No.78603の質問([Mc][M][Tc][T]について)に対する回答の中で,
電動車を示すMとM′の使い分けに関して,「ダッシュがついているほうが
パンタグラフつきを示す」というものがあり,また私も「そのような
説を聞いたことがある」という趣旨の回答をしました。実際,昔よく
読んでいた電車関係の図書などでも「パンタグラフつき制御電動車
( M'c)」とか「パンタグラフのない中間電動車(M)」といった
表記をよく見かけました。それに対して「パンタグラフの有無とは
関係ない」という回答が寄せられました。

そうしますと,「ダッシュあり=パンタあり」というのは,たまたま
古い車両については成り立っていたけれど,それは結果的にそうなって
いただけ,と考えてよろしいのでしょうか。新しい車両には疎いので,何か
そのへんを詳しく説明してあるもの(本でも雑誌記事でもウェブ上の情報でも
けっこうです)はありませんでしょうか。また,この記号の歴史(国鉄が使い
はじめたものなのか,など)についても分かるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

車種表示の「ダッシュ」の扱いについてですが、1つ断っておきたいのは、鉄道会社や車種、趣味誌の出版社によって表記の仕方がいろいろあるということです。


(例)京浜急行…浦賀方に位置する電動車:M1cu,品川方に位置する電動車:M3s
→u,s…位置,1,2,3…種類(京急には一時期3両ユニットが製造されたので)
大阪市交通局…M'e:簡易運転台付き電動車、Tp:集電靴付き付随車
JR北海道781系、785系などのパンタ付き付随車:TaだったりTpだったり…
で、回答ですが、M'とMの違いは制御装置の有無で、ダッシュ付きには制御装置がありません(制御装置とは抵抗器やチョッパ装置、VVVFインバータなどです)。
JR各社の国鉄型は、MMユニットといって2両の電動車に1組の制御装置を積むことで全体の重量を軽くすることをねらいとして、通勤型の101系からこのスタイルが採用されました。この方式で製造された電動車は、2両1組で電気系統が成立するため、バラして走行することは出来ません。だから支線には最近まで旧型国電が多数残っていました。実際、私鉄でも同様のユニット構成のものはこの表記にならっています。
一方、最近の電車の記号にダッシュがつかないのも上記の通りで、M車のほとんどにVVVFを積むようになったためで、一般にパンタ付きがM1,なしがM2になっているようです(逆のものもあるみたいですが)。
あ、そうそう、国鉄型のMMユニット型でM車にパンタがあるのは知っている限り次の形式ですね…
103,117,181,183(0番台のみ),185,201,203,211,301
どうやら昭和30年代末期と昭和50年代後半に設計されたものが集中していますね。
設計者の趣味でしょうか(^^)
    • good
    • 0

No.78603の回答と同じものをもう一度書いておきますね.



--ここから--

残念ながら,私もその呼び方についての歴史的な背景や理由などを
詳しく知っているわけではありませんので,これに関するポインタ
を示すことはできないのですが….

> たまたま 古い車両については成り立っていたけれど,それは
> 結果的にそうなっていただけ,と考えてよろしいのでしょうか。

そのとおりだと思います.では,具体例で.
例えば宇都宮線や高崎線で走っている211系は,

←上野方
   Tc-T-T-M'-Mc

という編成になっていて,パンタはMcについています.

また,107系という車があります.
これは2両編成ですが,M車は一両だけですので,

   Tc-Mc

という編成で,Mcにパンタを搭載しています.
この場合,M'車はありません.

最近よく見かけるようになったE231系なども確かM車にパンタを
搭載していたと思います.

ちなみに私はちょっと前まで電車のメンテナンスをしてたことがあります.

--ここまで--

その後少し調べてみた所,最近の新系列電車ではM,M'という書き方では
なく,M1車,M2車などと書くようです.E231もそうかもしれません.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京マルイ電動M14について

東京マルイから電動のM14が出ることを知りました。M14はいつ出るのですか?

Aベストアンサー

開発中の情報が出てきただけで、まだマルイから発売日等の詳細な情報は出ていません。
来月の静岡ホビーショーで試作品の展示や情報発表などがあるかもしれません。

一部では夏に発売との噂もありますが、先日発売されたガスブロP226も数年前から開発情報は出ていましたし、ホビーショー等で展示もされていましたのであてになる噂じゃありません。

マルイからの正式発表を待ちましょう。

Q[ VVVF ]の読み方は?

最近の電車には、よく[ VVVF ]って書いてありますよね(って思うのは僕だけ?)。
でも、この[ VVVF ]ってどう読めばいいのでしょうか?
やっぱり「 ブイブイブイエフ 」なのでしょうか?

Aベストアンサー

私も「ブイブイブイエフ」と呼びます。
おもいっきり略して「ぶい」と呼ぶ人もいます。
VVVFといえば始動、停止時の「音」ですね。あれは高調波成分によって電動機がスピーカーの役割をしているのですが、最近はある程度音色をチューニング可能だそうです。たとえば京急2100系(線内快特に使う、新しい車両)とか。

PCで制御して動作させる、小型のVVVFインバータがあったら楽しいかも。(そんな物持ってて何を駆動するんだ、という気もしますが。)

Q[軍事]データリンクについて

[軍事]データリンクについて
イージス艦ではない普通の艦艇が、イージス艦や衛星とデータリンクを行い、ミサイルなどの移動物体を撃破することは可能ですか?

Aベストアンサー

艦対空ミサイルを持っていないのでできない

Q東京マルイの電動ハンドガン・M93Rについて

「こち亀」コミックスを読んでいて東京マルイの電動ハンドガン、M93Rを知りました。
買おうか迷っているのですが、お使いになられた方がいらっしゃいましたら、ご感想等を教えて戴きたいと存じます。

・飛距離は50mということですが本当でしょうか?
・命中率はどんなもんでしょうか?
・パワーはある方でしょうか?

当方の使用目的としては、気分転換のプリンキングや標的射撃くらいで、サバイバルゲームやシューティングマッチへの参加などはしません。
室内か勤務先のビルで深夜(残業時)に廊下で撃つくらいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ご質問の内容とは少し離れますが、一つアドバイスを...

東京マルイの電動ガンは、主にサバゲなどで使うことに前提に、連射性と命中精度を重視した銃です。ゲームで使うのなら壊れにくくて燃費も良く、とても実用的なのですが、ただ雰囲気を楽しむために撃つのであれば、電動ガンはあまり楽しい銃とは言えないと思います。

気分転換のプリンキングであれば、やはりガス・ブローバック方式のエアガンをお薦めします。これだと実銃と同じようにスライドが前後に動いて、発射音と同時に強烈なリコイル(反動)を楽しむことが出来ます。これは弾を発射しなくても空撃ちだけでも楽しむことが出来ます。これだけで気分転換できること請け合いです!

同じM93Rで以下のような製品があります。
●KSC M93R (廉価版やロボコップ版など、いくつかバージョンがあります)
 http://www.ksc-guns.co.jp/
 ※フルオート連射と3連射が可能なバージョンがあります。

●東京マルイにもブローバック・ガスガンがあります。
 http://www.tokyo-marui.co.jp/cgi-bin_ex/openLists.cgi?ctg=gbb&sr=&page=1
 ※ただしフルーオート連射が出来るブローバックはありません。

ちなみに電動ガンはブローバックしませんから弾を撃つしか楽しめません。内部構造も実銃とはかけ離れています。またガスガンなら気が向いたときに引き出しから出してガスを入れればすぐに撃てますが、電動だとあらかじめ電池を充電しなくてはなりません。それに弾を撃つだけだとすぐに飽きると思いますよ。トイガンの楽しさは、命中率やパワーだけではありませんから。

ご質問の内容とは少し離れますが、一つアドバイスを...

東京マルイの電動ガンは、主にサバゲなどで使うことに前提に、連射性と命中精度を重視した銃です。ゲームで使うのなら壊れにくくて燃費も良く、とても実用的なのですが、ただ雰囲気を楽しむために撃つのであれば、電動ガンはあまり楽しい銃とは言えないと思います。

気分転換のプリンキングであれば、やはりガス・ブローバック方式のエアガンをお薦めします。これだと実銃と同じようにスライドが前後に動いて、発射音と同時に強烈なリコイル(反動...続きを読む

Qふろく職人 [ペーパークラフト・玩具など]

先日、テレビでふろくを専門につくっている職人さんを拝見しました。
グリコのおまけの玩具から、雑誌小学校○年生についてくるような
簡単な組立付録までを作っていらっしゃいます。

お名前も番組も忘れてしまったのですが、どんな方だったのか気になります。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ささいな事でも構いませんので教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

今晩は。日テレのホームページの「ぶらり途中下車の旅」でわかりますが、ふろく作家の松田博司さんです。12/8の勝野洋さんが旅人で、都営三田線の春日駅の弥生美術館の付録展をを松田さんが取材していたストーリーでしたね。では。

参考URL:http://www.ntv.co.jp/burari/


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報