『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

甘くて泣けるBL漫画教えて下さい!


*好き
・ベタ甘
・泣ける
・ハッピーエンド
・心理描写豊富
・暖かい気持ちになれる


*嫌い
・バッドエンド
・死ネタ
・暴力
・グロテスク
・全体的に暗い
・三角関係(全員めでたしならセーフ)
・エロばっかり、エロ以外適当or下手
・別れ
・ショタ
・女体化
・鬼畜

・ファンタジー


*その他
・3巻くらいで完結
・エロは多くても少なくても可



好きな本は、

「同級生」「卒業生」中村明日美子
「どうしても触れたくない」ヨネダコウ
「ラブリートーク」雲之助
「幸せになるのさ!」雲之助
「花のみぞ知る」宝井理人

です。全部買って正解でした。


今回は特に泣けるのが読みたいです。
上記の条件を満たし、しかも泣けるものです。

わがままごめんなさい。
よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

漫画 BL」に関するQ&A: BL漫画に対する偏見…

A 回答 (1件)

こんにちは!



私も泣けるの大好きです!
あくまでも私の好みなので気に入ってもらえるか、わかりませんが紹介します。

★甘い★
・このおれがおまえなんかすきなわけない(緒川千世)
・男子寮301号室の恋愛フラグ(西原ケイタ)

★切ない★
・恋は角砂糖5つでできている(六路黒)

・花のみやこで(宝井理人)【これは(花のみぞ知る)に繋がっているというか何というか。】

・僕は君の鳥になりたい。(ホームラン・拳)

・空中庭園(ホームラン・拳)

★切ないおすすめの小説★
・君が好きだった(宝井理人)

以上です! もしかしたらご存知のものばかりかもしれませんが、おすすめです!
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q切ないストーリーのボーイズラブ作品

『銀のレクイエム』『ニューヨーク・ニューヨーク』のような、切なくて、運命的なものを感じさせるボーイズラブ作品を探しています!
心情の描写がとても上手で、読んでいるこちらも切なくなるものが、なかなか無い為、質問させていただきました。

あげさせていただいた2作品は、文句がないくらい私の好みです。
運命のイタズラのような悲劇が含まれているから好みなのかもしれません。(ニューヨークで言う私的な悲劇は、受けが事件に巻き込まれてしまうことです)

悲劇とか、運命的なものはなくて、ちょっと矛盾してるのですが…麻生海さん(原作:studiomay-be)の『それは一瞬の光、ではなく』も描写がまずまずな作品かな、と思います。失礼ですが、ギリギリで好みという感じで、これ以上のものがあればいいなぁと思っています。

逆に、みなみ遥さんの『最果ての君へ』。これも確かに悲劇的なお話しで、切ないと思うかもしれませんが、この作品はキャラクターの気持ちがあまり伝わってこないんです…。みなみ遥さんの絵は好きだし、作品も好きなんですが"読んでいるこちらも切なくなるか"と言われると首をかしげてしまいます。

兄弟で好きになって、親に見つかって、引き離されて…でも忘れられない…とか。
兄弟でなくても、親とか先生に見つかって引き離されるとか。
どちらかが死んでしまって、残されたほうが後追いの未遂をしたり、病的になってしまうとか。
妻子ある人を好きになって、気持ちも伝えられずに苦しんでいるとか。
現代ものでなくて、身分の差で(決してハッピーエンドではなく)一夜だけ結ばれたとか。
そんな話しも読んでみたいと思っています。

まとまりないですが、このような内容のオススメありましたら教えて下さい!(作者、出版社、あらすじなども教えていただけると嬉しいです)
コミック、ノベルズ、文庫、ネット小説、ボーイズラブものなら何でもかまいません!
また「おすすめありますか」の質問か、と思わずによろしくお願いします!

『銀のレクイエム』『ニューヨーク・ニューヨーク』のような、切なくて、運命的なものを感じさせるボーイズラブ作品を探しています!
心情の描写がとても上手で、読んでいるこちらも切なくなるものが、なかなか無い為、質問させていただきました。

あげさせていただいた2作品は、文句がないくらい私の好みです。
運命のイタズラのような悲劇が含まれているから好みなのかもしれません。(ニューヨークで言う私的な悲劇は、受けが事件に巻き込まれてしまうことです)

悲劇とか、運命的なものはなくて、ちょ...続きを読む

Aベストアンサー

胸が痛くなるようなセツナイ話はいいですね。私もお薦めがあったら知りたいです!
古い作品ばかりなので、入手が難しいかもしれませんが・・・。

[漫画]
●えみこ山 「月光オルゴール」 新書館
同級生の恋人に浮気相手との赤ちゃんを『一緒に育てよう』と言われ、高校卒業後に3人で一緒に暮らすようになります。人気俳優となりほとんど家に帰らない恋人の代わりに、受は大学に通いながら子供を育てるのですが、成長した息子は相手の愛情の上に胡坐をかくような父親の姿に疑問を抱くようになります。歪な家族関係はやがて、ある悲劇をきっかけに崩壊してしまいます・・・。

[小説]
●吉原理恵子 「間の楔」 光風社出版 ←既読かと思いますが。
コンピュータで管理された未来都市、支配階級トップに位置するブロンディの一人が気まぐれを起こし、社会から見捨てられたスラム街のヘッドでカリスマとされる少年をペットにします。
他のペット達は幼い頃から教育されており、雑種の少年をペットにすることは彼の経歴に傷を付けると仲間から警告を受けながらも手放そうとしません。人工体のブロンディの中でも冷め切った感情しか持たないイアソンは、どんな贅沢や辱めにも心が折れない獣のような少年に興味を惹かれ、調教していくのですが・・・。
文庫で加筆したものが出ていますが、一気にラストまで読める長さのハードカバー版を先に読まれた方が、悲劇性がよりはっきり浮かびあがるような気がします。


以下は一応ハッピーエンドなのですが、途中が凄く辛いです。

●S・稔也 「博士と助手」 ECLIPSE ROMANCE/桜桃書房
博士を慕って不器用ながらも一生懸命に尽くしてきた助手が、博士が造った死んだ息子にそっくりのアンドロイドを、命がけで火事から救い出します。皮膚が焼けて剥げ落ちた助手は、自分も博士が造ったアンドロイドで失敗作であったことを知ります。そのまま廃棄されそうになるのですが、助手のことを哀れんだ兄に貰われていきます。

●S・稔也 「龍宮城ロマンス」 ECLIPSE ROMANCE/桜桃書房
浦島の子孫の友人と間違えられ、乙姫(男で攻)に竜宮へ連れ去られた少年が、乙姫の一途な愛を受けるうちに愛するようになります。しかし、間違いに気づいた後の乙姫は手のひらを返したように冷たくなり、与えてしまった龍珠を取り戻すため少年を殺害しようとします。
愛する人に疎まれている事を知った少年が切ないです。

胸が痛くなるようなセツナイ話はいいですね。私もお薦めがあったら知りたいです!
古い作品ばかりなので、入手が難しいかもしれませんが・・・。

[漫画]
●えみこ山 「月光オルゴール」 新書館
同級生の恋人に浮気相手との赤ちゃんを『一緒に育てよう』と言われ、高校卒業後に3人で一緒に暮らすようになります。人気俳優となりほとんど家に帰らない恋人の代わりに、受は大学に通いながら子供を育てるのですが、成長した息子は相手の愛情の上に胡坐をかくような父親の姿に疑問を抱くようになります。歪な家...続きを読む

QBL的で本格的なストーリー漫画

BL要素がなくても成り立つ独立したストーリー展開や、世界設定があるようなマンガで、その上でBL恋愛がある!というのが理想です。
でもなかなかお目にかかれません・・・
BL専門コミックスも一般作品でBL要素的なものも含めて
ご存知の方いらっしゃったらぜひ教えてくださいませんか。

私の知ってる例をあげると、
・萩尾望都作品(特に残酷な~は凄かったです。さすがの凄い構成力展開力と深い心理描写に感動しました)
・バナナフィッシュ(BL風味名作)
・是-ZE-(これを読んで、BLコミックにもBLと無関係のストーリーがあるマンガがある事を知ったので、他にもあるなら読みたくなりました)
・ニューヨークニューヨーク(現実的なゲイ同士のお話なので、個人的には好みと違いましたがこれも該当するので挙げます)
・絶愛(条件と違いますがなんというか展開自体のパワーが凄かったので笑)
・海よりも深く(これも違いますが、一般作品のバランスの良さがあったので挙げます)

好みとしては最初から男が好きじゃない同士がくっつくほうが好きです☆
一般ストーリーでBL風味強め、でもいいので心当たりがあれば。
できれば一言で構わないので簡単な設定も書いてもらえるととても有り難いです。

BL要素がなくても成り立つ独立したストーリー展開や、世界設定があるようなマンガで、その上でBL恋愛がある!というのが理想です。
でもなかなかお目にかかれません・・・
BL専門コミックスも一般作品でBL要素的なものも含めて
ご存知の方いらっしゃったらぜひ教えてくださいませんか。

私の知ってる例をあげると、
・萩尾望都作品(特に残酷な~は凄かったです。さすがの凄い構成力展開力と深い心理描写に感動しました)
・バナナフィッシュ(BL風味名作)
・是-ZE-(これを読んで、BLコミックにもBLと無関係の...続きを読む

Aベストアンサー

『海よりも深く』が懐かしいです~!読んでました!
『是-ZE-』もストーリーが深くて面白いですね。

先に回答されてる方もいますが、
高尾滋『ゴールデン・デイズ』は凄くおススメです。
BL的描写はあるのでピッタリかと思います。
しかしBL以上の愛と言いますか、何と言っていいのか分かりませんが、
読み終わった後に感動してちょっと放心状態になりました。
とにかくBLとか抜きにしても、とても素晴らしい作品だと思いますので是非。

 ・あべ美幸『困った時には星に聞け!』(全26巻)←文庫版も出てたかと思います。
   高校+男子寮生活で賑やかなお話。
   (少し「ここはグリーンウッド」に似ているかもしれません)
   主人公が元気いっぱい可愛らしいです。
   確かルームメイトに抱きつかれたり、ちゅーされたり、女装もしてます。
   まさに一般ストーリーでBL風味って感じです。
   彼らの3年間の学校生活を卒業まで読めるので、笑いあり涙ありで面白いです。
  
 ・あべ美幸『SUPER LOVERS』(現在4巻まで)
   こちらは思いっきりBL雑誌で連載されていますが、
   内容は純粋と言いますか、最初はBLとしてはイマイチ?な展開ですが、
   ストーリーはしっかりしていると思います。
   義兄弟がつっくかどうかの微妙な展開で、
   最新刊ではようやく進展したかな~というくらいですが、
   先が読めないので、ハラハラしています。

 ・やまざき貴子『っポイ!』全30巻
   これはBL風味作品としては王道でしょうか。
   隣同士の中学生・平と万里を中心としたお話ですね。

 ・喜多尚江『ピアノの恋人』全2巻
   ピアニスト志望のあがり症の少年と、キス魔の天才ピアニスト少年のお話。
   友達としてあがり症を治すためにキスしているだけのようなので、
   恋愛に発展する描写は全くありませんが一応…


がっつりBL漫画で言いますと…
 ・門地かおり『生徒会長に忠告』(現在5巻まで)
    男にモテていることに鈍すぎる生徒会長と、それを支える副会長の後輩君のお話。
    お互いに最初は男が好きじゃなかったと思います。
    両片想い状態で、両想いになるまでが長いです。
    描写が割と多めなのでご注意ください。

 ・京山あつき『聞こえない声』『見えない星』『枯れない花』の3部作。
    高校の野球部のお話です。
    カッコ良くて人気のある先輩×チビで不細工でも頑張り屋の後輩。
    先輩に告白されて戸惑う後輩が可愛いです。
    繊細なストーリーが凄く心に沁みます。
    何度も読み返しています。
    

すでに読んでいらっしゃったり、
ご希望に沿わない作品があったらすみません。
参考にして頂けたらと思います。

『海よりも深く』が懐かしいです~!読んでました!
『是-ZE-』もストーリーが深くて面白いですね。

先に回答されてる方もいますが、
高尾滋『ゴールデン・デイズ』は凄くおススメです。
BL的描写はあるのでピッタリかと思います。
しかしBL以上の愛と言いますか、何と言っていいのか分かりませんが、
読み終わった後に感動してちょっと放心状態になりました。
とにかくBLとか抜きにしても、とても素晴らしい作品だと思いますので是非。

 ・あべ美幸『困った時には星に聞け!』(全26巻)←文庫版も出てたかと思い...続きを読む

Q(今更ですが)ピーチガール最終回が・・・

普段あまりマンガを読まない私ですが、ピーチガールはすごく好きで単行本をずっと読んでいました。
ついに最終回を迎えて終わってしまいましたが、私は納得いきません。
私はカイリよりとーじが断然好きだったので、ももちゃんがカイリを選んだのがすごく腹が立つんです。
カイリは本命がいるのにモモちゃんと付き合って「やっぱりももちゃん」と言いながらも本命の操ちゃんを気にしてるようだし、
とーじは1巻からずっとももちゃんのことだけを見てきて1番ももちゃんのことわかってくれているし、
ももちゃんはとーじと一緒になる方が絶対に幸せだと思います。
皆さんは結末に納得されているんでしょうか?
怒っているのは私だけなのかなぁ?

Aベストアンサー

こんばんは。
私もピーチファンですが、完全に納得しているかというと…そうでもありません。
とーじとくっつくのかなぁ?と思っていましたし。とーじが優しすぎて捨てられるなんて信じられません。
でもまぁ、カイリもいつも岡安兄に彼女を取られてしまったというかわいそうな過去があるし、兄の誘惑に唯一乗らなかったももチャンまでとーじのモノになってしまうのは可哀想かな~。とか思いつつ無理矢理納得しました。

とーじはずっと自分を犠牲にしてまでももチャンを守ってきたけど、カイリも、ももちゃんが辛かった時サエから守ったりリベンジに協力したりしていたので、まぁ…なんとか…許す!!ってかんじに考えています。

とーじってこのマンガで一番可哀想ですよね。両思いになれば、サエに邪魔され、つき合わされ、解放された途端にふられ…。そう思うと納得でき無い…カナ。

というわけで、50%50%かなぁ。長々と分かりにくくて、すみません。しかも結果出ず。

Q泣けるボーイズラブ小説!

以前にも似たような質問をさせていただきました。そこで教えていただいた小説を読んでいたら、泣けそうな小説があったんです。ですが、あと少しで泣けなかったんです。それから「泣ける小説」が読みたくなってきたので、オススメがありましたら教えて下さい。

泣けると一口に言っても人によって様々で、その日の気分によっても泣けたり泣けなかったりするとは思います。ふいをつかれると泣けるんでしょうかね?
意外と、こうしてオススメしてもらって「これは泣ける、泣ける…」なんて思いながら読むと泣けなかったりするんですよね。この現象も理解の上での質問です。

よろしくお願いします!!
できれば、タイトルだけではなく、出版社と作者、あらすじも教えていただけると嬉しいです。
小説だけでなく、漫画もありましたら是非教えて下さい!



参考に。
最近、泣いた小説は木原音瀬さんの「檻の外」です。
箱の中から読んで、檻の外を読んだから泣けたのだと思います。読み終わって、数日経ちますけど未だに頭にストーリーが浮かんできて、思い出して幸せな気分に浸っています。
「ニューヨーク・ニューヨーク」も泣けたのですが、この2作品って何だか似てるな、と今となって思います。
色々、本当に色々なことがあって時間をかけて乗り越えて、本当に愛し合っているのがわかって、やっと幸せになったところで「よかったね、本当によかったね」と泣けるんです。
そして、幸せな日が続いて…待ち受ける死。彼らの一生を垣間見たようで、今度は「辛いよね、一人になっちゃうんだね」という気持ちになって泣けるんです。
今気づきましたけど、どちらの作品も「死」は親しい第三者の視線で書かれていました。これも泣ける原因になっているのでしょうか?
これらの作品を読んでから、いかにも泣かせようとしている作品を読んだら逆に笑ってしまうんじゃないかと思っています…。作品にもよるでしょうけど…「好きな人には、既に好きな人がいて…色々(色々といっても数ヶ月で解決しちゃうこと)あって結局結ばれた」なんてあまい!!

以前にも似たような質問をさせていただきました。そこで教えていただいた小説を読んでいたら、泣けそうな小説があったんです。ですが、あと少しで泣けなかったんです。それから「泣ける小説」が読みたくなってきたので、オススメがありましたら教えて下さい。

泣けると一口に言っても人によって様々で、その日の気分によっても泣けたり泣けなかったりするとは思います。ふいをつかれると泣けるんでしょうかね?
意外と、こうしてオススメしてもらって「これは泣ける、泣ける…」なんて思いながら読むと泣けなか...続きを読む

Aベストアンサー

思い浮かんだ作品が幾つかあるのですが、粗筋を書く才がないので、「BOOK」データベースの紹介文を転載させて頂きます。

吉原理恵子さんの「銀のレクイエム」(角川ルビー文庫)
抜けるような蒼い五の月の空の下二年ぶりの故郷に帰って来たキラ。懐しい故郷、そこには愛しい男がいる。男の名は、若き帝王ルシアン。二年前、愛しあうふたりをある出来事が引き裂いた。〈愛〉と〈憎悪〉が錯綜する、めくるめく愛の鎮魂歌。

野村史子さんの「テイク・ラブ」(角川スニーカー文庫・KAREN文庫 Mシリーズ)
エクアドルから15年ぶりに帰ってき来た日本。山崎には、その15年間、1日たりとも忘れることのできなかった恋人がいた。その恋人のおもかげを追って、山崎は重く苦しい過去の中へと入っていく…そこで、山崎がふたたび目にしたものは何だったのか。夢と現実のはざまで動く、脆く、儚い男たちの仮面舞踏会。表題作の他「アウト・オブ・フォーカス」「薔薇はもうこない」を含む、愛の短篇集第2弾。

六青 みつみさんの「遙山の恋」(リンクスロマンス)
身体に醜い痣をもつ少年・紫乃は、老犬・シロと狩りの最中に傷ついた戦装束の青年を救う。人と交流を持たず、山で一人、暮らしていた紫乃にとって、誰かが近くにいることが何よりも嬉しかった。夢でうなされ苦しむ青年を、必死に看病する紫乃。しかし、目覚めた青年は、紫乃の顔の痣を見て『化け物』と罵る。青年の残酷な言葉に深く傷ついた紫乃は、それでも献身的につくすのだったが―。

どの作品も染みこむような切なさが素敵な作品です。
野村史子さんのは私は随分昔に出たスニーカー文庫版を持っているので、紹介文はスニーカー文庫の物です。最近KAREN文庫で再版されました。そちらは持っていないので収録作品が同じかは確認が出来ていませんがとても良い作品だと思っています。
六青みつみさんはファンタジー系の作品が多いですが、どの作品も「切なさ」が加味された作品を書かれる作家さんだと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

思い浮かんだ作品が幾つかあるのですが、粗筋を書く才がないので、「BOOK」データベースの紹介文を転載させて頂きます。

吉原理恵子さんの「銀のレクイエム」(角川ルビー文庫)
抜けるような蒼い五の月の空の下二年ぶりの故郷に帰って来たキラ。懐しい故郷、そこには愛しい男がいる。男の名は、若き帝王ルシアン。二年前、愛しあうふたりをある出来事が引き裂いた。〈愛〉と〈憎悪〉が錯綜する、めくるめく愛の鎮魂歌。

野村史子さんの「テイク・ラブ」(角川スニーカー文庫・KAREN文庫 Mシリーズ)
エ...続きを読む

QオススメBLマンガ・作家さんを教えてください!

初めまして(●^ω^●)
早速質問ですが、単刀直入にいいますと

あなたのオススメBLマンガをできるだけたくさん教えてください!

ということですっ♪
BLにハマったはいいものの、友達から借りた作品以外は自分で買って失敗してしまいがちな私。
そこで!BL大好きなみなさんの知恵をお借りしたいのです!

細かい質問内容としては、
1)好きなマンガは?(いくつでも構いません、説明を付けてくださるととっても嬉しいですw)
2)好きな作家さんは?(こちらも何人でも大丈夫です)

です!
ちなみに私は絵が新しい・キレイ、お話がしっかりしてる、受けがロリじゃない作品が好物です(笑)
特に好きな作品は「恋する暴君」、「嫌いじゃないけど・好きじゃないけど」など。
特に好きな作家さんは、↑の作品を書いている高永ひなこ先生、桜賀めい先生など♪中村春菊先生なんかも当然のように愛していますv

長い間回答を受け付けますので、よろしければぜひ私に熱い気持ちを
伝授してくださいwよろしくお願いしますっ(-人-)

Aベストアンサー

高永ひなこさん、中村春菊さん、私も大好きです。
桜賀めいさんの作品は読んだことがないのですが興味が湧きました。
今度ぜひ挑戦してみたいですね~。

質問の回答なのですが、高永さん、中村さん以外なら

【好きな作品】
・窮鼠はチーズの夢を見る(水城せとな)
・俎上の鯉は二度跳ねる(水城せとな)
・同級生(中村明日美子)
などが最近読んでみて面白かったです。

【好きな作家】
・水城せとな(繊細でとても綺麗な絵を描かれます)
・中村明日美子(独特な絵柄ですが、私は慣れればOKでした)
・よしながふみ(大好きです!)
・秋葉東子(最近ハマッてます)
・夏目イサク(最近ハマッてます)

BL本を購入する時に参考にさせて頂いている素敵サイト様がありますので、
参考URLを貼っておきますね。(詳しく検索するには会員登録が必要かもですが・・・)
「ボーイズラブ専門レビューサイトちるちる~~オススメBLサーチ~~」
http://www.chil-chil.net/

参考URL:http://www.chil-chil.net/

高永ひなこさん、中村春菊さん、私も大好きです。
桜賀めいさんの作品は読んだことがないのですが興味が湧きました。
今度ぜひ挑戦してみたいですね~。

質問の回答なのですが、高永さん、中村さん以外なら

【好きな作品】
・窮鼠はチーズの夢を見る(水城せとな)
・俎上の鯉は二度跳ねる(水城せとな)
・同級生(中村明日美子)
などが最近読んでみて面白かったです。

【好きな作家】
・水城せとな(繊細でとても綺麗な絵を描かれます)
・中村明日美子(独特な絵柄ですが、私は慣れればOK...続きを読む


人気Q&Aランキング