE%B6

ハプスブルクの花嫁たちについて書かれてあります。
http://members.aon.at/hwien/bgk/2004/tl2.html

>中世ヨーロッパ貴族の結婚→夫側から支払う結納金のようなものはあったのですか?

「結納金」は、たぶん夫になる人の方が身分が低かったりしたら、あったのではないでしょうか。
結納金がなくても、政略結婚で得るものは大きいと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E7%95%A5%E7%B5%90%E5%A9%9A

例えば、ロシアのエカチェリーナ二世については、
「1742年9月、母ヨハンナは、ダイヤを散りばめた額に納められたロシア女帝の肖像画をロシアの書記官から手渡される。」
これが「結納」と言えるかも知れませんね。
http://kyoto.cool.ne.jp/rekiken/data/1997/971219.html

>持参金の支払い能力がないために娘を修道院に入れたりすることがあったとか。

1517年の宗教改革以前でしたら、領主教皇も居ましたし、修道院も居心地が良かったのではないでしょうか。カトリックの教皇の中にも子供が居た人も居ましたし、貴族出身の金持ちの教皇に見初められたら、貴族に嫁ぐよりいい生活が出来たかもしれません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB6%E4%B8%96_(%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%95%99%E7%9A%87)

中世に政略結婚で財を成していったと言えば「ハプスブルク家」が有名です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%97%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF%E5%AE%B6

ハプスブルクの花嫁たちについて書かれてあります。
http://members.aon.at/hwien/bgk/2004/tl2.html

>中世ヨーロッパ貴族の結婚→夫側から支払う結納金のようなものはあったのですか?

「結納金」は、たぶん夫になる人の方が身分が低かったりしたら、あったのではないでしょうか。
結納金がなくても、政略結婚で得るものは...続きを読む


人気Q&Aランキング