【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

よく純正が15インチなのに対し18インチのアルミホイールなどを履いているのを見かけますがあれのメリットは見た目だけですか?
素人考えでは大径になることで加速が落ち、最高速が上がるような気がしますが、メリットデメリットを教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

個人がインチアップしているのは、見た目だけの効果といっても過言はありません。



扁平率が低くなるとタイヤの応答が早くなりますが、一般の人で応答の遅れ(ハンドルを切ってから実際にクルマが向きを変えだすラグ)を感じている人はごく僅かでしょうから、効果があると言えるかには少し疑問が付きます。

メーカーがモデルチェンジでインチアップしてくるときには、ブレーキディスクの大型化がされていると、いわゆるブレーキの強化というメリットがあります。よく間違われますが、ブレーキの強化とはブレーキの効きが強くなるのではなく耐久性が上がることです。

最高速が上がるような気がしますと書かれていますが、実際には加速も最高速も落ちます。最高速はあまり変わらないとは思いますが、上がることはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

でかいし重い、幅があるのでころがり係数も増すとなれば加速や最高速も落ちますよね。ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/11 04:19

制動力を決めるディスクブレーキのディスクを大型化する用意ができます。


ブレーキはやはり大きければ大きい程 効きます。

制動力が低いと コーナーの入り口での減速を早いタイミングとせねばならない為
「攻めの走り」になりません。

なお インチアップしておいて コストダウンを要求するのは 『ムシのいい話』です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コーナーを攻めるような走りはしないのでコストアップしかありませんね。ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/11 04:20

セダン乗りに聞いたことがあります、、、。

もう笑える回答です、、、。
ズバリ、同じ車なら、大きい方が偉い、、、。ソオイウキジュンダソウデス。

仲間内で、どうだ、すごいだろう、、、、。手なわけだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかにでかいと心なしか偉く見えますよね。。ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/11 04:10

外径が変わらなければ変わらないと思いますが?



タイヤもバネと同じですから。
長さと固さが変われば乗り心地も変わります。
多少固くなる。と。
サスペンションを買い換えるよりはお手軽です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大きくなったように見えましたが外径は一緒でした。なので速度にはホイールの重量増とこらがり係数しか影響しませんね。ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/11 04:09

見た目: アウトドア志向の人間としてはタイヤが薄く見えて貧相。



デメリット:タイヤがホイールと段差や石に当たると切れやすい。
メリット:多少軽くなるのかもしれません。幅の広いタイヤを履けるので舗装路でのグリップがよくなる。

オンロードオンリー派には受けるかもしれないのですが、多少オフロードを走るような趣味の人間には向きません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうやら軽くなる事はほぼないようです。未舗装の道路を走ることがあった場合はあまりいいタイヤではないですね。ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/11 04:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイヤ外径をアップした場合の利点と不利点

タイヤ外径をノーマルを一回りアップした場合、性能面では、

利点:
・同じ走行距離で比べると回転数が少なくなり摩耗が少ない⇒長持ちする

不利点:
・発進時や登坂でより強いトルクが必要となる(ハイギヤード化)⇒発進にもたつき感が出る?

があるかと認識してますが、間違いや過不足あれば教えてください。

サス、ホイール径は変わらないという前提で、フェンダーなどとも干渉しない程度のサイズアップを想定した場合です。

Aベストアンサー

先ず、スピードメーターの問題はありません。
メーターが車検でNGになるほど大きくすると・・・車体に当ります。
車体に当らなければ車検では、ほぼ合格します。(普通の乗用車なら)

燃費は良くなります。
ただし、一定の速度で走行した場合です。
高速などを一定の速度で走ればかなり良くなります。
特に軽バンなどの3ATでは大きく改善します。
そのかわり、ストップ&ゴーが多いと悪くなります。

タイヤの減りは変らないです。
ブレーキ性能も変らないです。
(変るほど大きく出来ません)
最小回転半径も変らないです。
(ハンドル切れ角が変わるわけでは無いです。)

一番良く感じるのは、
加速が悪くなる
駆動力が小さくなるので、登坂力が無くなるです。

直径で1cmぐらいなら誤差の範囲です。
2cmを超えるとかなり体感できます。(排気量が大きいと体感しにくくなります)

Qタイヤの直径大きくすると燃費は?

メーカー指定のタイヤより例えば3センチ直径が大きくて巾が同じタイヤ履いたらその分、周が長くなるので少しばかりは燃費向上しませんか。平地走った場合です。向上するなら何パーセントぐらいでしょうね。少なくともマユツバ物の燃費向上グッズよりはマシだと思うのですが。

Aベストアンサー

単純に直径が増えた分たけ接地面積が増えるので、その分悪化するのでは。径を大きくするときには幅(トレッド)は狭くする必要があります。自転車でいえば、ロードタイヤにように。
車では、成功した例としてフォルクスワーゲンと、スズキジムニーが有名ですね。悪路では、効果絶大のようです。慣性力も増しますので、定速運転をこころがけると、直径をAセンチとすると、A+3センチ/A×100パーセントぐらいの燃費は期待できるかも。いずれにせよ幅は慣性分減らすことは重要です。

Q16インチと18インチのタイヤの違いについて

ギャランフォルティススポーツバックのカタログを読んだところ、純正タイヤに16インチと18インチのものがありました。
ここで質問です。
16インチと18インチのタイヤはそれぞれどのような適正があるのでしょうか?

ちなみに私は坂の多い街に住んでおります。
その場合はどちらが適しているのでしょうか?

Aベストアンサー

その「見栄えが良い」というのが よくわからんのですがネ・・
FT-86とかMR-S インプレッサなどのスポーツカーじゃあるまいし
なんでもかんでも巨大ホイール+薄薄タイヤが良いというのは いわゆる「DQN」という感覚だと思いますがね

ヤンキーの発想ですよ

16インチ 18インチね まずはそのクルマですね これか
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/galant_fortis/

それで? タイヤサイズはこれか
215/45R18 と 205/60R16

まずは その215/45R18 横の写真をみます
https://www.google.co.jp/search?rlz=1C1PRFB_enJP454JP454&q=215%2F45R18&um=1&ie=UTF-8&hl=ja&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=K9RhT_3GMe6ImQWahcCdCA&biw=1504&bih=836&sei=LdRhT6XhIYSQiAf-76zcBQ
ま ざっとこんな感じです

要は18インチというよりは 「45R」ってのが問題でね
一般的に今の時代でも 50Rまでが一般道の限界だと思います
サーキット走るわけでもないのに45サイズてのは タイヤのサイドが非常に薄く 極端に言えばちょっとした段差を超えたりするだけでタイヤのキャパシティを超えてしまって ショックが直接ホイールに当たることになります

車重が重いクルマだとなおさらで 最悪ホイールがゆがんでしまいます→タイヤのパンク・空気抜け
一般道でこんなこと ロクな目に会いません

そもそも45Rってな横サイドの薄いタイヤは それなりにスポーツ仕様の足回りの硬いサスペンション・ショックで固められて 初めて効果があるものです

スポーツ仕様ってよくメーカーは言いますけども この場合のスポーツというのはどういう意味かわかってますか? これは コーナリング性能が上だということです
こんな巨大な1BOXに近い車でコーナリングを「攻め」られるわけもない

わかりやすくいえば 頭文字D
あのハチロクほどでないにしても それなり以上のコーナーワークができるってことです
そのためのタイヤ そのための45R そのための硬い足回りなのです

純正で45Rなんてタイヤは それこそスカイラインとか そんなクルマに使う物 しかもサーキットで

一般道「程度」のアスファルトでは全く意味がありません 自己満足そのもの

というか DQN

その「見栄えが良い」というのが よくわからんのですがネ・・
FT-86とかMR-S インプレッサなどのスポーツカーじゃあるまいし
なんでもかんでも巨大ホイール+薄薄タイヤが良いというのは いわゆる「DQN」という感覚だと思いますがね

ヤンキーの発想ですよ

16インチ 18インチね まずはそのクルマですね これか
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/galant_fortis/

それで? タイヤサイズはこれか
215/45R18 と 205/60R16

まずは その215/45R18 横の写真をみます
https://www.google.co.jp/search?rlz...続きを読む

Q一般人のインチアップ、メリットありますか?

よろしくお願い致します。

155/65R13が純正なのですが165/60R13、165/50R15にインチアップした場合、見た目や走行性能以外にメリットがあるでしょうか?

私は田舎住まいでどこに行くのも基本的に車です。そして数ヶ月に一回は高速を使って数時間の実家に行きます。

こんな私でもインチアップのメリットあるでしょうか?またデメリットの方が大きいでしょうか?

Aベストアンサー

インチアップして走行性能が上がると思っている方が多いですが、実際は下がります。

ゴムより鉄(アルミ)のほうが重いので加速は悪くなります、燃費もちょっとばかし悪くなるでしょうがこちらはあまり気にしなくて良い程度かも。

タイヤの幅を広くした場合(これはインチアップとは言いませんが)、イメージとしては少なくとも広くなった分=6.5%程度はグリップが良くなるのではないかと期待したいところなのですが、実際にはその1/20程度、つまり0.3%程度しか良くなりません。これは広くなった分、単位面積当りの荷重が減少し、グリップが高くなるのを相殺してしまうためです。
また燃費も悪くなると思います、転がり抵抗が大きくなるのとカーブを曲がる際にタイヤの内外での行程差が大きくなるから、だと思います(理由はあやしいですが、燃費が悪くなるのは確かです)。

ただし、幅の広いタイヤを使ったほうが、ハンドルを切ってから実際にクルマが曲がり始めるまでの応答は良くなる(ラグが少なくなる)と思います。インチアップも同様に応答が良くなるはずです。ただし乗り心地は非常に悪くなります。

スポーティーなクルマがインチの大きいタイヤを履いているのは何故かというと、ブレーキのローターを大きくするためです。いわゆるブレーキの強化です。ブレーキの強化と言うと効きが良くなると勘違いしている人もいますが、それではただ単にロックしやすいダメなブレーキにしかなりません。ブレーキの強化というのは耐久力の強化のようなもので、過酷な状況でより長い時間、ブレーキ性能を維持できるようにするものです。

つまりタイヤをインチアップするだけでは、見た目だけと言えます。そしてブレーキまわりをいじるのは手続き的に非常に面倒な改造になるようです。

インチアップして走行性能が上がると思っている方が多いですが、実際は下がります。

ゴムより鉄(アルミ)のほうが重いので加速は悪くなります、燃費もちょっとばかし悪くなるでしょうがこちらはあまり気にしなくて良い程度かも。

タイヤの幅を広くした場合(これはインチアップとは言いませんが)、イメージとしては少なくとも広くなった分=6.5%程度はグリップが良くなるのではないかと期待したいところなのですが、実際にはその1/20程度、つまり0.3%程度しか良くなりません。これは広くなった分、単位面積当...続きを読む

Qホイールとタイヤサイズ 許容範囲

こんばんは
ホイールは1サイズで大体
±でどのくらいの
種類のサイズのタイヤをはめられるのですか?

例えば
エルグランドのE51(先代の)のホイールサイズは
17×6.5jjでタイヤサイズは215/60R17です
このばあい17x6.5JJのホイールには
このタイヤサイズのタイヤしか履けないのですか?

多少でもタイヤ幅が広かったり狭いタイヤを使ってはいけないのでしょうか?
17x6.5JJの6.5という部分によって
履けるタイヤ幅が決まってくるのですか?
その場合この数(リム径?)にどんな計算を
すれば、そのホイールに履けるタイヤ幅・サイズが
分かりますか?

ごちゃごちゃになってすみません
よろしくお願いします

Aベストアンサー

質問文の6.5というのはホイールの幅です。6.5インチという意味ですので、mmで表せば6.5×25.4=165.1mmです。

タイヤの太さは215という数字で単位はmmなので215mmです。

すなわち、計算では165.1mmの太さのホイールに215mmの太さのタイヤが装着されている、ということなのですが、こうやって計算しても「じゃあ、225mmのタイヤは付くのか?」ということは正確には分かりません。

>多少でもタイヤ幅が広かったり狭いタイヤを使ってはいけないのでしょうか?

タイヤの種類によりますが、例えばヨコハマのあるタイヤを例に取ると、下のURLに示すタイヤリストを見ます。

http://www.yokohamatire.jp/yrc/japan/tire/brand/bluearth/bluearth_rv01_size.html

すると、サイズ215-60-17の欄を見れば、標準リムが6 1/2Jとあります(6.5Jのことです)。このタイヤでこのサイズの場合は6.5Jのホイールを標準と想定している訳です。しかし横の欄に適用リムがあり6~7 1/2Jと書いています。すなわち6.0J~7.5Jの範囲のホイールなら問題なく履けることが記されている訳です。

例えば質問者様が215-60-17から225-55-17に変えたいと思えば、そのサイズを見てみると、適用リムは6~8Jとなっているので、最低でもこのタイヤに限れば、6.5Jのホイールに問題なく装着出来るということが分かります。

※タイヤ外径の変化に注意

タイヤサイズを変えると、外径が変わる場合があります。太さを変えることにより全く同じ外径と出来ない場合は、「少し小さめ」とするのが望ましいです。大きめにすると、スピードメーターの誤差が危険側になり車検に通らなくなったりします(必ず通らないという訳ではありませんが、本題からズレるので詳細は割愛します)。

なので、215-60-17から17インチのまま225にする際には、扁平率を60→55に落とします(扁平率は太さに対する厚みのパーセンテージです。60なら太さの60%が厚みという意味です)。

すると上記カタログのタイヤなら、215-60-17の外径が690mm、225-55-17の外径が680mmであり「少し小さいのでO.K.」となります。

なお、サイズ毎の外径はタイヤの種類やメーカーでバラバラですが、理論値の計算は以下の通りです。

215-60-17の場合

2×(215×0.60)+17×25.4=689.8mm

225-55-17の場合

2×(225×0.55)+17×25.4=679.3mm


※JとかJJの記号

一般的には無視して構いません。

以上です。参考になれば幸いです。

質問文の6.5というのはホイールの幅です。6.5インチという意味ですので、mmで表せば6.5×25.4=165.1mmです。

タイヤの太さは215という数字で単位はmmなので215mmです。

すなわち、計算では165.1mmの太さのホイールに215mmの太さのタイヤが装着されている、ということなのですが、こうやって計算しても「じゃあ、225mmのタイヤは付くのか?」ということは正確には分かりません。

>多少でもタイヤ幅が広かったり狭いタイヤを使ってはいけないのでしょうか?

タイヤの種類によりますが、例えばヨコハマのあるタ...続きを読む

Q高級車とかでやたらピカピカな車はどうやってるの?

 こんにちは。

 町でよく見かける、怖そうな人が乗っている黒塗りの
グロリアなどの車は、他の車よりもピカピカに見える
のですが、あれはどうやっているのでしょうか??

 ガソリンスタンドの機械で洗った後、家でワックス
をかけたりしているのですが、どうも光沢がそれらの
車には勝てません・・うちの車がしろだからでしょうか??
車をピカピカに光らせる方法をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

ガソリンスタンドでアルバイトしてます。お客様でそういった方々が来店されます。黒のセルシオ、シーマ、プレジデント、センチュリー、ベンツSクラスなどなど。

 ■手洗いです、しかも洗う頻度は半端無いです■ 
 機械なんかでは洗いません、最近の洗車気はスポンジ、布など傷が付きにくくはなっていますが長期的に考えると手洗いに比べたら断然傷が付きます。

 洗う頻度は、雨など断続的に降ったりした場合は毎日、晴れ続きでも1週間に一回は最低でも来られます。その際はもちろん、手洗い洗車で一ヶ月に一回または週一でコーティング(洗車機でノンブラシでコーティング)たまにポリマー加工をします。あまりワックスはかけません。ワックスはどうしても夏場は溶けて水垢を取り込み頑固な汚れになりやすいためです。

 本当に輝かせるのでしたら、研磨剤なしのカルナバロウの純度が高いワックスを塗りこむことです。ワックスの輝きに勝てるものはありません。(好き嫌いは分かれますが)特に濃色はワックスの種類、もともとの塗装の強さで輝きが違います。軽自動車と高級車の違いはやはりすぐわかります。


 <ぴかぴかにする方法>

 車を日陰でまず水をかけてあらかた砂埃を落とす。(中途半端に洗い流すといくら洗剤をつけていても傷が付きます)

 シャンプーを泡立てて泡をたくさん作る。

 泡を惜しみなくボディーにかけ、洗剤を染み込ませたきれいなタオルでなでながら洗っていく。(絶対に力を入れてはいけません)

 とにかくきれいに洗い流す、洗剤を残してはいけません。

 軽く、人工セームでふき取ったらボディーがぬれている間にワックスをかけます、鉄粉が付いているようなら鉄粉除去ネンドで取り除いてから作業に移ります。下地作りといってコンパウンドなんか使わない。(素人が下手にコンパウンドを使うとただキズを付けるだけです)

 ワックスは大体5分くらいでボディー全体に塗ってしまいます。たてたてよこよこ(早く塗らないと周りからのほこりが付いて研磨剤になります)

 塗り終わったら、始めに塗ったところからネル布(できればふき取り用の布)などのやわらかいもので5分以内にふき取ります。ここでも絶対に力を入れてはいけません。

以上です。


 白色車の場合は、水垢がとても目立ちます。できることならガソリンスタンドにあるような白色車専用ポリマーを使うのがいいのですが、市販品ならドイツ製のポリラックをお勧めします。水垢のような汚れがとてもきれいに落ちます。ちょっと高価で、親水性(水をはじかない)なので好き嫌いが分かれます。

 白色車も手入れしている車とそうで無い車は輝きがまったく違います。しかし、間違っても強アルカリ性のもの、荒いコンパウンドで水垢を落とすような製品は塗装に悪いですのでお勧めしません。


 あと最後に、洗車機で洗っていらっしゃるとのことですがブラシの種類にこだわってみるとだいぶ違いますよ。スポンジか布をブラシとして使っている洗車機で洗うと結構傷はつかないものです。拭き上げに数枚の人工セームを使う。同じタオルで一台を仕上げないでどんどんタオルを換えるといいです。

ガソリンスタンドでアルバイトしてます。お客様でそういった方々が来店されます。黒のセルシオ、シーマ、プレジデント、センチュリー、ベンツSクラスなどなど。

 ■手洗いです、しかも洗う頻度は半端無いです■ 
 機械なんかでは洗いません、最近の洗車気はスポンジ、布など傷が付きにくくはなっていますが長期的に考えると手洗いに比べたら断然傷が付きます。

 洗う頻度は、雨など断続的に降ったりした場合は毎日、晴れ続きでも1週間に一回は最低でも来られます。その際はもちろん、手洗い洗車で一ヶ月...続きを読む

Q18インチホイールと20インチホイール・・・

今度大径ホイールを購入予定です。
そこで、18インチにしようか、20インチにしようか、かなり迷ってます。
お店に相談すると、「20インチに決まり!」みたいな営業トークをしてきます。
今後の主流は20インチオーバー、見かけはかっこいいかもしれませんが、燃費、乗り心地を考えると、やっぱり18インチかなぁ~と思います。(仕事上で高速を使うことも多いので・・・)

18インチ&20インチのホイールオーナー または、今後購入予定のある方あなたはどっち派ですか?
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

扁平率で見た目のイメージも替わってくると思いますが
私の意見では(日本車のスポーツカーとした場合)

65~  もっさりした感じ
65~55 普通
55~45 かっこいい(見た目のバランスは一番)
45~  タイヤ高そう・・維持大変だろうな

って感じです

ワンボックスの35扁平とか見ると
乗り心地悪そう・・・そこまでしてかっこつけたいか?
って思ってしまいます

スポーツカー好き一般人の一意見です

Q前後のトレッド幅について。

普通、車のトレッド幅は前輪が後輪に比べて広くなっていますよねぇ。
それで前項輪とも面位置にしたくて同じ幅のスペーサーを使うとどうしても後輪が内に入り気味で格好悪いのですが、前項輪のトレッド幅を同じにすると何か影響はありますか?
特に4駆は前後トレッド幅に差がありますが、いったいトレッド幅とは何に影響するのでしょう。結構攻めた走りもするので、走りについての影響がどんなものか気になります。

Aベストアンサー

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なくなり、空気入りタイヤの特性上、左右輪の摩擦力の総和が大きくなります。
 これがナニを意味するか、と申しますと、カンタンに解釈するとトレッドを広げた方がカーブを曲がる時の遠心力に耐えるチカラの大きさが大きくなるという事です。
 特にフロントサスをワイド化した場合、車両の動きがよりクイックになる、直進安定性が悪くなる、などの変化が起こります。勿論、トレッドを狭めるとこの逆、よりダルになる、直進安定性が向上する、などです。
 ちなみに、フロントトレッドをホイールオフセットだけで変えると必ずハンドル手応え感が変わりますが、ノーマルの値からトレッドを広くしても狭くしてもだいたい悪化するので注意が必要です。

 で、リヤのトレッドがナゼ狭いか?の点ですが、通常の市販車では、例え静的に50:50の重量配分でも、旋回時の荷重移動量は、操舵による走行抵抗の増加やフロントまわりとリヤまわりのロールの硬さ(ロール剛性と言います)の違いなどにより、フロントの方が大きくなりがちです。これでは勿論アンダ・ステア(US)が強くなってしまいますが、そこで、このUSを弱める為に、リヤサスの限界を少し落としてやる必要があるワケです。

 よって、リヤトレッドだけを広げる行為は、力学的にはUSを強める方向となりますが(一方直進性は向上しますが)、但し、これが全て悪いかとゆぅとそぅでもありません。
 御質問の方はそれなりにハードに走られる方の様ですので、運転しやすいかどぅかは置いといて、とりあえず速いか遅いかで判断しますと、USが強い事が必ずしも遅いとは限りません。多くの方が思い違いをされていますが、クルマが速い/遅いは旋回しやすさだけでは決まらず、速く走る為にはまず1mでも前に出る性能が必要になります。実際、流体力学的に幼稚でタイヤもプアな'75~'76年頃までのF1では、コーナからの脱出加速でタイムを縮めなければならない為、リヤトレッドが極端に広く異常にテールヘビーな強USレイアウトとなっています(タミヤのプラモで観察出来ます。リヤウイングステイにオイルタンクとオイルクーラーを内臓したロータス72や、リヤトレッドに対して極端にフロントトレッドが狭いブラバムBT44Bなど、今日のF1ではまず考えられません)。
 この点、旋回しやすくチューニングされたマシンでは、前に出る性能(トラクション)が犠牲になっている場合が見受けられます。すばらしく曲がりやすいが、踏んでも踏んでも加速せずにイライラしているハチロクオーナーの方は、結構多いのでは無いでしょうか?

 御質問の様子では、恐らくリヤトレッドを拡大する、と言ってもせいぜい10~20mm程度ではないでしょうか?これがどの程度ハンドリングに影響するかは、駆動方式にもよりますし、実際にやってみなければ判りません(フロントに比べ、リヤトレッドの拡大は判りにくい、と言う事もあります)。自分の経験ではさすがに15mmも拡大すると差が判りますが、これはテストドライバレベルの話ですし(上級のテストドライバでは10mm以下の差でも感知します)、ご本人が気になさるかどぅか?も重要な要素です。
 尚、サスペンションは、実はエンジンのチューニングよりずっと危険な状態になりやすい要素を内包しており、運動力学的な検討を加えずにヤミクモにイジるのはお勧め出来ません(この点、ホイールベースとの兼ね合いやLSDへの負担等、トータルバランスを訴えられている他の方の御回答は、さすがgoo回答者となるほどの方、と申せましょう)が、この程度のトレッド拡大なら、クルマの限界特性をある程度以上把握されている方であればそれほど危険な事にはならないでしょう。

 長くなりましたが、左右荷重移動量の話が出たところでついでに。
 左右荷重移動量を増やすと旋回の限界が下がる事はご説明いたしましたが、シャシばねを固めてロール剛性を上げると、過渡的には左右荷重移動量が増加し、見かけ上、旋回限界が下がります。これは多くの方が思い違いをされており、意外な話かもしれませんが、物理的な法則ですのでサスのチューニングやタイヤの選択では越えられません。レーシングカーのばねがヤミクモに硬いのは空力的付加物(ウイングなど)によるダウンフォースが大きいからで、ダウンフォースがほとんど期待出来ないロードカーには当てはまりません。
 日本車では考えられない様な超高速を日常的に出さなければならない欧州車(ドイツ車に限らず、欧州車は旅行等でアウトバーンを走る可能性を考慮しなければなりません)のサスは、VWやオペルなどは勿論ポルシェやロータスでさえ意外なほどタップリとロールしますが、このシャシばねのヤワさはこんな事情からも来ています。

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なく...続きを読む

Q黒の車の手入れがこんなに大変だとは・・・・

2週間程前にトヨタのブックカラーの新車が納車になりました。
納車時に洗車してくれたのか、円状の洗車キズはありましたけど、結構ピカピカでした。自宅の駐車スペースには、屋根が付いています。
カーポートって言うのでしょうか。車が一応入りきる簡易的な屋根です。
ホームセンターで売っているガラスコーティング製品を利用していましたが、たった二週間で見るも無残な状態になってしまいました(T-T)
洗車キズはどんなに丁寧に洗おうともどうしても付いてしまう事はネット情報などで知っていたので覚悟は出来ていたのですが、10円玉ほどの白い染みが10箇所以上できてしまいました。
販売店で見てもらったら、気温の高い日に野鳥のウンチが塗装に付いて、それが塗装のクリアを侵食したとか。黒の塗装は気温が高い日に軟らかくなるので、こういうことになるとかで。磨いてももう取れないそうで・・・・。全塗装しかないとかで・・・。しかも外的要因なので保証にもならず。
せめてこれ以上の染みが付かないようにと、すがる気持ちでコーティング屋さんを2軒訪ねるも、どちらも鳥の糞のダメージまでは防げないと。さらに黒はムラの心配があるので、基本的によほどの理由が無い限り、施工をお断りしていますとまで・・・・。
トヨタで直らないといわれた染みも、板金屋さんに持っていったらほとんど見えないレベルまで修理して頂けたのですが、3箇所ほどはクリアより下まで侵食しているとかで修理不可でした。

黒は大変だと実感しましたが、でも街中でピッカピカの黒い車がたくさん走っている事実もあります。
いつもピッカピカの黒の車に乗られている方、いったいどのようなメンテナンスをされているのでしょうか?秘訣を教えて頂けませんか(T-T)

2週間程前にトヨタのブックカラーの新車が納車になりました。
納車時に洗車してくれたのか、円状の洗車キズはありましたけど、結構ピカピカでした。自宅の駐車スペースには、屋根が付いています。
カーポートって言うのでしょうか。車が一応入りきる簡易的な屋根です。
ホームセンターで売っているガラスコーティング製品を利用していましたが、たった二週間で見るも無残な状態になってしまいました(T-T)
洗車キズはどんなに丁寧に洗おうともどうしても付いてしまう事はネット情報などで知っていたので覚...続きを読む

Aベストアンサー

5年前に購入したヴィッツの黒に乗ってます。人からは「いつもピカピカだね」とよく言われますが、自分の目から見ると経年劣化は避けられていません。

自宅はシャッター付ガレージですが、会社の駐車場は青空です。当方新潟ですので天候は良くない環境です。雨の後にカンカン照りとか(これが一番ショック)、田舎なのでこれからの季節は虫とかいっぱい付着したり。

で、私もワックスからコーティング剤までいろいろ試しました。現在はワックスを使用しています。理由はやはり輝きです。あと、黒いボディーで避けられない磨き傷も、ワックスを塗るとかなり目立たなくなります。使用しているのはソフト99の「オーセンティックエクセレント」です。もっといいワックスがあるかもしれません、お値段を気にしなければ。洗車は毎週末しています(ワックスも)。自分でもピッカピカと思うのは洗車した日の夜までで、1日経てば薄っすらとホコリに覆われている状態です。
他人から見るのと自分が見るのでは、見方や感じ方がかなり違うと言うことも付け加えさせてください。

Q大径ホイールはハンドルがぶれる??

ランドクルーザー200に乗っています。
今度大径ホイールに変えようと思いますが(純正18inch)、22inchにしようか24inchにしようかで迷っています。

24inchホイールに変えた方のインプレッションで、「バランスを完璧にとっても高速走行でハンドルがぶれて困っている」という報告がありました。その方はレ○○ーニの24inchにされたようで、品質が悪いというわけでもないと思います。やはり、大径にするとバランスが難しくなるのでしょうか?また、それは22でも24でも同じことなのでしょうか?

もう一つご質問なのですが、純正の18inchから22inchにした時、純正車高のままだとタイヤハウスとの距離が非常に開くように見えるのですが、どういう理由なのでしょうか?(24inchの時はあまり気にならないようです)

稚拙な質問かもしれませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>24inchホイールに変えた方のインプレッションで、「バランスを完璧にとっても高速走行でハンドルがぶれて困っている」という報告がありました。
これある程度は仕方ないと思います。
お乗りの車はランドクルーザー200
当然全車重量がかなり重たいのでその重量を支えれるだけの強度をホイールに求めようとすると かなりの肉厚のホイールになると思います。
それって鉄のホイールと何ら変わりないので やはり少しでも軽くと考えるのが筋でしょう。
でも軽い=肉厚が薄い なので 高速でレーン変更などを行うとホイールにねじれが生じてブレを感じます。
そのブレを抑えるなら タイヤの扁平率を多く取ってタイヤでねじれを吸収するしか無いでしょうね。
なので ぶれないタイヤ=ノーマルタイヤ ですね。
タイヤハウスの隙間は ホイールに装着するタイヤで決まります。


人気Q&Aランキング