これからの季節に親子でハイキング! >>

アメリカの黒人の人たちは、昔、奴隷でアフリカから連れて来られたと聞きますが、どのようにして連れてこられたのでしょうか?
また、昔は、黒人の人は差別されたと聞いていますが、オバマ大統領の現在でも差別はあるのでしょうか?
あと、人は神のもとに平等と言っているキリスト教の人たちが、人を奴隷として扱ったのでしょうか?
すみませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>どのようにして連れてこられたのでしょうか?



アフリカで捕まえた黒人を、狭い船の底にすし詰めにして閉じ込め、目的地に着くまで数ヶ月も出しませんでした。
理由は反乱・暴動の防止です。
その為に、多くが輸送途中で死亡(最大で3人に1人)していました。
輸送中の黒人奴隷の死亡による損害保証の保険まであったそうです。
(それでも、待遇を改善するよりコストは安いものでした。)

黒人奴隷を欲したのは白人ですが、実は奴隷を集めたのは黒人自身です。
白人と組んだアフリカの有力部族が、近隣の弱小部族を襲って奴隷としてアフリカ商人に売り飛ばしていました。
白人は彼等に銃を与えていた為に、他の部族は対抗できませんでした。

白人が奴隷を欲した目的は、↓のいわゆる三角貿易の為です。

1:奴隷商人が商品(鉄砲、ガラス製品、鉄の塊、綿織物、酒)をアフリカで奴隷と交換
2:その後、奴隷を南北アメリカまで輸送。
3:奴隷を砂糖、コーヒー、綿花と交換。
4:3の品をヨーロッパまで運ぶ。


>昔は、黒人の人は差別されたと聞いていますが、オバマ大統領の現在でも差別はあるのでしょうか?

リンカーン大統領が、奴隷制度を廃止しましたが、それで人間の意識まで変わるわけではありません。

アメリカには1964年までジム・クロウ法という、黒人は白人と同じ公共施設を使用できないという内容の法律がありました。
こんな法律があるくらいなので、民間でもそれぞれ専用の店があり、トイレも分離されていました。

黒人だけでなく、日系人も差別の対象でした。
第442連隊戦闘団(アメリカ日系人部隊)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC442%E9%80% …
(アメリカ政府は、アメリカ国内の日系人社会の動向を、黄色人種に対する人種差別的感情を背景に(実際に同じく敵国であったドイツ系やイタリア系アメリカ人については、大がかりな強制収容は行われなかった)不安視していたことなどから、1942年2月以降に、アメリカ西海岸に居住していた日系人と日本人移民約12万人は、ほとんどの財産を没収された上で全米に散らばる強制収容所に強制収容された。)

WWIIで徴兵された黒人兵も
「なんで差別されている黒人が、人種差別と戦っている日本人と、戦争しに行かなければならないんだ?」
と言っています。


今では人種差別禁止法というものがあるので、公的な場や社会生活で差別を行えば、処罰されたり非難の対象になります。
しかし、個人の感情レベルでは未だに残っており、地域レベルでそれが普通であることすらあります。

【黒人は日本でどう思われている?】
http://japancool.sblo.jp/article/31968524.html
(日本で黒人がどんな風に思われてるか教えて欲しいんだよ。
アメリカに住む者なら、ここでの黒人の歴史を誰もが知ってる。
俺が、自分自身も人種差別の分け前を等しく貰っていると気付いたのは6歳の時だった。)

【非武装地帯ジャパン】
http://nihonnagonago.blog115.fc2.com/blog-date-2 …
(米軍のガーデンパーティに、日本人が招かれた。
会場では白人と黒人が、綺麗に別れて固まっている。
どちらも日本人に話しかけてはくるが、白人さんと黒人さんの会話はなかった。)


>人は神のもとに平等と言っているキリスト教の人たちが、人を奴隷として扱ったのでしょうか?

質問者様は誤解していると思います。
キリスト教は、キリスト教の神を信じる者に対して平等なだけです。
でなければ、十字軍や新大陸での虐殺など起りません。

黒人差別の理由ですが、
キリスト教の元となったユダヤ教の旧約聖書の↓のノアの箱舟の話の記述が原因とされています。

【カナンは呪われよ。奴隷の奴隷となって、兄たちに仕えよ】

当時、この カナンの子孫=黒人 という解釈がされた(理由は不明)ことから、黒人差別が正当化されたらしいです。


ドラゴンボールの海外版ではミスターポポは黒人差別だとして色を変えられたりしています。
「アメリカの黒人について」の回答画像4
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
輸送中に3人に1人も死亡したのですね。
民主国家と思っていたアメリカで、黒人は白人と同じ公共施設を使用できないという内容の法律があったとは、驚きです。知りませんでした。
日本人も差別されていたんですね。
キリスト教は、キリスト教の神を信じる者に対して平等。
いろいろお教えいただきありがとうございます。
心より感謝いたします。

お礼日時:2013/05/08 09:54

1。

  アメリカの黒人の人たちは、昔、奴隷でアフリカから連れて来られたと聞きますが、どのようにして連れてこられたのでしょうか?
    下記などをご覧下さい。
    http://www.benedict.co.jp/Smalltalk/talk-91.htm

2。  また、昔は、黒人の人は差別されたと聞いていますが、オバマ大統領の現在でも差別はあるのでしょうか?

    あります。

3。  あと、人は神のもとに平等と言っているキリスト教の人たちが、人を奴隷として扱ったのでしょうか?

    「人は」の人の中に入れてないからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。ネットでの内容も読ませていただきました。
とてもひどい状態で連れてこられたのですね。
いろいろお教えいただき、助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2013/05/08 09:57

アフリカには、数多くの部族があり、部族抗争での敗者が勝者によって奴隷にされました。

奴隷が戦利品であり賠償金代わりでした。大航海時代にアフリカに進出したポルトガル商人がその奴隷を買い取って、鉄砲を代わりに引き渡しました。同じ黒人が同じ黒人を、ポルトガルの奴隷商人に売り渡したのです。黒人にすれば鉄砲が欲しくて、代金代わりに奴隷を売り渡したということ。その奴隷が帆船で新大陸に運ばれました。当初は純粋な部族抗争の結果だったのですが、時が立つと奴隷獲得を目的とした部族抗争が行われました。ヨーロッパから鉄砲をアフリカに運び、アフリカから奴隷を新大陸に運び、新大陸から金銀をヨーロッパに運ぶ。これを三角貿易という。当初は黒人奴隷は新大陸の鉱山で強制労働させられたのです。元々新大陸に先住していたインディオは体が弱くて重労働に耐えられなかったのと白人が持ち込んだ伝染病で人口が激減したうえに、白人の鉱山主の命令に従順ではなかったので、労働力にはならなかったからです。そこへ行くと黒人は肉体が頑強なうえに従順だったので奴隷に適していました。いくら頑強といっても帆船で劣悪極まる環境で輸送されたので死亡率は高かったと推定されています。三角貿易はポルトガルがイギリスに奪われてしまったが、そんなことはどうでも良い話です。

今でも黒人差別は無くなっていません。KKKと総称される白人至上主義の秘密結社は今でも無くなっていない。1992年のロス暴動の原因はアフリカ系アメリカ人の高い失業率、韓国人店主による黒人少女射殺事件に対する鬱積した不満が爆発したものだったと言われています。白人が黄人と黒人を差別し、黄人が黒人を差別する。そういう重層的な差別構造は無くなっていない。差別を正当化する法律がある訳ではないが、人々の差別意識は根絶できた訳ではないということ。1992年の日本人留学生射殺事件は、ルイジアナ州で起きました。ルイジアナ州は南部奴隷州の代表で、彼らは今でも日本人を黄色い猿、黒人を黒い猿としか考えていないのです。

オバマ大統領はイリノイ州上院議員を経て大統領に就任しましたが、それは奴隷解放宣言で有名なリンカーン大統領と同じ経歴です。イリノイ州は北部の代表で黒人に対する差別意識が乏しい。

アメリカは州によって極端に人々の意識が違います。そういうことを知っておかないと、せっかく留学しても射殺されることになるんです。

聖書 「男女の奴隷が周辺の国々から得たものである場合、あなたはそれを奴隷として買うことができる。(中略)財産として受け継がせ、永久に奴隷として働かせることも出来る」(レビ記・25・44~46)

キリスト教は奴隷制度を正当化する宗教です。大航海時代にポルトガル商人から相談されたローマ教皇は「異教徒は奴隷にしても良い」とGOサインを出しました。ただしキリスト教は奴隷制度を正当化するが、奴隷制度を義務付けている訳ではないんです。「奴隷として働かせることも出来る」が「奴隷として働かせないことも出来る」

産業革命後、イギリスは奴隷制度は廃止しましたが、それは産業革命で製造できるようになった産業機械の商売に奴隷の労働力が邪魔になったという極めて身勝手な理由でした。
リンカーンが奴隷解放宣言を発したのは南部州の農場主に囲い込まれた黒人労働力を、北部の工場での労働力にする為でした。どちらも極めて自分勝手なご都合主義だったんです。

「人は神のもとに平等」というのは教会は貴族を優遇しない、教会には貴賓席など無いというだけの話です。異教徒には関係ない。

戦後の日本人はキリスト教を美化しているが、最近の歴史教育では十字軍を教えていないのだろうか。十字軍の本質は、虐殺・略奪・放火・破壊・陵辱といった蛮行をローマ教皇が聖地奪回の美名によって正当化したことにあります。こういう歴史を持つキリスト教徒にとって奴隷売買、奴隷酷使は何一つも心が痛むものではなく、それらは神の御心に叶うと考えられたんです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
KKKと総称される白人至上主義の秘密結社は今でもなくなっていないのですね。昔の話と思っていました。
「白人が黄人と黒人を差別し、黄人が黒人を差別するという重層的な差別構造は無くなっていないということ」「差別を正当化する法律がある訳ではないが、人々の差別意識は根絶できた訳ではないということ」とても考えさせられます。
ローマ教皇が「異教徒は奴隷にしても良い」とGOサインを出したということ、知りませんでした。
いろいろお教えいただき助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2013/05/08 10:31

キリスト教の「人」とは「白人」の事を意味しており、有色人種は全て亜人(demi-human)でrutosuru.



理由はゼウスが白人だからである。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
いろいろお教えいただき助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2013/05/08 09:58

”どのようにして連れてこられたのでしょうか?”


    ↑
船で、すし詰め状態で運ばれてきました。
当然、死人が沢山でますが、皆海に捨てます。
それを狙って、鮫が船の後を行列したと
言われています。

”オバマ大統領の現在でも差別はあるのでしょうか?”
    ↑
キング牧師などの努力で、法的な差別は
無くなりましたが、事実上の差別は残っています。
米国はWASPを頂点とした差別大国です。
戦争に行くのは黒人が多いですし、警察など
危険な仕事も多いです。
同じ犯罪でも、黒人の方が刑が重くなる傾向がある
といわれていますし、
刑務所では、白人と黒人の数が拮抗するそうです。

”人は神のもとに平等と言っているキリスト教の人たちが、人を奴隷として扱ったのでしょうか”
    ↑
当初は、黒人は人とは思われていませんでしたので
奴隷にしても矛盾は無かったのです。
それから、劣った人間に昇格しました。
米国では、先住民数百万を虐殺し、土地を強奪しましたが、
その大義名分は「神の明白なる意思」でした。
神様が利用された訳です。
日本でも、当初好意的だった秀吉は、彼らが日本人を奴隷として
売買しているのを発見し、それをきっかけにして
キリスト教禁圧に乗り出しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
現在でも法的差別はなくなっても、事実上の差別は残っているのですね。
アメリカで、先住民数百万を虐殺し、土地を強奪したということは驚きです。恥ずかしい話ですが、私は、知りませんでした
いろいろと神様が都合よく利用されたのですね。
いろいろお教えいただき助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2013/05/08 10:04

概ねイギリスと言う国が世界を支配していた頃の事です


スペインとポルトガルの世界支配から
イギリスが海賊船を設えてそれらの国の交易船を攻撃した結果
イギリスが世界の支配権を奪った頃から
大規模は奴隷商人が現れて
その結果約1億5千万人ものアフリカ人(黒人)を
その植民地であったところの南米へと送り出して行きました
その目的は植民地支配に対する労働力の確保が主な目的です
その内の約一割が
北米大陸で奴隷としての人生を送らなければならなくなったと言う事です
ところが当事者あるべき英国では奴隷は植民化する前に追い出されていきました
それは人種間の調整が難しく 又大規模な反英運動が予想されたからです
送り出された方の南米では現地住民と同化が進み新たな人種である
南米人種と言うものまで現れていきました
これらの人の事をヒスパニック人或いはラテン人種といいます
又 キリスト教での平等の概念は人にあるもので 奴隷には適用されませんでした
奴隷は人ではなく 奴隷だからです
又北米は英国領でしたが植民地ではありませんでした
同時に南米は植民地でしたが それだけの意味しか有してはいませんでした
その違いが南米と北米を別けたのです
移送は奴隷船と言う船で行われ
奴隷自体は金銭で売買され売り買いの対象となっておりました
以上簡単にご説明を致しました 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
1億5千万人の人を奴隷として送りだしたのですか。
キリスト教での平等の概念は人にあるもので 奴隷には適用されなかったのですね。
いろいろお教えいただき助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2013/05/08 09:42

(1)貨物線みたいな粗末な船でぎゅうぎゅう詰めにされ連れてこられた


(2)昔は白人専用のバスもあったりしたそうだが今はだいぶ無くなってはいるが
もちろん完全では無いようです
(3)キリスト教で教えてるのはあくまで白人の話であって
物扱いされていた奴隷たちは人とみなしてなかったのでは?と思われます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
奴隷扱いされた人は、人とみなされていなかったのですね。
お教えいただきまして、ありがとうございます。
心から感謝いたします。

お礼日時:2013/05/08 09:36

アフリカから銃で脅されて船に積み込まれました。

アメリカについたら商品として一人いくらで売られました。
 今はどうかわかりませんが、タイガーウッズが子供のころゴルフクラブで差別されたそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうごいます。
心から感謝いたします。

お礼日時:2013/05/08 09:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白人はどうして黒人を差別するのでしょうか?

アメリカで黒人が白人に差別されたと
デモや暴動が起きているそうです。

どうして白人は黒人を差別するのでしょうか?

日本では、ボビーオロゴンやビリー隊長とか
大人気だし。野球でも黒人が大人気なのに
どうして差別されちゃうのでしょうか?

私にはどうしても分からないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。
 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。一般的に差別を受ける黒人系アメリカ人とはその立ち位置は大きく違います。
 アメリカでの黒人差別は様々な要素が複合的に絡まりあって成立しています。差別の原因となっている要素を幾つか列挙してみます。

・歴史的経緯
かつて白人は黒人をアフリカ大陸から連れ出し(多くの場合、奴隷化したのは現地のアフリカ人達なのですがややこしくなるので割愛します)奴隷として過酷な労働条件で使役してきました。これを根源的な原因として加害者だった自分達白人を黒人は憎悪しているのではないかと考え、それ故に黒人との共存や黒人の社会進出を苦々しく思う白人は常に一定数存在します。

・社会階層的経緯
多くの黒人系アメリカ人は依然として貧困層であり充分な社会進出を行えていません。白人全体における犯罪経験者の割合と黒人のそれを比べるのであれば前者が明らかに高い数値を示すでしょう。その黒人は非文化的で危険であるというイメージが一部のメディアによって増幅され、それに強く感化されてしまう白人が人種差別に走り、さらにそれがイメージに輪をかけるといった悪循環がアメリカ社会には存在します。

・文化的経緯
同じかつての黒人奴隷を導入した国でも南米などでは人種の混合が進み、人種差別などそもそもどれを差別すれば良いのか解らない程複雑になっている国もあり、これらの国では当然人種差別は殆どありません。
 これとは違いアメリカでは人種・文化の混合が行われませんでした。原因については不勉強なのでなんともいえませんが(カルバン主義やアングロサクソンの島国根性が関わっているのかもしれません)、一部の白人にとって黒人が“同じアメリカ人”では無く“国内に居住するよそもの”的な存在になってしまった事は否めません。

 まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。
 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。一般的に差別を受ける黒人...続きを読む

Qアメリカ黒人ルーツについて・・・・

こんにちは。
アメリカ黒人のルーツについて知りたいと思っています。

移民大国のアメリカはアフリカからの奴隷船、中南米、カリブ海諸国からの移民・・・と色々あるようですが、
アメリカ黒人全員は移民した人(子孫)なんでしょうか?

よく分からないのですが、南アメリカ(ブラジル・アルゼンチン等)の人の肌は黒いですよね?
そんな感じでアメリカにおいて、移民子孫でないのに黒人という事はあるんでしょうか?

スイマセン、よく分かっていなくてお恥ずかしいのですが・・・・

Aベストアンサー

greensukisukiさん、再びA No.1です。

>アメリカ白人のルーツは「イギリス人」なんですか?

ご存じなかったですか?
かの有名なコロンブスが発見したという話ですが・・・
最近ではコロンブスではないという話や、ヨーロッパ人で発見したのがコロンブスなだけであって、南米大陸の先住民はもっと前から知っていたのだから第1発見者というのはおかしいなどという意見もあるようですが、私の世代では普通に小学校で教わるのは「コロンブスがインドを目指していてアメリカ大陸を発見し、インドと思ったので、先住民をインディアンと呼ぶようになった」というものです。
で、その後たくさんのイギリス人が移民し、独立戦争を経て、アメリカ合衆国が出来たと言う事です。
ちなみに自由の女神はそのお祝いにフランスから送られたので、フランスを向いています。
個人的に思うのは、当時を大航海時代とか言いますが、イギリスやスペインも侵略の為にあちこちに航海していた海賊で、特にイギリスは日本と同じ島国で、日本もその後侵略戦争を起こすようになりましたが、日英同盟の時代もあったのに、第2次世界大戦後はイギリスは英国紳士、日本はいつまでも戦争責任を問われるという立場にあります。
イギリスなんて未だに侵略の名残でイギリス国旗のユニオンジャックが一部に入った国旗の国がたくさんあるのにね・・・

greensukisukiさん、再びA No.1です。

>アメリカ白人のルーツは「イギリス人」なんですか?

ご存じなかったですか?
かの有名なコロンブスが発見したという話ですが・・・
最近ではコロンブスではないという話や、ヨーロッパ人で発見したのがコロンブスなだけであって、南米大陸の先住民はもっと前から知っていたのだから第1発見者というのはおかしいなどという意見もあるようですが、私の世代では普通に小学校で教わるのは「コロンブスがインドを目指していてアメリカ大陸を発見し、インドと思ったので...続きを読む

Qアメリカの奴隷制度の実態について

アメリカの奴隷制度の実態はどのようなものだったのか教えて下さい。

僕は歴史に全然詳しくないので、これは素人の質問であることをご了承ください。


アメリカで奴隷制度が廃止される前の黒人の生活実態はどのようなものだったのですか?

例えば奴隷制度といっても、実際には働いた分賃金をやり取りする雇用形態の形をとっていたのですか? それから黒人の労働市場は誰がどんな形で取り仕切っていたのですか?

それからもう1つ疑問なのが、現代日本の感覚で「奴隷」と言うと、完全に人権のない家畜のような扱いを受ける存在という意味で使われたりしますけど、本当にそんな扱いを受けていたのですか?

「風と共に去りぬ」とかを読むと、確かに当時は白人と黒人の身分が違う社会だということは明確に分かりますけど、案外、白人と対等に生活している黒人もいたりして、少なくとも今の日本人がイメージする「奴隷」というのとは大分違うのかなあと疑問を感じました。

Aベストアンサー

アメリカの奴隷制度を語るためには、古代からつづく地中海世界の奴隷制度を確認しておく必要があります。

紀元前の時代から「奴隷制度」というのはありふれた制度であったといえます。奴隷の多くは、アテネなどの都市国家から離れたアフリカ大陸や未開なゲルマン民族やスラブ民族であったものの、都市国家間で戦争がおき、負けたほうの市民が奴隷として売られることも多くありました。
また海賊などが船を襲ったときに、人質となった人々のうち金持ちは地元から身代金を持ってきてもらって引き換えに開放されたのですが、身代金を払えない人々は奴隷商人が買い取って、地中海から離れた中近東などに売っていたようです。

これらは1世紀ぐらいには、かなり高度に組織化されており、ローマ帝国の奴隷にはアフリカ出身の肉体労働者から、ギリシャ出身の教師の奴隷や医者の奴隷なども居たようです。また、奴隷には賃金がある程度払われており、それを元手に儲けあるいは宝くじを当てるなどして、主人にお金を払い奴隷身分から開放されたようです。
 
 またプランテーション的な農業が多かった地中海世界では、奴隷は労働力として必要だったものの、積極性は皆無だったため、馬牛などを使った場合の生産性と奴隷を使った場合の生産性について議論した同業経営書などもあったようです。

いずれにしても「奴隷」の地位は、主人の所有物であり、馬や牛などの家畜と変わらない存在でした。3世紀ぐらいの奴隷の価格は30万円前後であり、家畜を飼うほうがいいか奴隷を飼うほうがいいか、というものだったと思います。


時代が下がって中世のヨーロッパにも奴隷性が残っていました。この奴隷性の特徴はほぼ古代と変わらないのですが、供給先がアフリカとスラブ民族に変化していきます。また、当時のヨーロッパは相対的に貧しい地域でしたので、中近東などから宝飾類やスパイスなどの輸入に対して、奴隷を代金代わりに払っていたようです。
アラブ諸国では、白い肌が珍重されるために特に女性は高値で買われていたようですが、これは現代のニュースにも同じ側面が出ています。

わずかな金額で買われる少女予たち:http://japanese.ruvr.ru/2012_11_29/96332677/

アメリカ合衆国が独立すると、ほぼすぐに黒人奴隷が供給されるようなります。このときに供給したのはヨーロッパに存在する奴隷商人だったことでしょう。
アメリカは広大な土地があったため、労働力がいくらでも必要だったからです。

奴隷制度そのものもヨーロッパの制度とほぼ変わらなかったと思います。重要なのは
・奴隷は主人の所有物であること
・奴隷の子供も奴隷であること
・奴隷の生殺与奪権は主人にあること
です。

先ほど書いたように、奴隷の労働力を向上するためには多少の娯楽必要になりますので、小遣い程度の賃金を与え、日常的な楽しみは享受できた、という場合も多いようです。
しかし、アメリカ南部のなにもないプランテーションで働く奴隷には、娯楽もなにもなく掘っ立て小屋で寝起きをする暮らしの人々もいました。
 これらの処遇は、主人の資質によるところが大きく、それは古代から同じでした。

アメリカの奴隷制度を特長つけているのは、黒人法という法律でしょう。アメリカには独立当初からわずかですが自由人としての黒人がおり、また奴隷から解放された黒人もわずかながら増えていきました。
 ヨーロッパでは(実際に差別がなかったとはいえませんが)、肌の色で差別する法律は無かったのですが、アメリカには黒人法(black code)が制定されていました。

この法律が制定されたのは、皮肉なことに奴隷解放を是非とした南北戦争の後のことであり、憲法で奴隷制を廃止したのにも関わらず、黒人法で差別することになっていったのです。

つまり、私たちの知っている奴隷制というは、南北戦争までの「主人が所有する」という奴隷性と、戦後の黒人法による実質的な差別の二つに分かれます。

以後は黒人法による「実質的な奴隷制」の継続の根幹です。
黒人法は多岐にわたる法律の総称なのですが、その内容は
・選挙権の実質的な剥奪 投票税などで黒人の投票権を縛った
・異人種間の通婚の禁止 白人と黒人が結婚することを禁止した
・教育の分離      白人と黒人は教育する場所を厳密に分離された。
・公共施設の隔離    鉄道・バス・レストランなどの場所を分離した。
・武器の所持や夜間外出の禁止
・徒弟法        黒人が労働する際に、お礼奉公を義務つけるなど、実質的な職業の自由を奪った。

これにより、黒人は白人とは違った「2級市民」の扱いをうけ、特に南部の奴隷出身者は、実質的にそのまま主人の元で働くことを余儀なくされました。
また、黒人が自立して働き、個人の権利を確立することはかなり難しかったと思います。特に教育で差別され、賃金や選挙権で差別されているのですから、実質的に奴隷と同じだったといえます。
ただし、元々自由民だった黒人も少数ながらいましたし、北部では(黒人が元々少ないが)かなり自由に生活が出来ていたといえます。

これらの黒人法は1866年(南北戦争終戦の翌年)から数年で公布され、南部11州で常態化していきます。
これが解消されるのは1964年の公民権法が施行されてから、ということになり、この法律が施行されてからまだ50年たっていないことになります。

今でも黒人差別は南部が激しく、北部は比較的穏やかです。しかし、それ以外にも黄色人種差別やヒスパニック差別などもあり、白人優位主義が消えたわけではありません。
 

アメリカの奴隷制度を語るためには、古代からつづく地中海世界の奴隷制度を確認しておく必要があります。

紀元前の時代から「奴隷制度」というのはありふれた制度であったといえます。奴隷の多くは、アテネなどの都市国家から離れたアフリカ大陸や未開なゲルマン民族やスラブ民族であったものの、都市国家間で戦争がおき、負けたほうの市民が奴隷として売られることも多くありました。
また海賊などが船を襲ったときに、人質となった人々のうち金持ちは地元から身代金を持ってきてもらって引き換えに開放されたの...続きを読む

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較