建築工事の管理において重要な事とはどのような事があるのでしょうか?教えて下さい。お願いします。

A 回答 (3件)

管理(たけかん・くだかん)の重要な仕事ですね。



1.品質管理
  良いものを造らなければなりません。瑕疵の出るような工事を
  してはいけません。きちんとした仕事をしましょう。

2.予算管理
  いくら良いものを造っても、赤字ではいけません。会社は慈善
  事業をしているのではありません。適正な利益が出るよう努力
  しましょう。

3.工程管理
  工期は必ず守らなければいけません。工事が遅れると施主から
  違約金を請求される場合があります。雨が降ろうが槍が降ろう
  が(?)工期は絶対に守りましょう。

4.安全管理
  工事現場には危険がいっぱいです。事故などおきたら大変です。
  警察や労働基準監督署に呼ばれ、最悪の場合は書類送検などに
  なります。安全には十分配慮しましょう。

重要な仕事といえば、こんなものですかね? ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってすいません。大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/30 18:56

kyaezawaさんのお答えは「監理」(いわゆる皿カン)ではないでしょうか?「管理」(いわゆる竹カン)となると、施工者(現場監督)が行う工事管理を指しますが。


afrodollさんのご質問内容はどちらだったでしょうか?

この回答への補足

ありがとうございます。お尋ねしたいのは、「管理」の方です。よろしくお願いします。

補足日時:2001/05/25 01:49
    • good
    • 0

建築主の依頼を受けて、建築工事着工から工事完了後まで、決められた内容で工事が進行するように、あらゆる状況に対応し、発生する問題を処理することだと思います。



具体的には、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.aeu.or.jp/cgi-bin/mail-kanrigyoumu/ka …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重要事項説明後、契約までの間に売主側が物件の重要情報を入手したにもかかわらず、告知しなかった場合、白紙解除可能か?

居住用不動産購入の際の質問です。
買主が重要事項説明書に捺印後、契約締結までの間に、売主が「買主に告知した場合、居住用不動産購入の判断に重大な影響を与えると思われる事項」を知ったにも拘らず、買主側に告知をせず、買主はそのまま契約を締結しました。
この場合、買主は売主に対して白紙解除(手付金返却)を請求できるものでしょうか?

<以下ご参考>
1:重要事項説明実施→捺印
   ↓
2:売主が「買主の購入判断に重大な影響を与えると思われる事項」の情報を入手
   ↓
3:売主は買主に情報を開示せず、そのまま契約締結

Aベストアンサー

補足を見ました。
まずこの点から、
>質問の意図としては、「重要事項説明の捺印後」だが「契約締結前」というタイミングについても気になっています。

このタイミングについては、あまり関係ないと考えてよろしいです。
・重要事項説明というのは、あくまでも宅建業者の業務上の義務。
・重大な情報を入手したにも係わらず告知しなかったのは売主。
ということで、売主の重大情報入手が重要事項説明前でも後でも、契約締結前に買主側に告知していないという事実について、取扱いに差はありません。

重説の前だから(後だから)、告知する必要が有るとか無いとか、時期の問題で区分けする話ではありませんので。

>図面と実物が異なっており、買主にとって不利な差異となっている

すみません。結局、この内容が肝心なんですよね・・。
どの様に不利なのか?
「構造に関する」と書かれていますので、例えば、構造上に欠陥があり震度3程度の地震で崩壊の可能性が極めて高く、危険でとても住めたものではないのに売主がその事実を隠蔽していた、という様な話であれば解除出来ると考えて良いでしょう。

一方、使用に全く支障がないが、図面と現況の間取りが多少異なっていて、その部分が買主の好みから多少外れた等であれば、買主の注意義務含めて解除は難しいと考えられます。

ちょっと例が極端になりましたが、とりあえず具体的な資料を揃えて、無料法律相談などを活用されてみては?
内容によって、意外と判断が難しい話です。

補足を見ました。
まずこの点から、
>質問の意図としては、「重要事項説明の捺印後」だが「契約締結前」というタイミングについても気になっています。

このタイミングについては、あまり関係ないと考えてよろしいです。
・重要事項説明というのは、あくまでも宅建業者の業務上の義務。
・重大な情報を入手したにも係わらず告知しなかったのは売主。
ということで、売主の重大情報入手が重要事項説明前でも後でも、契約締結前に買主側に告知していないという事実について、取扱いに差はありません。

...続きを読む

Q防火管理者の仕事を管理会社にお願いできますか?

新築マンションに入居して数ヶ月。管理会社から、管理組合の第1回の総会案内がきたのですが、その議題の中に、「防火管理者選任」というのがあります。
でも、その仕事内容をよく読むと、消防計画の作成や消防訓練の実施、火気使用の監督などとあり、素人が簡単にできそうには思えません。
また、もし火事になった場合の責任などを考えると、とても気軽に引き受けることはできません。

たいていのマンションの場合、こんな大変な仕事を一般の人が無報酬で引き受けているのでしょうか?
マンションの住民がやるのではなく、管理会社に防火管理者になってもらいたいのですが可能でしょうか?
ちなみに、管理人は月曜から金曜の午前又は午後のどちらかの半日は駐在していますが、それ以外はいません。

Aベストアンサー

こんばんは。元管理会社の者です

まず「消防計画の作成や消防訓練の実施、火気使用の監督など」についてですが、消防計画などは既に雛形があり、管理会社で既にフォーマットを作成しておりますので心配ありません。
そして消防訓練等は定期総会の時にやっちゃえば問題ありませんし、管理会社の仕事の中に「理事会・総会の運営補助」と言う業務項目がありますので任せて問題ないでしょう。
逆に言えばそれを嫌がる会社は解任するべきです(笑)

そして火気使用監督は消防法17条3-3項に基づき、年2回管理会社に業務委託しており、設備に問題があれば定期総会前の理事会で指摘事項の報告及び改善費用の提案がなされますので、基本は「名前を借りる」と言うのが現実です。

また報酬に関しては甲種の場合、2日間の講習による「しばり」があるのでテキスト代、講習所までの交通費、食事代くらいは出す傾向が多かったですし、それならば引き受けるケースが多かったです。

選任方法で一番良いのは役員の中から1人決めて、改選毎に防火管理者を選任する方法を採択すれば、選任された一人が区分所有者でなくなったり或いは転勤等で賃貸に出すなどマンションから離れた場合の緊急対策に対応できるのかと思います。

管理会社にて防火管理者を担当することは出来なくは無いのですが、先々管理会社に対する不満など出てくることがある可能性もあると思いますので管理組合から選任するのが得策かと思います。

こんばんは。元管理会社の者です

まず「消防計画の作成や消防訓練の実施、火気使用の監督など」についてですが、消防計画などは既に雛形があり、管理会社で既にフォーマットを作成しておりますので心配ありません。
そして消防訓練等は定期総会の時にやっちゃえば問題ありませんし、管理会社の仕事の中に「理事会・総会の運営補助」と言う業務項目がありますので任せて問題ないでしょう。
逆に言えばそれを嫌がる会社は解任するべきです(笑)

そして火気使用監督は消防法17条3-3項に基づき、年2回管理会...続きを読む

Qマンション管理委託契約の重要事項説明について・・・

いつもお世話になっています。
標題の件で質問があります。次の理事会で次年度契約のために重要事項説明をしますという申し入れがあり重要事項説明書と管理委託契約書の事前配布がありました。
内容はほぼ今までと同様なのですが、前回の理事会で委託業務の一部について他の専門業者と直接契約するほうがかなり安く上がるので管理委託契約から外す事を決議いたしました。管理会社フロント氏も同意したのですが、事前配布された次年度契約書には、次年度契約では外すことを決定した業務も掲載されており、委託料も昨年度と同額になっていました。何かの間違いでは?と思い管理会社フロント氏に確認の電話を入れたのですが、(案)なので気にしないで下さい。契約の一部を変更する事は承知しているとの事。だったらなぜ契約書の内容を変更してこなかったのか?ちょっと心配しています。
この場合心配なのが理事会として重要事項説明を受ける事によって、説明された契約内容が有効となってしまうのかどうか?という事です。
この件に関して詳しい方いらっしゃいましたらお教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

理事会役務ご苦労様です。
私も本日、理事会で19時~23時まで潰れました。
先ほど夕ご飯(深夜ご飯)を食べた所です。

私の住んでいるマンションについて調べました。
重要事項説明書と管理委託契約書を見ましたが費用として計上されて
いるのは、定額費(管理員業務費、事務手数料)のみです。
前年度までは清掃業務費も計上されていましたが、今年度から
直接契約したので、抜いてもらいました。
排水管洗浄や消防設備点検、給水設備清掃費等は、可能な限り
相見積もりを取って、業者を決めます。
私が理事長になるまでは、管理会社任せで、予算=決算金額となって
おり、ぼられていました。
重要事項説明書と管理委託契約書もこちらの希望に添う形で訂正して
もらいました。
案はあくまでも案であり、次回の理事会の時に理事会の総意として
変更依頼すればよいと思います。
排水管洗浄や消防設備点検、給水設備清掃費等も管理委託費に計上され
重要事項説明書と管理委託契約書に明記されているのですか?
それだったら手足を縛られているのと一緒ですね。
定額費(管理員業務費、事務手数料等)のみに変更してもらわないと
相見積もりも取れませんよ。(取っても意味なし)

理事会役務ご苦労様です。
私も本日、理事会で19時~23時まで潰れました。
先ほど夕ご飯(深夜ご飯)を食べた所です。

私の住んでいるマンションについて調べました。
重要事項説明書と管理委託契約書を見ましたが費用として計上されて
いるのは、定額費(管理員業務費、事務手数料)のみです。
前年度までは清掃業務費も計上されていましたが、今年度から
直接契約したので、抜いてもらいました。
排水管洗浄や消防設備点検、給水設備清掃費等は、可能な限り
相見積もりを取って、業者を決めます...続きを読む

Qマンション管理規約と重要事項説明書 どちらが有効?

マンション購入時の重要事項説明書に駐車場の優先使用
についての記述がありますが、管理規約には優先使用の
記述がありません。
どちらが有効なのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。

#1様への補足、確認しました。
このような内容だと、細則ではなく、管理規約の方に記載がありませんか?
一般的な規約では、専用使用権のところに、住戸前駐車場はその部分の区分所有者に専用使用権を認めるとか、あるいは容認事項という形で、その重要事項説明書に書かれている内容が記載されていませんか?

ちょっと確認してみてください。

Q建築工事の時間規制について

現在自宅マンションの部屋の前で、マンション建設が行われています。マンションの建設は仕方ないと思うのですが、作業が朝8時から夜7時まで。自宅兼仕事場のため、毎日騒音に悩まされています。でもこれはあきらめるしかないと思っています。我が家は1階で、ベランダの目の前に細い道路があるのですが、そこにトラックが止まり洗濯などができません。これも仕方のないことだと思い、工事が休みの日にまとめて洗濯したり布団を干したりしようと思っているのですが、一日も休まず工事しています。工事には時間規制などはないのでしょうか?相当ストレスがたまっているのですが、せめて夕方5時くらいで終わってくれるとかしてもらえないでしょうか?こういった問い合わせをどこにしていいのかわからず、こちらで質問しました。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

そういう大きな工事の時には,地元の町内会とか
自治会と工事に関する協議書を作り,どんな工事を
するとか,工事の期間とか,工事の施工時間を協議
しているはずです。
 だから,住まれているマンションの管理人さんとか
地元の自治会長さんにそのことを尋ねられたらどうでしょうか?
その協議書に違反しているような場合は施工主の
建設会社かマンションの建設依頼主に苦情を言われたらと思います。

 それでもダメな場合は,住まれている区役所や
市役所の住民の苦情担当窓口に電話で相談されたらと
思います


人気Q&Aランキング

おすすめ情報